『諸葛孔明』FGOネタバレ性能解説

基本情報

石兵八陣(かえらずのじん)『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
敵全体のチャージを減少

&敵全体に確率でスタン状態を付与(1ターン)<オーバーチャージで確率アップ>

&敵全体に呪い状態を付与(6ターン)

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

スキル1 効果
鑑識眼(A)

CT7-5

味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&NP増加

スキル2 効果
軍師の忠言(A+)

CT8-6

味方全体の防御力アップ(3ターン)

&被ダメージカット状態付与(3ターン)

&NP増加

スキル3 効果
軍師の指揮(A+)

CT8-6

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&与ダメージプラス状態を付与(3ターン)

&NP増加

強い点

敵味方を選ばずに、NP・火力・耐久支援ができるサポーター兼デバッファーのキャスターです。

アーツ属性のサポート宝具は、敵全体に確定のチャージ減少、半々の確率で付与するスタン、付与率・倍率ともに高い防御力ダウン(3ターン)、6ターン持続する『呪い(1000ダメージ)』とデバフに特化しています。

アーツ3枚構成ながらNP回収力が良好で、宝具回転率は悪くないです。

スキルで味方全体にNP20%(10%×2)、味方単体にNP30%配布できます。

味方単体にクリティカル威力アップ(最大50%×3ターン)、味方全体に攻撃力アップ(最大30%×3ターン)&ダメージプラス(最大500)の火力支援ができます。

味方全体に防御力アップ(最大30%×3ターン)、ダメージカット(最大500×3ターン)の耐久支援も可能です。

弱い点

サポート宝具のため、ダメージは稼げないです。またデバフ中心のため、チャージ減少以外は弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。

HP回復ができず、クリティカル威力アップを付与できますが、スター供給・スター集中度アップの支援はできません。

サポーター全般の弱点ですが、強化解除に弱いです(ただ宝具がデバフのため、他のサポーターより支援能力を維持できます)

引くべきか

持っていて損はない性能です。

味方を選ばない火力・耐久・NP支援、どんな敵にも一定の効果が期待できるデバフ宝具、アーツチェインを組みやすいアーツ3枚構成と、スキル・宝具・カード構成に無駄がありません

各カード色を重点的に強化できるサポーター『キャストリア、光のコヤンスカヤ、スカディ(水着)』などと比べて、耐久寄りの支援で、『諸葛孔明』主軸の宝具連射システムは構築できません。そのため火力が必要な変則周回、宝具の3連射で終わらせるシステム周回では、出番が少ないです

ただNP配布量は『キャストリア(味方全体30%、単体20%)、オベロン(味方全体20%、単体50%)』に次ぐ、『味方全体20%、単体30%』です。システムに失敗した時や、NPリチャージが足りない時に、オーダーチェンジで前衛に出すNP配布要因として編成できます。

高難易度でも、攻防一体の支援スキルと確定チャージ減少&確率スタンのデバフ宝具で、まだまだ現役です。支援相手を選ばないため、『アタッカー+そのアタッカーのカードを重点的に強化できるサポーター+諸葛孔明』でお手軽かつ強力な編成が組めます。

味方に火力バフ、敵にデバフを付与するので、高難易度ギミックで強化解除か弱体無効があってもサポーターとして動けます。

総じて、あらゆる方面を支援できますが、それぞれに特化したサポーターには劣ります。ただ下位互換ではなく、万能型と特化型の違いで、使い分けは可能です。

宝具レベルによる性能変化が防御力ダウン(30~50%)だけなので、宝具レベル1でも運用できます

サポーターが充実しているマスターは、スルーするのも選択肢の1つです。

『冬木クリア後の特別召喚』で交換せず、サポーターを所持していないマスターは、引く価値があります。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、アーツ3枚、クイック1枚、バスター1枚

カード性能は、アーツ3枚構成ながらNP回収力が高いです。全体的にhit数が低く、スター生産は期待できません

ステータスはレベル90時に、HP14259、ATK10598。

他の星5キャスターと比べて、HPは高めですが、ATKは低めです。

クラススキル 効果
陣地作成(A) 自身のアーツカードの性能をアップ(約10%)
道具作成(B) 自身の弱体付与成功率をアップ(約8%)

陣地作成はランクが高く、アーツのダメージとNP回収力に大きなプラス補正が入ります。

道具作成を所持しており、対魔力持ちでも宝具のデバフが入りやすいです。

固有の第3アペンドスキルは、対キャスター攻撃適性。攻防等倍なので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、疑似サーヴァント、人属性、中立属性、善属性、人型、男性、愛する者、今を生きる人類、ヒト科のサーヴァント。

宝具

石兵八陣(かえらずのじん)『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
敵全体のチャージを減少

&敵全体に確率でスタン状態を付与(1ターン)<オーバーチャージで確率アップ>

&敵全体に呪い状態を付与(6ターン)

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

敵全体チャージ減少は確定です。弱体無効が付与されていても、機能します

スタン付与率はオーバーチャージ依存で、50~80%。オーバーチャージ5でも基本確定にならないため、付与できればラッキーと想定しましょう。

『呪い』は1000×6ターン固定。付与率が高く、対魔力+女神の神核程度なら貫通しますダメージ量は低く、一部ガッツを潰せますが、オマケ効果と考えましょう。

防御力ダウンは宝具レベル依存で、30~50%。呪いと同様の付与率です。宝具レベル1の段階から倍率が高く、味方全体の火力を引き上げます。

これら有用な効果が揃いつつ、総合的なNP効率が良いので、短いスパンで宝具発動を狙えます

スキル

スキル1 効果
鑑識眼(A)

