『ドブルイニャ・ニキチッチ』FGOネタバレ解説

基本情報

邪竜来りて罪を吐く(ズメイ・ゴルィニシチェ)
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な防御力無視攻撃

&敵全体にやけど状態を付与(3ターン)

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

スキル1効果
永遠の若武者『B+』

CT8-6

自身にガッツ付与(1回・3ターン)

&弱体無効状態付与(1回・3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

スキル2効果
ベルザ・ダマスク(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&『竜』特攻状態付与(3ターン)

スキル3効果
ベルザ・ブルーク『EX』

CT7-5

自身のNP増加

+味方全体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&『竜』特攻状態付与(3ターン)

強い点

自分に2つ、味方に1つ『竜』特攻状態を付与できるドラゴン絶対ぶっ倒すライダーです。

自己完結したアタッカーで、アーツ&バスターカード性能アップ、味方全体のクリティカル威力アップ、毎ターンスター獲得スキルを持っています。

宝具ダメージ前にバスターカード性能アップが入り、ダメージ後に防御力ダウンが入るので、特攻が乗っている時の総合火力は高いです

弱体無効(1回・3ターン)を持っているので、ギミックにある程度対応できます

弱い点

『竜』特攻に特化しており、耐久スキルが乏しいです。

『竜』特攻を省くと、アーツ&バスターカード性能アップとクリティカル威力アップしかなく、カード性能も平凡なので長所がなくなります

また『竜』特攻宝具ではないので、シグルドやジークフリートと比べて特攻の倍率は低いです。

耐久もガッツ(1回・3ターン)のみなので、ステータスがATKに特化していることもあり、退場する時はアッサリ退場します

引くべきか

引かなくていいです。

味方に『竜』特攻を付与できる点が他者にはない強みですが、発揮できる場所が限られます

NP増加が最大20%で、カード性能も平凡、と宝具連射が難しいです。

『竜特攻』が入れば高いATKと複数の火力バフで等倍相手にも高いダメージが入ります

しかし、『竜』特攻が入らない場合は、他のライダーを押しのけるほどの活躍は難しいです

さらにキャスタークラスで『竜』属性を持っているサーヴァントおよびエネミーが少ないことも足を引っ張っています。

『竜』特効が入るなら、クラス相性すら覆す『同じバスター属性・全体攻撃宝具を持つジークフリート』が競合にいるのも厳しいです。

ステータス

クラスはライダー

カード構成はバスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚。

セイバーによく見られる構成で、性能は平凡です。スキルによるNP増加も最大20%なので、宝具を撃つ場合は積極的にアーツクリティカルを狙いましょう

ステータスはレベル80時に、HP10692 ATK9795

ATKは全体攻撃宝具を持つ星4サーヴァントの中ではトップクラスです

クラススキル効果
騎乗『EX』自身のクイックカードの性能をアップ(約12%)
対魔力『A』自身の弱体耐性をアップ(約20%)

『騎乗』はランクが高いものの、クイック1枚構成なので、恩恵を感じづらいです。

『対魔力』はランクが高く、それなりにデバフを弾いてくれます。

属性はサーヴァント、地属性、中立属性、善属性、人型、女性、騎乗、竜、猛獣、愛する者、ケモノ科のサーヴァント。

マテリアルは『女性?』ですが、女性として各種特攻・追加効果を受けます

魔獣型特性持ちの非ヒト科になるので、特定のバトルで強いです。

宝具

邪竜来りて罪を吐く(ズメイ・ゴルィニシチェ)
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な防御力無視攻撃

&敵全体にやけど状態を付与(3ターン)

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

ダメージ前のバスターカード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。スキル2『バスターカード性能アップ』と2つの『竜』特攻スキルが組み合わさった時の火力は高く、ダメージ後に防御力ダウンも入るので宝具BBEXをクリティカルで繋げたいです。

防御無視攻撃のため、防御力アップを無視できますが、バスターカード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

防御力ダウンは20%固定。味方全体の火力を引き上げます。

やけどダメージは1000固定。低ランクのガッツなら潰せます。

火力バフは『バスターカード性能アップ、「竜」特攻』しかないので、非特攻対象に対するダメージは星4ライダー最底辺です(一部星3ライダーに負けるレベル)。

スキル

スキル1効果
永遠の若武者『B+』

CT8-6

自身にガッツ付与(1回・3ターン)

&弱体無効状態付与(1回・3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

ガッツ発動のHP回復量は最大3000。弱体無効状態と合わせて、敵の宝具やデバフに対処できます。

毎ターンスター獲得は最大10個と平均的な数ですが、ライダークラスはスター集中度にプラス補正が入っているのでクリティカルを狙いやすいです

ガッツは持続3ターンと短く、毎ターンスター獲得状態目当てで早めに使うと効果が切れやすいです。このガッツに頼るなら、アイコンチェックを小まめにしましょう。

スキル2効果
ベルザ・ダマスク(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&『竜』特攻状態付与(3ターン)

アーツ&バスターカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては倍率が高く、メインカードを強化します。

『竜』特攻状態は最大50%。特効対象へのダメージが1.5倍になります。

スキル3効果
ベルザ・ブルーク『EX』

CT7-5

自身のNP増加

+味方全体のクリティカル威力アップ(3ターン)

&『竜』特攻状態付与(3ターン)

NP増加は最大20%と少なく、第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装でもNP支援が必要です。

味方全体のクリティカル威力アップは最大30%。ライダーはクラス補正でスター集中度が高いため、『スターを吸いやすい=味方のクリティカルを阻害しやすい』部分が微妙に噛み合っていません。

味方全体に『竜』特攻状態付与は最大30%。味方全体に特攻状態を付与するスキルは貴重で、他にはブーディカ(ローマ)、ヴリトラ(神性)、紫式部(魔性)、サンタマルタ(宝具により神性・悪魔・死霊)が持っています。

チャージタイムは最短5ターンと短いので、NP獲得のために回していきたいスキルです。

運用方法

周回

NPチャージが最大20%と低く、第2アペンドスキルレベルマックス+イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装でもNP支援が必要です。

周回向けのバスター属性宝具持ちでNPを配布できるサーヴァント『闇のコヤンスカヤ、タイプ:アース』はいるため、これらを所持しているなら編成が組めます。

『竜』特攻が乗っていない場合は、宝具・クリティカルともにダメージが大きく落ちます。

味方全体に『「竜」特攻状態付与・クリティカル威力アップ』といった火力支援に加えて、スター獲得状態(10個・3ターン)によるスター供給支援も可能です。

第1~3WAVEまで『竜』属性で固まっているなら運用しやすいですが遭遇頻度は少ないです。

高難易度

『竜』属性を持っている相手に対しては、宝具および通常攻撃で大ダメージが出ます

ニキチッチが自分で付与できない『攻撃力アップや宝具威力アップ』を付与すると、よりダメージが伸びるでしょう。

弱体無効を持っているので、特殊ギミックにもある程度対応できます

ただ耐久スキルがガッツしかなくNP効率は平凡なので、NP・耐久支援が必須です。

また複数の『竜』属性が出て来るなら活躍できますが、単体の場合は他の『竜』特攻宝具持ちのサーヴァントに枠を奪われやすいです

まとめ

アタッカーとしてはスキルが自己完結しており、バスタークリティカルを狙いやすいので、『竜』属性以外にもそこそこダメージが出ます。

対『竜』特化なスキル構成ですが、『竜』特攻宝具ではない(特攻対象に対する宝具ダメージが安定しない)のが残念です。その代わり通常攻撃にも『竜』特攻が乗りますが、『バスターカード性能アップ、クリティカル威力アップ、毎ターンスター獲得状態』の性能がそこまで高くないため、クリティカルアタッカーとして『特攻込みのクリティカルで一発ゲージ粉砕』といった動きはできません。

総合的に見て役割が決まっており、スキル構成も攻防一体なモノが多く扱いやすい反面、対『竜』方面に尖り切っていないのが惜しいです。

今の時代、NP20%チャージは辛い

FGOにおけるドブルイニャ・ニキチッチのキャラクター解説。

ロシアの口承叙事詩『ブィリーナ』に登場する英雄の一人です。

伝承では男性であり、本人も「ニキチッチは男だぞ」と言いますが、現界したその姿はケモミミが生えた女性です。そのことを指摘すると「まあ、そうだな」という返事が来ます。

寡黙ですが自信に満ちた若武者であり、口癖は「できるぞ」と「〜なさい」の2つです。

自信過剰な言動ですが、「できないことは、できない」と判断できる冷静さも併せ持っています。

性格は端的に言うと口数少ない父親です。多くは語りませんが、マスターに対してもバレンタインで戦士としての優しさを見せています。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク