『ジークフリート』FGOネタバレ性能解説

基本情報

幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な『竜』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

&自身のNP獲得量をアップ(3ターン)

スキル1『強化済み』効果
貪欲なる黄金(A)

CT8-6

自身のNP増加

&NP獲得量アップ(3ターン)

&攻撃力アップ(3ターン)

スキル2効果
仕切り直し(A)

CT7-5

自身の弱体状態解除

&HP回復

スキル3『強化済み』効果
竜殺し(A++)

CT7-5

自身に『竜』特攻状態付与(3ターン)

&『竜』特防状態付与(3ターン)

&バスターカード性能アップ(1ターン)

強い点

度重なる強化の結果、『攻撃力アップ、バスターカード性能アップ、『竜』特攻状態、『竜』特攻攻撃』といった4種類の攻撃バフを獲得し、『竜』属性相手には全サーヴァント中(単体攻撃宝具含む)トップクラスの火力を叩き出すようになった絶対ドラゴンぶっ倒すセイバーです。

FGO界のドラゴンスレイヤーと化しており、『竜』属性相手なら等倍クラスでも編成に割り込める攻撃性能を持っています。具体的には『非竜属性の等倍クラス』より、『竜属性の不利クラス(アーチャー・ルーラー)』の方にダメージが出せる始末です。

NP30%チャージを持ち、第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。またNP獲得量アップも所持しており、アーツクリティカルを出せればNP回収が可能です

スキルの『竜』特防状態で、『竜』属性からのダメージを抑えます。元々HPが高く、さらにHP回復(最大2500)があるので、『竜』属性に対しては頑丈です

弱い点

素のATKの低さとカード性能の悪さです。

『竜』属性が相手なら気になりませんが、ATKは星4サーヴァントの中だとかなり低いです。攻撃力アップやバスターカード性能アップを持っているとはいえ、『竜』属性以外に対するダメージは期待できません

また初期実装サーヴァントのため、カード性能は極めて平凡。NPチャージやNP獲得量アップがあるとはいえ、宝具連射する場合はアーツクリティカルやNP支援が必要です

周回で運用するなら問題ないですが、高難易度の場合は耐久スキルが『竜』特防状態とHP回復しかないため、耐久支援は必須です

引くべきか

引かなくていいですが、引けたら使い道はあります。

『竜』属性に対する強さが抜きんでており、『竜』属性の登場頻度も少なくはないので、クエストに左右されますが下手な星5サーヴァントより起用頻度は高いです

NP30%チャージがあるので、宝具を一騎ずつ撃つ変則周回はもちろん、『竜』属性相手なら高難易度でも通用します

一方で『竜』属性以外だと、それほどダメージは出ないので汎用性が乏しいです

またスキルは全て自己強化のため、パーティに貢献できません。

加えて最強のドラゴンスレイヤーになるには、最終再臨に加えて強化クエストのクリアが必要で、大器晩成型と言えます。

汎用性が乏しいので、サーヴァントが揃っておらず、NP支援や耐久支援ができる環境が整っていないマスターは引かなくていいです。

今後『竜』属性が登場するクエストを高火力で突破したいマスターは引く価値があります。

ステータス

クラスはセイバー

カード構成はバスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

初期サーヴァントゆえに、カード性能は平凡です。

ステータスはレベル80時に、HP14165、ATK8181

HPは星5サーヴァント並ですが、ATKは星4サーヴァントの中だと低い部類です。

クラススキル効果
騎乗(B)自身のクイックカードの性能をアップ(約8%)

騎乗はランクが高いものの、1枚しかないうえに、カード性能も平凡です。

固有の第3アペンドスキルはセイバー攻撃適性。攻撃等倍のため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

特性はサーヴァント、地属性、混沌属性、善属性、人型、男性、騎乗、竜、愛する者、セイバークラスのサーヴァント、王、霊衣を持つ者、ヒト科のサーヴァント。

セイバークラスでは珍しく対魔力を持っていないので、デバフには注意が必要です。

宝具

幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な『竜』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

&自身のNP獲得量をアップ(3ターン)

『竜』特攻攻撃はオーバーチャージ依存で、倍率は1.5倍から2倍。

スキルの『竜』特攻状態と合わせれば、『竜』属性に対しては単体攻撃宝具並のダメージです¹

相手に『竜』特性を付与できる『ゲオルギウス』と組めば、どんな相手にも特攻込みのダメージが出ます。

NP獲得量アップは20%固定。宝具回転率を引き上げますが、これだけだと心もとない数値です。

¹……セイバークラスの単体攻撃宝具でトップクラスのダメージが出る『宮本武蔵シグルド』には劣りますが、その2騎が比較対象に上がるくらいのダメージです(聖杯未投入かつ同じ宝具レベルで比べた場合)。

スキル

スキル1『強化済み』効果
貪欲なる黄金(A)

CT8-6

自身のNP増加

&NP獲得量アップ(3ターン)

&攻撃力アップ(3ターン)

NP増加は最大30%。第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装なら、1ポチで宝具が撃てます。

NP獲得量アップは最大37.5%。宝具ダメージ後のNP獲得量アップと合わせても、アーツクリティカルでなければ、大幅なNP回収はできません

攻撃力アップは最大30%。スキル3のバスターカード性能アップと合わせることで、『竜』属性以外にも星4サーヴァント相応のダメージが出ます

スキル2効果
仕切り直し(A)

CT7-5

自身の弱体状態解除

&HP回復

行動不能状態以外のデバフを解除できる高難易度向けのスキルです。

HP回復は最大2500。『竜』属性に対しては、HPのステータスが高く『竜』特防もあるのでそれなりに恩恵はありますが、それ以外は焼け石に水です。

スキル3『強化済み』効果
竜殺し(A++)

CT7-5

自身に『竜』特攻状態付与(3ターン)

&『竜』特防状態付与(3ターン)

&バスターカード性能アップ(1ターン)

『竜』特攻状態は最大80%。宝具の『竜』特攻攻撃とは別枠なので、数値以上のダメージが出ます。

『竜』特防状態は30%固定

バスターカード性能アップは最大50%。魔力放出系スキルと同値です。持続1ターンと短いため、宝具発動時かバスタークリティカルが狙える時に使いたいです。

運用方法

周回

NP30%チャージを持っているので、第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます

宝具ダメージも『竜』属性なら問題ありません。『竜』属性以外だと、星4セイバー相応のダメージです。

変則周回

『竜』属性相手ならば敵が単体のWAVEでも担当できる火力がある反面、味方に対する火力支援はできません。

またクリティカル関連スキルがないので、クリティカル殴り編成は厳しい部分があります。

高難易度

『攻撃力アップ、バスターカード性能アップ、「竜」特攻状態、「竜」特攻攻撃』が合わさった時の一撃は単体宝具を含めてもトップクラスで、敵が『竜』属性を持っているなら単体でもアタッカーとして編成できます

耐久関係は『竜』特防状態とHP回復があるので、『竜』属性相手には打たれ強いです。仕切り直しによる弱体解除も高難易度では役立ちます

ただ無敵や回避といったダメージを0にするスキルがないので、宝具を耐えるのは厳しいです

またカード性能がよくないため、宝具で大ダメージを連発したい場合はNP支援が必須です。もしくはスター供給支援があれば、NP獲得量アップ×2があるので、アーツクリティカルによるNP回収は可能です

まとめ

最強のドラゴンスレイヤーになってすまない……などと言うつもりはない!!

・すまない、『竜』属性以外には星4サーヴァント相応の火力ですまない。

FGOにおけるジークフリート

3世紀ドイツの英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の主人公です。

初出は『Fate/Apocrypha』。

実はセイバー顔でなく円卓関係者でもない、初のセイバー。

寡黙ですが情に厚く、他者を優先する高潔さを持った英雄らしい性格をしています。

FGOでは弄り倒されていますが、アーサー王やシグルドと並ぶセイバー最強格の大英雄です。

なお自分には勿体ないとして、あのとの結婚を一度断っています。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク