『クリームヒルト』FGOネタバレ性能解説

基本情報

流離魔剣・聖妃失墜(バルムンク・クリームヒルト)
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体の防御強化状態を解除

&超強力な『竜』特攻攻撃

&アーツ攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1効果
復讐計画『狂奔』( B++)

CT8-6

敵全体のチャージを減らす

&防御力をダウン(3ターン)

&クリティカル発生率をダウン(3ターン)

スキル2効果
殺戮応酬(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能をアップ(3ターン)

&バスターカード性能をアップ(3ターン)

&『混沌』特攻状態を付与(3ターン)

スキル3効果
位高き乙女の愛(EX)

CT8-6

味方単体にターゲット集中状態付与(1ターン)

+自身のNP増加

&HP回復

強い点

NP50%チャージを持つレイドor変則周回でドラゴン絶対ぶっ倒すバーサーカーです。奥様はドラゴンスレイヤー。

単体アーツの『竜』特攻攻撃宝具とスキルによる『混沌』特攻に加えて、ほぼ攻撃有利のバーサーカークラスで攻撃性能が高く、広範囲に高いダメージが出ます

スキル『防御力ダウン、アーツ&バスターカード性能アップ』に加えて、宝具ダメージ後にアーツ耐性ダウンを付与するため、特攻が乗っていない状態でも星4バーサーカー相応の宝具ダメージです

また宝具ダメージ前に防御強化状態を解除するので、解除不可の特殊ギミックでない限りは確実にダメージが入ります。

他にも敵全体のチャージ減少や味方単体にターゲット集中を付与など、高難易度で役立ちスキルが多いです。

弱い点

耐久力が低く、宝具回転率がイマイチです。

耐久関係はクリティカル発生率ダウンとHP回復しかなく、ほぼ防御不利のバーサーカークラス+HP1万以下のため、耐久支援がなければあっさり退場します

またNP50%チャージを持っていますが、カード性能は並で宝具のNPリチャージ性能もそれほど高くないため、宝具再発動のハードルは高めです。

引くべきか

引いて損はない性能です。

単体アーツバーサーカー+NP50%チャージを持っている時点で、『変則周回の単体WAVE要因』という役割が生まれます。

所持している特効も、変則周回の単体WAVE枠に選ばれやすい『竜』特攻で、『混沌』特攻も対象範囲が広いです。

一方でHPは星4バーサーカー最底辺に加えて、まともな耐久スキルもないため、退場しやすいです。

またATKは高いが星4サーヴァントの範疇で、宝具レベル5にできる配布サーヴァントが存在する関係上、宝具レベルは3まで上げたくなります。

性能に関係ない話ですがバトルグラフィックは美麗で、マイルームボイスも捻くれていて面白いです。

ステータス

クラスはバーサーカー

カード構成はアーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

全て3hitでカード性能は標準です。

ステータスはレベル80時に、HP9922 ATK10400

星4バーサーカーの中では、ATKがトップクラスに高く、HPは最底辺。

クラススキル効果
狂化『EX』自身のバスターカードの性能をアップ(約12%)

狂化はランクが高く、バスターカードのダメージに大きなプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは対セイバークリティカル発生耐性です。旦那に強い)。

特性はサーヴァント、地属性、混沌属性、中庸属性、人型、女性、ヒト科のサーヴァント。

宝具

流離魔剣・聖妃失墜(バルムンク・クリームヒルト)
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体の防御強化状態を解除

&超強力な『竜』特攻攻撃

&アーツ攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

NPリチャージ性能はほどほどで、アーツクリティカル追撃やNP支援なしだと宝具連射は狙えません

防御強化状態はガッツ、特殊ギミック以外の『「防御力アップ」「ダメージカット」「特防」「無敵」「回避」』が対象で、確実にダメージを与えます

『竜』特攻攻撃は1.5倍固定。一般エネミー以外にも、一部のサーヴァントが対象に入ります。

アーツ攻撃耐性ダウンはオーバーチャージ依存で20~40%。アーツカードのダメージとNP回収力を強化します。3ターン持続するため、宝具連射で重複します。

宝具ダメージは、特攻が入らずとも星4バーサーカー・非特攻宝具相応で、特攻が片方でも入れば星5バーサーカー・強化済みの非特攻宝具並と高いです。『竜』&『混沌』特効が入れば、全バーサーカー中トップクラスのダメージが出ます。

スキル

スキル1効果
復讐計画『狂奔』( B++)

CT8-6

敵全体のチャージを減らす

&防御力をダウン(3ターン)

&クリティカル発生率をダウン(3ターン)

敵全体チャージ減少は確定。敵全体の宝具発動を遅延します

防御力ダウンは最大20%。味方全体が与えるダメージを引き上げます。

クリティカル発生率ダウンは最大20%。クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、雑魚エネミーならクリティカルがほとんど発生しません。

スキル2効果
殺戮応酬(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能をアップ(3ターン)

&バスターカード性能をアップ(3ターン)

&『混沌』特攻状態を付与(3ターン)

アーツ&バスターカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

『混沌』特攻は最大50%。3ターン持続としては倍率が高いです。対象はサーヴァントがほとんどで、一般エネミーにはまず機能しません。

スキル3効果
位高き乙女の愛(EX)

CT8-6

味方単体にターゲット集中状態付与(1ターン)

+自身のNP増加

&HP回復

味方単体にターゲット集中状態は、『攻撃を集中させてNP回収(被ダメージでNP稼ぎ)』『回避・無敵と合わせて被ダメージ0』『味方をわざと退場させる(控えを前線に出す)』など、用途は多岐にわたります。強化効果扱いのため、強化解除・強化無効の影響を受けます。

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備すれば宝具が撃てます。第2アペンドスキルをレベルマックスにすれば、初期NP30%付与礼装でも可能です。

HP回復は最大3000。バーサーカーにとっては焼け石に水なので、過信はできません。

運用方法について

変則周回

味方に対する火力支援は防御力ダウンしかできず、クリティカル関連スキルもないので、変則周回時に敵が一体しかいないWAVEを宝具で突破することが役割です。

敵は『竜』or『混沌』属性を持っていることが望ましいです。特効が片方でも乗れば、星5バーサーカー・強化済みの非特攻宝具と遜色ないダメージが出ます(同じ宝具レベルで比較した場合)。

NP50%チャージを持つバーサーカーは利便性が高く、要求火力に届くなら、特攻対象が相手でも編成する価値はあります。その場合はクリームヒルトが持っていない攻撃力アップや宝具威力アップで火力支援しましょう。

レイド

上記と同じく敵が特攻対象ならば、アタッカーとして起用できます

ただし宝具回転率が低いので、一発で仕留めるか、NP周りを支援して宝具連射しましょう。

高難易度

特攻対象が相手ならダメージは高いが、宝具回転率は初動を除くと他の単体宝具持ちのバーサーカー『ヴラド三世(狂)』『ガラテア』には劣ります(星5サーヴァントが比較対象に入るほどハイスペックではある)。

ダメージ前の防御強化状態解除は厄介な回避や無敵を引き剥がせるので、ダメージを通しやすいです。

HPが低く、耐久関係のスキルは『敵全体チャージ減少、味方単体にターゲット集中、クリティカル発生率ダウン、HP回復』しかないので耐久支援は必須です。特に敵が全体攻撃持ちだと1ターンで退場しかねません

幸いアーツサポーターは耐久支援が得意なサーヴァントが多く、クリームヒルトの攻撃を重視したスキル構成とは相性が良いです。

編成は、火力・耐久・NP支援ができるアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と組みたいです。

NP支援に加えて、スタン&チャージ減少の宝具を持つ『諸葛孔明』も候補に入ります。

NP支援なしでの宝具連射に難があるため、NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。アーツサポーターとして動ける『アマデウス、パラケルスス、徐福』が候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。宝具回転率を強化する『アーツカード性能アップ、NP獲得量アップ』がおすすめです。

敵とて出てきた場合

バーサーカーなのでチャージゲージは長いですが、防御状態解除の宝具を持っているのが危険です。

回避や無敵を剥がされる上に、基本攻撃有利のバーサーカーなので、素受けはできませんなるべく宝具を撃たせずに撃破しましょう

まとめ

特攻持ちのアタッカーとしてハイスペックです。

NP50%チャージ持ちのバーサーカーという点で価値があります。

・敵全体チャージ減少やターゲット集中など、腐りにくいスキルを持っているのが利点です。

・思ったより宝具回転率が低い

ストーリー限定サーヴァントで『忘れじの灰』が210個必要(再臨に30個、スキル上げに180個)、他にも竜の牙90個と鉄杭180個も中々キツイです。

FGOにおけるクリームヒルト

13世紀ドイツの英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の登場人物であり、英雄ジークフリートの妻です。

名前自体は2019年版水着イベント『見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!』で出ていました。

ジークフリートが暗殺された後に、自らの手でバルムンクを用いて、夫の仇を討ちました。その時の状態が全盛期として召喚されており、基本的に病んでいます。

夫婦関係であるジークフリートに対しては、かなり捻くれた反応を示しますが、色々と隠せていません。

また自らを省みない英雄は感染するので地雷、嫌いな人間がいっぱい出てくる素敵な過去話も地雷です。

テンションの上下が激しく、王女とは思えないセリフがそれなりの頻度で飛び出します。面白い

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク