『ナポレオン』FGOおすすめ性能解説

基本情報

凱旋を高らかに告げる虹弓アルク・ドゥ・トリオンフ・ドゥ・レトワール『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
自身に防御力無視状態を付与(1ターン)

+敵全体に強力な『神性』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

+スターを大量獲得

スキル1 効果
凱旋のカリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&自身の攻撃力アップ(1ターン)

スキル2 効果
火力支援『砲』(B+)

CT7-5

味方全体の宝具威力アップ(1ターン)

&スター発生率アップ(1ターン)

スキル3 効果
可能性の光(B)

CT8-6

自身のNPを増やす

&無敵貫通状態付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

強い点

自分と味方全体の火力を強化する術に長けたアーチャーです。

自分のみの二重カリスマに加えて宝具威力アップを持ち、強化済み宝具で『神性』特攻攻撃のため、特攻対象に対する瞬間火力はアーチャーでトップクラスです。

宝具ダメージ前に付与される防御力無視状態(1ターン)やスキルの無敵貫通(3ターン)で、ダメージを通せます

宝具ダメージ後のスター獲得(20個固定)に加えて、スキル『最大100%のスター発生率アップ、毎ターンスター獲得(最大10個×3ターン)』を持ち、スター生産力が高いです

NP最大30%チャージを持ち、宝具が撃ちやすいです。

弱い点

火力バフの持続が短く、3ターン持続するのは最大20%の攻撃力アップしかないため、2ターン目以降は特効宝具以外のダメージが落ちます

スター生産能力に長けていますが、クリティカル関連スキルを持っていません。またスター集中度が高いアーチャークラスのため、味方がスター集中度アップなどを持っていないと供給しづらいです。

耐久スキルを所持しておらず、長期戦では耐久支援が必須です。

引くべきか

引かなくていいです。

長所は『瞬間火力に長けた特効宝具、高難易度ギミックに対応するスキル、複数のスター供給能力』とそれぞれ強力ですが、噛み合っていません。

周回では、特攻宝具の瞬間火力は高いが、3ターン持続する火力支援スキルは『味方全体攻撃力アップ』のみと少ないです。またクリティカルを誘発するスター生産力は高いが、クリティカル関連スキルがないため、クリティカルで突破するWAVEに自分のカードが揃うとダメージが出ません。

高難易度では、特攻対象に対する宝具ダメージは安定するものの、カード性能が平凡で通常攻撃によるダメージとNP回収は期待できません。火力バフの持続が短いのも悩みで、宝具やスキルでスター生産しても、次のターンに残っているのは攻撃力アップのみです。そのため3ターン持続する無敵貫通や生産したスターを活かしづらいです

競合に優秀なアーチャーが多いのも難点で、宝具ダメージがメインのアタッカーで特攻対象がほとんど被っている『ギルガメッシュニコラ・テスラ』などと比べて、独自性を発揮しづらいです(恒常入手可能で、サーヴァント以外の『神性』持ちも特効対象なのが特徴と言えば特徴)。

育成難易度も高く、2部素材を中心に『英雄の盾154、励振火薬161、愚者の鎖216』と銅素材が100個以上必要です

全体攻撃宝具のアーチャーが揃っていないマスターは、引く価値があります。

全体攻撃宝具のアーチャーが揃っているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード性能は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、EXアタックが5hitと優秀ですが、総じて平凡

ステータスはレベル90時に、HP13097、ATK12033

ATK偏重型のステータスで、星5アーチャーの中ではATKがトップクラスに高く、HPは最底辺

クラススキル 効果
対魔力(C) 自身の弱体耐性を少しアップ(約15%)
単独行動(C) 自身のクリティカル威力を少しアップ(約6%)

対魔力はランクが低く、弾ければラッキー程度。

単独行動もランクは低いが、生産したスターを活かす貴重なクラススキルです。

固有の第3アペンドスキルは対ライダー攻撃適正。攻撃等倍のため、解放する価値は低いです。

属性は、サーヴァント、星属性、中立属性、善属性、人型、男性、愛する者、特別な星の力、王、ヒト科のサーヴァント。

宝具

凱旋を高らかに告げる虹弓アルク・ドゥ・トリオンフ・ドゥ・レトワール『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
自身に防御力無視状態を付与(1ターン)

+敵全体に強力な『神性』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

+スターを大量獲得

防御力無視攻撃は、防御力アップを無視できますが、○○○カード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。持続1ターンのため、追撃にも影響します。強化無効があると付与されません。

『神性』特攻はオーバーチャージ依存で、約1.5倍から2倍。サーヴァントと一部エネミー(黎明の炎腕など)に有効です。

スター獲得は最大20個。味方全体のクリティカルを誘発します

強化済みの特効宝具で、火力バフも揃っており、度重なる強化で壊れている『ギルガメッシュ』や条件が難しい『源為朝』を除くとトップクラスのダメージが出ます

全体5Hitするため、20個近いスター生産が可能です

スキル

スキル1 効果
凱旋のカリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&自身の攻撃力アップ(1ターン)

味方全体の攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

自分のみ攻撃力アップは20%固定。持続1ターンと短いので、周回時に火力支援する場合は、使用タイミングに注意しましょう。

スキル2 効果
火力支援『砲』(B+)

CT7-5

味方全体の宝具威力アップ(1ターン)

&スター発生率アップ(1ターン)

宝具威力アップは最大20%。味方全体の宝具ダメージを引き上げます。

スター発生率アップは最大100%。宝具発動時に使えば、合計40個近いスター生産が可能です。通常攻撃性能が平凡なため、合わせるなら宝具と合わせたいです。支援スキルとして使う場合は、『hit数が多いサーヴァント』と支援相手を選びます。

スキル3 効果
可能性の光(B)

CT8-6

自身のNPを増やす

&無敵貫通状態付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

NP増加は最大30%。第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装なら、1ポチで宝具が撃てます。

無敵貫通状態は3ターン持続するため、敵の回避・無敵を気にせず攻撃できます。

毎ターンスター獲得状態は最大10個×3ターン。数は少ないですが、アーチャーはクラス補正でスター集中度が高いので、クリティカルを狙えます

運用方法

周回

NP30チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

強化済み宝具で火力バフも揃っているため、『神性』属性に対する宝具ダメージが高く、非特攻対象にもアーチャー・非特攻宝具の中では高めのダメージが出ます。

理想は、宝具を1騎ずつ撃つ編成の第1WAVE担当として、『スキル1で第2~3WAVE担当の火力支援、スキル2で最終WAVE担当の火力支援、宝具やスキル3でスター供給支援』です。第2~3WAVEを担当する場合は、1ターン目からスキル1で火力支援すると、宝具ダメージが下がります(使わない場合は、自分が担当するWAVE以前に火力支援できない)

スター供給能力は高いが、クリティカルダメージは伸ばせないので、クリティカル殴りで突破する編成には向いていません。

高難易度

宝具火力が高い+ダメージを通しやすく、宝具後にスター生産もできる宝具アタッカーです。

セイバーなど、攻撃有利を取れるか特効対象が出るクエストに適正があります。

宝具ダメージが高い反面、通常攻撃でダメージが稼げないので、いかに宝具を回していくかが重要です。スター生産力は高いので、アーツクリティカルでNP回収を狙いましょう。

防御力無視状態や無敵貫通でダメージを通しやすいです。

欠点は火力バフの持続が短く、耐久スキルを持たないこと。

2ターン目以降に残る火力バフが攻撃力アップ最大20%のみで、特攻対象に対するダメージは安定しますが、非特攻対象には大きくダメージが落ちます。攻撃とスター生産を行う宝具が主軸ながら、単独で宝具連射できないのも難点で、NP支援が必須です。

耐久スキルも皆無で、長期戦では耐久支援がないと生き残れません

そのため編成は、短期決戦なら火力・NP・スター供給ができる『光のコヤンスカヤオベロン』。長期戦なら耐久支援ができる『マーリン』と組みたいです。

ナポレオンが持たないクリティカル威力アップ、耐久スキルを持つ『諸葛孔明』も悪くない組み合わせです。

アーチャー同士で組むなら、火力支援とクリティカル支援ができる『ケイローン』、二重の火力支援とスター生産能力が噛み合う『ジャンヌダルク(弓)』が候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、スター生産からクリティカル支援もこなす『アンデルセン』、火力バフとターゲット集中を持つ『レオニダス』。バスターカード性能アップを付与できる『シェイクスピア』が候補に入ります。

サブアタッカーとして編成する場合は、メインアタッカーのhit数が多く、クリティカル威力アップやスター集中度アップを所持しているのが望ましいです。

概念礼装は、宝具ダメージを伸ばす『宝具威力アップ』。自分が所持していない『バスターカード性能アップ(+初期NP付与)』。クリティカルダメージを伸ばす『クリティカル威力アップ』などが候補に入ります。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短い+チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

防御力無視状態+無敵貫通持ちなので、回避・無敵・防御力アップなどで攻撃を防げません。『対粛正防御状態、強化無効、強化解除』で対処するか、耐久スキルがないので速攻で倒しましょう。

まとめ

チグハグなスキル構成が厳しいサーヴァントです。スター生産能力は高いが、クリティカル関連スキルがなく、スター供給役としてはクラス補正が足を引っ張ります。高難易度ギミックに強いですが、宝具回転率がイマイチな一発屋で耐久スキルを所持していません。

・また競合と特攻対象が重なっているため、個性が埋没しています。育成難易度も高く、ちょっと育てようと思ったら銅素材100個以上要求のため、手が出しにくいです

FGOにおけるナポレオン

初代フランス皇帝。一時期はヨーロッパの大部分を支配するまでに至ったが、最終的には凋落しました。

その波瀾万丈な生涯は、個人の願望と能力にのみ依ったものではなく、人々の想いによってこそ導かれた───少なくとも、『英霊の座』はそのような存在として英霊ナポレオンを定義しました。

可能性の男。人々の期待によって生み出された英雄の偶像。ゆえに、現界した彼は常に「誰かの想い」に応える男として振る舞います。

多くの支持を受けて皇帝として立ち、一度はエルバに籠もった折にも皇帝を待望する声が高まれば舞い戻り、しかし人々が皇帝を否定すれば敗北しました。

英霊ナポレオンもまた、期待と願いに応え、想いに応え、己がすべき事を成し遂げます。あらゆるナポレオン伝説を肯定し、人(霊長)の可能性を体現したサーヴァントとして彼は現界します。

ライダーでの召喚時には身長が縮むらしい。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク