『坂本龍馬(槍)』FGOネタバレ性能解説

基本情報

君よ、綿津見の原を征け(りゅうよ、わだつみのはらをゆけ)
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身の宝具威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身の防御力を大アップ(1ターン)

+敵全体に強力な攻撃

スキル1効果
維新の龍(A)

CT8-6

味方全体のアーツカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&宝具使用時のチャージ段階を1段階増加(1回・3ターン)

スキル2効果
高千穂の白き大蛇(A-)

CT8-6

自身のNP増加

&弱体無効状態付与(3ターン)

&強化解除耐性アップ(3ターン)

スキル3効果
天逆鉾『双』(B)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

強い点

宝具ダメージ前に宝具威力アップ、付属バフに防御力アップを持ち、スキル『弱体無効&強化解除耐性(3ターン)』で高難易度ギミックに強いランサーです。

アーツ属性の全体攻撃は、ダメージ前に3ターン持続の宝具威力アップが付与されるため、連射するほどダメージが上昇します。スキルにアーツカード性能アップ合計50%×3ターンもあるため、星5ランサーの非特攻宝具としては、相応のダメージです。

また付属バフの防御力アップ(50%×1ターン)で、敵からのダメージを半減します。またデバフ、強化解除にも強く、それらが乱発されるクエストでは粘り強く戦えます。

NP50%チャージを持ち、周回では宝具が撃ちやすく、味方全体アーツカード性能アップ&クリティカル威力アップ&オーバーチャージ1段階引き上げ、毎ターンスター獲得状態によるサポートも可能です。

マスター礼装や概念礼装の自由度は低いですが、キャストリア×2による宝具連射システムも狙えます。

弱い点

キャストリア×2の宝具連射システムは狙えますが、ハードルが高く、相手クラスも限定されます

性能が耐久・支援能力寄りで、特攻のような大幅にダメージを伸ばす火力バフもないです。宝具連射できる状態ならダメージは高くなりますが、変則周回で一回だけ宝具を撃つ編成や高難易度クエストで宝具連射ができない状態だと、特攻持ちや純アタッカーよりダメージが下がります

味方全体クリティカル威力アップ、スター獲得状態によるクリティカル支援能力を持ちますが、スター獲得数が最大10個と少なく、ランサーはクラス補正でスター集中度がやや低いため、クリティカルを出したり、出させたりするのが苦手です

引くべきか

引かなくていいです。

キャストリア×2の宝具連射システムに対応しており、高難易度では優れた耐久性能とデバフに対する耐性を持っています。

しかし、アーツ宝具を持つランサーは周回適性に優れたサーヴァントが多く(しかも恒常サーヴァントに多い)、それらと比べてシステム構築の難易度が高いです

高難易度においても、特攻宝具持ちや宝具とクリティカルの両方でダメージを稼げるサーヴァントには、総合火力で劣ります。その分、耐久パーティに組み込んだ時の安定性は優れていますが、それを求められるクエストは限られます。

競合より優れた部分が『高難易度で戦う時の安定性』なので、システムアタッカーとして高難易度と周回の両方で活躍できるサーヴァントを所持している場合は、育成優先度が下がります。またアーツサポーターは耐久支援に優れているサーヴァントが多いため、アーツアタッカーにはそこまで耐久力を求めていないのが厳しいです。

長期戦を強いられる高難易度で、速度を維持しつつ安定した戦いがしたいなら、引く価値があります。

高難易度、周回の両方に対応するランサー、もしくは代用できるクラスのアタッカーを所持しているマスターは、スルーして構いません。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはランサー

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

全体的にhit数が多く、NP回収性能は良好です。

ステータスはレベル90時に、HP15147、ATK10753

星5ランサーの中だとバランス型で、HPがやや高く、ATKが低いです。

クラススキル効果
対魔力(C+)自身の弱体耐性を少しアップ(約15.5%)
騎乗(EX)自身のクイックカードの性能をアップ(約12%)
変化『大蛇』(A)自身の被クリティカル発生耐性をアップ(約10%)

自身のクリティカル威力をアップ(約10%)

対魔力を所持しており、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗はランクが高く、クイックカードのダメージとスター生産力に大きなプラス補正が入ります。ただ1枚しかないうえに、基本的にアーツパーティを組むので切る機会が少ないです。

変化『大蛇』により、クリティカル攻撃を受けにくくなります。倍率が低いので、恩恵を感じづらいです。クリティカル威力アップは、スター集中度アップがないため、活かしづらいです。

固有の第3アペンドスキルは、対アルターエゴ攻撃適性。アルターエゴに対しては、攻撃等倍・防御有利なので解放する意味はあります。ただアルターエゴが出るクエストに連れて行く機会は乏しいです。

属性は、サーヴァント、人属性、中立属性、人型、男性、騎乗、ヒト科のサーヴァント。

宝具

君よ、綿津見の原を征け(りゅうよ、わだつみのはらをゆけ)
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身の宝具威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身の防御力を大アップ(1ターン)

+敵全体に強力な攻撃

宝具威力アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1の段階から倍率が高く、3ターン持続するため、システムを組んで宝具連射する場合は、どんどんダメージが増えていきます

ただし、NPリチャージ性能がそれほど高くないため、キャストリア×2の支援を受けても、宝具連射にはNPチャージスキルや追撃が必要です。NP50%チャージを持ち、通常攻撃のNP回収力も良好のため、宝具発動のハードル自体は低いです。

ダメージは、1発目は星5ランサーの非特攻宝具相応。3連射目は非特攻宝具の中だと上位。

防御力アップは50%固定。1ターン限定ですが、敵からのダメージを半減させます。回避・無敵と違ってダメージを0にできませんが、必中・無敵貫通に有効です

スキルの弱体無効・強化解除耐性が発動中は、宝具発動を妨害されず、宝具威力アップ・防御力アップも無効化・強化解除されないです

スキル

スキル1効果
維新の龍(A)

CT8-6

味方全体のアーツカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&宝具使用時のチャージ段階を1段階増加(1回・3ターン)

アーツカード性能アップは最大20%。クリティカル威力アップは最大30%。3ターン持続としては、どちらも標準的な倍率です。

クリティカル威力アップに関しては、クラススキルと合わせて合計40%まで上昇します。ただスター集中度アップがないので、クリティカルを狙うにはスター供給かスター集中度アップの支援が必要です。

宝具使用時のチャージ段階を1段階増加は3ターン持続するため、恩恵を受けやすいです。自分の場合は宝具威力アップが5%強化されます。味方全体に付与するので、オーバーチャージの恩恵が大きいアーツサポーター『対粛正防御状態の回数が増えるキャストリア、NP配布量が増える玉藻の前など』の支援ができます。

スキル2効果
高千穂の白き大蛇(A-)

CT8-6

自身のNP増加

&弱体無効状態付与(3ターン)

&強化解除耐性アップ(3ターン)

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備すればワンポチで宝具が撃てます。また第2アペンドスキルをレベルマックスにすれば、初期NP30%付与礼装でも可能です。

弱体無効状態は回数制限がなく、3ターンの間、デバフを弾き続けます

強化解除耐性はスキルレベルマックスで100%。こちらも無制限で3ターン続くため、自分のスキルや味方から付与されたバフを、強化解除から守ります。

スキル3効果
天逆鉾『双』(B)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

アーツ&バスターカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。アーツカード性能アップはスキル1との併用で、最大50%のアーツバフになります。

毎ターンスター獲得状態は最大10個。このスキルだけでクリティカルを誘発するのは難しいです。

運用方法

周回

NP50%チャージがあるので、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装を装備すれば、単独で宝具が撃てます

キャストリア×2のシステム周回に対応していますが、マスター礼装の指定やオーバーキルが必要となり、自由度が低いです。敵の数が不規則な変則周回も条件が厳しく、クエストの内容に大きく左右されるので安定しません。

システムを構築する場合は、サポーターからの火力支援や宝具を撃つ度に宝具威力アップが付与されるので、要求火力に届きやすいです。

変則周回で1騎ずつ宝具を撃っていく場合は、NP50%チャージによる宝具の撃ちやすさ、火力支援スキルが魅力です。ただ非特攻宝具のため、敵のHPが高いと要求火力に届かない可能性があります。

クリティカル殴り要因としては、味方全体クリティカル威力アップ、スター獲得状態によるスター供給が可能です。しかし、スター集中度アップがないため、単独でクリティカルを出せません

高難易度

星5サーヴァント相応の宝具ダメージを出しながら、ダメージ半減の防御力アップ、デバフ耐性で粘り強く戦うアタッカーです

アーチャーなど、攻撃有利が登場するクエストで、長期戦を強いられる場合に適性があります。

特攻宝具ほど派手にダメージは稼げませんが、非特攻宝具としては十分なダメージをそれなりに短い間隔で与えます。宝具発動時に3ターン持続する火力バフが付与されて、発動した回数と同じターンだけ敵の攻撃を半減できるので、火力維持しながら粘り強く戦えるのが利点です

弱体無効&強化解除耐性のセットで、高難易度の厄介なギミック『強化解除でサポーターのバフを剥がされる』『行動阻害系スキルの足止めで、攻撃できずに火力バフが切れる』を3ターンに渡って防ぎます。

 

欠点は、ターゲット集中がないため、敵の攻撃やスキルから味方を守れないこと。

また防御力アップが50%固定なので、敵の宝具を受ける場合は、味方から防御力アップやダメージカットの支援が必要です。HP回復もないため、ダメージの蓄積は遅いものの、立て直しができません

攻撃面も宝具回転率は悪くないですが、それ以外でダメージを稼ぐのが苦手です。クリティカル威力アップを活かすスター集中度アップがなく、スター生産率も低いため、スター集中度が低いキャスターと一緒に編成しながら、スター供給スキル・概念礼装による支援が必要です

 

編成は、オーバーチャージ段階引き上げの恩恵が大きいキャストリア、玉藻の前』と組みたいです。キャストリアが付与する対粛正防御状態の欠点、強化解除を防ぐことができます。玉藻の前は、坂本龍馬(槍)が持たないHP回復を持ち、さらに粘り強く戦わせてくれます。

火力・NP支援、疑似的なHP回復、スター供給ができる『レディ・アヴァロンもおすすめです。ただプリテンダーはランサーよりスター集中度がやや高いため、スターを寄せづらいことに注意が必要です。

防御バフを持つ『諸葛孔明、司馬懿、マシュ』も候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を強化できる『アンデルセン』、攻撃デバフと強力なスター生産スキルを持つ『アマデウス』がおすすめです。

概念礼装は、宝具を回すためにNP獲得量アップ+α系がおすすめです。初速を上げるために、初期NP50%付与+αの礼装も候補に入ります。クリティカル重視の場合は、自分にスター集中度アップ系、味方には毎ターンスター獲得系を持たせたいです。

敵として出てきた場合

チャージゲージ短めのランサーで、チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

弱体無効&強化解除耐性アップを持ち、効果中は行動阻害ができなくなります

必中・無敵貫通がないので、回避・無敵を用意して、防御無視宝具で攻撃すると戦いやすいです。

まとめ

・高難易度で大活躍しているキャストリアなど、アーツサポーターと噛み合う性能をしています。ただし、その耐久性能をフルに発揮できるクエストが、ギミックの関係でゴリ押しできないクエストなど、限定的なのが難点です。

・競合に強力なランサーが多く、デバフや強化解除に強いという利点はありますが、『高難易度の長期戦』が主戦場なので、編成する機会に恵まれません。

FGOにおける坂本龍馬(槍)

幕末の日本を駆け抜けた志士の一人。北辰一刀流の達人ではあるが、本人は剣を振るうのを好まない根っからのお人好し。

坂本龍馬として到達しえたかもしれないもしもの姿であり、維新の英雄の名に恥じない強力なサーヴァントです。

通常は鉾か大蛇のどちらかに宝具は限定されますが、両方を所持しています。

彼に寄り添う謎の美女は、高千穂の白き大蛇として降臨したスーパーお竜さん。パワフルファイトスタイルに加え、神様めいた謎ビームを射出して攻撃します。

『そいつは大変だったろうに』

鉾に縫い付けられ、身動きも取れず長い時を過ごしてきたというその大蛇が、己を騙して喰らおうと思っていたなどとは考えもせず、ただ気の毒にと思って鉾を抜いた。

解放された大蛇は何を思ったか、自由にはならず、今度はかの者にとり憑き、かの者との道行きを共に歩む事となる。

それが龍と竜の馴れ初め。

関連リンク