『高杉晋作』FGOネタバレ性能解説

基本情報

宝具・超級維新・奇兵隊ちょうきゅういしん・きへいたい
クイック属性・全体攻撃宝具
自身のクイックカード性能アップ(1ターン)&アーツ性能アップ(1ターン)&バスター性能アップ(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

+敵全体に強力な攻撃

スキル1 効果
破天の麒麟児(A)

CT8-6

味方全体のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&オーバーチャージ1増加(1回・3ターン)

スキル2 効果
武装維新(B)

CT8-6

味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&スキルのチャージタイム1短縮

スキル3 効果
留め置かまし大和魂(A)

CT9-7

自身にガッツを付与(1回・3ターン)

&NP増加

&攻撃力をアップ(3ターン)

強い点

多段hit宝具でスター生産&3ターン持続のクリティカル威力アップ付与により、クリティカルアタッカーとして動けます。

スキル『味方全体のクイック&バスターカード性能アップ(3ターン)&オーバーチャージ段階1増加(1回・3ターン)、味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)』を持ち、周回では火力支援ができます

『スカディ(水着)』×2のシステム周回に対応しています。

弱い点

特効宝具・スキルを持たず、火力バフも際立って高いとは言えません。そのためイベントの最後に解放される『90++』のような敵HPが高いフリークエストでは、クリティカル追撃が必須です。

豊富なクリティカル威力アップ手段を持ち、多段hit宝具はスター生産力に優れていますが、即時スター獲得スキルがないです。通常攻撃のスター生産力は高いと言えず、クイックチェインや宝具を上手く回さないとクリティカルが狙えません

耐久スキルがガッツ1回と少なく、またチャージタイムも9~7と長いため、長期戦では耐久支援が必要です

引くべきか

引かなくていいです。

システム周回に対応しており、変則周回で宝具を1騎ずつ撃つ編成でも、宝具によるスター供給・火力・クリティカル支援が可能です。

しかし、ややサポーター寄りのスキル構成に加えて、特攻による大幅な火力上昇がないため、敵のHPが高いフリークエストの最終WAVE要因としては競合に劣る場面が多いです

またスター生産が宝具頼りのサーヴァント全般に言えますが、『同じターンにスター獲得からクリティカルが出せない』ため、高杉晋作がクリティカルダメージを出すにはカード運が絡みます。またスター生産力が敵の数に左右されるのも難点です。

総じて、無難な性能で『システム周回に対応』『変則周回の1WAVE要因』として動けます。ただし、アーチャーには優れた競合が高レア低レア問わずに多いため、それらを押しのけて最優先で編成するサーヴァントではありません

また火力バフの倍率が高くなく、特攻持ちではないため、宝具レベルが最終的なダメージに直結してきます

ある程度どんなクエストにも連れていけるアーチャーが欲しいマスターは、引く価値があります。

アーチャーや代用できるクラスのサーヴァントが揃っているマスターは、スルーして構いません。

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flowerをAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、クイック2枚、バスター2枚、アーツ1枚

ステータスはレベル90時に、HP12965、ATK12218

ATK寄りのステータスで、星5アーチャーの中ではATKが高く、HPは最底辺です。

クラススキル 効果
対魔力(D) 自身の弱体耐性を少しアップ(約12%)
単独行動(B) 自身のクリティカル威力をアップ(約8%)
維新の英雄「奇」(B) 自身のアーツカード性能を少しアップ(約6%)

自身のクリティカル威力を少しアップ(約6%)

対魔力はランクが低く、デバフを弾ければラッキー程度

単独行動と維新の英雄「奇」により、常時低くはないクリティカルバフが付与されます。またアーツカードのダメージとNP回収率が底上げされています。

固有の第3アペンドスキルは、対ルーラー攻撃適正。攻撃不利のため、解放する意味がほぼないです。

属性は人・混沌・善・男性・人型。

宝具

超級維新・奇兵隊ちょうきゅういしん・きへいたい
クイック属性・全体攻撃宝具
自身のクイックカード性能アップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&アーツ性能アップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&バスター性能アップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&クリティカル威力アップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な攻撃

各種カード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。強化無効を受けていると失敗します。1ターン続くため、追撃にも影響します

クリティカル威力アップもオーバーチャージ依存で、30~50%。3ターン持続するため、宝具連射で重ねがけが狙えます

多段hit宝具のため、スター生産力とNP回収力が高く、システム周回や次ターンのクリティカルが狙えます

総合的な火力バフの倍率が高くなく、『未強化・非特攻』宝具のため、宝具ダメージは他のアーチャーに劣りがちです

スキル

スキル1 効果
破天の麒麟児(A)

CT8-6

味方全体のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&オーバーチャージ1増加(1回・3ターン)

クイック&バスターカード性能アップは最大20%。倍率としては平均的な数値ですが、自分のメインカードと味方全体の火力を引き上げます。

オーバーチャージ1増加は持続3ターンと長く、どのタイミングで使っても無駄になりにくいです。オーバーチャージ段階で宝具威力が伸びる『アーラシュ』、特攻倍率がオーバーチャージ依存の『ギルガメッシュ』などと相性が良いです。

スキル2 効果
武装維新(B)

CT8-6

味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&スキルのチャージタイム1短縮

クリティカル威力アップは最大50%。任意の味方に付与できますが、アーチャーはクラス補正でスター集中度が高いため、『宝具でスターを飽和させる』など付与した相手にスターを寄せる工夫が必要です

スキルチャージを1進めるは、サポートスキルとして強力です。自分に使うと、やや長めのチャージタイムを短縮できます

このスキルを先に使うと、他スキルはチャージタイムが短縮されないため、使う順番に気を付けてください

スキル3 効果
留め置かまし大和魂(A)

CT9-7

自身にガッツを付与(1回・3ターン)

&NP増加

&攻撃力をアップ(3ターン)

ガッツの回復量は最大3000。唯一の耐久手段ですが、持続3ターンでチャージタイム最短7ターンと長いため、頼りづらいです。

NP増加は最大30%。第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装なら、1ポチで宝具が撃てます。

攻撃力アップは最大30%。3ターン持続としては倍率が高めで、宝具・通常攻撃のダメージを伸ばします。

運用方法

システム周回

多段hit宝具のため、『初期NP50%付与礼装+スカディ(水着)×2+マスター礼装「2004年の断片」』などで宝具3連射が狙えます。

未強化の非特攻宝具ですが、スター生産力が高いので、カード運は絡みますが高威力のクリティカル追撃が狙えます

変則周回

NP30%チャージで宝具が撃ちやすく、『火力支援、オーバーチャージ段階強化、スター供給、クリティカルバフの付与』ができます。

理想としては、敵の数が3-1-2のようなクエストの『第1WAVE担当+第2WAVE以降のサポート』です。

問題は『宝具ダメージが伸びづらく』『スター供給能力が宝具に依存するため、敵の数が少ない=スター生産力が落ちる』点です。

火力支援の内容も、クイック&バスターカード性能アップは最大20%と際立って高いわけではなく、『クリティカル威力アップ、オーバーチャージ段階強化、スキルのチャージタイム1短縮』は恩恵を得られる味方が限られます。

※チャージタイム1短縮は、『タイプ:アース+光のコヤンスカヤ×2+高杉晋作』の組み合わせなら、タイプ:アースの宝具3連射が狙える。

高難易度

『宝具→クリティカル』の流れが強力なクリティカルアタッカーです。

セイバーなど、攻撃有利を取れるクエストが適正です。

『宝具発動時に付与されるクリティカル威力アップを途切れさせない』『高威力のクリティカルを出し続ける』のが理想的な運用方法です。

運用上の注意点は、宝具以外で大量のスターを生産できず、高難易度向けのスキルがないこと。

『宝具連射が途切れる=総合ダメージが落ちる』ため、サポーターのNP支援が必要です。NPチャージスキルを持っていますが、アーツカード1枚構成でチャージタイム最短7ターンと長いため、単独で宝具連射は厳しいです。

耐久スキルもガッツしかないうえに、『必中・無敵貫通・弱体無効』などといった高難易度向けのスキルがないため、敵が使用する『回避・無敵・強化無効』の影響を大きく受けます。

そのため編成では、火力・NP支援ができる『スカディ、水着スカディ』と組みたいです。

クリティカル関連を強化できるサーヴァント『ケイローンミス・クレーン』なども候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』が候補です。

概念礼装は、『宝具威力アップ』など、宝具ダメージを伸ばす礼装がおすすめです。味方にはスター獲得系礼装を持たせて、クリティカルを安定させましょう。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアーチャークラスで、チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

宝具以外にもクリティカル事故が怖いので、回避・無敵を駆使しながら戦いましょう。

まとめ

・良くも悪くも無難にまとまっているサーヴァントです。

変則周回が主流の現状で、『宝具を撃つ前提』かつ敵の数に影響するため、クリティカル支援要因としては編成しづらいのが難点です。

FGOにおける高杉晋作

幕末の長州に颯爽と現れた維新志士にして異端児。

吉田松陰が主宰した松下村塾の門下生であり、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一らと松下村塾四天王と呼ばれ将来を嘱望されました。

一見して落ち着いたインテリの優男という感じですが、破天荒かつ面白ければ何でもいいとかいうはた迷惑な性格です。とにかく自由奔放、独断専行当たり前のワンマン社長的人物。

華奢といった体つきですが、柳生新陰流の免許皆伝だったりします。

それだけでは本人的には普通すぎるらしく、特製火炎瓶と新陰流を組み合わせた謎の奇剣術を開発。面白がって振り回しています。

通常戦闘時は自作の特製火炎瓶や三味線ブレードをぶんまわし、挙句の果てには小型の試作機であるプロトタイプ・アラハバキを呼び出し操作するなど、無茶苦茶な戦闘スタイルを披露。

どちらかと言えばアーチャーというよりライダー的にも見えるスタイルですが、『僕はそういう型にはまるようなタイプじゃないからご愛敬ってとこだな』とのこと。

これらは特異点である維新都市サイタマでの出来事に由来するものですが、特異な宝具の性質と、数奇な運命により高杉の霊基に刻まれました。