『二コラ・テスラ』FGOおすすめ性能解説

基本情報

人類神話・雷電降臨システム・ケラウノス『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な『天または地の力を持つサーヴァント』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

&敵全体に中確率でスタン状態を付与

+自身のHPを500減らす【デメリット】

スキル1『2回強化後』 効果
テスラコイル(A++)

CT7-5

自身のNP獲得量アップ(3ターン)

&弱体付与成功率アップ(1ターン)

+自身を除く味方全体のNP獲得量アップ(3ターン)

+味方全体の強化成功率アップ(3ターン)

スキル2『強化後』 効果
天賦の叡智(EX)

CT7-5

確率で自身の防御力アップ(3ターン)

&確率で宝具威力アップ(3ターン)

&確定で攻撃力アップ(3ターン)

&確定でガッツ状態付与(3ターン)

スキル3 効果
星の開拓者(EX)

CT8-6

自身のNP増加

&無敵貫通状態付与(3ターン)

+スター獲得

強い点

全てのサーヴァントが持つ基本的な属性『天地人(+星獣)』の内、『天・地』属性に対する特攻宝具が撃ちやすいアーチャーです。

NP最大50%チャージとNP獲得量アップ最大50%(3ターン)を持ち、周回・高難易度の両方で宝具が撃ちやすいです。

チャージタイム最短5ターンで3ターン持続する代わりに、確立で発動する『宝具威力アップ・防御力アップ』がスキル1『味方全体の強化成功率アップ』で確定発動します

高難易度で役立つ無敵貫通(3ターン)、サポーターと組んだ時に嬉しい味方全体のNP獲得量アップなども所持しています。

弱い点

通常攻撃を強化する火力バフが攻撃力アップのみで、クリティカル関連もスター獲得(10個固定)と乏しく、通常攻撃でダメージが稼げません

『回避・無敵』といったチャージ攻撃を無傷で受ける手段がありません(チャージタイム最短5ターンで持続3ターンの『防御力アップ、ガッツ』はあるので、打たれ強くはある)。

宝具のスタン発動率が低確率で、狙って敵の足止めができず、変なタイミングで付与して宝具発動がズレる可能性があります。

特効宝具の対象がわかりづらい。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道があります。

『NP最大50%チャージ、対象が広範囲の特効宝具、3ターン持続する無敵貫通』を所持しており、周回と高難易度の両方で編成できます

スキルのチャージタイムが最短5~6と短く、持続もほぼ3ターンとスキルの切れ間が短いです

各バスターサポーターとの相性が良く、『マーリンなら切るカードを減らせるNP獲得量アップ』『光のコヤンスカヤならバスターカード性能アップを所持していない』『オベロンなら宝具威力アップを所持している』点が噛み合います。

しかし、周回で宝具3連射するには『限界突破したカレイドスコープ(初期NP100%)+アトラス院(チャージタイム2短縮)』が必要です。高難易度でも優秀な競合が多く、ほぼすべてのサーヴァントを特効対象に収める『ギルガメッシュ』、非特攻宝具ながらダメージが高い『イシュタル』などがいます。

またストーリー限定サーヴァントのため入手難易度が高く、確率発動のスキルを確定発動させるためにはスキルレベル上げが必要など、育成難易度も高いです。強化クエストを全てクリアしてからが本領発揮なので、大器晩成型とも言えます

周回・高難易度の両方で使えるアーチャーが欲しいマスターは、引く価値があります。

周回・高難易度向けのアーチャーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、全体的にhit数が少なくスター生産は苦手、NP効率は平凡(スキル込みならアーチャートップクラス)

ステータスはレベル90時に、HP13825、ATK11781。

星5アーチャーの中では、HP・ATKともに平均的です

クラススキル 効果
対魔力(C) 自身の弱体耐性を少しアップ(約15%)
単独行動(B) 自身のクリティカル威力をアップ(約8%)

対魔力はランクが低めで、弾ければラッキー程度。

単独行動を所持していますが、スター生産率が低く、上手く活かせません

固有の第3アペンドスキルは、対キャスター攻撃適性。攻防等倍のため、解放する価値はないです。

属性は、サーヴァント、星属性、混沌属性、善属性、人型、男性、特別な星の力、愛する者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

人類神話・雷電降臨システム・ケラウノス『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な『天または地の力を持つサーヴァント』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

&敵全体に中確率でスタン状態を付与

+自身のHPを500減らす【デメリット】

『天・地属性を持つサーヴァント特攻』はオーバーチャージ依存で、約1.5倍から2倍。対象範囲は全サーヴァントの約半数と広範囲です。

スタン付与の確率は約40%固定。付与できればラッキー程度の確率で、アタリハズレ両方を想定した運用が求められます。スキル1で成功率が増えますが、それでも安定しません。

HP500減少は、HP500以下で使うと倒れます。宝具でテスラと敵が同時に倒れた時は敗北扱いです。

hit数が3hitと少なく、スター生産は期待できません

強化済み宝具で『攻撃力アップ、宝具威力アップ』を持ち、非特攻対象に対してもダメージは出ます¹。

¹……宝具レベル1で比べた場合、『高杉晋作、アルジュナ』と同じ程度。

スキル

スキル1『2回強化後』 効果
テスラコイル(A++)

CT7-5

自身のNP獲得量アップ(3ターン)

&弱体付与成功率アップ(1ターン)

+自身を除く味方全体のNP獲得量アップ(3ターン)

+味方全体の強化成功率アップ(3ターン)

NP獲得量アップは最大50%。高ランクの黄金律と同じ倍率で、スキル発動中はアーチャーでトップクラスのNP効率を誇ります。

弱体付与成功率アップは最大40%。宝具のスタン付与率に関与します(弱体付与系のコマンドコードも成功率が上がります)。持続1ターンと短く、スキルレベルマックスでも確定にならないため、このためだけに温存するのは避けたいです

自身を除く味方全体のNP獲得量アップは最大30%。味方全体の宝具回転率を引き上げます

味方全体の強化成功率アップは最大20%。対象は『失敗すると強化アイコンが付与されないスキル』で、『強化アイコンは付与されますが、効果自体は確率のスキル』は対象外です。スキル2を確定で発動したい場合は、スキルレベル上げが必要です

スキル2『強化後』 効果
天賦の叡智(EX)

CT7-5

確率で自身の防御力アップ(3ターン)

&確率で宝具威力アップ(3ターン)

&確定で攻撃力アップ(3ターン)

&確定でガッツ状態付与(3ターン)

確率は一律80%。防御力アップは最大30%、宝具威力アップは最大30%

確定で発動する攻撃力アップは最大20%。ガッツの回復量は最大3000。

『スキルレベルマックスのスキル1→スキル2』の順番で使えば、確定で発動します。スキルのチャージタイムが同じなので、順番さえ間違えなければ合わせやすいです。

スキル1と合わせることで確定発動する攻防バフに目が行きがちですが、チャージタイム最短5ターンで3ターン持続する回復量最大3000のガッツも優秀で、粘り強く戦えます。

スキル3 効果
星の開拓者(EX)

CT8-6

自身のNP増加

&無敵貫通状態付与(3ターン)

+スター獲得

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備すればワンポチで宝具が撃てます。また第2アペンドスキルをレベルマックスにすれば、初期NP30%付与礼装でも可能です。

無敵貫通状態は3ターン持続するため、敵の回避・無敵を気にせず攻撃できます

スター獲得は10個固定。アーチャーはクラス補正でスター集中度が高いが、クリティカルを狙うには心もとない数です。

運用方法

周回

NP50%チャージを持ち、初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。

初期NP100%付与礼装、光のコヤンスカヤ×2、マスター礼装『アトラス院制服』は必要ですが、宝具3連射が可能です(初期NP50%付与礼装+光のコヤンスカヤ×2+NP50%以上付与できるサポーターでも可)。

特効の対象範囲が広く、特攻対象なら要求火力に届きやすいです。

しかし、特攻はサーヴァント以外には反応せず、通常攻撃性能が低いです。

そのため『一般エネミーのHPが高い単体WAVE』を含む変則周回が苦手です。宝具を1騎ずつ撃つ編成でも火力支援スキルがないため、扱いづらい部分があります。

高難易度

NP最大50%チャージと最大50%のNP獲得量アップで、対象が広範囲の宝具を連射する宝具アタッカー。

セイバーなど、特攻対象+攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

スキルのチャージタイムが総じて短く、持続も長いのが特徴で、バフが途切れにくいです

宝具運用に特化しているスキル構成で、単独でNP回収から宝具ダメージ強化までこなします。

回避・無敵など、ダメージを0にするスキルはないですが、防御力アップとガッツで見た目以上にしぶといです。

3ターン持続する無敵貫通でギミック耐性も悪くなく、味方全体のNP獲得量アップでサポーターのカードをあまり切らずにサポート宝具が撃てます

しかし、通常攻撃性能が低く、宝具封印や宝具ダメージ低下のギミックに弱いです。また強化バフがほとんどのため、強化無効・解除が天敵です(弱体耐性が低いため、これらを防ぎづらい)。

編成は、短期決戦なら火力・NP・スター供給ができる『光のコヤンスカヤオベロン』。長期戦なら耐久支援ができる『マーリン』と組みたいです。

低レアサーヴァントなら、火力バフとターゲット集中を持つ『レオニダス』、バスターカード性能アップを付与できる『シェイクスピア』が候補に入ります。

概念礼装は、宝具ダメージを伸ばす『宝具威力アップ』、自分が所持していない『バスターカード性能アップ(+初期NP付与)』などがおすすめです。

味方に『毎ターンスター獲得系』礼装を持たせれば、アーツクリティカルが狙えるので、NP支援なしでも宝具連射が狙えます。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短い+チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

3ターン持続の無敵貫通や宝具の確率スタンも厄介で、放置が難しいです。

特効宝具などで早期に倒すか、防御力アップの重ね掛けで宝具を受けるorスタンなどで足止めしながら戦いましょう。

まとめ

・度重なる強化により変貌を遂げましたが、競合の『ギルガメッシュ』が雑に強いのが難点です。そちらと比べて、『3ターン持続の無敵貫通持ちで、NP回収力や耐久性能が高い』のが特徴です。

・総合的に見て強いサーヴァントですが、入手・育成難易度が高く、ちょっと育てただけでは性能を発揮しきれないのが悲しいです。

FGOにおける二コラ・テスラ

人類文明に『電気』をもたらした偉大な碩学のひとり。十九~二〇世紀の天才科学者。

星さえ割ってみせると宣う、堂々たる天才。数多の神話で神(自然)の伝説として語られる雷電の力を解明した偉大な碩学のひとり。

マーク・トゥウェインは彼を雷電博士と呼びました。

絶世の美男子。発明王エジソンの好敵手。ゼウスの雷霆を地上に顕した男。壮絶にして華麗なる叡智の魔人。

数多の神話で語られる雷電神たちの再臨を思わせる猛威を地上へともたらす宝具の存在が、彼をアーチャーたらしめています。

聖杯にかける願いは「ニコラ・テスラ世界システムを完成させること」。交流電流が空間そのものを行き交う新世界の到来。これを成就させるためにも、ニコラ・テスラは人類史の修復に協力を惜しまない。

マスターへの態度は尊大の一語。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク