『メディア』FGOおすすめ性能解説

基本情報

破戒すべき全ての符ルールブレイカー『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に強力な攻撃

&敵単体の強化状態を解除

+自身のNPをリチャージ<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1 効果
高速神言(A)

CT9-7

自身のNP増加
スキル2 効果
金羊の皮アルゴンコイン

CT6-4

自身のHPを回復
スキル3『強化クエストクリア後に解放』 効果
キルケーの教え(A)

CT8-6

味方単体の弱体状態を解除

&NP獲得量アップ(1ターン)

強い点

最大150%のNPチャージスキルを持ち、スキルレベル4でも101%獲得できるので、礼装フリーで宝具が撃てます。

アーツ3枚構成でアーツチェインが組みやすく、上述のNPチャージスキルや『宝具ダメージ後にNPをリチャージ』もあるので、宝具回転率は高めです

宝具はダメージ後に強化解除が入るため、敵のバフを高頻度で剥がします

味方単体の弱体解除&NP獲得量アップといった支援も可能です。

弱い点

宝具の回転率は高いが、火力バフを一切持たず、宝具ダメージはキャスタークラス最底辺です(星2キャスターで全体攻撃宝具のシェイクスピアと変わらないダメージ)。

耐久スキルがHP回復のみで、敵のチャージ攻撃・宝具を受けられません。HP回復も、FGOは基本的に『被ダメージ量>回復量』のため、ジワジワ削られます。

育てるべきか

育てなくても使えます。

単独でも具を高頻度で撃てるのが特徴です。そのためのスキルレベル育成も『スキル1をスキルレベル4にするだけ』と安く済み、スキル2~3も劇的に効果が変わらず、最終再臨させるだけでも性能を発揮できます

そんな育成していない状態でも、『強化解除宝具を連発できる』『味方単体に弱体解除を付与できる』『アーツ主軸のカード構成でアーツチェインが組みやすい=味方の宝具回転率を上昇』と、ストーリー攻略や高難易度で腐らない効果が多いです

NPチャージがスキル1という点も長所で、レベル1のまま編成して、『強化解除が必要なタイミングで前線に出す→宝具を撃つ→即退場』といった動きもできます。

恒常サーヴァントで、フレンドガチャから入手できるのも長所です。

その反面、星3サーヴァントの低ステータスで火力バフが一切ないため、『アタッカーとしてダメージを出す』という運用に向いていません。

周回では要求火力に届かず、火力支援スキルもないため、編成しづらいです。

高難易度も、宝具連射力の高さや概念礼装(黒聖杯(宝具威力アップ)など)を装備させることで多少は改善できますが、メインアタッカーとして動かすには不安が残ります。また耐久スキルがないに等しく、宝具連射させてダメージを稼ぐ前に退場する可能性が高いです。

総じて、育成難易度が低く、強化解除や弱体解除が必要なクエストにピンポイントで刺さります。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、アーツ3枚、クイック1枚、バスター1枚

アーツ3枚構成のため、それぞれのNP回収力は悪くない止まりだが、NP獲得手段が豊富なため気になりません。その反面、全体的にhit数が少なく、スター生産力は皆無

ステータスはレベル70時に、HP8643、ATK7418。

星3キャスターの中では、ATKがトップクラスに高く(2024年1月時点で唯一の7000台)、HPは最底辺(こちらは2024年1月時点で唯一の8000台)

クラススキル 効果
陣地作成(A) 自身のアーツカードの性能をアップ(約10%)
道具作成(A) 自身の弱体付与成功率をアップ(約10%)

陣地作成はランクが高く、アーツカードのダメージとNP回収力に大きなプラス補正が入ります。

道具作成を所持していますが、デバフ系の効果がないため、ほぼフレーバーテキスト。デバフ効果のある概念礼装やコマンドコードを付けた場合のみ機能します。

固有の第3アペンドスキルは対セイバー攻撃適正。攻防等倍のため、解放する意味は薄いです。ただ第1~2アペンドスキルも優先度が低いため、とりあえず開けておくか、『聖杯鋳造』に回しましょう。

属性は、サーヴァント、地属性、中立属性、悪属性、人型、女性、アルゴー号ゆかりの者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

破戒すべき全ての符ルールブレイカー『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に強力な攻撃

&敵単体の強化状態を解除

+自身のNPをリチャージ<オーバーチャージで効果アップ>

強化解除は敵のバフを解除します。白枠に囲まれた解除不能バフは対象外です。宝具ダメージ後のため、回避・無敵が付与された敵にダメージは入りません。2024年1月の時点で、強化解除持ちのキャスターは『メディア』のみと貴重です(ハロエリは1つのみ)。

自身のNPをリチャージはオーバーチャージ依存で、20~100%。オーバーチャージ段階強化の上がり幅は20%刻みと高いが、宝具チェインを組む場合は『強化解除で敵の耐久バフを引き剥がす→後続宝具のダメージを通す』といった場面が多いです。

宝具ダメージは、強化済みながら火力バフがないため、未強化宝具並とかなり低め。『黒聖杯(宝具威力を最大80%)』を装備させても、宝具レベル5で約6万2千(星4キャスターの宝具レベル1~2ぐらいのダメージ)

1hit宝具のため、NPリチャージ・スター生産力は皆無。

スキル

スキル1 効果
高速神言(A)

CT9-7

自身のNP増加

NP増加は最大150%。同系統の中では、トップクラスの増加量です。

スキルレベル1で80%……第2アペンドスキルレベルマックスで即宝具が撃てます。

スキルレベル3で94%……第2アペンドスキル解放で即宝具が撃てます。

スキルレベル4で101%……ワンポチで宝具が撃てます。

スキル2 効果
金羊の皮アルゴンコイン

CT6-4

自身のHPを回復

HP回復は最大2500。チャージタイム最短4ターンの回復量としては優秀な部類だが、他に耐久スキルがないため、敵の通常攻撃を1回帳消しにできればいい程度。このスキルを活かすなら、味方スキル『防御力アップや、ダメージカット』と合わせましょう。

スキルレベル1の回復量が500と低く、しっかり育成しないと効果を発揮できません。ただ育成しても、多少場持ちが良くなるだけのため、コストパフォーマンスは悪いです

スキル3『強化クエストクリア後に解放』 効果
キルケーの教え(A)

CT8-6

味方単体の弱体状態を解除

&NP獲得量アップ(1ターン)

味方単体の弱他解除は高難易度で有効です。攻防有利のアサシンクラスはデバフ持ちが多いため、有効な場面は多いです。

NP獲得量アップは最大50%。倍率は高いが持続1ターンと短く、弱体解除とどちらを優先するかで悩みます。弱体解除が先に入るので、強化無効を付与されていても付与できます。

運用方法

周回

NP最大150%チャージがあるため、礼装フリーで宝具を撃ちやすいが、宝具ダメージが伸びません。

変則周回で宝具を一騎ずつ撃つ場合も、火力支援スキルがないため、他WAVEは味方に丸投げです。

クリティカル関連スキルも皆無で、クリティカル殴り編成に向いていません。

総じて、礼装フリーで宝具は撃てるものの、火力バフ効果のある礼装以外は宝具ダメージが低いです(初期NP0%付与だが、ダメージ○○%UPのイベント特効礼装は相性が良い)。

高難易度

高い宝具回転率を活かして、強化解除しまくるアタッカー。

アサシンなど攻撃有利を取れるか、強化解除・弱体解除が役立つクエストに適正があります。

『アーツ宝具・アーツ3枚構成でアーツチェインが組みやすい』『最大150%のNPチャージスキル』『宝具ダメージ後のNPリチャージ』とNP獲得手段が豊富で、自分が宝具を撃ちやすいだけでなく、アーツチェイン&初手アーツ補正要因としても優秀です。

強化解除は宝具ダメージ後ですが、高頻度で付与しやすく、後続の宝具や追撃ダメージを通しやすいのが利点です。

また礼装の自由度が高く、『レベル1+ターゲット集中礼装装備』で強化解除だけさせて退場といった戦法も取れます。

難点は火力バフが皆無で、耐久スキルもほぼないこと。

宝具・通常攻撃のダメージが伸びず、クリティカル関連スキルもないため、瞬間火力が出ません。それを高い宝具連射力で補うタイプですが、耐久スキルがないので、宝具連射している間に退場する可能性が高いです。

それでもメインアタッカーとして動かす場合は、しっかり火力・耐久支援しましょう¹。

¹……アーツサポーターは耐久支援が得意なため、補いやすい。

総じて、敵のバフを剥がしながら、『アーツチェイン、初手アーツ補正で味方の宝具回転率を引き上げる』『弱体解除でデバフ解除』といったサポートもこなす強化解除要員です。

編成は、『メインアタッカー+サポーター+メディア』のアーツパーティが運用しやすいです。

サポーターは、火力・NP・耐久支援ができる『キャストリア、玉藻の前』を始め、耐久支援能力が高い『ジャンヌダルク』といったアーツサポーターが候補に入ります。メインアタッカーもアーツ主軸のカード構成が望ましいです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。アーツサポーターとして動ける『徐福、パラケルスス』がおすすめです。

概念礼装は、宝具ダメージを伸ばす『宝具威力アップ』。宝具回転率上昇の『アーツカード性能アップ、NP獲得量アップ』などがおすすめです。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルを複数持っているのが厄介です。チャージゲージは長めだが、チャージゲージ増加2の連打でいきなり宝具が飛んでくるため、なるべく早く倒しましょう。

回避・無敵で宝具ダメージを防げるが、強化解除でバフが剥がれます。追撃を防げないだけでなく、攻撃性能も落とされるので、いいことがないです。

他にも『任意の敵のチャージゲージ増加&弱体解除』を持ち、放置すると好き放題されます。

デバフに対する耐性がないので、チャージタイムMAXの状態で行動妨害すると戦いやすいです。

まとめ

・育成難易度が低く、ストーリー進行に伴って編成頻度が減っても、ふところが痛みません

・宝具ダメージが低いからこそ許される宝具回転率で、敵のバフを引き剥がすプロ

FGOにおけるメディア

ローブで顔を隠した女魔術師。冷酷・残忍、目的のためには手段を選ばず、奸計を得意とする正真正銘の悪女。

金羊毛皮を所有するアイエテス王の娘であり、月の女神ヘカテから魔術を教わっています。

英雄イアソンによって国から引き離され、長い放浪の果てに裏切りの魔女として烙印をおされた経験から、顔のいい男は信用しない。

口は悪いが、箱入り王女だったため、根はきちんとした良識と道徳を持つお嬢様。

裏切りに遭い続けた結果、今度は自身が人を裏切る立場へ堕ちてしまった悲劇の女性。

本来は清純な女性で、惚れた相手にはとことんまで尽くす才女。誠実な人間に弱い。