『坂田金時(騎)』FGOおすすめ性能解説

基本情報

夜狼死九・黄金疾走ゴールデンドライブ・グッドナイト
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な攻撃

スキル1 効果
千里疾走(A)

CT7-5

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&スター発生率アップ(3ターン)

スキル2 効果
動物会話(C)

CT8-6

自身のNPを増やす
スキル3 効果
天性の肉体(A)

CT7-5

自身に攻撃弱体耐性アップ(3ターン)

&HP大回復

強い点

配布サーヴァントにも関わらず、アタッカーとしては星5サーヴァント並に強力なライダーです。

カード性能は星5サーヴァントを含めてもトップクラスに高く、スター生産からNP回収まで単独でこなします。その通常攻撃性能は『自分でスター生産→クラス補正でスター回収→クリティカルでNP100%以上回収→宝具でスター生産→……』と支援なしでループが狙えるほどです。

そこから3ターン持続の『クイックカード性能アップとスター発生率アップ』でカード性能を強化します。カード運次第では、複数ターン宝具を撃ち続けることも可能です

NP最大50%チャージを持ち、初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。そのため礼装の自由度が高く、戦略の幅が広いです。

弱い点

非特攻・未強化宝具かつ火力バフがクイックカード性能アップしかないため、瞬間火力は特効宝具や一部強力なライダーに劣ります。その分、宝具回転率が頭一つ抜けているので、回数で補うタイプです。

星4ライダー最底辺のHPに加えて、耐久スキルがHP回復3000のみと心もとなく、長期戦では耐久支援が必須です。

高難易度ギミックに対応するスキルも攻撃弱体耐性アップのみで、複雑なギミックに対処できません

育てるべきか

ライダークラスのアタッカーが育っていないマスターは、育てましょう。

アタッカーとしての完成度が配布サーヴァントとは思えないほど高く、星5サーヴァントレベルのカード性能により、宝具回転率が優秀です。

星5ライダーの宝具レベルや育成状況次第では、それらを押しのけてパーティ編成できるほどポテンシャルが高く、『初期NP50%付与礼装が配られる周回』や『短期決戦が望める高難易度』で活躍します。

欠点は、3ターン周回では火力を発揮しきれず、高難易度ギミックに対処できないことです。

宝具のクイックカード性能アップはオーバーチャージ段階増加で強化されますが、周回でNP200%以上を溜めるのは難しいです。その場合は、非特攻宝具・星4ライダー相応のダメージに落ち着きます。

また『宝具だけでNP100%回収はできない』『クリティカルダメージを伸ばすスキルがない』の2点が、2023年4月現在の周回環境『宝具3連射システム』『クリティカル殴り編成』とは相性が悪いです。

高難易度においても、2016年7月実装ゆえのシンプルなスキル構成が厳しいです。宝具やスキルに強化が入っていないため、第1部のようなゴリ押しが通じるクエストでは強い反面、第2部以降のブレイクゲージや複雑なギミックに弱いです。

星4ライダーの中では最底辺のHPと耐久スキルが皆無な点も尾を引いており、ブレイクゲージやギミックで足止めされている間に集中砲火やチャージ攻撃で退場させられる危険性が付き纏います。

そのため『巡霊の祝祭』の交換優先度としては、手持ちのライダークラスがどれだけ育っているかが判断基準です。ライダークラスのアタッカーを所持していないなら優先度が高く、ライダーや代用できるクラスの育成が進んでいるマスターは優先度が下がります。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはライダー

カード構成は、クイック2枚、バスター2枚、アーツ1枚

カード性能は全体的に優秀です。クイックとEXアタックは星5サーヴァントと遜色ないレベルで、スター生産からNP回収までこなします。1枚しかないアーツも、1枚ゆえに高性能です。

ステータスはレベル80時に、HP10800、ATK9819

ATK偏重型で、星4ライダーの中ではトップクラスにATKが高く、HPは最底辺

クラススキル 効果
神性(C) 自身に与ダメージプラス状態を付与(+150)

神性は敵の特効に引っかかりやすいため注意しましょう。

固有の第3アペンドスキルは対バーサーカー攻撃適性。攻撃有利のため、解放する価値は高いです。NP50%チャージ持ちのため、他のサーヴァントより解放しやすいです。

属性は、サーヴァント、地属性、秩序属性、善属性、人型、男性、神性、愛する者、源氏、童話、ヒト科のサーヴァント。

宝具

夜狼死九・黄金疾走ゴールデンドライブ・グッドナイト
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な攻撃

クイックカード性能アップはオーバーチャージ依存で、10~90%。上がり幅が20%刻みと高いのが特徴です。1ターン持続するため、追撃にも影響します。強化無効を付与されていると失敗します。

宝具QQクリティカルEXを決めれば、50個前後のスター生産と100%近いNP回収が狙えます。

ダメージは、『未強化+非特攻』宝具のため、星4ライダー相応です¹。

¹……同じ宝具レベルの特効宝具や強化済み宝具には劣りがち。

スキル

スキル1 効果
千里疾走(A)

CT7-5

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&スター発生率アップ(3ターン)

クイックカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては倍率が高く、元々高いクイックのスター生産力・NP回収力が強化されます。

スター発生率アップは最大50%。効果中にクイックを切れば、クラス補正でスター集中度が高いのも相まって、クリティカルが安定します

スキル2 効果
動物会話(C)

CT8-6

自身のNPを増やす

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備すればワンポチで宝具が撃てます。また第2アペンドスキルをレベルマックスにすれば、初期NP30%付与礼装でも可能です。

カード運が悪くNP回収ができなかった場合でも、宝具発動が狙えます。

スキル3 効果
天性の肉体(A)

CT7-5

自身に攻撃弱体耐性アップ(3ターン)

&HP大回復

攻撃弱体耐性アップは最大120%。道具作成(弱体付与成功率アップ)持ちでも防ぐことができます。対象は『攻撃力ダウン・宝具威力ダウン・○○カード性能ダウン・クリティカル威力ダウン』など。

HP回復は最大3000。元々のHPが低いため、頼る場面は多いです。

運用方法

周回

NP50%チャージを持ち、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。

オーバーチャージ段階増加の支援がなければ、クイックカード性能アップ最大40%の非特攻攻撃になるため、味方全体攻撃力アップなど横バフを持つ味方と組みたいです

スター生産力は高いですがスター集中度も高いため、味方次第ではスターを吸ってしまい、クリティカル殴り編成では邪魔になります。

高難易度

高性能な通常攻撃で、クリティカルと宝具を連発するアタッカー

キャスターなど、攻撃有利を取れるクエストが適正です。

理想は『自分でスター生産→クラス補正でスター回収→クリティカルでNP100%以上回収→宝具でスター生産→……』のループです。それができるだけのカード性能を持ち、カード運が悪かった場合でもNP50%チャージでリカバリーできます。

耐久力のなさを宝具連射力で強引に誤魔化せますやられる前にやれが、ブレイクゲージやギミックで足踏みさせられる場合はHP管理に注意しましょう。

ギミック対応能力の低さは、カード性能の高さから概念礼装や味方の自由度が広いため、そちらでカバーしたいです。

編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ、水着スカディ』と組みたいです。

水着BB』のカード固定により、宝具QQEXで宝具連射を狙う戦法も強力です。

金時は攻撃力アップやクリティカル威力アップを持たないため、『カリスマ攻撃力アップ軍略宝具威力アップ』持ちも候補に入ります。

概念礼装は自由度が高く、ギミックに合わせた『無敵貫通』、宝具・クリティカルダメージを伸ばす『宝具威力アップ、クリティカル威力アップ』と選べます。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

『必中・無敵貫通』『回避・無敵』『弱体耐性』がないので、こちらの戦法を押し付けやすいです。

まとめ

・配布サーヴァントとは思えない配布サーヴァントの1体。いまだに強力なアタッカーですが、2016年実装のため型落ちしています。他のライダーが強化クエストで魔改造されていき、金時に追いつきました(この表現の時点でだいぶおかしい性能)。

・第2部以降はブレイクゲージやギミックの関係で厳しい場面が増えましたが、宝具連射のゴリ押しが効く第1部では、最初から最後まで前線を張れるアタッカーです。

FGOにおける坂田金時(騎)

どこをとっても和の気配すらない雷光のライダー、Mr.ゴールデンこと坂田金時、ここに登場。

「ライダー」の意味を曖昧に解釈した結果、オリジナルデザインのライダーベルトを装備。

宝具は超加速突撃形態へと変形したゴールデンベアー号による突撃。ベアー号のタイヤは雷神の太鼓が変化したもの。

雷神の子という性質が強調された召喚だが、山姥の子という側面も同時に強調されているため、結果としてバーサーカー時よりも「危険な男」となっている可能性あり。

因縁深き相手母、鬼ばかりが押し寄せる中、マスターの存在は「とりあえず頭ン中ぜんぶカラッポにしてコイツ(ベアー号)でドライブしてえ!」とうずうずしている金時の安らぎ。

関連リンク