『水着モードレッド』FGOネタバレ性能解説

基本情報

逆巻く波濤を制する王様気分!(プリドゥエン・チューブライディング)
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&確率で敵全体のチャージを減らす<オーバーチャージで確率アップ>

スキル1効果
セルリアンライド(A)

CT7-5

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)
スキル2効果
ロデオフリップ(A+)

CT9-7

自身に回避状態付与(1ターン)

&スター発生率アップ(1ターン)

スキル3効果
終わらぬ夏(B)

CT9-7

自身にガッツ状態付与(1回・3ターン)

&NP増加

強い点

元祖システム周回が可能なサーヴァントで、まだまだ現役で活躍できるシステムアタッカーです。

アーツ属性の全体攻撃宝具はNPリチャージ性能が並外れて高く、サポーターの支援を受ければ、安定したシステム周回が可能です

クラススキル・スキルにアーツカード性能アップを持ち、スキル『アーツカード性能アップ』は3ターン持続するので、システム周回が得意な水着モードレッドと噛み合っています。

NP30%チャージがあるので、アペンドスキルを含めると周回時に選べる概念礼装の幅が広く、キャストリアなどと同時に編成すればイベント時に6積みも可能です

スター発生率アップ(1ターン)で、クイックカードによるスター生産だけでなく、多段hitする宝具でもスター生産が可能です

回避(1ターン)、ガッツ、宝具によるチャージ減少(確率)といった耐久手段があるので、宝具回転率を活かせるラッシュ系の高難易度に適性があります。

弱い点

素の火力が低い。星4サーヴァントのためステータスが低く、火力バフもアーツカード性能アップのみなので、敵のHPが高いとオーバーキルが狙えません

引くべきか

システム周回における快適性を追求するマスターは引く価値があります。

宝具のNPリチャージ性能の高さは、キャストリア1騎の支援でも敵がキャスター×3ならば、100%を超えるNPリチャージができるレベルです。そのためフレンドを選びません。

変則周回時に敵が1体でも、『敵がキャスタークラス、マスター礼装『2004年の断片』によるNP獲得量アップ、キャストリア×2、オーバーキル』などの要素が揃えば、宝具連射システムが組めます。

しかし育成が不十分であったり、宝具レベルが低いと、NP回収できても敵が倒せません

宝具レベルはどの周回サーヴァントにも言えますが、要求火力に影響してくるため、対応できるクエストの幅が変わってきます。その中でも水着モードレッドは期間限定の水着サーヴァントであるため、宝具レベルを上げ辛いのが難点です。

また水着モードレッドが出た当初は、システム周回ができるサーヴァントがほとんどいなかったため貴重な存在でしたが、今ではシステム周回ができるサーヴァントも増えています

その中でもシステム周回ができるアーツ属性の全体攻撃宝具持ちの星4ライダーで、いつかは無課金『フレンド召喚』で手に入る『ハベトロット』という強力な競合が登場しました。

※水着モードレッドの方が宝具のNPリチャージ性能が2倍近く高く2WAVE以降はスキルを押さなくていい、という差別化はできています。

そのため周回の快適性を追求できるマスター(宝具レベル上げ、聖杯・伝承結晶の投入といった投資ができる)でなければ、スルーして構いません。

Fate/Grand Order -First Order-をAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはライダー

カード構成はアーツ2枚、クイック2枚、バスター1枚

カード性能は標準です

ステータスはレベル80時に、HP11400、ATK9212

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17%)
サーフィン(A)自身のアーツカード性能をアップ(約5%)

自身のスター発生率をアップ(約5%)

対魔力はそれなりの頻度でデバフを弾きます

サーフィンによって、アーツ属性のダメージとNP回収率にプラス補正が入っています。スター発生率アップは微々たる倍率ですが、スキル『スター発生率アップ』と合わせることで、クイックと宝具のスター生産に期待できます。

固有の第3アペンドスキルは対セイバー攻撃適性。攻撃等倍なので、第2アペンドスキルの優先度が。父上に強い

属性はサーヴァント、地属性、混沌属性、善属性、人型、女性、竜、アルトリア顔、円卓の騎士、ヒト科のサーヴァント。

宝具

逆巻く波濤を制する王様気分!(プリドゥエン・チューブライディング)
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&確率で敵全体のチャージを減らす<オーバーチャージで確率アップ>

NPリチャージ性能が並外れて高く、キャスター×3に対してはサポーターの補助(アーツカード性能アップやNP獲得量アップ)は必要ですが、システム周回のハードルは低いです(NPリチャージ性能ではなく、火力で悩むタイプ)。

