『ケイローン』FGOネタバレ性能解説

基本情報

強い点

ダメージ前に防御強化状態を解除して、特攻宝具で仕留めるアーチャーです。

特攻アタッカーのため宝具ダメージが安定しており、そのうえで味方単体に各種カードバフ、味方全体にクリティカル威力アップ&スター供給のサポートができます

カード性能も全体的に優秀で、回避&防御力アップの耐久スキルとバランスが良いです。

弱い点

NPチャージを持たず、周回では宝具が撃ちづらいです。

宝具ダメージに影響するスキルが各種カードバフのみで、『地』属性特攻を活かさないとダメージが伸びません。

3ターン持続するクリティカル威力アップを持っていますが、スター生産能力が乏しいです

引くべきか

キャラクターが好きなら、引いて損はない性能です。

全体的に扱いやすいスキル構成で、特攻アタッカーとサポーターを両立しています

変則周回のクリティカル殴り要因としては、各種カード強化の火力支援、味方全体クリティカル威力アップ&スター供給が有効です。

高難易度も特攻宝具でダメージが安定しており、防御強化状態を解除とギミック対応力が高く、回避持ちなので運用しやすいです

ただ特攻アタッカーとしては火力バフが少なく、サポーターとしてはスター供給数が足りていないなど、物足りない部分があります(ただ星4サーヴァントにこれ以上を求めるのは酷)。

またアーチャークラスは星5~3と優秀なサーヴァントが多く、競合相手に事欠きません

総じて、様々なクエストに対応できる優秀なサーヴァントですが、最適解ではなく選択肢の1つで止まります。

アーチャークラスでアーツ属性のアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

アーチャークラスが少ないマスターは、引く価値があります。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、アーツ2枚、クイック2枚、バスター1枚

全体的にhit数が多く、NP回収性能が高いです。ただスター生産能力は標準です。

ステータスはレベル80時に、HP12250、ATK9294

星4アーチャーの中では、HPが高めで、ATKはやや低めです。

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17.5%)
単独行動(A)自身のクリティカル威力をアップ(約10%)
神性(C)自身に与ダメージプラス状態を付与(+150)

対魔力により、それなりの頻度でデバフを弾きます。

単独行動はランクが高いですが、スター生産能力が乏しいため、恩恵を感じにくいです。

固有の第3アペンドスキルは対ライダー攻撃適性。

属性はサーヴァント、天属性、秩序属性、善属性、人型、男性、神性、ギリシャ神話系男性、アルゴー号ゆかりの者。

宝具

天蠍一射(アンタレス・スナイプ)『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体の防御強化状態を解除

&敵単体に超強力な『地の力を持つ敵』特攻攻撃

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

防御強化状態を解除は、『防御力アップ、ダメージカット、無敵、回避、対粛正防御状態』を解除します。弱体耐性、ガッツなどは対象外です。ダメージ前なので、固定ギミックを除けば確実に攻撃できます。

『地』属性特攻攻撃は150%固定です。『地』属性はエネミーに多く、サーヴァントも含まれているので、対象は広範囲に及びます(円卓の騎士に刺さるのが利点)。

クリティカル発生率ダウンはオーバーチャー依存で、20~60%。オーバーチャージ1の段階だと確実に防げません。オーバーチャージ2の段階で、クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限り、基本的に封殺できます。

4hitする宝具なので、そこそこNPリチャージできます。アーツクリティカル×2の追撃は必要ですが、宝具再使用のハードルは低いです。

スキル

スキル1効果
心眼『真』(A)

CT8-6

自身に回避状態付与(1ターン)&防御力アップ(3ターン)

回避(1ターン)は、無敵ほどではないですが、敵の宝具対策に有効です

防御力アップは最大20%。3ターン持続するため、打たれ強くなります。

スキル2効果
永生の奉献(EX)

CT7-5

味方全体のクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

+自身のHPを500減らす【デメリット】

クリティカル威力アップは最大50%。3ターン持続としては優秀な倍率です。クラス補正でスター集中度は高いですが、スター獲得手段が乏しいので、2ターン目以降は活かしづらいです

スター獲得は最大15個。やや少ないので、確実にクリティカルを出したいなら、味方か概念礼装によるスター供給が必要です。

HP500減少のデメリットは微小ですが、チャージタイム最短5ターンと短いため、回数を重ねると響いてきます

スキル3効果
神授の智慧(A+)

CT8-6

味方単体のクイックカード性能アップ(3ターン)

&アーツカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

全て最大30%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

各種カードバフを強化するので、ブレイブチェインやマイティブレイブチェインも強化されます。

特に効果を発揮するのは、『宝具と通常攻撃のカード構成が合わない(クイック宝具でバスターカード3枚構成など)』『火力バフの持続が短いか、1種類しか強化できない』『素のカード性能が高い』サーヴァントです。

運用方法

周回

NPチャージスキルを持たず、周回では宝具が撃ちづらいです

NP支援を受けた場合は、特攻対象なら要求火力に届きやすいです。ただスキル3を味方に付与すると、宝具ダメージが下がるので、その辺りは調整しましょう。

変則周回のクリティカル殴り要因としては、優秀な火力支援スキル味方全体クリティカル威力アップ&スター供給を持っています。スター獲得数が最大15個と少ないため、他のスター獲得スキルと合わせたいです

引いたカードに合わせて火力支援ができるので、カード運の影響を軽減できます。その場に残らずとも効果が残るため、スキル2と3を使って、オーダーチェンジで控えと交代する運用も悪くないです。

高難易度

防御強化状態を解除して、特攻宝具で仕留める特攻アタッカーです。

セイバークラスなど、攻撃有利で特攻対象が出てくるクエストに適正があります。

宝具の命中率が高く、特攻攻撃なのでダメージが安定しています。さらにアーツカードメインでアーツチェインが組みやすく、クラス補正の影響でスターさえあればアーツクリティカルを狙えるため、宝具回転率は高い部類です

チャージタイム最短5ターンで持続3ターンのクリティカル威力アップ&スター獲得も使い勝手が良く、味方か概念礼装でスターを供給できれば、クリティカルアタッカーとして運用できます。

高難易度ギミックに強い宝具、回避&防御力アップ、クリティカル発生率ダウンで長期戦にも対応しています。

 

スター供給が必要で、特攻対象以外にはダメージが落ちるという欠点を持っていますが、味方や概念礼装で補える範疇です

ただ『システムを組めるほど宝具回転率が高い』or『特攻以外にも火力バフが揃っている』アーチャーには席を譲ります。

 

編成は、ケイローンがメインアタッカーなら、アーツサポーターに毎ターンスター獲得系礼装を持たせた状態で組みたいです。クリティカルパーティ適正も高いので、スター供給能力が高いサーヴァントも候補に入ります。

サブアタッカーとして編成するなら、各種カードバフやクリティカル威力アップを付与できる関係上、誰とでも相性が良いです。ただ素のスター集中度が高いので、同じアーチャークラスかスター集中度アップを持つサーヴァントの方が組みやすいです。

概念礼装は、メインアタッカーならアーツカード性能アップや宝具威力アップ、宝具回転率を引き上げるNP獲得量アップ系も候補に入ります。サブアタッカーなら毎ターンスター獲得礼装を装備させたいです。

敵として出てきた場合

チャージタイムが短いアーチャークラス+防御強化状態を解除の宝具が厄介極まりないです。

宝具を受ける手段がデバフ(攻撃力ダウン、宝具威力ダウン)、ガッツ、強化解除耐性+無敵or回避、概念礼装で付与される無敵or回避と限られています。

回避で時間を稼いでくるため、必中・無敵貫通で畳み掛けましょう。

まとめ

・周回で宝具が撃ちづらいことを除けば、全体的に優秀なサーヴァントです。アーツ属性のアーチャーでクリティカル威力アップとスター獲得を持ち、宝具も特攻とてんこ盛りです。

・そんなケイローンでさえ、複数ある選択肢の1つとして扱うアーチャークラス(魔境)が怖いです

FGOにおけるケイローン

ギリシャ神話における大賢者。

ヘラクレス、アキレウス、イアソン、アスクレピオスなど、数多の英雄に教えを授けました。

スキル『神授の智慧』……ギリシャ神話の神から与えられた賢者としての様々な智慧により、英雄独自のものを除く、ほぼ全てのスキルにB~Aランクの習熟度を発揮できます。また、マスターの同意があれば他サーヴァントにスキルを授けることも可能です。

聖杯戦争において、まさしく最優の名に相応しいサーヴァントの一騎。

魔力消費こそ平均的なサーヴァントより若干多いものの、スキル『神授の智慧』などによる万能性は他の追随を許しません。

どんな若輩のマスターに対しても、丁寧な言葉遣いと敬虔な態度を崩さず、助言はしますが常に尊重します。

それは第二の生においても、彼が教師であると同時、生きている限りは全てにおいて学ぶことがあると信じているからです。

連リンク