『サンタ・ナイチンゲール』FGOおすすめ性能解説

基本情報

天使は叫び、悪魔は影の中に消えるアサルト・メディスン・フルバースト・パーティー
クイック属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃強化状態を解除

&敵全体の毒・呪い・やけど状態を解除【デメリット】

スキル1 効果
アサルト・メディスン(C+)

CT7-5

敵全体の強化状態を1つ解除

+味方全体の弱体状態を1つ解除

&HP回復

スキル2 効果
鋼の看護『聖夜』(A)

CT9-7

味方単体にガッツ状態を付与(1回・3ターン)

&強化解除耐性アップ(3ターン)

&宝具威力をアップ(3ターン)

スキル3 効果
天使が聖夜に鳴らす鐘(EX)

CT8-6

味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)

強い点

『クイック属性の多段hit宝具』『クイック主軸のカード構成』でスター生産力が高く、生産したスターは『味方全体攻撃力アップ&クリティカル威力アップ』で活かせます。

宝具で敵全体に防御力ダウン、攻撃強化状態(攻撃力アップや必中・無敵貫通)を解除と間接的な火力・耐久支援が可能です

加えて、スキル『味方単体に3ターン持続する強化解除(最大100%)&宝具威力アップ&ガッツ付与』『敵全体の強化状態を1つ解除&味方全体の弱体状態を1つ解除&HP回復』と高難易度ギミック向けの効果が揃っています

弱い点

NPチャージスキルがないので、宝具を撃ちづらいです。『スカディ(水着)×2』などを使った、宝具3連射システムにも対応していません。

宝具は『未強化+非特攻』で、星4アーチャー相応のダメージです。クリティカル威力アップも味方全体が対象のため、際立って高いとは言えません。

強化解除耐性がスキルレベルに依存しており、スキルレベルマックスじゃないと基本確定で防げず、育成難易度が高いです(育成素材も取り合いになる第2部素材『魔術髄液』『励振火薬』をスキル1つにつき各60と厳しめ)。

耐久関係のスキルが、『HP回復、攻撃強化状態を解除、ガッツ』と被ダメージを抑える効果しかないため、長期戦では回避・無敵といった耐久支援が欲しいです。

育てるべきか

他のアタッカーが育っているなら、育てる価値が出てきます。

メインアタッカーとして動かすには、扱いづらい部分が多いです。

周回では、NPチャージスキルがないので、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装で宝具が撃てません。宝具3連射システムにも対応しておらず、特定の敵にダメージが出る特攻もないです。

クリティカル殴り周回においても、『即時スター獲得スキルがない』『バスター1枚構成』とイマイチ。

高難易度においても、高倍率の宝具威力アップがチャージタイム最短7ターンと長めで、ただでさえ伸びない攻撃性能が下がりやすいです。

その反面、サポーターとしては貴重な効果が揃っています。

最大100%の強化解除耐性は、火力バフを守ったり、回避・無敵と合わせることで宝具ダメージ前に強化解除が入る宝具を防げます。

火力・耐久支援の内容も悪くないので、一部の高難易度では活躍できる性能です。

総じて、敵にターンを渡さない最短周回においては、マスターが求めるモノが欠けています(ターン数をかけていいなら、火力・耐久支援ができるので、安定した戦いが可能)。高難易度では、特定のギミックに強いサポーターとして動けるのが長所です。

『巡霊の祝祭』の交換優先度としては、高難易度ギミック破壊要員として『アタッカー+サポーター』の編成に『+α』で編成したいため、手持ちのアタッカーやサポーターがどれだけ育っているかで判断しましょう。

アタッカーとして秀でているとは言えないため、サーヴァントが揃いだすと、メインアタッカーの枠は譲りがちです。

サポーターとしても、強化解除耐性が活かせるクエストは限られます。『NP支援で宝具発動』という動きもできないため、『キャストリア、光のコヤンスカヤ、スカディ(水着)など』のような、どんなクエストにも対応できるサポーターから育てたいです。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、クイック2枚、アーツ2枚、バスター1枚

カード性能は、全体的にhit数が多く、NP回収・スター生産力は高めです。

ステータスはレベル80時に、HP11080、ATK9858。

星4アーチャーの中では、ATKがかなり高く、HPは最底辺。

クラススキル 効果
対魔力(C) 自身の弱体耐性を少しアップ(約15%)
単独行動(A+) 自身のクリティカル威力をアップ(約11%)
狂化(EX) 自身のバスターカードの性能をアップ(約12%)

対魔力はランクが低く、デバフを弾ければラッキー程度。

単独行動はランクが高く、クリティカルダメージに大きなプラス補正が入ります。宝具・通常攻撃のスター生産力が高く、クラス補正でスター集中度も高いため、腐りにくいです。

狂化もランクが高く、バスターカードのダメージに大きなプラス補正が入りますが、1枚構成なのが惜しい。

固有の第3アペンドスキルは、対アヴェンジャー攻撃適正。NPチャージスキルがないので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。ただアヴェンジャーは攻撃有利を取りづらいので、解放するだけでも価値があります。

宝具

天使は叫び、悪魔は影の中に消えるアサルト・メディスン・フルバースト・パーティー
クイック属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃強化状態を解除

&敵全体の毒・呪い・やけど状態を解除【デメリット】

防御力ダウンはオーバーチャージ依存で、10~20%。オーバーチャージ1の倍率が低く、オーバーチャージ段階強化による上がり幅も微小と、強化する価値は薄いです。敵全体に3ターン付与するので、味方全体の火力支援に繋がります

攻撃強化状態を解除は、『攻撃力アップ、ダメージプラス、○○特攻、○○カード性能アップ、宝具威力アップ、クリティカル威力アップ、クリティカル発生率アップ、攻撃時追加効果、ヒット数増加、防御無視、必中、無敵貫通』が対象です。

毒・呪い・やけど状態を解除はデメリットです。それらを活かす『スキル・宝具』の邪魔になるので、編成時は注意しましょう。

全体6hit宝具で、ある程度はスター生産できます。NP回収力は『スカディ×2』の支援を受けても、NP獲得量が標準のセイバー×3に対して25%前後。

宝具ダメージは、星4アーチャー・非特攻宝具相応。宝具レベル5で、星5アーチャー宝具レベル1前後のダメージです。

スキル

スキル1 効果
アサルト・メディスン(C+)

CT7-5

敵全体の強化状態を1つ解除

+味方全体の弱体状態を1つ解除

&HP回復

敵全体の強化状態を1つ解除は、一番新しいバフ(一番右のアイコン)が対象です。

味方全体の弱体状態を1つ解除も、一番新しいデバフ(一番右のアイコン)が対象です。

2つとも、狙ったバフデバフを解除できないのが難点です。

味方全体のHP回復は最大3000。チャージタイム最短5ターンの回復量としては、トップクラスの性能です。

スキル2 効果
鋼の看護『聖夜』(A)

CT9-7

味方単体にガッツ状態を付与(1回・3ターン)

&強化解除耐性アップ(3ターン)

&宝具威力をアップ(3ターン)

ガッツの回復量は1000固定。追撃やスリップダメージでアッサリ落ちるので注意しましょう。ガッツ発動後にスキル1『HP回復』を使えれば、立て直しが計れます。

強化解除耐性アップは最大100%。回数無制限で3ターン持続は貴重です。スキルレベルに依存しており、レベルマックスじゃないと基本確定になりません。

宝具威力アップは最大30%。任意の味方に付与できるモノとしては、マスター礼装を除くとトップクラスの倍率です。

チャージタイム最短7ターンと長めですが、それに見合った性能をしています。

スキル3 効果
天使が聖夜に鳴らす鐘(EX)

CT8-6

味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)

攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

クリティカル威力アップは最大30%。味方全体に付与するモノとしては、標準的な倍率です。攻撃力アップとは乗算関係のため、数値以上にダメージは伸びます。

運用方法

周回

NPチャージスキルを所持しておらず、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルでも、20~30%のNP支援が必要です

NP周りをどうにかできれば、『味方全体に攻撃力アップ、味方単体に宝具威力アップ』の火力支援ができます。

ただ『未強化+非特攻』宝具のため、宝具威力アップを渡すと宝具ダメージが大きく下がるので注意しましょう。

クリティカル殴り周回に置いては、『宝具でスター生産→次WAVEにスター供給』『攻撃力アップ&クリティカル威力アップの火力支援』が可能です。ただ『即時スター獲得スキルがない』『高ダメージが出るバスターカードは1枚』と扱いづらい要素も多いです

高難易度

高難易度ギミックに強いアタッカー兼サポーターです。

アタッカーとして編成するなら、攻撃有利を取れるクエスト。サポーターとして編成するなら、強化解除耐性が有効なクエストが適正です。

~アタッカーとして編成する場合~

『宝具・通常攻撃でスター生産→クリティカルでダメージとNP回収→宝具……』とループを狙っていきたいです。

ただスター獲得スキルがないため、スター生産にはカード運が絡みます(積極的に宝具を撃ったり、クイックチェインをしっかり組みたい)。またNPチャージスキルもないため、アーツ・クイッククリティカルでのNP回収が必須です(カード性能は高めですが、カード性能を強化するクイック・アーツカード性能アップやNP獲得量アップはないため、あくまで高めです)。

そのため『スター生産できないと宝具が撃てない⇔宝具が撃てないとスター生産力が落ちる』という負のループに入らないように、スター供給・NP支援で安定させましょう。

宝具・クリティカルともに、そこまでダメージが伸びないので、火力支援も欲しいです。

耐久支援は、打たれ強いため、宝具・チャージ攻撃対策の回避・無敵などを付与しましょう。

編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ水着スカディ』と組みたいです。『サンタ・ナイチンゲール』が所持していないクイックカード性能アップを付与できるので、ダメージを伸ばせます。

同じアーチャーなら、同じクイック主軸の配布サーヴァント『サンタ・アルテラ』。デバフ系のデメリットを持つ『トリスタン』などが候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。耐久支援ができる『マシュ』がおすすめです。

概念礼装は、自分が所持していない『クイックカード性能アップ』。宝具を撃つための『初期NP付与礼装』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得系』が候補に入ります。

~サポーターとして編成する場合~

支援効果が味方を選ばないので、編成難易度は低いです。

クイック主軸でアーツ2枚構成のため、クイックチェインだけでなく、アーツチェインもある程度は組めます。

注意点としては、アーチャークラスのため、基本のスター集中度が高めなこと。そのためメインアタッカーは、スター集中度アップ持ちが望ましいです。もしくはスキルを付与した後に、オーダーチェンジで引っ込めるか、ターゲット集中で強制退場させましょう。

概念礼装は、スター供給を安定させる『毎ターンスター獲得系』が候補に入ります。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアーチャーで、強化状態を消してくるのが厄介です。

運が悪ければ火力・耐久バフを一気に剥がされるので、余計なことをされる前に倒しましょう。

まとめ

・アタッカーとしては、星4サーヴァント相応かやや下(宝具レベルは上げやすいでの、サーヴァントが揃わない間は活躍します)。サポーターとしては、特定のクエストで強いタイプです¹。

¹……星5サーヴァントよりコストが低いので、コスト調整しながら『攻撃力アップ、クリティカル威力アップ、宝具威力アップ』を付与できると考えた場合は優秀。

高難易度やストーリー攻略向けで、なおかつサーヴァントが揃ってから活躍するため、真っ先に育てるかどうかは意見が割れます(育てて損はないが、活躍はピンポイントになりがち)。

FGOにおけるサンタ・ナイチンゲール

人物像はバーサーカー時と「ほぼ」同じ。

銃のようにも傘のようにも見える、謎の大型射撃武器を所持しており、クラスはアーチャーへと変化しました。

サーヴァント全般のことをナイチンゲールは「兵隊さん」と認識しています。彼らはよく負傷する。つまり、看護対象。

バーサーカー時よりは幾分か柔和な言葉が出ることもあるが、会話の基本スタイルはさほど変わっていません。

アーチャー・ナイチンゲールは世界中のすべてのお菓子が薬になればいいと思っています。『世界中すべての薬がお菓子になればいいのに』ではないのは、「お菓子が薬になる分には夢があるでしょう。ですが、薬は薬のままでなければならないのです」というこだわりから。

関連リンク