キャストリア×2を使えば、NP回収率が低いアサシンとバーサーカーはハードルが高いですが、それ以外のクラスならばシステム周回が可能です(要求火力に届かせるための火力支援や宝具レベルは必要)。

アーツ2枚構成なので、自力でアーツチェインを組めるほか、NP回収しきれないor倒しきれない場合でも追撃でNP回収できます

自分で付与できる火力バフはアーツカード性能アップのみなので、単独での火力は低いです

敵全体のチャージ減少はオーバーチャージ依存で、確率は50~90%。確定ではないですが、回転率でカバーします。

スキル

スキル1効果
セルリアンライド(A)

CT7-5

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

アーツカード性能アップは最大30%。3ターン持続するため、システム周回要員として起用する水着モードレッドと噛み合っています

唯一の火力バフで、宝具のNPリチャージ性能にも繋がってくるため、スキルレベル上げの優先度は高いです。

スキル2効果
ロデオフリップ(A+)

CT9-7

自身に回避状態付与(1ターン)

&スター発生率アップ(1ターン)

回避(1ターン)は敵の危険な攻撃を避けます

スター発生率アップは最大50%。持続1ターンですが、クイックと宝具のスター生産力が上がります

システム周回時においては、クリティカルで追撃したい場合を除くとほとんど使わないため、スキルレベル上げの優先度は低いです

スキル3効果
終わらぬ夏(B)

CT9-7

自身にガッツ状態付与(1回・3ターン)

&NP増加

ガッツ発動時の回復量は1000固定。事故を防止してくれるスキルですが、3ターンしか持続せず、回復量も低いです。

NPチャージは最大30%。第2アペンドスキルをレベルマックスにして、初期NP50%付与礼装を装備すれば1ポチで宝具が撃てます。

変則周回において、固定でNPを獲得できるのは重要な要素です。

運用方法

システム周回

宝具のNPリチャージ性能が高いため、キャストリア×2に限らず、アーツカード性能アップとNP獲得量アップを付与できるサーヴァントならばシステム周回が可能です。

宝具のみでNP100%リチャージができるため、1WAVE以降はほぼスキルを押さなくていい快適性があります。

敵がキャスター×3の場合は、サポーターや概念礼装の自由が高いです。それ以外のクラスだと、宝具レベルや火力支援次第ではNP回収できても倒しきれない場合があるため、徐々にハードルが上がります

性能上、宝具レベル1でもシステム周回は可能ですが、非特攻・未強化宝具のため、倒し切れるかが問題です。

変則周回

『キャストリア×2、高い宝具レベル』が前提ですが、敵が2体でも付与されているバフとオーバーキル次第でNP100%リチャージできるほか、条件次第では1体でもかなりの量のNPを獲得できます

またNP30%チャージ持ちなので、NP回収しきれなかった場合でもリカバリーが効きます。

問題はシステム周回と同様に、ダメージが伸びないこと。

高難易度

敵が複数出てくる高難易度で真価を発揮します。

NPリチャージ性能が並外れて高いので、サポーターによるバフを維持できれば、敵が倒れるまで宝具連射します。

回避(1ターン)、ガッツ、確率のチャージ減少など、耐久手段が豊富です。

問題は瞬間火力が低く、ギミックに対応できないこと。

火力の低さは宝具回転率で補えますが、ギミック次第では手が出せません。

敵として出てきた場合

ゲージチャージ増加スキルを持ち、回避やガッツといった耐久手段を持っているのが厄介です。

強化解除や必中・無敵貫通系のスキルを持っていくと、楽に対処できます。

まとめ

・一度修正が入った結果、宝具のNPリチャージ性能が壊れてしまった水着モードレッド。

・水着父上と同様に、FGO界のオーパーツと言える存在ですが、周回する手段が増えた現状で水着モードレッドに投資するかは悩みどころ。

FGOにおける水着モードレッド

盗んだ永遠に借りパクしたサーフボードで浜辺に走り出したモードレッド。

受かれているせいでお人好しっぷりが発揮されており、気難しさも薄まってマスターに対する好意や甘えが前面に出てきています(セイバー時と比べると、バレンタインイベントでのデレっぷりがヤバい)

夏はハイテンションで元気だが、秋は沈み、冬はどん底になる模様。

属性が地味に『中庸』から『善』に変わっている。

TVCMでは父上と楽しそうに遊んでいました(恐らくはイメージ映像)。

またスカサハに対して禁句を言いかけて、危うくゲイボルクされそうに……。