『新宿のアーチャー/モリアーティ』FGOおすすめ性能解説

基本情報

終局的犯罪(ザ・ダイナミクス・オブ・アン・アステロイド)『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体の防御力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体に超強力な攻撃

スキル1『強化後』 効果
魔弾の射手(EX)

CT7-5

自身に無敵貫通状態付与(1ターン)

&防御無視状態付与(1ターン)

&スター集中度アップ(1ターン)

+スター獲得

スキル2『強化後』 効果
蜘蛛糸の果て(A+++)

CT8-6

<スターが10個以上ある場合のみ使用可能>

自身のNP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

+自身を除く味方全体に『悪』特性を付与(3ターン)

スキル3 効果
邪智のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&自身以外の『悪』特性を持つ味方の攻撃力アップ(3ターン)

強い点

NP50%チャージを持ち、無敵貫通&防御無視で高難易度適正も高いアーチャーです。

バスター属性の単体攻撃宝具は未強化ながら宝具ダメージ前に防御力ダウンが入り、スキル『攻撃力アップ、宝具威力アップ』で、アーチャーの非特攻宝具の中では高いダメージが出ます。

スキルにNP50%チャージがあり、アーツ3枚構成でアーツチェインが組みやすいです。クラス補正でスター集中度が高く、アーツクリティカルも狙いやすいため宝具回転率は悪くない部類です。

初期NP100%付与礼装+光のコヤンスカヤ×2+アトラス院礼装で宝具3連射もできます

『味方全体攻撃力アップ&自身を除く『悪』属性限定の攻撃力アップ』で火力支援が可能です。スキルで味方全体に『悪』特性を付与できるため、支援対象を選びません。

弱い点

耐久スキルを持たず、敵に対する妨害スキルもないため、長期戦では耐久支援が必須です。

通常攻撃を強化するスキルが攻撃力アップのみで、ダメージが稼げません。またバスター1枚構成のため、バスターサポーターの火力支援があっても、宝具以外でダメージを出しづらいです

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

周回ではNP50%チャージで宝具が撃ちやすく、変則周回で宝具を一騎ずつ撃つ編成では、二重カリスマの火力支援ができます。

高難易度でも持続1ターンと短いですが、無敵貫通&防御力無視でダメージを通しやすいです

しかし、『バスター宝具で攻撃、アーツ3枚でNP回収』と別れているため、宝具以外でダメージが出ません。宝具回転率もバスター宝具持ちのサーヴァントとしては良好な部類ですが、合間にアーツクリティカルを挟む必要があるため、単独での宝具連射は難しいです。

スキル2『NP50%チャージ&宝具威力アップ&味方に悪属性付与』の発動条件がスター10個以上で、スター獲得は持っていますが、必要な時に使えない可能性があります。スキル2のチャージタイムが最短6ターン、スター獲得のスキル1と自分以外の『悪』限定攻撃力アップが最短5ターンとズレているのもやや扱いづらいです。

周回と高難易度の両方で無難に戦えるアーチャーが欲しいマスターは、引く価値があります。

単体攻撃宝具のアーチャー、もしくは代用できるクラスのアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、アーツ3枚、バスター1枚、クイック1枚

カード性能は、全体的にhit数が多いため、スター発生率アップの効果を受けやすいです。アーツ3枚構成ながら、NP回収力は標準です。ただクイックの性能が低く、スター生産は期待できません。

ステータスはレベル90時に、HP13685、ATK11781。

星5アーチャーの中ではHP・ATKともに平均的です。

クラススキル 効果
対魔力(D) 自身の弱体耐性を少しアップ(約12.5%)
単独行動(A+) 自身のクリティカル威力をアップ(約11%)

対魔力を所持しており、そこそこの頻度でデバフを弾きます。

単独行動はランクが高く、クリティカルダメージに大きなプラス補正が入ります。クラス補正でスター集中度が高く、クリティカルを狙いやすいので腐りにくいが、スター獲得手段がスキル『即時スター獲得』のみと限定的です。

固有の第3アペンドスキルは、対キャスター攻撃適性。攻防等倍で、NP50%チャージを持つため、聖杯投入用に温存するのも選択肢の1つです。

属性は、サーヴァント、人属性、混沌属性、悪属性、人型、男性、霊衣を持つ者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

終局的犯罪(ザ・ダイナミクス・オブ・アン・アステロイド)『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体の防御力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体に超強力な攻撃

単体12hitするため、そこそこスター生産できます

防御力ダウンはオーバーチャージ依存で、20~40%。宝具ダメージ前に入り、3ターン持続するため、味方全体の火力支援に繋がります。オーバーチャージ段階強化の上がり幅は5%刻みと小さく、宝具チェインで後方に配置する恩恵は少ないです。また攻撃有利を取れるセイバーは対魔力持ちが多く、安定しません。

スキル

スキル1『強化後』 効果
魔弾の射手(EX)

CT7-5

自身に無敵貫通状態付与(1ターン)

&防御無視状態付与(1ターン)

&スター集中度アップ(1ターン)

+スター獲得

無敵貫通は回避・無敵対策に有効です。

防御力無視は、防御力アップを無視できますが、○○カード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

スター集中度アップは、同クラスと編成してもスターを集めることができます。元々スター集中度が高いクラスのため、周回時にクリティカルアタッカーとして確実に動けます。

スター獲得は最大20個。アーチャーはクラス補正で集中度が高いため、十分にクリティカルを狙えます

使用タイミングは、無敵貫通&防御無視が必要な相手なら『宝具発動時』、必要じゃないなら『クリティカルでダメージ・NP回収』と状況に合わせましょう。

スキル2『強化後』 効果
蜘蛛糸の果て(A+++)

CT8-6

<スターが10個以上ある場合のみ使用可能>

自身のNP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

+自身を除く味方全体に『悪』特性を付与(3ターン)

スター10個以上は発動条件で、消費しません

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備すればワンポチで宝具が撃てます。また第2アペンドスキルをレベルマックスにすれば、初期NP30%付与礼装でも可能です。

宝具威力アップは20%固定。持続3ターンとしては標準的な倍率です。サポーターのNP支援で宝具連射したり、アーツクリティカルを駆使すれば、複数回恩恵が得られます。

自身を除く味方全体に『悪』属性付与は、弱体無効・強化無効状態でも付与でき、弱体解除・強化解除も受けません。『付与』であるため、元々の属性は消えないです

発動条件(スター10個以上)は、『スキル1→スキル2』と使えば解決できますが、チャージタイムがズレています。そのため味方・概念礼装のスター供給支援があると使いやすいです

スキル3 効果
邪智のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&自身以外の『悪』特性を持つ味方の攻撃力アップ(3ターン)

攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

自身以外の『悪』属性限定の攻撃力アップは最大20%。自分は対象外です

対象は、アーチャーに限定すると少なく、アサシン・バーサーカーに多いです。『悪』属性以外には、『スキル2→スキル3』の順番で付与できます(逆だとミスするので注意)。ただチャージタイムがズレているため、2度目以降はスキル2を待つ必要があります

運用方法

周回

NP50%チャージを持ち、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます

周回向けのバスター属性宝具持ちでNP30%配布できるサーヴァント『闇のコヤンスカヤ、タイプ:アース』と組んだ場合は、第2アペンドスキルをレベルマックスにする必要はありますが、初期NP0%付与の礼装でも宝具が撃てます

初期NP100%付与礼装、光のコヤンスカヤ×2、マスター礼装『アトラス院制服』は必要ですが、宝具3連射が可能です

宝具を一騎ずつ撃つ編成では、最大40%の味方全体攻撃力アップで火力支援しながら、単体WAVE担当と理想的な動きができます。

ただし、宝具は非特攻+未強化で、宝具ダメージ前の防御力ダウンが入らないとダメージは落ちます。攻撃有利のセイバーは対魔力持ちが多いため、安定しないのも難点です(クラススキルに味方全体弱体付与成功率アップを持つオベロンと組めば、多少は改善可能)。

またアーツ3枚構成で、クリティカル威力アップなどを持たないため、打ち漏らした時の追撃火力が低いです

クリティカル殴り周回では、即時スター獲得&スター集中度アップで、アーチャー統一パーティでもクリティカルを狙えます。ただバスター1枚構成で、通常攻撃強化の火力バフが少ないため、火力面で足を引っ張ります。

高難易度

ダメージを通しやすい宝具と、アーツ3枚構成の高い宝具回転率で攻める宝具アタッカーです。

セイバーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

持続1ターンと短いですが、無敵貫通&防御無視で宝具ダメージを軽減・無効化されず、NP50%チャージとアーツ3枚構成で宝具回転率も悪くないです。

しかし、通常攻撃でダメージを稼げず、耐久スキルも持っていません。

通常攻撃を強化するスキルが攻撃力アップだけで、即時スター獲得以外でまとまった数のスター生産ができず、クリティカル発動が安定しない+ダメージが伸びません。。アーツ3枚構成でアーツチェインは組みやすいが、バスターサポーターと組んだ時にバスターカード性能アップを受けても、宝具とバスター1枚しか強化されません(アーツサポーターと組んだ場合は、その逆)。

回避・無敵でダメージを0にする、スタンやデバフで妨害するといった耐久手段がなく、敵からの攻撃に対して無防備です

各スキルが連動しているのも扱いづらく、『スキル1のスター獲得は、スキル2の発動条件』『スキル2の悪特性付与が、スキル3の悪限定攻撃力アップの条件』を満たすため、例えば『無敵貫通のためにスキル1を使う→スキル2を同じターンに使わないと、スター10個の条件が安定して満たせない』『スキル3のリチャージが終わる→スキル2のリチャージが終わっていない』といった問題が起きます。

編成では、その辺りの扱いづらさを解決したいです。『毎ターンスター獲得』礼装で毎ターンスター10個以上確保すると、スキル2の発動条件を気にせずに済むので、運用面が楽になります。

味方は、短期決戦なら火力・NP支援ができる『光のコヤンスカヤ、オベロン』と組みたいです。『光のコヤンスカヤ』は即時スター獲得でスキル2の発動条件を満たせます。オベロンはクラス相性が良いだけでなく、即時スター獲得やクラススキルの『味方全体弱体付与成功率アップ』が噛み合い、宝具で無敵&睡眠を付与しても『新宿のアーチャー』は無敵貫通で攻撃できるため相性が良いです。

長期戦なら『継続的なスター供給&NP支援、耐久支援、3ターン持続する火力バフ』を持つ『マーリン』が鉄板です(アーツ3枚構成同士でアーツチェインも組みやすい)。

即時スター獲得、継続的なクリティカル威力アップの付与、アーツ2枚でアーツチェインも組めるホームズ』も悪くない選択肢です。

アーツ3枚でアーツチェイン&初手アーツ要因、二重カリスマの火力支援役として編成する場合は、アーチャークラスのためスターを集めてしまう点に注意しましょう。

『悪』属性のアーチャーだと、継続的な火力バフを持たない『エミヤ・オルタ』。攻撃力アップを持たない『浅上藤乃』が候補に入ります。

他には、カード構成が同じで、運用も『バスター宝具で攻撃、アーツチェインでNP回収』と噛み合う『アビゲイル』。即時スター獲得&味方単体のスター集中度ダウン、セイバー特効宝具を持つ『謎のヒロインX(オルタ)』も悪くないです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を強化できる『アンデルセン』、スター生産能力が高い『呪腕のハサン』などが候補に入ります。

概念礼装は、『毎ターンスター獲得』を自分か味方に持たせたいです。スター獲得手段が確保できているなら、攻撃面を強化する『攻撃力アップ、宝具威力アップ、クリティカル威力アップ』がおすすめです。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアーチャークラスで、チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

運が悪ければ『無敵貫通&防御力無視付与→宝具』なので、攻撃を受ける手段が限られます。

回避・無敵だけでなく、対粛正防御状態・強化無効で保険をかけるか、スタン・チャージ減少で妨害しましょう。

まとめ

・変則周回と高難易度の両方で役割を持てますが、クリティカルダメージの低さとアーツ3枚構成が足を引っ張っています。

・ただNP50%チャージ+火力支援スキルで使い勝手は良いため、宝具かクリティカルが強化されると、化ける素質を秘めています。

FGOにおける新宿のアーチャー

何、私は平凡だよ君。ほんの少し、ほんの少しだけあくどいだけサ。

我が魔弾にて、君を助けるとしよう。ただし、魔弾には限りがあるので要注意。

サーヴァントなのに慢性腰痛に悩まされているアラフィフ。あと銃声で耳鳴りもする。

天才、哲学者、思索家。極めて優れた頭脳を持ち、様々なイベントで暗躍中。

カルデアでは一介のバーテンダーとして、自給100ドルでバイト中(真偽不明)。