『ドン・キホーテ』FGOおすすめ性能解説

基本情報

嗚呼、愛しき姫に捧ぐとも我が槍を(ヴァリエンテ・アサルト・デディカド・ア・ラ・プリンセッサ)
クイック属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な『巨人』特攻攻撃

+自身のHPを1000減らす「デメリット」

+味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1効果
遍歴騎士の大冒険(EX)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&ガッツ付与(1回・3ターン)

スキル2効果
開くは夢想の扉(EX)

CT8-6

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

スキル3効果
閉じるは現実の帳(E)

CT7-5

<自身のNPが30%以上ある場合のみ使用可能>

自身のNPを0%にする「デメリット」

+自身を除く味方全体のNP増加

+スター獲得

強い点

豊富なスター生産手段を持ち、クリティカルと毎ターンNP獲得状態で宝具回転率がそこそこ良いです。

スキル『クイックカード&バスターカード性能アップ、攻撃力アップ』に加えて、宝具『味方全体の攻撃力アップ&クリティカル威力アップ(オーバーチャージ依存)』と、自己強化に加えて火力支援もできます

単体攻撃宝具は『巨人』特攻で、『巨人』属性を持つ敵が登場するシナリオの山場や変則クエストに強いです。

スキル『自分のNPが30%以上ある時に、NPを全消費して、味方全体のNPを30%増やす』ことが可能です。

弱い点

耐久関係のスキルがガッツしかなく、宝具発動時のデメリットでHPが1000減少するため、長期戦が苦手です

また自分のNPを消費する第3スキルの使い所が難しいです。『スター獲得&NP支援』『宝具で火力支援』の2択になり、周回時の理想としては、『第1WAVEに宝具を使って火力支援→第3WAVEまでにNPを30%以上回収して第3スキル使用』です

引くべきか

引かなくていいです

『高いカード性能、特攻宝具、火力支援スキル』と魅力的な要素は多いが、NPチャージスキルが毎ターンNP各状態で即宝具を撃てません。

変則周回で火力・NP支援要員として編成する場合は、『宝具発動のためにNP支援、スキル3を使うためにNP支援』と文字通り二度手間です。

第3スキルを使わない選択肢もありますが、どちらにせよNP支援は必要です。

総じて、周回時は『概念礼装、味方サーヴァント、マスター礼装』が固定されやすく、編成難易度が高いです。

高難易度においては、『第3スキル使用=宝具が使えなくなる』ため、使用できる場面が限られます。支援要員として編成する場合は、宝具・スキルで同時に支援できないのが難点です。

総じて、火力支援やスター生産など明確な強みがある反面、それを活かすためのパーティ編成が限られています。

またストーリー限定サーヴァントで、入手難易度が高めです。

ステータス

クラスはランサー

カード構成は、クイック2枚、バスター2枚、アーツ1枚

3hitするアーツは性能が高く、5hitするクイックはランサークラスだとトップクラスの性能です。

ステータスはレベル80時にHP12622、ATK8643

星4ランサーの中では、HPが高く、ATKが低め。

クラススキル効果
対魔力(E)自身の弱体耐性を少しアップ(約10%)
騎乗(E)自身のクイックカード性能を少しアップ(約2%)
同行従者(B)自身の即死耐性アップ(約20%)

対魔力はランクが低く、防げたらラッキー程度

騎乗もランクが低く、ないよりはマシ。

即死耐性は確定ではなく、こちらも防げたらラッキー程度。

固有の第3アペンドスキルは対ライダー攻撃適性。第2アペンドスキルの優先度が高いです。

特性はサーヴァント、地属性、秩序属性、善属性、人型、男性、騎乗、愛する者、ケモノ科のサーヴァント。

一部性別不明にも効果があるエドワード・ティーチの『紳士的な愛』は対象外。

宝具

嗚呼、愛しき姫に捧ぐとも我が槍を(ヴァリエンテ・アサルト・デディカド・ア・ラ・プリンセッサ)
クイック属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な『巨人』特攻攻撃

+自身のHPを1000減らす「デメリット」

+味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

5hit数するので若干スター生産できますが、NPリチャージは期待できません。

『巨人』属性特攻は1.5倍固定。『巨人』属性はストーリーの山場や変則クエストの単体枠として、そこそこ出現します。

味方全体の攻撃力アップは20%固定。味方全体のダメージを引き上げますが、宝具ダメージ後です。

味方全体のクリティカル威力アップはオーバーチャージ依存で、20~60%。オーバーチャージ1の倍率は低いが、オーバーチャージ段階強化の上がり幅は10%刻みと高いです。

デメリット『HP1000減少』はHP1000以下で使用すると、そのまま退場します。

宝具ダメージは、星4ランサーの特効宝具相応で、約9万8千宝具レベル1約16万3千宝具レベル5。特効対象以外だと、約6万5千宝具レベル1約9万宝具レベル5。特効対象が相手なら、星5ランサー・強化済み・非特攻宝具ぐらいのダメージ。

スキル

スキル1効果
遍歴騎士の大冒険(EX)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&ガッツ付与(1回・3ターン)

クイック&バスターカード性能アップは最大20%。持続3ターンとしては、平凡な倍率です。

ガッツの回復量は最大2000。こちらも平凡な回復量です。

スキル2効果
開くは夢想の扉(EX)

CT8-6

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

攻撃力は最大20%と並ですが、スキル1と重複するので悪くないダメージが出ます。

毎ターンNP獲得状態は最大10%。即時獲得ではなく、2ターン目から付与されます。第2アペンドスキル解放or1ターン目に宝具でNP10%リチャージできれば、3ターン目にスキル3の発動条件『NP30%』を満たせます。

毎ターンスター獲得状態は最大10個と標準的だが、高性能なクイックカードで、意外とクリティカルを狙えます。

スキル3効果
閉じるは現実の帳(E)

CT7-5

<自身のNPが30%以上ある場合のみ使用可能>

自身のNPを0%にする「デメリット」

+自身を除く味方全体のNP増加

+スター獲得

デメリットのNP消費は、100%以上でも0%になります

味方に配布するNPは最大30%。スター獲得は最大20個。

味方に対する支援スキルとしては優秀ですが、宝具が使えない(火力支援できない)デメリットは無視できません。

また自分で発動条件を満たすには、ターン経過(毎ターンNP獲得状態)か通常攻撃が必要と、単独では1ターン目から使えません。

運用方法

変則周回

NPチャージスキルが毎ターンNP最大10%獲得で、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルで1ターン目から宝具が撃てません。

NP周りを解消できれば、『巨人』属性にダメージを出しながら、『攻撃力アップ&クリティカル威力アップ』の火力支援が可能です。

長所であり、運用難易度を跳ね上げているスキル3については、『味方にNP付与できるサーヴァントと組む』『NPリチャージや毎ターンNP獲得、マスター礼装で強引に30%にする』など不可能ではないが手間です。

総じて、『第1WAVEが「巨人」属性の単体』『宝具発動とスキル3使用にそれぞれNP支援が必要』とクエスト・編成を選びます。

高難易度

『巨人』特効宝具の連射を狙う宝具アタッカー。

アーチャーかつ『巨人』属性の敵が登場するクエストに適正があります。

宝具が『巨人』特攻攻撃で、どのタイミングで宝具を撃っても、特攻対象にはダメージが安定します。クイック主軸のカード構成で、クイックカードの性能が良いため、クリティカル次第では宝具連射が視野に入ります。

宝具連射できれば火力バフを維持できるので、継続火力は意外と保てます

難点は、耐久スキルがガッツしかなく、宝具連射するとデメリットのHP1000減少が無視できなくなること。

またドン・キホーテをメインアタッカーにすると、スキル3が使い辛いです(味方の宝具を使うために、使用する可能性はある)。

必中・無敵貫通といったスキルもないので、特攻宝具でゴリ押しできないクエストは対処できません。

宝具回転率とクリティカルの狙いやすさは、星4ランサーとしては高い部類だが、際立って高くない点に注意しましょう。各スキルの効果は平凡で、NP支援やスター供給支援で底上げしないと、『宝具連射できない』『スターが少なくてクリティカルが安定しない』といった問題が普通に発生します。

そのため編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ水着スカディ』と組みたいです。スカディはクラス補正のスター集中度が低く、ドン・キホーテにスターを集めやすいです。水着スカディはスター供給支援ができます。

火力・NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』が候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得、スター集中度アップ』。即宝具を撃つ『初期NP付与礼装』。高難易度ギミックに対応させる『必中・無敵貫通』など、クエストや編成に応じて選びましょう。

まとめ

・優れた要素は多いが、2つのデメリットが無視できないレベルで重く、味方からの支援が必要です。

・変則周回で使えそうなスキルを持っていますが、NPチャージスキルがないので使えません。

・高難易度においても、短期決戦・長期戦どちらも不安定な部分があり、全体的に運用難易度が高いです

FGOにおけるドン・キホーテ

スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』に登場する主人公と、従者のサンチョ・パンサ(太鼓腹のサンチョ)のコンビです。

サンチョは小説『ドン・キホーテ』の様々な人物が混ざり合った結果、なぜか美人秘書として現界しました。

ドン・キホーテは、『妄想に憑りつかれていた凡人』としての自覚を持った状態が『全盛期』判定を受けており、臆病で自己評価が低いです。

しかし騎士としての善性は変わっていません。

サンチョは理知的な秘書であり、ドン・キホーテをサポートしつつ時々物理でツッコミを入れています。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク