『ドラコー』FGOネタバレ性能解説

基本情報

抱き融す黄金劇場ベイバロン・ドムス・アウレア
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な『七騎士のサーヴァント』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>
スキル1 効果
獣の数字 (C)

CT9-7

自身に毎ターンNP獲得状態付与(6ターン)

&クリティカル威力アップ(6回)

&被ダメージカット状態付与(6回)

スキル2 効果
黄金の杯(C)

CT8-6

敵全体にスキル封印付与(1ターン)

&やけど付与(3ターン)

&チャージを1増やす【デメリット】

+自身の攻撃力をアップ(3ターン)

&『聖杯所持』状態を付与(3ターン)

スキル3 効果
七つの獣冠(C)

CT9-7

自身の強化解除耐性アップ(1回・3ターン)

+自身が『聖杯所持』状態の時、自身に『竜』特攻付与(3ターン)

&『ローマ』特攻付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&弱体無効付与(1回)

&防御無視状態付与(3ターン)

&HP回復量アップ(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

強い点

基本7クラスに対して攻防有利で、『基本7クラスのサーヴァント』特効宝具を持つビーストです。

毎ターンNP獲得状態を2種類持ち、キャストリア×2の宝具連射システムに対応しています。

防御有利の多さと、ターン無制限の被ダメージカット(6回)で打たれ強いです。

スキルに『ローマ』『竜』属性特攻(3ターン)を持ち、特攻対象に対しては宝具・通常攻撃のダメージが伸びます。

スキル封印(1ターン)、強化解除耐性(1回・3ターン)、弱体無効(1回)、防御無視状態(3ターン)と高難易度向けのスキルも所持しています。

弱い点

特効を除くと、火力バフが攻撃力アップ・クリティカル威力アップと少ないです。特効宝具は『基本7クラスのサーヴァント』とサーヴァント限定のため、周回では最終WAVE以外に特効が入りづらいです

毎ターンスター獲得状態とクリティカル威力アップを持っていますが、それぞれ性能が高くなく、バスター3枚構成でスター生産能力も高くないです。そのためバスタークリティカルでダメージを上手く稼げません。

NP獲得手段が毎ターンNP獲得状態×2のため、1ターン目から宝具を撃ちづらいです

回避・無敵など、敵の危険な攻撃を安全に受ける手段がなく、防御有利&被ダメージカットで打たれ強いですが過信はできません。

スキルのチャージタイムが全体的に長めで、火力バフが付与されていないターンが長く、また高難易度に向いたスキルを維持できません。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道はあります。

基本7クラスに攻防有利なので、使い勝手としては『攻撃有利を取れるルーラークラス』です。

キャストリア×2のシステム周回においては、宝具のNPリチャージ性能が高く、宝具3連射が狙えます。NP回収量が低いバーサーカー・アサシンの場合は、マスター礼装など何らかの補助が必要です。

しかし、攻撃有利1.5倍(バーサーカーのみ2倍)で、宝具ダメージを伸ばす火力バフが『基本7クラスのサーヴァント・ローマ・竜特効、攻撃力アップ』と少ないです。そのため特効対象以外にはダメージが伸びず、あらゆるクエストで最速ターンの周回を狙うなら宝具レベル上げでカバーしましょう

宝具を一騎ずつ撃つ変則周回では、即時NPチャージスキルがないので、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスだとしても宝具を撃てるのは第2WAVE以降です。また支援スキルがないので、他WAVEは味方に丸投げです。

クリティカルアタッカーとしても、バスター3枚構成でクリティカル威力アップ&毎ターンスター獲得所持と下地はありますが、『クリティカル威力アップの倍率は最大30%、スター獲得は最大10個』とイマイチです。

高難易度では、有用なスキルを多く所持していますが、スキルの切れ間が長いです。また回避・無敵・ガッツがなく、クラス相性と被ダメージカットで攻撃を受けれても立て直すHP回復がないです。その辺りをアーツサポーターで補いたいですが、バスター3枚構成なのでアーツチェインが途切れます。またアーツサポーターからアーツカード性能アップの火力支援を受けても、バスター3枚は強化されないので、うまく噛み合いません。

競合となるサーヴァントも多く、各クラスで攻撃有利2倍を取れるサーヴァントは言うに及ばず、汎用性の高さでバーサーカークラスが目の上のタンコブです。それらと比べて、混成クエストでも攻防有利を取りつつ、特攻宝具で攻撃できるのが長所です。

総じて、ビーストクラスの基本7クラスに攻防有利は強力ですが、ドラコー本人の特徴が薄いです。また宝具レベル上げや聖杯投入の恩恵が大きく、注げば注ぐほど強くなりますが、どれだけ注げるかで評価が上下します。

各クラスのアタッカーや汎用性が高いバーサーカーの育成が終わっていたり、それらの宝具レベルを上げる予定があるマスターは、スルーして構いません。

汎用性の高いアタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

TVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはビースト。基本7クラスに攻防有利。シールダーは攻防等倍。それ以外は攻防不利。

カード構成は、バスター3枚、アーツ1枚、クイック1枚

1枚しかないアーチ・クイックの性能は良好です。

ステータスはレベル90時に、HP13160、ATK12712

ATK寄りのステータスで、全サーヴァントの中でもATKがトップクラスに高く、HPは低めです。

クラススキル 効果
獣の権能(C) 自身のクリティカル威力をアップ(約10%)
単独顕現(E) 自身のクリティカル威力を少しアップ(約2%)

自身の即死耐性をアップ(約2%)

自身の精神異常耐性をアップ(約2%)

ネガ・メサイヤ(EX) 自身に弱体耐性無視状態を付与

獣の権能と単独顕現により、常時低くはないクリティカル威力アップが付与されます。即死&精神異常耐性は、ないよりはマシな程度です。

ネガ・メサイヤにより、対魔力やスキルによる弱体耐性を無視できます

固有の第3アペンドスキルは、対キャスター攻撃適正。即時NPチャージスキルがないので、第2アペンドスキルの優先度が高いですが、攻撃有利+特効+攻撃適正のダメージは強力です

属性は、獣・混沌・悪・女性・人型・竜・王・ローマ・子供(第1~2再臨時)・アルトリア顔・ケモノ科。

宝具

抱き融す黄金劇場ベイバロン・ドムス・アウレア
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な『七騎士のサーヴァント』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

『七騎士のサーヴァント』特攻はオーバーチャージ依存で、150~200%。一般エネミーは対象外です

同じ名前のキャラクターでも、メインストーリー限定で特攻対象外になる場合もあり、表記が『SERVANT』→『DANGER』になっている時は注意しましょう(1.5~2部に登場する敵はその傾向が多い)。

NPリチャージ性能が高く、キャストリア×2の支援とスキルの毎ターンNP獲得状態で、約80~90%のNP回収が可能です

スキル

スキル1 効果
獣の数字 (C)

CT9-7

自身に毎ターンNP獲得状態付与(6ターン)

&クリティカル威力アップ(6回)

&被ダメージカット状態付与(6回)

毎ターンNP獲得状態は最大10%。NP増加量は低いですが、チャージタイム最短7ターンで6ターン持続とほぼ途切れません

クリティカル威力アップは最大30%。クラススキルを含めると、そこそこ倍率が高いです。ターン無制限で、クリティカルが発生しないと消費しません。重ねがけが可能です。

被ダメージカット状態は最大1000。ターン制限がなく、数値は『諸葛孔明』の2倍で『紫式部』と同じです。こちらも重ねがけが可能です

スキル2 効果
黄金の杯(C)

CT8-6

敵全体にスキル封印付与(1ターン)

&やけど付与(3ターン)

&チャージを1増やす【デメリット】

+自身の攻撃力をアップ(3ターン)

&『聖杯所持』状態を付与(3ターン)

