『玄奘三蔵/三蔵法師』FGOおすすめ性能解説

基本情報

五行山・釈迦如来掌ごぎょうさん・しゃかにょらいしょう『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な防御力無視攻撃

&敵単体のクリティカル発生率を大ダウン(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1 効果
高速読経(A)

CT9-7

自身のNP増加

&宝具威力アップ(1ターン)

スキル2『強化後』 効果
妖惹の紅顔(A+)

CT7-5

自身にターゲット集中状態付与(1ターン)

&被ダメージカット状態付与(1ターン)

+味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

スキル3 効果
三蔵の教え(A)

CT7-5

味方全体のNP獲得量をアップ(3ターン)

&スター発生率をアップ(3ターン)

&弱体無効状態を付与(1ターン)

強い点

最大80%のNPチャージを持ち、第2アペンドスキルレベルマックスなら、礼装フリーで宝具が撃てます。アーツカード3枚構成でアーツチェインが組みやすく、通常攻撃のNP回収力も良いため、宝具回転率は良好な部類です。

宝具は強化済みで、火力バフ『宝具威力アップ、攻撃力アップ』を持ち、キャスタークラス内では高い瞬間火力が出ます。また防御力無視攻撃で、ダメージを軽減されづらいです。

宝具ダメージ後のクリティカル発生率ダウン(80~120%・1ターン)や、ターゲット集中&被ダメージカット(1ターン)で味方を守れます。味方全体に弱体無効(1ターン)とデバフ対策も可能です

味方全体の攻撃力アップ・NP獲得量アップ・スター発生率アップ(各3ターン)と、味方の攻撃性能を底上げする使いやすい支援効果が揃っています。

弱い点

宝具威力アップが持続1ターンと短く概念礼装を選びやすい黒聖杯を持たせやすい点でカバーしないと、宝具ダメージが下がりやすいです。またクリティカル関連スキルがないので、通常攻撃のダメージが伸びません(ほぼNP回収用)。

被ダメージを抑える効果が多いですが、回避・無敵がないので、宝具・チャージ攻撃は受けられません。ターゲット集中&被ダメージカットで単体攻撃宝具から味方を守るのは難しいです。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

最大80%のNPチャージスキルで宝具が撃ちやすく、『味方全体の攻撃力アップ』で火力支援と、変則周回の単体WAVE要員としては理想的な動きができます。

高難易度では、上記に加えて、『防御力無視攻撃』『味方全体に弱体無効を付与』である程度ギミックに強いです。味方をサポートできる効果も多く、短期決戦から長期戦まで無難に戦えます

難点は、概念礼装で強化しないと宝具ダメージが伸びないこと。

『玄奘三蔵/三蔵法師』の長所は、最大80%のNPチャージです。これがあるので、宝具ダメージの大幅な強化はできるが、初期NP付与が0%の『黒聖杯』を装備させやすいです

この長所を活かさない編成『イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装の6積み』『絆ボーナス効果がある礼装の6積み』だと、他の星5キャスター『イリヤ出雲阿国』や特効宝具持ちのバーサーカーに宝具ダメージが劣ります

ただイベントの最後に解放される『90++』など、宝具レベル次第では『黒聖杯』必須のクエストがあるため、短所とは言いきれません。この辺りは評価が割れる部分で、6積み編成にこだわらないマスターなら長所と捉えますが、そうじゃないマスター¹だと編成頻度が下がります。

¹……6積み編成にこだわったり、そもそも『黒聖杯』が必要ないほど宝具レベルを上げていたり。

また良くも悪くも競合が非常に少ないです。キャスタークラスは全体攻撃宝具持ちが多く、単体攻撃宝具のキャスターは2024年2月現在・全8騎とほとんどいません(星5が3騎、星4が4騎、星3が1騎)。

しかも他の星5キャスター『イリヤ、出雲阿国』は期間限定で入手難易度が高いなか、恒常で入手可能かつ総合性能が良いので、ほぼ1強状態です。

ただ他クラスも含めると、『非特攻宝具』『主要の火力バフが持続1ターン』『クラス補正でATKにマイナス補正が入るキャスター』とマイナス要素が目立ちます。そのため他クラスへの出張や、他クラスも攻撃有利が取れるバーサーカー戦に連れて行く頻度は少ないです。

悪く言えば、2016年実装で型落ちしながらも、ライバルがいないのでトップに立っています。

総じて、『黒聖杯装備(+第2アペンドスキルレベルマックスなら使い勝手がぐっと増す)』が前提ながら、アサシンクラスが登場する周回・高難易度で活躍します。ただ型落ちはしているため、今後登場するサーヴァント次第²では、一気に枠を奪われます(現状でも、アサシンクラスに攻撃有利を取れるアルターエゴや『ドラコー』に脅かされている)。

²……最近のアサシンテスカポリトカキャスター水着モルガンは、クラス補正でATKにマイナス補正が入る前提の火力バフをちゃんと貰っている。

対アサシン用のアタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

キャスター、もしくは代用できるクラスのアタッカーが育っているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、バスター1枚、アーツ3枚、クイック1枚

カード性能は、1hitバスターを除くと、全体的にNP回収力が高いです。クリティカル次第では、100%以上のNP回収が狙えます。クリティカルなしでも、スキル3『NP獲得量アップ』発動中なら『AAAEX』で70%前後のNP回収が可能です。

ステータスはレベル90時に、HP12965、ATK11658。

星5キャスターの中では、ATKがトップクラスに高く、HPは最底辺。

クラススキル 効果
陣地作成(A+) 自身のアーツカードの性能をアップ(約11%)
神性(D) 自身に与ダメージプラス状態を付与(+125)

陣地作成はランクが高く、アーツカードのダメージとNP回収力に大きなプラス補正が入ります。アーツカード3枚構成のため、恩恵は大きいです。

神性は、敵の特効効果に引っかかりやすいので注意しましょう。

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利のため、解放する価値はあります。ただNP80%チャージ+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具を撃ちたいので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。またATKにマイナス補正が入るキャスタークラスのため、マイナス補正が入っていないクラスの対バーサーカー攻撃適正と比べて、ダメージの伸びが悪いです。

属性は、サーヴァント、人属性、秩序属性、善属性、人型、女性、神性、ヒト科のサーヴァント。

宝具

五行山・釈迦如来掌ごぎょうさん・しゃかにょらいしょう『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な防御力無視攻撃

&敵単体のクリティカル発生率を大ダウン(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

防御無視攻撃は、防御力アップを無視できますが、バスターカード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

クリティカル発生率ダウンはオーバーチャージ依存で、80~120%。対象が敵単体で持続1ターンと短いが、オーバーチャージ1でもクリティカルがほぼ発生しません。攻防有利のアサシンはクリティカル発生率が高く、クリティカル関連スキルも多いため、有効な場面は多いです。

強化済みで火力バフも揃っているため、瞬間火力は高い部類だが、『イリヤ』や特効宝具を持つ『出雲阿国』には劣ります(概念礼装黒聖杯で差をつけましょう)。

単体12hitするので、多少のスター生産が可能。

スキル

スキル1 効果
高速読経(A)

CT9-7

自身のNP増加

&宝具威力アップ(1ターン)

NP増加は最大80%。第2アペンドスキルレベルマックスなら、単独でNP100%です。スキルレベル1でも50%のため、育成していない状態でも、初期NP50%付与礼装なら宝具が撃てます。

宝具威力アップは最大20%。持続1ターンと短く、倍率も高くないです。

スキル2『強化後』 効果
妖惹の紅顔(A+)

CT7-5

自身にターゲット集中状態付与(1ターン)

&被ダメージカット状態付与(1ターン)

+味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

被ダメージカットは最大1500。持続1ターンと短いが、『マシュ(宝具)』の約2倍と高倍率です。ターゲット集中と同時に発動するので、敵の通常攻撃から味方を安全に守れます。防御有利を取れる一般エネミーの通常攻撃ならほぼノーダメージですが、『火力バフ山盛りのクリティカル』や『宝具・チャージ攻撃』は厳しいです。受ける場合は、回避・無敵や高倍率の防御力アップなどを付与しましょう。

味方全体の攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

チャージタイム最短5ターンと取り回しは良いが、低HPで退場しやすいため、敵の攻撃が痛いクエストだと注意しましょう。

スキル3 効果
三蔵の教え(A)

CT7-5

味方全体のNP獲得量をアップ(3ターン)

&スター発生率をアップ(3ターン)

&弱体無効状態を付与(1ターン)

味方全体のNP獲得量アップは最大30%。味方全体の宝具回転率を引き上げます。アーツ3枚構成のため、自分も恩恵が大きいです

スター発生率アップは最大30%。3ターン持続しますが、倍率は低めで、hit数が多い攻撃でないと恩恵を感じづらいです(『玄奘三蔵/三蔵法師』なら宝具・EXアタック)。

弱体無効はデバフ対策に有効です。スキルで『味方全体に弱体無効(回数制限なし・1ターン)』を付与できるのは、2024年2月現在『玄奘三蔵/三蔵法師』のみと貴重(1回・3ターンとかだと結構いる)。

運用方法

周回

NP80%チャージを持ち、第2アペンドスキルレベルマックスなら礼装フリーで宝具が撃てます。

宝具を1騎ずつ撃つ変則周回では、『黒聖杯』を装備しやすく、火力支援もできるのが長所です。

ただ全員が同じ概念礼装だと、他の星5キャスターやバーサーカーに劣ります。

また火力バフが持続1ターンと短いため、宝具を複数回撃たせる場合は、スキル1使用ターン以外の宝具ダメージが下がります。

クリティカル殴り編成では、クリティカル関連スキルがないので、適正は低いです。

高難易度

宝具回転率の高さで攻める宝具アタッカー。

アサシンなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

NP80%チャージとNP回収力が高い通常攻撃で、宝具連射を狙うサーヴァントです。

宝具でダメージを稼がないと、火力バフの持続が短い点や、通常攻撃の弱さが露呈します。

耐久面は、高倍率のクリティカル発生率ダウンや被ダメージカットで被ダメージを抑えるものの、『低HPでターゲット集中持ち』と危なげが部分があります。回避・無敵などもないので、宝具・チャージ攻撃を受けるには耐久支援が必要です。

ギミック対応力については、防御力無視攻撃や味方全体の弱体無効(1ターン)など、刺さるクエストには刺さる効果が多いです。

編成は、短期決戦なら火力・NP・スター供給支援ができる『光のコヤンスカヤオベロン』が候補に入ります。ただ2騎ともアーツ1枚構成でアーツチェインが組めず、スター集中度もキャスタークラスより高いため、宝具連射で倒しきれないとジリ貧になりやすいです。

火力・NP支援できるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

長期戦なら、アーツチェインが組みやすく、継続的なHP回復・耐久・NP・スター供給支援がバッチリ噛み合うバスターサポーター『マーリン』がおすすめです。『玄奘三蔵/三蔵法師』が味方全体のNP獲得量アップを持つので、サポート宝具の回転率が上がります

同様の理由で、耐久支援しながらアーツチェインも組めるアーツサポーター全般『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と相性が良いです。ただバスター宝具・アーツ3枚構成のため、『宝具ダメージが伸びず長期戦になりやすい』のが難点。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。火力・NP支援ができる『シェイクスピア』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』がおすすめです。

概念礼装は、宝具ダメージを伸ばす『宝具威力アップ』。宝具回転率強化の『NP獲得量アップ』。キャスタークラスと組んでアーツクリティカルを狙うなら『スター集中度アップ』も選択肢に入ります。

敵として出てきた場合

敵全体弱体無効やチャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

上記に加えて、攻撃を誘導されるターゲット集中など、煩わしい効果が揃っています。

必中・無敵貫通がないので、回避・無敵でしっかり攻撃を受けながら戦いましょう。

まとめ

・対アサシンの周回・高難易度アタッカーとしては、キャスター内でトップクラスです。ただライバルがいない状況のため、不動とは言えません。

NP80%チャージは正義

FGOにおける『玄奘三蔵/三蔵法師』

紀元7世紀、唐代の法師。

仏典の原典(オリジナル)を求めて旅し、六五七部に及ぶ経典を持ち帰った法相宗の開祖。

中国の小説『西遊記』の主要人物。観音菩薩の命を受け、西海龍王の息子が変じた白馬に乗り、斉天大聖孫悟空、猪八戒、沙悟浄を弟子として、行く手を阻む数多の妖怪にも挫けず、天竺を目指した美貌の僧。

神性を所持しているのは、『西遊記』では釈迦如来の弟子「金蝉子」として元は天界に在ったが、「とある事」がきっかけで俗界へ落とされたため。

弱者にはひたすら優しい。特に、困っている人がいれば見捨てない。一方で「弟子」とみなした相手には厳しい。けれどもそれは共に同じ道を歩み成長すると期待するが故。