『岡田以蔵』FGOネタバレ性能解説

基本情報

始末剣(しまつけん)『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身のスター発生率を大アップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な『人の力を持つ敵』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

スキル1効果
人斬り(A)

CT7-5

自身に『人型』特攻状態を付与(1ターン)

+自身のクリティカル威力アップ(1ターン)

スキル2効果
心眼「偽」(C)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

スキル3効果
撃剣矯捷げきけんきょうしょうなること隼の如し(A)

CT5-3

自身のスター集中度をアップ(1ターン)

強い点

オーバーチャージ依存の『人属性』特攻攻撃+持続1ターンと短い代わりに高倍率の人型特攻で、それ以外の宝具火力に繋がるバフを一切持たないにも関わらず、星5サーヴァント並(特攻などを持たない平均的なアタッカー)の瞬間火力が出ます。

宝具で付与されるスター発生率アップで『スター生産→クリティカル攻撃→NP回収』とループを狙えます

スキル『クリティカル威力アップ×2とスター集中度アップ(1ターン)』、宝具でスター発生率アップが付与されるので、クリティカルアタッカーとして動けます。

回避(1ターン)で最低限の耐久も可能です。

弱い点

特攻対象以外には、火力が激減すること。

星3サーヴァントなので致し方ありませんが、性能が特攻火力一点に集中しています。特攻対象以外に対しては、クリティカル威力アップしか火力バフを持っておらず、アサシンはクラス補正でATKにマイナス補正が入っているのでダメージが出ません。

またスキルの持続が短いのも難点で、3ターン続くのは『宝具のスター発生率アップ』『そこまで倍率が高くないクリティカル威力アップ』の2つのみです。

スキル構成がクリティカルに特化しているので、場にスターがあれば活用できますが、即時スター獲得スキルがないです。カード性能もクリティカル前提のレベルなので、宝具『スター発生率アップ』が付与されないとスター生産できず、初動が遅いです

引くべきか

キャラクターが好きな人は遊べる性能を持っています

星3アサシンにも関わらず瞬間火力が際立っており、特攻対象が出る高難易度では、サポーターと一緒に編成する必要はありますが、メインアタッカーとして運用可能です。

FGOはサポーターが強いので、ある程度攻撃性能を持つアタッカーならば一線級になれます。その中でも岡田以蔵は宝具強化が入っており、『必ず「人属性」特攻攻撃が出せる特攻アタッカー』という一芸に秀でています。

また攻撃力アップやカードバフを持たない欠点は、火力支援を受けた時の伸び幅がデカい利点でもあります

継続火力や耐久性能など物足りない部分はありますが、星3サーヴァントであることを考えると高望みと言えます。むしろ特攻アタッカーという一芸に秀でているので、星3サーヴァントの中では特徴がある方です。

最大の問題は、星3『限定』サーヴァントという入手難易度の高さ。

限定サーヴァントなので入手できる期間はイベントもしくはキャンペーン中です。そのうえで星3サーヴァントかつ低火力になりやすいアサシンクラスなので、宝具レベルは最大まで上げておきたいです

また地味に育成難易度が高く、最終再臨+スキルレベルマックスで凶骨105個、鉄杭144個を持っていきます。

ステータス

クラスはアサシン

カード構成はクイック2枚、アーツ2枚、バスター1枚

アーツのhit数は少ないですが、クイックとEXアタックはhit数が多く、初手アーツボーナスの恩恵を受けやすいです。ただNP効率は星3サーヴァント相応なので、過信はできません。

NP効率を優先するならば、アーツクリティカルを狙うより、初手アーツでクイッククリティカルを狙いましょう(スターも生産できるので、次のクリティカルに繋がる)

ステータスはレベル70時に、HP8844、ATK6879

バランス型のステータスです。

クラススキル効果
気配遮断(B)自身のスター発生率をアップ(約8%)

気配遮断は宝具で付与されるスター発生率アップと合わせて、hit数が多いクイック・EXアタックのスター生産力を強化します。

固有の第2アペンドスキルは、対セイバー攻撃適性。攻防等倍でNPチャージスキルを持たないので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

特性はサーヴァント、人属性、中立属性、悪属性、人型、男性、霊衣を持つ者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

始末剣(しまつけん)『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身のスター発生率を大アップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な『人の力を持つ敵』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

スター発生率アップはオーバーチャージ依存で、100~200%。これによりアーツ宝具ながら、多少のスター生産が可能です

『人属性』特攻攻撃もオーバーチャージ依存で、1.5倍~2倍。

対象範囲が広く、サーヴァントを始め、人型エネミーも該当します。

スキル

スキル1効果
人斬り(A)

CT7-5

自身に『人型』特攻状態を付与(1ターン)

+自身のクリティカル威力アップ(1ターン)

『人型』特攻は最大100%。対象外のサーヴァントは全7騎とほぼおらず、人の形をした通常エネミーにも該当する場合が多いです(2023年11月現在)。

クリティカル威力アップは最大30%。持続1ターンの割には倍率がそこまで高くありません

最大限効果を発揮するなら、宝具+クリティカルのブレイブチェインです。ただクリティカル威力アップは倍率が低いので、宝具発動時やブレイブチェインが組めるタイミングで温存せず使っていきましょう。

スキル2効果
心眼「偽」(C)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

回避(1ターン)は敵の危険な攻撃を防ぎます。

クリティカル威力アップは最大30%。3ターン続くので回していきたいスキルですが、回避と複合なので使い所に悩みます。

サポーターの火力支援が十分なら、回避のために温存しておくのも選択肢の1つです

スキル3効果
撃剣矯捷げきけんきょうしょうなること隼の如し(A)

CT5-3

自身のスター集中度をアップ(1ターン)

名前が長い割に、効果はスター集中度アップのみ

チャージタイム最短3ターンと短いのが特徴です。

運用方法によってスキルレベル上げの優先度が変わるスキルです。『瞬間火力の高さに重点を置いた一発屋運用or単騎運用』ならスキルレベルは低くて構いませんが、中~長期戦で運用するなら、スキルレベルを上げることで使い勝手が増します

スキル1の優先度が極めて高く、スキル2も生存能力に影響するので、それ以降にスキルレベルを上げたいです。

運用方法

周回

NPチャージスキルがないので、宝具を撃つにはNP支援が必要です。

クリティカル威力アップ×2と『人型』特効を持っているので、カード運次第では優れた瞬間火力が出ます。ただ火力支援スキルがないので、他のWAVEは味方に丸投げです。またスター生産系のスキルがないので、スター供給支援なしだとクリティカルが安定しません。

高難易度

『ライダークラス+「人属性」』が登場するクエストが適正です。

NPチャージや即時スター獲得スキルがないので初動は遅いですが、場にスターがあればクリティカル攻撃→NP回収→宝具→スター発生率アップでスター生産→クリティカル攻撃→……』とループを狙えます。

クリティカル前提ですが、アーツとhit数が多いクイックが各2枚あるので、宝具回転率はそれなりです。宝具は特効攻撃で、特攻対象に対してはダメージが安定します。

欠点は、星3サーヴァントのためステータスが低く、火力バフが乏しいこと。通常攻撃のダメージは星3アサシン相応で火力支援は必須です。スター生産力もムラがあるので、安定してクリティカルを出すなら、スター供給も必要です

編成は、火力・NP支援ができるアーツサポーターと組みたいですが、キャスターが多くライダーに相性不利です。

キャスター以外だと、『スター生産、クリティカル威力アップ、オーバーチャージ段階アップ』を持つ『卑弥呼』など。

瞬間火力が高く、回避持ちと単騎性能は悪くないです。そのためコスト調整で控えに入れておくと、前衛が崩れた時に悪あがきとしてかなり動いてくれます。

まとめ

・宝具強化で、絶対人斬りマンになったIZOさんです。おまんも人!

FGOにおける岡田以蔵

幕末四大人斬りの一人として知られる土佐藩出身の暗殺者。通称『天誅の名人』『人斬り以蔵』。

初出はコハエース系列の『帝都聖杯奇譚』であり、初登場時は『坂本龍馬』を名乗っていました。

ぐだぐだメンバーからの扱いはぞんざいですが、剣の腕前だけを見るとアサシンクラスでありながら、セイバークラスの沖田総司と切り結んでおり、天才を自称するだけはあります。

FGOでは決め所を外しませんが小物っぽい言動が目立ち、マスターに心から信頼されているので態度は柔らかいですが、『帝都聖杯奇譚』のリメイク版である『Fate/typeRedline』では相手が女子供であろうと刃にかける残忍で凶暴な側面を見せていました(岡田以蔵に限らず、他のサーヴァントも大概怖い。まったく関係ないがFate/stay night組も原作はおっかない)

Fate/Grand Order -First Order-をAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料