『ジャック・ザ・リッパー(恒常サーヴァント)』FGOおすすめ性能解説

基本情報

解体聖母(マリア・ザ・リッパー)『強化後』
クイック属性 単体攻撃宝具
自身に『女性』特攻状態を付与(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>+

敵単体に超強力な防御力無視攻撃

スキル1効果
霧夜の殺人(A)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(1ターン)

&回避状態付与(1ターン)

スキル2効果
情報抹消(B)

CT7-5

敵単体の強化状態を解除

&クリティカル発生率ダウン(3ターン)

スキル3効果
外科手術(E)

CT6-4

味方単体のHPを回復

強い点

対象範囲が広い『女性』特攻宝具と高性能なクイックカードを持つアサシンです。

クイック属性の単体攻撃宝具は、ダメージ前に持続1ターンの『女性』特攻が付与されので、追撃も強化できます。スキルに強化解除があり、また防御力無視攻撃なのでダメージを無効化・軽減されることがほぼないです。

3枚あるクイックカードが全サーヴァント中トップクラスの性能で、NP回収からスター生産までこなします。NPチャージやスター獲得スキルがないにも関わらず、クリティカルが出しやすく、宝具QQEXのクリティカルで100%近いNPを回収します

回避(1ターン)、クリティカル発生率ダウン(30%)、HP回復最大2500で耐久性能もそれなりです。

弱い点

NPチャージスキルを持たず、周回では宝具が撃ちづらいです。また宝具にせよクリティカルにせよ、通常攻撃によるスター生産を挟む必要があるので、カード運によっては攻撃の手が止まります

攻撃の手が止まる=スター生産できずクリティカルが出せない状況になると、持続火力バフが1ターンのクイックカード性能アップしかなく、『カード補正0.9倍のクイック3枚構成』+『ATKにマイナス補正が入るアサシン』のためダメージが稼げません。

FGO初の星5アサシンということもあり、スキルがだいぶ型落ちしています。カード性能のみで『宝具→クリティカル→宝具……』のループができるのは強力ですが、できる戦法は『特攻宝具の連打』とシンプルです。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道があります。

対象範囲が広い特攻宝具は扱いやすく、高性能なクイックカードでスター供給要員としての役割も期待できます。

ただ持続が長い火力バフを持たないクイック3枚構成のため、通常攻撃でダメージが稼げません

また2015年実装ながら、強化は宝具ダメージ上昇のみで、スキルのほとんどが型落ちしています。火力バフが持続1ターン、通常攻撃でスター生産・NP回収する点は、現状の『カード運に頼らないNPチャージスキルと持続が長い火力バフで、安定したダメージを出し続けたい』環境と合っていません。

それでも対象が広範囲の特攻宝具とカード性能の高さだけで、最新サーヴァントと競り合う恐ろしいアサシンですが、現在では複数ある選択肢の一つです

アサシンのクイック属性アタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

アサシンの単体攻撃宝具持ちを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

衛宮さんちの今日のごはんをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアサシン

カード構成は、クイック3枚、アーツ1枚、バスター1枚

カード性能は、クイックがNP回収力・スター生産力ともに全サーヴァント中トップクラスの性能で、初手アーツ補正の2~3手クイックはアーツのNP回収力を上回ります。アーツも1枚しかない影響で性能が高いです。

ステータスはレベル90時に、HP12696、ATK11557。

ATK偏重型で、星5アサシンの中ではATKが高く、HPは最底辺です

クラススキル効果
気配遮断(A+)自身のスター発生率をアップ(約10.5%)

気配遮断はランクが高く、高性能なクイック3枚構成と噛み合っています。

固有の第3アペンドスキルは、対アーチャー攻撃適性。攻防等倍でNPチャージスキルがないため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性はサーヴァント、地属性、混沌属性、悪属性、人型、女性、子供のサーヴァント、ヒト科のサーヴァント。

宝具

解体聖母(マリア・ザ・リッパー)『強化後』
クイック属性 単体攻撃宝具
自身に『女性』特攻状態を付与(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>+

敵単体に超強力な防御力無視攻撃

女性特攻状態を付与はオーバーチャージ依存で、50~100%。対象範囲が広く、見た目でわかりやすいのが利点です。1ターン持続するので、追撃にも影響します。特攻状態の付与なので、強化無効を受けていると失敗します。

防御力無視攻撃のため、防御力アップを無視できますが、クイックカード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

高倍率のクイックカード性能アップを持つので、特攻対象にはアサシンの中だとトップクラスのダメージ(上を行くのは、対象範囲が狭い謎のヒロインXなど)です。非特攻対象にも星5アサシン相応のダメージが出ます。

カード性能が極めて高いため、単独でも宝具連射を狙いやすく、スター生産数とカード運次第では宝具2~3連射が可能です(宝具QQEX→宝具AQEX→宝具をクリティカルで出し続ける形)。

スキル

スキル1効果
霧夜の殺人(A)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(1ターン)

&回避状態付与(1ターン)

クイックカード性能アップは最大50%。高ランクの魔力放出系スキルと同じ倍率です。

回避(1ターン)は宝具対策に有効です。

攻防一体のスキルで、両方を活かすのは難しいですが、『宝具と併用してブレイクゲージを破壊→カウンターギミックで飛んでくる宝具を回避で避ける』『回避目的で使用→クイック3枚構成なので手札にある可能性が高い』と腐ることは少ないです。

スキル2効果
情報抹消(B)

CT7-5

敵単体の強化状態を解除

&クリティカル発生率ダウン(3ターン)

強化解除は高難易度で有効です。チャージタイム最短5ターンで使えるのは優秀です。

クリティカル発生率ダウンは最大30%。倍率が高く、クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、基本的にクリティカルを封印できます

スキル3効果
外科手術(E)

CT6-4

味方単体のHPを回復

HP回復は最大2500。スキルレベル1の回復量が500しかなく、そこからレベル9~10の+400を除くと、+200刻みで上昇していきます。

チャージタイム最短4ターンの回復スキルとしては性能が高く、回避やクリティカル発生率ダウンと合わせれば、なかなか侮れない回復量です

運用方法

周回

NPチャージスキルがないので、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスでも、宝具を撃つには20~30%のNP支援が必要です。

対象範囲が広い特攻宝具と高倍率のクイックカード性能アップで要求火力に届きやすいが、クイックカード性能アップは持続1ターンのため、特攻対象以外には複数ターン火力が出ません

変則周回のクリティカル殴り編成では、スター獲得スキルやクリティカル威力アップを持たず、ダメージが出ないクイック3枚構成のため適正は低いです。

1ターンで決着させたいレイド戦では、NP支援は必要ですが、アサシンでトップクラスの宝具ダメージを活かせます。

高難易度

『宝具→クリティカル→宝具……』のループで敵が倒れるまで宝具を撃ち続ける特攻アタッカーです。

攻撃有利を取れるライダー、もしくは特攻対象が出てくるクエストに適正があります。

取れる戦法は『クイックカードでNP回収&スター生産、特攻宝具で攻撃』とシンプルです。

特攻宝具のため宝具ダメージは安定しており、防御力無視宝具と最短5ターンで回せる強化解除で、ほぼ確実にダメージを与えます

回避(1ターン)、クリティカル発生率ダウン、HP回復で思った以上にしぶといです

しかし、宝具以外のダメージが伸びません。また『高性能なクイックでスター生産→クリティカルでNP回収』が攻撃の始動なので、初速が出ず、カード運次第ではスター生産できないターンも普通に出てきます

そのためスター没収系のギミックが天敵です。

編成は、持続の長い火力バフを付与できるクイックサポーター『スカディ水着スカディ』と組みたいです。同じアサシンで火力バフが豊富な『不夜城のアサシン』も候補に入ります。

蘆屋道満』とも悪・混沌属性なので相性が良く、蘆屋道満は高倍率のクリティカル威力アップを付与して、ジャックはスター供給ができます。

水着BB』のカード固定で『宝具QQEX』を連打する戦法も強力です。

低レアサーヴァントなら、クリティカル周りの支援ができる『アンデルセン』を編成したいが、ライダーに対して攻防不利です。同じアサシンクラスなら、即時スター獲得+クイックカード3枚構成の『呪腕のハサン、佐々木小次郎』が組みやすいです。

スター供給+強化解除要因のサブアタッカーとして動かす場合は、カード一枚一枚の性能が高いため、アーツ・バスター主軸の編成でも役割を果たせます。ただマイティチェインを組みやすい反面、各カード色のチェインは組みづらいです。

概念礼装は、クイックカード性能アップ、宝具威力アップなど、火力面を強化したいです。スターがないと動けないため、毎ターンスター獲得も候補に入ります。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアサシンで、回避による時間稼ぎが厄介です。

高頻度のクリティカル、スキルの強化解除、防御力無視宝具も頭を悩ませます。

弱体耐性がないのでデバフで足止めするか、必中・無敵貫通で畳み掛けましょう。

まとめ

・2015年実装ながら、宝具・スキルの効果が何1つ変わっていない状況(宝具の威力強化のみ)で、最前線は走れないが『使えないことはない立ち位置にいる』アサシンです。

・『火力バフの持続が短い、NPチャージスキルを持たない、スキルの性能が型落ちしている』など短所を上げればキリがないですが、通常攻撃のみで『味方全体のクリティカル誘発・特効宝具連射』は明確な長所です。

FGOにおけるジャック・ザ・リッパー

世界中にその名を知られるシリアルキラー。日本ではそのまま「切り裂きジャック」と呼称されることが多い。スコットランドヤードの必死の捜査にもかかわらず捕まることもなく姿を消しました。

切り裂きジャックの正体は明らかになっていないため、各クラスで召喚される度に姿を変貌させます。

今回の場合はアサシンとして顕現した場合で、生まれることを許されなかった子供達の集合体。

聖杯への願いは、母親の胎へ帰還すること(アサシンのジャックは生まれる前に殺されたため)。

世間知らずではあるがジャック・ザ・リッパーとして召喚されているせいか、恐ろしいほどに頭の回転は速い。

愛されなかった子供である彼女は、強く愛を求めています。マスターが男性であれ女性であれ無関係に、「母親」としての愛を要求するでしょう。

愛に応じるのも構わないが、もしかすると彼女は君の腹部に潜り込む気なのかもしれない。