CT7-5

味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&NP増加

クリティカル威力アップは最大50%。味方単体に3ターン付与としては、トップクラスの倍率です。ただスター生産能力がないため、味方か概念礼装のスター供給支援が必要です

NP増加は30%固定。付与した味方の第2アペンドスキルがレベルマックスで、初期NP50%付与礼装を装備していれば、宝具が撃てます。

編成を考えなければ、クリティカル威力アップは腐りやすいです。しかし、チャージタイム最短5ターンでNP30%配布できるだけで優秀です(他サーヴァントが持つスキルは、だいたいNP20%配布)

スキル2 効果
軍師の忠言(A+)

CT8-6

味方全体の防御力アップ(3ターン)

&被ダメージカット状態付与(3ターン)

&NP増加

防御力アップは最大30%。全サーヴァント(スキル・宝具)の中でも、トップクラスの倍率です。これより上を行くのは、『マシュの宝具(オーバーチャージ2以上)』。

ダメージカットは最大500。3ターン持続の回数無制限で、防御力アップと合わせて、被ダメージを大きく減衰します。

貴重な味方全体防御バフで倍率もトップクラスです。

NP増加は10%固定。

スキル3 効果
軍師の指揮(A+)

CT8-6

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&与ダメージプラス状態を付与(3ターン)

&NP増加

攻撃力アップは最大30%。味方全体に無条件で付与する攻撃力アップとしては、トップクラスの倍率です(キャストリアの宝具レベル1と同じ倍率)。

与ダメージプラスは最大500。数値的にそこまで影響しないため、オマケ効果と考えましょう。まともに攻撃が通らない一部高難易度では、固定ダメージとして機能します。

NP増加は10%固定。スキル2と合わせてNP20%配布になり、NP30%チャージ持ち+初期NP50%付与礼装を装備した味方なら、宝具が撃てます。

運用方法

周回

宝具にダメージがないため、火力・NP支援要因です

味方全体にNP20%配布、味方単体にNP30%配布できるため、NP30%チャージ持ちの味方なら初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。NPチャージがないサーヴァントでも、初期NP50%付与礼装を装備していれば、1騎だけ宝具が撃てます。

サポート宝具を撃たない場合は、火力支援は攻撃力アップ&与ダメージプラスのみです。そのため各カード色を重点的に強化できるサポーターよりは、火力支援能力が低いです

ただNP配布量は多いので、システムを組む編成で控えに配置しておき、NPが足りなかった時にオーダーチェンジで出す運用ができます。

変則周回のクリティカル殴り編成では、高倍率のクリティカル威力アップを付与できます。またクラス補正でスター集中度が低いキャスターのため、味方にスターが寄ります。しかし、ダメージは稼げず、スター供給もできません

高難易度

味方に火力・防御バフ、敵にスタン&チャージ減少による行動阻害とバフデバフをかけ続けるサポーターです。

あらゆるクエストに、サポーターとして編成できます

火力支援は味方を選びません。

アーツアタッカー……アーツカード3枚構成で宝具回転率を引き上げる。

バスターアタッカー……通常攻撃で回収しづらいNP面をカバー。

クイックアタッカー……スター生産できるアタッカーなら、高倍率のクリティカル威力アップを付与可能。

耐久支援も高倍率で3ターン持続・回数制限なしのため、チャージ攻撃以外は被ダメージを大きく下げます。また宝具の確率スタン、弱体無効のギミックさえ無視するチャージ減少で、敵の足止めが可能です。

NPチャージスキル+アーツカード3枚構成で宝具回転率は悪くないため、防御力ダウンを維持しながら、短い間隔でスタン&チャージ減少を発動できます

編成は、腐ることがないサポート宝具・支援スキルのため、汎用性が非常に高いです

『アーツサポーター「キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン」+アーツアタッカー』、『バスターサポーター「光のコヤンスカヤ、オベロン、マーリン」+バスターアタッカー』、『クイックサポーター「スカディ、水着スカディ」+クイックアタッカー』のどれとでも問題なく組めます。

とくにアーツパーティの場合は、アーツチェインで味方全体の宝具が回るため、優れた耐久力と火力を維持できます

卑弥呼』など、スター生産ができるクリティカルサポーターとも相性が良いです

低レアサーヴァントなら、味方全体の被ダメージをさらに抑える『マシュ』、回復ができる『アンデルセン、アスクレピオス』、回復・スター供給ができる『徐福』が候補に入ります。

概念礼装は、毎ターンNP獲得、毎ターンスター獲得系がおすすめです。

敵として出てきた場合

スキルの全体チャージゲージ増加が厄介で、防御バフによる時間稼ぎもしてきます。

宝具はダメージがないですが、確率スタンがいやらしいです。

強化解除や防御力無視宝具などを用意すると、楽に戦えます。

まとめ

・サポーターが充実してきたので、周回での使用頻度は下がりましたが、高難易度ではまだまだ現役です。HP回復、スター供給、味方全体回避・無敵はありませんが、それ以外はできます。

・宝具レベル1でも運用できるのが優秀で、NPチャージがスキルレベルに依存していないのも初心者に優しいです。

FGOにおける諸葛孔明

諸葛孔明は中国は三国時代に優れた政治家、軍人です。

弱小国である蜀が長きに渡り大国である魏に抵抗できたのも、彼の力に依るところが大きいと伝えられています。

そんな諸葛孔明が、ロード・エルメロイⅡ世に宿ることで、疑似サーヴァントとして召喚されました。

このサーヴァントは厳密にはエルメロイⅡ世でもなく、諸葛孔明でもない。両者の力が混ざり合い、本来のサーヴァントではない力を発揮しています。思考や感情は依り代であるエルメロイⅡ世に準じています。

合理主義の怪物。