『ヴァン・ゴッホ』FGOネタバレ性能解説

基本情報

星月夜(デ・ステーレンナフト)
アーツ属性 サポート宝具
敵全体に恐怖状態を付与(3ターン)

+味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&味方全体のクリティカル威力をアップ(3ターン)

&味方全体の『領域外の生命』のクリティカル威力をアップ(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

スキル1効果
虚数美術(B+)

CT8-6

自身にガッツ付与(1回・5ターン)

&呪い状態を付与×3(10ターン)【デメリット】

&『呪い』状態の数だけNP増加

スキル2効果
黄色い家(A+)

CT8-6

敵全体の防御力ダウン(3ターン)

&クイック攻撃耐性ダウン(3ターン)

+味方全体に回避付与(1回・3ターン)

&毎ターンHP回復状態付与(5ターン)

&呪い状態を付与(10ターン)【デメリット】

スキル3効果
澪標の魂(EX)

CT7-5

味方単体の攻撃力アップ(3ターン)

&スター集中度アップ(3ターン)

+自身に『クイック攻撃時に呪い状態を1つ解除&解除に成功した場合、自身の攻撃力アップ(3ターン)する状態』を付与(3ターン)

&自身以外の敵味方全体から呪い状態を吸収する【デメリット】

強い点

クリティカルアタッカー兼サポーターとして、1つの完成形を迎えているフォーリナーです

アーツ属性のサポート宝具は、宝具レベル1でも味方全体クリティカル威力アップ(50%+『領域外の生命』限定100%×3ターン)&毎ターンスター獲得状態(10×3ターン)&オーバーチャージ依存の攻撃力アップ(30~50%×3ターン)と破格の支援性能を持っています。

付与されている『呪い』の数に応じてNPチャージするスキルを持ち、自分のスキルだけで最大60%のNPチャージが可能です。クリティカルによるNP回収も狙いやすいため、上述の強力なサポート宝具を維持、もしくは重ねがけできます。

サポート宝具の火力バフ以外にも、防御力ダウン、クイック耐性ダウン、味方単体の攻撃力アップ&スター集中度アップと複数の火力バフを所持しています。『クイックカード攻撃時に呪い解除(1つ)&解除成功時に攻撃力アップ(10%×3ターン)』で、火力バフが途切れにくいのも利点です。

味方に呪いを付与して集めるスキルでHPは減りますが、宝具発動時に恐怖付与、味方全体に毎ターンHP回復(300×5ターン)&回避(1回)、5ターン持続するガッツで思った以上に生き残ります

弱い点

呪いを集めるスキルなので、『ダメージ量が高い呪い』や『呪いダメージを倍増させる呪厄状態』に弱いです。敵味方が付与した『呪い』を回収して、HPの減らし過ぎで即退場といった危険性が付き纏います。

サポート宝具は強力な反面、倍率が高いクリティカル威力アップの恩恵を受けられる対象は『領域外の生命』に限られています。『領域外の生命』持ちは期間限定がほとんどで、さらに相性が良いのはクイック主体のクリティカルアタッカーと限られるため、もっとも相性が良いサーヴァントは『サポートから借りたゴッホ』です。

引くべきか

引いて損はない性能です。

どの編成に入れても、クリティカル支援&クリティカルアタッカーとしての役割を果たせます。エクストラクラスの欠点になりやすい『攻撃等倍が多い』点を、火力バフの多さで強引に解決しており、攻撃不利になるアルターエゴが登場しないクエストならどこでも連れていけるほど汎用性が高いです。

とくにゴッホ×2の編成が強力で、クリティカル威力アップが上限近くまで伸びた状態を維持できるため、殴っているだけで敵が倒れます。クリティカルで殴って解決できる高難易度なら、ほぼ無策で突破できるのが強みです。

宝具レベルによる性能変化は味方全体クリティカル威力アップ(50~100%)ですが、レベル1の段階でも倍率が高いため、宝具レベル1でもクリティカルアタッカー兼サポーターとして運用できます

しかし、『ゴッホ×2』だからこそ強いのが難点です。ほとんどのサポーターと相性が良く、『悪・混沌』属性なので『蘆屋道満』と組んでも強いですが、性能を十全に発揮できる相方は『サポートから借りたゴッホ』です

そうなるとサポートのエクストラクラス枠は『オベロン、水着スカディ、蘆屋道満』など優秀なサーヴァントで埋まりがちのため、探すのが手間です

また活躍場所のストーリーではサポート固定、スーパーリコレクションクエストでは同じサーヴァントを編成不可と、ゴッホ×2の編成が組めない状況が増えています

どうしてもクリティカル運用に苦手意識を感じるマスターは、スルーするのも選択肢の1つです。

高難易度で使えるクリティカルアタッカー兼サポーターが欲しいマスターは、引く価値があります。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはフォーリナー

カード構成は、クイック3枚、アーツ1枚、バスター1枚

カード性能は、全体的に良好です。

ステータスはレベル90時に、HP15000、ATK11220。

ステータスはHP寄りで、星5フォーリナーの中ではHPが高く、ATKが低いです。

クラススキル効果
領域外の生命(A)自身に毎ターンスター2個獲得状態を付与

自身の弱体耐性をアップ(約10%)

狂気(C)自身のバスターカードの性能を少しアップ(約6%)
道具作成(B-)自身の弱体付与成功率をアップ(約7.5%)
神性(B+)自身に与ダメージプラス状態を付与(+185)
向日葵の呪い(A)自身に呪いダメージを受けた時にHPを最低でも1残す状態を付与

領域外の生命による毎ターンスター2個獲得は、宝具によるスター獲得状態と含めて、スター供給に貢献します。弱体耐性はデバフを弾ければラッキー程度です。

狂気により、バスターカードのダメージにプラス補正が入っています。

道具作成を所持しており、対魔力持ちが相手でもデバフが入りやすいです

向日葵の呪いにより、『呪い』によるスリップダメージで退場することはありません。毒、やけど等は対象外です。

固有の第3アペンドスキルは対キャスター攻撃適性。攻撃等倍で戦うことが多いので、解放する価値はあります。ただ第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性はサーヴァント、地属性、混沌属性、悪属性、人型、女性、神性、領域外の生命、人類の脅威、子供のサーヴァント、ヒト科のサーヴァント。

宝具

星月夜(デ・ステーレンナフト)
アーツ属性 サポート宝具
敵全体に恐怖状態を付与(3ターン)

+味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&味方全体のクリティカル威力をアップ(3ターン)

&味方全体の『領域外の生命』のクリティカル威力をアップ(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

恐怖について

付与率は500%ですが、弱体耐性、弱体無効の影響を受けます。

スタン状態に置き換わる確率は60%固定です。置き換わる時に弱体耐性は無視しますが、弱体耐性ダウンのサポートも受け付けません。

恐怖の残りターンに関係なく、スタンの置き換えが1度でも発生すると、成否を問わず恐怖状態は終了します。

タイミングは完全にランダムなので、狙ったタイミングでスタンを発動させるのは不可能です。

・スタンが失敗する原因

①敵が弱体無効を持っている

②すでにスタン状態(スタンは重複しない)

③スタンの置き換えが発生せず、そのまま恐怖が終了

④恐怖を重複させた時に、同時にスタンの置き換えが発動して、②と同じ理由で片方が不発

攻撃力アップはオーバーチャージ依存で、30~50%。オーバーチャージ1の段階から高ランクのカリスマ系スキルを越える倍率です。

クリティカル威力アップは宝具レベル依存で、50~100%。宝具レベル1の段階で、味方全体に付与できるクリティカル威力アップ(3ターン)としては、トップクラスの倍率です(これを越えるのは、卑弥呼のオーバーチャージ段階2以上など)。

『領域外の生命』限定のクリティカル威力アップは100%固定。自分も対象に入ります。対象は限定的ですが、3ターン持続するクリティカル威力アップとしては、破格の倍率です

毎ターンスター獲得は10個固定。クラススキルと合わせて12個×3ターンのスター供給が可能です。フォーリナーはクラス補正でスター集中度が高く、スター集中度アップのスキルやスター生産率も高いため、十分なクリティカル誘発ができます

アーツ属性宝具のため『宝具QAEXや宝具QQEX』でNP回収を狙いやすく、クリティカルによるNP回収や、NPチャージスキルと合わせて宝具回転率は高いです

スキル

スキル1効果
虚数美術(B+)

CT8-6

自身にガッツ付与(1回・5ターン)

&呪い状態を付与×3(10ターン)【デメリット】

&『呪い』状態の数だけNP増加

ガッツの回復量は最大3000。持続が長く、回復量も多いです。

呪いのダメージは100固定(付与率約500%)。自分に3つ付与します。弱体無効が付与されていると、付与できません。持続が長いので、次のスキル使用時まで持ち越せます

呪いの数だけNP増加は1つにつき10%。本スキルだけでもNP30%チャージ可能です

スキル2効果
黄色い家(A+)

CT8-6

敵全体の防御力ダウン(3ターン)

&クイック攻撃耐性ダウン(3ターン)

+味方全体に回避付与(1回・3ターン)

&毎ターンHP回復状態付与(5ターン)

&呪い状態を付与(10ターン)【デメリット】

防御力ダウンは最大20%。付与率が高く、対魔力+女神の神核程度なら貫通します

クイック攻撃耐性ダウンは20%固定。弱体耐性・弱体無効の影響を受けます

味方全体回避は1回固定。敵の全体攻撃宝具対策に有効です

毎ターンHP回復状態は300×5ターン固定。回復量が低く、『呪い』による自傷ダメージの軽減用と考えましょう。

味方全体に付与する呪いのダメージは100固定(付与率約500%)。

スキル3効果
澪標の魂(EX)

CT7-5

味方単体の攻撃力アップ(3ターン)

&スター集中度アップ(3ターン)

+自身に『クイック攻撃時に呪い状態を1つ解除&解除に成功した場合、自身の攻撃力アップ(3ターン)する状態』を付与(3ターン)

&自身以外の敵味方全体から呪い状態を吸収する【デメリット】

攻撃力アップは最大30%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

スター集中度アップは、バーサーカー以外なら機能します。

クイック攻撃時に『呪い』状態を1つ解除&解除に成功した場合、自身の攻撃力アップは10%固定。本スキルの効果以外で『呪い』を解除した場合は、発動しません(味方の弱体解除スキルなど)。またこのスキルを発動しただけでは、『呪い』は解除されないです。

付与された攻撃力アップは3ターン持続するうえに、解除する『呪い』の数も困らないので、クイックカードを意識して切っていけば攻撃力が上がり続けます

自身以外の敵味方全体から『呪い』状態を吸収は、解除する『呪い』の数が増える以外にも、スキル1のNPチャージ量を高めますスキル2→スキル3→スキル1の順番で使えば、単独で最大60%のNPチャージが可能です。

呪厄状態は吸収できません。吸収した『呪い』のダメージや継続ターンは変化しないです。

注意点として、敵味方が付与した『呪い(ダメージ1000以上など)』を吸収すると、一気にHPが減ります

運用方法

周回

宝具を挟む必要はありますが、強力なクリティカルアタッカーとして、変則周回のクリティカル殴り編成に適正があります。

ただしクイックカード3枚構成のため、『蘆屋道満』や『ゴッホ×2』のような強力な火力支援を受けられる編成でなければ、火力面に不安が残ります。

高難易度

クリティカルアタッカー兼サポーターとして、味方全体を強化しながらクリティカルでダメージを稼ぐアタッカーです。

相性不利のアルターエゴが登場するクエスト以外に適正があります。

攻撃補正が凄まじい宝具をほとんど途切れさせないため、継戦能力が高いです。またクリティカル支援全般を単騎でこなします。ギミックや妨害スキルで行動阻害を受けない限り、宝具バフはほとんど途切れません

火力バフを重ねれば、1ターンで敵のブレイクゲージ破壊も不可能ではなく、その状態を維持できるのが長所です。クイックカード3枚構成でスター生産力が高く、重複できる毎ターンスター獲得状態(10個)、元々高いスター集中度とスキルのスター集中度アップで、クリティカルを出せない状況が少ないです。

運は絡みますが恐怖のスタンに始まり、味方全体回避(1回)、5ターン持続するガッツでしぶとく戦えます

宝具3連射でクリアする短期決戦用の編成と違い、宝具バフの重ね掛けやカード運が絡んでくるため、ターン数はかかります。ただカード運が良ければ、クリアターンは短いです。またクリティカル支援能力が短期~長期と安定しているので、雑なプレイでも『気づいたら殴り倒していた』といった状況があり得ます。

欠点は、低HPの状態で戦うため、事故が起きることです。

しぶといですが、『呪い』の吸収で毎ターンHPは減っていくので、『恐怖によるスタンが入らない』『連続で攻撃を受ける』『ガッツが間に合わない』といった状況ではアッサリ落ちます。そのためHP管理に注意が必要です。

『呪い』に対して強いわけではなく、ダメージ量が高い『呪い』や『呪厄』状態を付与してくる敵が相手だと、HPが減り過ぎて退場の危険性が増します

必中、無敵貫通といったスキルもないため、クリティカルでゴリ押しできないクエストは対処できません。また火力バフを増やしていくクリティカルアタッカーなので、スター没収や強化解除系のギミックが天敵です。

編成は、自己完結したクリティカルアタッカーなので、クイックサポーター以外のサポーターとも編成を組めます。

『ゴッホの宝具を回す』ことに重点を置いて編成すると、運用しやすいです。

長期戦なら耐久・NP支援ができる『マーリンキャストリア』の組み合わせが候補に入ります。キャストリアの弱体解除は『呪い』を消してしまうので、使用タイミングには注意が必要です。

短~中期戦なら『サポートのゴッホ、蘆屋道満』が相互に火力バフを付与できるので、強力です。

『領域外の生命』持ちの『水着BB』と組めば、カード固定で高威力のクリティカルを連打できます。

同じフォーリナーでカード構成が近い『ボイジャー』も組みやすいです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』が候補に入ります。

概念礼装は、初速を出すために初期NP付与礼装がおすすめです。味方からNP支援を受けられるなら、毎ターンスター獲得系でクリティカルの安定。火力強化のクイックカード性能アップ系が候補に入ります。

敵として出てきた場合

攻撃有利を取りづらいフォーリナークラスで、クリティカル事故が怖いです。

強化解除で火力バフを剥がし、回避・無敵などでしっかり攻撃を受けましょう。

まとめ

・強力なクリティカルアタッカーですが、『ゴッホ×2』だからこそ強いという側面もあり、それ以外の編成だと性能を活かし切れない部分があります(それでも強いが、飛び抜けてはいない)。

・しぶといとはいえ耐久面に不安が残り、クリティカルダメージは強力ですがカード運次第ではぐだるなど、強いですが安定感に欠けているサーヴァントです。

FGOにおけるヴァン・ゴッホ

十九世紀ヨーロッパで活躍した画家。ただし、召喚されたこのフォーリナーは見た目も性別も史実とは違っています。しかしその画才はゴッホそのもの。

大飯を食らい、ジョークを飛ばし、絵を描き散らしては陰気に笑います。

真名『クリュティエ=ヴァン・ゴッホ』

霊基の8割は狂気のニンフ。霊基の1割5分は虚数由来のブラックボックス。霊基の5分のみ、画家ゴッホの記憶と画才が占める。外なる神が恣意的に作り出した、つぎはぎの英霊。

ニンフはアポロンの恋人だったが、ペルシャ王オルカモスの娘レウコトエに寵愛を奪われたことから嫉妬に狂い、讒言によって恋敵を破滅させました。しかしアポロンの愛を取り戻すことは叶わず、太陽を仰ぎ続けた彼女は身を一本の花へと変えました。

ゴッホの性格と肉体はほとんどクリュティエのものです。再臨を繰り返すごとに花とクラゲのモチーフが混ざるのはそのため。

低い自尊心と媚びるような笑みは、愚行から全てを失ったことへの自己嫌悪によるものか。そんな『ゴッホではない自分』から目を背けるため、彼女は無意識に「自分はゴッホだ」と強弁します。

存外にしたたかで、悪知恵にも長けている。

Fate/Grand Order -First Order-をAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

関連リンク