『ドゥリーヨダナ』FGOおすすめ性能解説

基本情報

一から生まれし百王子ジャイ・カウラヴァ
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に確率でクイック攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&確率でアーツカード攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&確率でバスターカード攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&強力な攻撃

スキル1効果
人悪のカリスマ(B-)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&ランダムな味方単体のスター集中度アップ(1ターン)

スキル2効果
棍棒術(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

スキル3効果
凶兆の申し子(EX)

CT8-6

味方単体のスター集中度アップ(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

+敵全体の弱体耐性ダウン(1ターン)

強い点

多段hitの全体攻撃宝具と毎ターンNP獲得状態を持ち、『キャストリア×2』のシステム周回に対応しています。

味方全体に『攻撃力アップ、クリティカル威力アップ』、宝具ダメージ後に『確率の3色カード耐性ダウン』の火力支援。『即時スター獲得(最大15個)、毎ターンスター獲得状態(最大20個×3ターン)、味方単体スター集中度アップ』でクリティカル誘発もできます。確率のカード耐性ダウンは、スキル『弱体耐性ダウン(1ターン)』で付与率を補強します。

弱い点

即時NPチャージスキルを持たず、単独では1ターン目から宝具が撃てません。通常攻撃のNP回収力も低く、宝具を撃つにはNP支援が必要です。

スキル1『味方単体のスター集中度アップ(1ターン)』の付与先がランダムで制御できず、『クリティカルを出したい味方がクリティカル攻撃できない』可能性が付き纏います。

耐久スキルを一切持たず、長期戦では耐久支援が必須です。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道がある性能です。

『キャストリア×2』のシステム周回に対応した星4バーサーカーです。敵が『3-3-X』の配置なら、NP回収力が低いバーサーカーでも、編成次第(オーダーチェンジなど)で宝具3連射ができます。

バーサーカーでもクリティカルを狙えるスキル構成『クリティカル威力アップ+スター獲得+スター集中度アップ』で、クリティカル追撃もしやすいです。

豊富な火力支援スキルとスター供給能力、『バーサーカーのクラス補正でスター集中度が低い』点を活かしたサポート運用も視野に入ります

難点は、耐久スキルを一切持たず、退場しやすいこと。

幸いにもアーツサポーターは耐久支援が得意ですが、事故による退場が起こりやすいです

また即時NPチャージスキルを持たず、敵の数が『1-2-1』のような変則周回は厳しいです。さらに通常攻撃のNP回収力が低いため、NP支援なしだと『宝具発動まで持っていくのにターンがかかる→低耐久で退場する』といった問題が起きます。

ランダム付与のスター集中度アップも厄介で、計算違いが発生しやすいです

ストーリー限定サーヴァントで入手難易度が高いうえに、競合にアーツ属性・全体攻撃宝具・システム周回可能な星5バーサーカー『水着宮本武蔵水着伊吹童子』がいます。星4バーサーカーのため、『編成コスト』は低いですが、これらを既に所持しているマスターは育成優先度が下がります。

キャストリア×2のシステム周回に対応したアタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

アーツ属性宝具のシステムアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはバーサーカー

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

カード性能は、アーツのNP回収力が低く、1枚しかないクイックはスター生産力が高めです。

ステータスはレベル80時に、HP11250、ATK9409。

星4バーサーカーの中では、HPがトップクラスに高く、ATKは平均より下

クラススキル効果
狂化(E-)自身のバスターカードの性能を少しアップ(約1%)

狂化はランクが低く、ないよりはマシ程度

固有の第3アペンドスキルは、対ランサークリティカル発生耐性。キャストリア×2と組んだ時に、NP支援スキルを温存できるため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。。

属性は、サーヴァント、地属性、秩序属性、悪属性、人型、男性、魔性

宝具

一から生まれし百王子ジャイ・カウラヴァ
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に確率でクイックカード攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&確率でアーツカード攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&確率でバスターカード攻撃耐性をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&強力な攻撃

○○カード攻撃耐性ダウンは20%固定。付与率がオーバーチャージ依存で、60~100%。3ターン持続としては、悪くない性能です。弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。スキル3『敵全体の弱体耐性ダウン』のサポートがなければ、半々の確率です

味方全体の火力支援に繋がり、アーツはNP回収力、クイックはスター生産力が強化されます。

全体6hit宝具で、NP回収力が標準のクラス×3に対して、30%前後のNPリチャージが可能。『キャストリア×2』の支援があれば、オーバーキル次第で90%以上になり、毎ターンNP獲得状態(+10%)と合わせて宝具連射が狙えます。

宝具ダメージは、アーツカード耐性ダウンが入れば、星4バーサーカーの中だとダメージが出る部類です

スキル

スキル1効果
人悪のカリスマ(B-)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&ランダムな味方単体のスター集中度アップ(1ターン)

味方全体攻撃力アップ・クリティカル威力アップともに最大20%。2つは乗算関係で、数値以上にクリティカルダメージが伸びます

ランダムな味方単体のスター集中度アップは、スキルレベルに依存せず、バーサーカーでもスターが集中する倍率です。完全ランダムで、『特定のアタッカーでクリティカルを出したいのに、違う味方にスターが集中する』といった問題が起きます。持続1ターンと短いので、諦めるか、スターを飽和させましょう

スキル2効果
棍棒術(A)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

アーツカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては優秀な倍率です。

クリティカル威力アップは最大30%。3ターン持続としては標準的な倍率ですが、スキル1と合わせれば最大50%×3ターンと優秀です

スター獲得は最大15個。スキル1・3の『スター集中度アップ』がなければ、クラス補正でスター集中度が低いため、味方に流れます。

スキル3効果
凶兆の申し子(EX)

CT8-6

味方単体のスター集中度アップ(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

+敵全体の弱体耐性ダウン(1ターン)

スター集中度アップはスキルレベル依存で、スキルレベルマックスでスキル1『ランダムなスター集中度アップ』と同じ倍率です。スキル1の対処策として、『スキル1を味方A、スキル3を味方B』に付与すれば、元々のクラス補正でスター集中度が高い方にスターが寄ります²。

²……味方Aがキャスタースター集中度が低い、味方Bがライダースター集中度が高いなら、味方Bにスターが集中します。

毎ターンスター獲得は最大20個。3ターン持続としては、トップクラスの性能です

毎ターンNP獲得状態は10%固定。宝具回転率を強化します。

弱体耐性ダウンは最大40%。付与率は基本確定で、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。スキルレベルマックスで宝具のデバフが基本確定です対魔力弱体耐性アップ持ちの場合は不確定)。味方のデバフも支援します。

運用方法

周回

即時NPチャージスキルがないので、『初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックス』でも1ターン目から宝具を撃つ場合は、NP支援が必要です。

『キャストリア×2』の宝具3連射システムは、初期NP0%付与の礼装でも、NP回収力が標準の3騎士『セイバー・アーチャー・ランサー』相手にシステムが組めます(オーバーキル次第)。マスター礼装『第五真説』があれば、アサシンクラス。オーダーチェンジ礼装なら、バーサーカー相手でも狙えます

イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装なら、さらに条件が緩いです。

難点は、宝具の○○カード耐性ダウンが不安定なこと。アーツカード耐性ダウンが外れた場合は、宝具のNPリチャージ性能が下がります

クリティカル殴り編成では、『即時スター獲得&毎ターンスター獲得』のスター供給支援、『攻撃力アップ&クリティカル威力アップ』の火力支援ができます。クリティカルアタッカー適正も高いですが、スキル1『スター集中度アップ』がランダム付与なので、少ないスターでクリティカルを狙う場合は注意しましょう。

高難易度

システムアタッカー適正を持ち、クリティカルでも攻撃できるアタッカー。

攻撃有利を取れて、短期決戦が望めるなら、どんなクエストにも適正があります

理想は、『アーツサポーターの支援を受けて、敵が倒れるまで宝具連射する』形です。

宝具のNPリチャージ性能が高く、宝具連射システムを組めるのが長所です。

またクリティカルアタッカー適正もあるため、クリティカルダメージが高く、宝具でNPリチャージしきれずともアーツクリティカルによる大幅なNP回収が狙えます。

ただし、通常攻撃のNP回収力は低いため、過信はできません(宝具のhit数が多い関係で、通常攻撃のNP回収力が低いタイプ)。アーツチェインを積極的に組みましょう。

欠点は、耐久力・ギミック対応能力がないこと。

『耐久スキルがない+低耐久のバーサーカー』で、耐久支援が必須です。幸いアーツサポーターは耐久支援能力に優れているサーヴァントが多いですが、『クリティカルで一発退場』には注意しましょう。ただ、火力・スター供給支援のサポーターとして動く場合は、無駄に生き残らない長所でもあります。

必中・無敵だけでなく、弱体解除・弱体無効もないため、複雑なクエストは対処できません

編成は、宝具連射を狙いやすくするアーツサポーター『キャストリア玉藻の前レディ・アヴァロン』がおすすめです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。即時スター獲得を持つ『アマデウス』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』。耐久支援ができる『マシュ』がおすすめです。

サポーターとして編成する場合は、ター集中度アップを持たない』『スター生産力が低い』クリティカルアタッカーと組みたいです。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。メインカード強化の『アーツカード性能アップ』。宝具回転率強化の『NP獲得量アップ』。クリティカルダメージを伸ばす『クリティカル威力アップ』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得、即時スター獲得』がおすすめです。

敵として出てきた場合

豊富な火力強化スキルが厄介です。

クリティカル事故が起こりやすいので、HP管理に気を付けましょう

必中・無敵といったスキルがなく、弱体耐性もないので、回避・無敵・デバフが問題なく機能します

まとめ

攻撃に特化したスキル構成で、長所『システム周回適正〇』と短所『耐久スキル皆無』がハッキリしています。

・攻めは得意ですが、守りやギミック対応能力は清々しいほど皆無

FGOにおけるドゥリーヨダナ

インド古代叙事詩「マハーバーラタ」の主要登場人物。

アルジュナ・ビーマたち五王子と対立した百王子の長兄。

クリシュナにも認められるほどの戦士、棍棒術の達人。最終的にはビーマとの一騎打ちに敗れ、アシュヴァッターマンに後を託しました。

すぐに人を嫉み、羨み、そして憎む小心者でしたが、同時に見捨てられない魅力を具えています。ただし、合わない者にはまったく合わない。

カルナとドゥリーヨダナは家族にも等しい親密な関係で、最大の理解者(本人談)。

関連リンク