スキル封印はクラススキル『ネガ・メサイヤ』により、弱体耐性持ちでも確実に付与できます

やけどダメージは最大5000。スリップダメージとしてはトップクラスのダメージ量です。

チャージゲージ1増加は、敵全体に作用します。周回では気になりませんが、高難易度では厄介なデメリットです。敵のチャージゲージがMAXの時に使うなど、使用タイミングを選びたいですが、攻撃力アップや『聖杯所持状態』のために1ターン目から使いたいのが悩みです

攻撃力アップは最大40%。3ターン持続としてはトップクラスの倍率です。

『聖杯所持』状態はスキル3のトリガーです。

スキル3 効果
七つの獣冠(C)

CT9-7

自身の強化解除耐性アップ(1回・3ターン)

+自身が『聖杯所持』状態の時、自身に『竜』特攻付与(3ターン)

&『ローマ』特攻付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&弱体無効付与(1回)

&防御無視状態付与(3ターン)

&HP回復量アップ(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

強化解除耐性はスキルレベルに依存せず、100%。『スキルのチャージタイムが長いサーヴァント』の弱点である強化解除を1度だけ防げます

『竜』『ローマ』特効は最大40%。『竜』属性はサーヴァントと一般エネミー、『ローマ』属性はサーヴァントとローマ兵に限られます。特効宝具やバスタークリティカルと合わせることができれば、大ダメージを狙えます。

毎ターンスター獲得状態は最大10個。ビーストのスター集中度は高めですが、心もとない数です。またチャージタイム最短7ターンで3ターン持続と、獲得できないターンが長いです

弱体無効(1回)はターン制限がなく、無駄にならないです。

防御無視状態は、防御力アップを無視できますが、○○カード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

HP回復量アップは最大20%。HP回復量が増えますが、自分はHP回復系のスキルを所持していません

毎ターンNP獲得状態は最大20%。スキル1と合わせれば毎ターン30%×3ターンになり、宝具連射システムの構築が狙えます。

強化解除耐性以外は、『聖杯所持』状態でなければ発動しません。『スキル3→スキル2』では発動しないので、スキルの使用順番に気を付けましょう。

運用方法

周回

即時NPチャージスキルがないので、1ターン目から宝具を撃つ場合は、NP支援が必要です

マスター礼装や初期NP付与礼装の補助があれば、キャストリア×2で宝具3連射システムが狙えます

敵の編成が1-1-1のクエストだけでなく、1-3-1のクエストでも編成できます。毎ターンNP獲得状態で第3WAVEまでにNP60%チャージできるので、第1WAVEでNP40%リチャージできれば、第3WAVEに宝具が撃てます(第2WAVEは味方に任せる形)。第1WAVEでNP70%以上リチャージできれば、敵の編成が1-1-3でも可能です。

難点は、変則周回の第1WAVEにHPが高い一般エネミーを配置されると、『竜・ローマ』特効と攻撃力アップしか火力バフがない点です。単体WAVEの敵はHPが高い傾向なので、宝具レベルが低い場合は、『竜・ローマ』特効が入らないと要求火力に届きづらいです。

クリティカル殴り編成では、『バスター3枚構成、クリティカル威力アップ持ち、毎ターンスター獲得』と下地はありますが、『クリティカル威力アップの倍率が高すぎず低すぎずで攻撃有利1.5倍(バーサーカーは2倍)』が不安要素です。

また味方支援スキルを一切持たないので、他のWAVEは味方に丸投げです

高難易度

基本7クラス特効宝具を連射しつつ、バスタークリティカルで攻撃するアタッカーです。

攻撃有利を取れるクエストなら適正があります。もっとも真価を発揮するのは混成クエストです。

理想的な運用方法は、『アーツサポーターの支援を受けつつ、宝具のNPリチャージ性能と毎ターンNP獲得状態で宝具連射する』形です。そこからバスタークリティカルを狙えれば、ダメージ量がさらに増えます。

強化解除耐性・弱体無効が各1回、確実に通るスキル封印(1ターン)、防御力無視状態(3ターン)など、ギミック対応力は高めです。高ダメージかつほぼ確実に付与できるやけどで、スリップダメージしかダメージが通らないギミックにも対応できます。

ターン制限がない被ダメージカットで撃たれ強さはあるので、HP回復や敵の宝具・チャージ攻撃対策の回避・無敵支援があれば長期戦でも戦えますアーツサポーターは耐久支援が得意なサーヴァントが多いので、そこは相性が良いです。

しかし、バスター3枚構成なのでアーツメインのサポーターと組んだ場合、アーツチェインが途切れやすいです。またアーツサポーターでは、バスターカードのダメージが上がりません。アーツサポーターはスター生産能力に明るいサーヴァントが少なく、バスタークリティカルを誘発しづらいのも悩みどころです。

そうした噛み合いが悪い部分がありながらも、NP回収力を引き上げる『アーツカード性能アップやNP獲得量アップ』がスキルにないので、『宝具連射にはアーツサポーターの支援が必須』というのが厄介な点です。

また強化解除が天敵です。強化解除耐性(1回・3ターン)があるので、1度は防げますが、3ターン後や複数回撃たれると何も付与されていないターンが続きます。強化解除を受けなくても、攻撃力アップはチャージタイム最短6ターンで3ターン持続、『竜・ローマ』特効はチャージタイム最短7ターンで3ターン持続と間隔が開きます

そのため編成では、火力・耐久支援と宝具連射を途切れないようにするアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と組みたいです。

キャストリアは宝具の攻撃力アップ付与で火力バフが途切れず、玉藻の前はチャージタイム短縮によるスキルの回転率アップが噛み合います。

レディ・アヴァロンは、即時NPチャージスキルでアーツチェインが途切れても宝具が撃ちやすく、持続の長いNP・スター供給支援ができます。

低レアサーヴァントなら、ターゲット集中と『竜』属性付与を持つ『ゲオルギウス』。継続的なスター供給支援ができる『徐福』。クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』が候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。宝具回転率を上げる『NP獲得量アップ』がおすすめです。味方には、クリティカル誘発のために『毎ターンスター獲得系』を持たせたいですが、アーツチェインが途切れやすいので『毎ターンNP獲得系』と悩みます。

敵として出てきた場合

高性能なスキルを連打されると厄介です。

チャージゲージ増加スキルだけでなく、ターン制限のない被ダメージカットを始め、強化解除耐性や弱体無効が面倒です。

やけどのスリップダメージも、弱体解除などを用意しないと一気にHPが削られます。

必中・無敵貫通はないので、回避・無敵で危険な攻撃をしっかり防ぎながら戦いたいです。

まとめ

・基本7クラスに攻防有利は強力ですが、火力バフが乏しい点と『単体攻撃宝具=宝具を撃つ相手のHPが基本的に高い』のが噛み合っていないサーヴァントです。

・各スキルは強力ですが、1回だったりチャージタイムが長かったりと維持する力が弱く、強いけど穴(スキルの間隔)があります

FGOにおけるドラコー

とある並行世界において、その世界のカルデアによって倒された第六の獣。その片角。

『堕落』の理より生まれしもの。名はソドムズビースト。

その時代において最高峰の域まで繫栄した都市が、腐敗した時、その悪性を味わうために現れます。新約聖書においてバビロンを滅ぼした獣です。

ビーストとして万全だった時は成人した女性体であり、その大きさも巨大ででしたが、一度敗れた事実を受け入れ、殊勝にも『極めて普通の、人類に合わせた』霊基フォーマットを維持しています『身長135cm』。

性格は生真面目で冷酷な女王。いつも不機嫌。暴君ですが、規律を破ったり、契約を破りません。

『666の獣』『神の敵』とされたとあるローマ皇帝が変節した厄災、三度落陽を迎えた後、ひとり事切れるはずの運命からはずれたイフの姿。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク