『玉藻の前』FGOおすすめ性能解説

基本情報

水天日光天照八野鎮石すいてんにっこうあまてらすやのしずいし『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
味方全体のスキルチャージを1進める

&味方全体のHPを回復

&味方全体のNPを増やす<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1『強化後』 効果
呪層・廣日照(A)

CT7-5

敵単体のチャージを高確率で減らす

&自身を除く味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

スキル2 効果
変化(A)

CT7-5

自身の防御力を大アップ(1ターン)

&防御力をアップ(3ターン)

スキル3『強化後』 効果
狐の嫁入り(EX)

CT7-5

味方単体のアーツ性能をアップ(3ターン)

&HP回復

強い点

サポート宝具『チャージタイム1短縮&NP付与(オーバーチャージ依存:25~50%』で、味方全体の宝具・スキル回転率を強化します

『自分を除く味方全体の宝具威力アップ、任意の味方にアーツカード性能アップ』はそれぞれトップクラスの倍率で、強力な火力支援が可能です。アーツカード性能アップはNP回収力も強化するので、アーツ属性の宝具・通常攻撃で回収するNPが増えます。

宝具・スキルにHP回復を持ち、敵単体にチャージ減少と、耐久支援が可能です

自分はHP回復に加えて、防御力アップ(1ターン目は最大60%、2~3ターン目は最大30%)を持ち、しぶとく戦えます

弱い点

スキルにNPチャージ効果がないので、『宝具を撃たないと宝具が回らない』というややこしい状況に陥ります。アーツ宝具・アーツ3枚構成でアーツチェインは組みやすいが、通常攻撃のNP回収力が良くない部類で、味方・概念礼装からのNP支援が必要です¹。

¹……アーツカード3枚構成はだいたいNP回収力が低く、『玉藻の前』が例外的に悪いわけではない(むしろクラススキル『陣地作成アーツカード性能アップ』があるだけ、マシな部類)。

耐久支援が『HP回復、チャージ減少』と、敵から受けるダメージを抑える効果のため、抑えてもこちらのHPが消し飛ぶ宝具・チャージ攻撃は受けられません

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

長期戦で必ず発生する問題『スキルの切れ間は何もできない』を改善できる唯一性が高いアーツサポーターで、アーツパーティで長期戦に挑む場合は、サポーター枠で選択肢に入ります。

火力支援能力も、他のアーツサポーター『キャストリア、レディ・アヴァロン』に見劣りしません。どちらかと言えば、お互いに欠点を補えるので同時運用が望ましいです²。

²……『玉藻の前』はNP配布で宝具が回り、無敵や対粛正防御状態で危険な攻撃を受けられる。『キャストリア、レディ・アヴァロン』はチャージタイム短縮の恩恵が大きく、自分たちでは付与できない『宝具威力アップ』やジワジワ削られるHPを回復できる点が噛み合います。

難点は、宝具を撃たせる動きができないこと。

最大の長所『味方全体のチャージタイム1短縮』は、高難易度の長期戦向けで、スキルの再使用を考えない『短期決戦、FGOでもっともプレイする周回』では活かしづらいです(周回でスキルの再使用を狙うのは、似て非なる『光のコヤンスカヤ』の専売特許)。

周回適正に関しては、アーツ属性宝具のNPリチャージ性能を強化して、宝具連射させる動き自体はできます。ただスキルでNP配布できる『キャストリア、レディ・アヴァロン』と比べて、アタッカーの宝具性能に左右されやすいです

高難易度においても『キャストリア、レディ・アヴァロンでは耐久支援が追い付かない』『編成条件「同じサーヴァントを編成不可」でダブル運用ができない』クエストなど、まず『キャストリア、レディ・アヴァロン』が編成に入り、その強化パーツとして編成するパターン多いです。

総じて、アーツサポーターとして間違いなく優秀だが、長期戦向けで活躍できるクエストが限られます

長期戦向けのサポーターが欲しい、『キャストリア、レディ・アヴァロン』の絆レベルを上げたくないマスターは、引く価値があります。

『キャストリア、レディ・アヴァロン』を所持しているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、アーツ3枚、クイック1枚、バスター1枚

カード性能は、アーツ3枚構成にしては、アーツのNP回収力がマシな部類。それ以外は性能が低く、あまり切りたくないです。

ステータスはレベル90時に、HP14259、ATK10546。

星5キャスターの中では、HP・ATKともに平均的。

クラススキル 効果
陣地作成(C) 自身のアーツカードの性能を少しアップ(約6%)
神性(A) 自身に与ダメージプラス状態を付与(+200)

陣地作成を所持しており、アーツカードのダメージとNP回収力にプラス補正が入ります。

神性は、敵の特効効果に引っかかりやすいので注意しましょう。

固有の第3アペンドスキルは、対ムーンキャンサー攻撃適正。攻撃有利を取りづらいクラスのため、解放する意味はあります。ただ『玉藻の前』は攻撃性能が低く、NPチャージスキルもないので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、天属性、中立属性、悪属性、人型、女性、神性、魔獣型のサーヴァント、ケモノ科のサーヴァント。

宝具

水天日光天照八野鎮石すいてんにっこうあまてらすやのしずいし『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
味方全体のスキルチャージを1進める

&味方全体のHPを回復

&味方全体のNPを増やす<オーバーチャージで効果アップ>

スキルのチャージタイム1短縮は、『回転率がそこそこ高い宝具で、味方全体に付与できる』のが貴重です(2024年2月現在、同じ効果を持つ宝具はない)。『再使用不可・自爆効果』『デメリット効果が重く、複数回使えない』スキルを除くと、全てのスキルに恩恵があります

『回避・無敵で宝具・チャージ攻撃を受けたが、2回目に間に合わない』『スキルの効果が切れて、攻撃性能が落ちる』など、必ず発生するが対策できない問題を改善する宝具です。

HP回復は宝具レベル依存で、2000~3000。FGOは基本的に『受けるダメージ>回復量』のため、別の耐久手段を用意しないと焼け石に水です。『玉藻の前』は防御力アップがあるので、数値以上の効果を発揮します。

NP増加はオーバーチャージ依存で、25~50%。『玉藻の前』も対象です(NP0%にはならない)。オーバーチャージ1から付与量が多く、味方全体の宝具回転率を強化します。オーバーチャージ段階強化の恩恵が大きく、余裕があるなら強化したいです。

スキル

スキル1『強化後』 効果
呪層・廣日照(A)

CT7-5

敵単体のチャージを高確率で減らす

&自身を除く味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

敵単体のチャージ減少はスキルレベル依存で、80~100%。スキルレベルマックスで確定です。弱体・弱体無効の影響を受けません

味方の宝具威力アップは最大30%。3ターン持続としては、トップクラスの倍率です。

スキル2 効果
変化(A)

CT7-5

自身の防御力を大アップ(1ターン)

&防御力をアップ(3ターン)

1ターン限りの防御力アップは30%固定。3ターン持続する防御力アップは最大30%。

1ターン目は約6割、2~3ターン目は約3割、被ダメージを落とします。味方の耐久支援『防御力アップ、被ダメージカット』次第では、宝具・チャージ攻撃さえ耐えます

他2つと比べて、スキルレベル上げの優先度は低いが、長期戦では腐らない効果です。

スキル3『強化後』 効果
狐の嫁入り(EX)

CT7-5

味方単体のアーツ性能をアップ(3ターン)

&HP回復

アーツカード性能アップは最大50%。同系統の中ではトップクラスの倍率です。

HP回復は最大2500。回復量は平凡だが、宝具『HP回復&チャージタイム短縮』があるので、数値以上の効果を発揮します。

運用方法

周回

火力支援はできるが、NP支援ができないため、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装で『宝具を撃つ・撃たせる』ができません。

アーツカード性能アップで宝具のNPリチャージ性能を強化して、宝具連射させる動きはできるが、『アタッカーのNPリチャージ性能がそもそも高い』『敵の数が3体』など条件は厳しいです(NP配布スキルがないので、NPリチャージが足りなかった時にカバーできないのも痛い)。

NP周りの問題を解消できれば、『キャストリア(宝具を撃たない、『人類の脅威』属性以外の場合)、レディ・アヴァロン』より味方の宝具ダメージは伸びます

高難易度

宝具を回せば回すほど、味方の宝具・スキルが回るサポーター。

アーツパーティで挑む長期戦に適正があります。

本人は、防御力アップとHP回復で打たれ強く、チャージ減少で妨害と場持ちが良いです

火力支援は、アーツ属性の宝具ダメージを大幅に伸ばせるが、クリティカル関連はノータッチです。

最大の長所と言える宝具は、『毎ターン宝具・スキルが使えれば強いけど、ゲームシステムが崩壊するから無理だよね』という戯言を半ば実現する効果。

ただターン数が短い戦闘では、恩恵を感じづらいです。また味方の宝具・スキル効果にやや依存します。耐久支援がHP回復・チャージ減少と確実ではなく、長期戦は敵の攻撃に何度も晒されるため、NP配布やチャージタイム短縮で耐久宝具・スキルを何度も使わせないと前衛が耐えられません。

そして一番の課題は、宝具回転率が高くないこと。

アーツ主軸のカード構成でアーツチェインは組みやすいが、NPチャージスキルやNP獲得量アップがないので、少ない行動で宝具を撃てません。スキル3『アーツカード性能アップ』で強化する、『玉藻の前』のカードを選び続けるなどは、それでもNP回収できない・ダメージも出ないの『ないない尽くし』でおすすめしません。

アーツチェインで地道に稼ぎながら、他サポーターからNP支援を受けるのが堅実かつ手っ取り早いです。

総じて、宝具効果はぶっ飛んでいるが、そう簡単には連射できないサーヴァント。

編成は、『アタッカー・NP支援できるサポーター・玉藻の前』が理想形。

アタッカーはアーツ重視の宝具アタッカーが望ましいです。通常攻撃性能が低く、宝具・スキルで戦う『ヤマトタケルヴラド三世殺生院キアラドラコー』など。

サポーターもアーツ重視で、NP配布できるタイプが組みやすいです。とくにアーツサポーター『キャストリアレディ・アヴァロン』が高相性。妨害行動に長けている『諸葛孔明』も候補に入ります。フレンドの『玉藻の前』とダブル編成を組むのも強力です。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。耐久支援ができる『マシュ』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』。アーツサポーターとして動ける『パラケルスス』が候補に入ります。

概念礼装は、宝具回転率を上げる『毎ターンNP獲得、初期NP付与礼装、アーツカード性能アップ、NP獲得量アップ』が望ましいです。

まとめ

どれだけ宝具を回せるかが重要なサーヴァントで、宝具が回らない場合は、他のアーツサポーターと差別化ができません。

・周回や短期決戦に向いているとは言えないので、編成頻度が低いです

FGOにおける玉藻の前

平安時代末期、鳥羽上皇に仕えた絶世の美女。白面金毛九尾の狐が化けた姿とも言われる反英雄。

その正体は良妻願望マシマシな巫女呪術師で、絶賛恋人募集中! な欲望だだ漏れギャル系サーヴァント。

好きなものはもちろん、小さくとも素敵なマイホーム。

召喚時に一尾の状態なのは、過去の悪行を反省し、自らの尾を切り離したため。ちなみに、切り落とされた尾も本人と同じ霊力と霊核が備わっている。

根本は『人に尽くす』ことを望んでいる。