『クロエ・フォン・アインツベルン』FGOネタバレ性能解説

基本情報

鶴翼三連かくよくさんれん
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身に必中状態を付与(1ターン)

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1 効果
心眼『偽』(B)

CT8-6

自身に回避状態付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

スキル2 効果
投影魔術(B)

CT7-5

自身のアーツ・クイック・バスターカード性能をアップ(1ターン)
スキル3『強化後』 効果
キス魔(B++)

CT8-6

自身のNP増加

&スター発生率アップ(3ターン)

&味方全体『イリヤ』の強化成功率アップ(3ターン)

強い点

NP最大50%チャージを持ち、『高性能なアーツカード+クラス補正でスター集中度が高いアーチャー』でアーツクリティカルが狙いやすく、単独でも宝具連射が狙えます。

3ターン持続する最大100%のスター発生率アップを持ち、アーツ主軸にも関わらずスター生産力が高いです。クリティカル威力アップもあるので、クリティカルでダメージを稼げます。

宝具ダメージ前に必中(1ターン)が付与されるので、ダメージを通しやすいです

回避(1ターン)や宝具ダメージ後のクリティカル発生率ダウンで被ダメージを抑えることができます

弱い点

宝具ダメージに関わる火力バフが持続1ターンと短いです(宝具回転率で補うタイプ)。通常攻撃も3ターン持続する火力バフはクリティカル威力アップしかないため、クリティカルが出ないとダメージを稼げません。

通常攻撃のスター生産力は高いが、スター獲得系スキルがないため、クリティカル発動はカード運が絡みます。

星4アーチャー最底辺のHPで、回避(1ターン)は所持していますが、通常攻撃の集中砲火を受けると落ちやすいです。

育てるべきか

アーチャークラスのアタッカーがいないなら育てましょう。

アタッカーとしての完成度が配布サーヴァントとは思えないほど高く、星5サーヴァントレベルのカード性能により、宝具回転率が優秀です

星5アーチャーの宝具レベルや育成状況次第では、それらを押しのけてパーティ編成できるほどポテンシャルが高く、『初期NP50%付与礼装が配られる周回』や『対セイバーの高難易度』で活躍します。

『初期NP50%付与礼装+NP50%チャージ→宝具発動』だけでなく、『スター生産→アーツクリティカルでNP回収→宝具発動』を単独でこなせる自己完結力の高さから、運用・編成難易度が低いです。

対セイバーに関しては、誰でも入手できる星3アーチャー『エウリュアレ』がいますが、向こうは対男性に特化しているので住み分けはできます。この2騎がいれば、セイバークラスはだいたいどうにかできるため、星5アーチャーに過剰強化が入っていると言っても過言ではないです(高レアのアーチャーが実装される度に、無課金で入手できるうえに強力なこの2騎が比較対象に上がりやすい)。

難点は、火力バフの『種類が少ない+持続が短い』こと。

NP50%チャージで宝具は撃ちやすいが、火力バフは『アーツカード性能アップ』のみで、特定の敵に対して大幅にダメージを伸ばす『○○特効』もないです。配布サーヴァントのため宝具レベルは上げやすいが、宝具レベルの高いアーチャーがいる場合は、瞬間火力という観点だと見劣ります

『宝具連射力』で誤魔化せる高難易度はともかく、『瞬間火力』が必要な周回だと要求火力に届きづらい欠点です。味方に対する火力支援スキルもないため、手持ち次第では周回編成から外れます

『巡霊の祝祭』の交換優先度としては、手持ちのアーチャークラスがどれだけ育っているかが判断基準です。アーチャークラスのアタッカーを所持していないなら優先度が高く、アーチャーや代用できるクラスの育成が進んでいるマスターは優先度が下がります。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、アーツ2枚、クイック2枚、バスター1枚

カード性能は、アーツ2枚がアーツ1枚構成並にNP回収力が高く、6hitするためスター生産も可能と異様な性能。クイック・EXアタックはスター生産できるが、NP回収力は低い。

ステータスはレベル80時に、HP10914、ATK9845

星4アーチャーの中では、ATKがトップクラスに高く、HPは最底辺。

クラススキル 効果
対魔力(C) 自身の弱体耐性を少しアップ(約15%)
単独行動(B) 自身のクリティカル威力をアップ(約8%)

対魔力はランクが低く、そこそこデバフを弾きます。

単独行動を所持しており、クリティカルダメージにプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは、対キャスター攻撃適正。攻撃等倍のため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、天属性、混沌属性、善属性、人型、女性、今を生きる人類、子供のサーヴァント、ヒト科のサーヴァント。

宝具

鶴翼三連かくよくさんれん
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身に必中状態を付与(1ターン)

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

必中は1ターン持続するので、追撃にも影響します。付与のため、強化無効を受けていると弾かれます。

クリティカル発生率ダウンはオーバーチャージ依存で、20~60%。オーバーチャージ1の段階でも、クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、クリティカルがほとんど発生しません。重ねがけを狙えるため、クリティカル事故が発生しづらいです

宝具ダメージは、宝具レベル5で火力バフ『アーツカード性能アップ』が入れば、星5アーチャー・宝具レベル1以上のダメージです(水着アルトリアの宝具レベル1以上、宝具レベル2以下)。

火力バフが切れた場合は、星4アーチャーの宝具レベル1程度に落ち込みます(強化済み宝具を持つ『ケイローン・宝具レベル1』より若干高いぐらい)。

スキル

スキル1 効果
心眼『偽』(B)

CT8-6

自身に回避状態付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

回避(1ターン)は、敵の宝具対策に有効です。

クリティカル威力アップは最大36%(クラススキルで+8%)。3ターン持続する唯一の火力バフです

使用タイミングが難しく、回避のために温存するか、通常攻撃のダメージを伸ばすかで悩みます。耐久支援を受けられるならクリティカル威力アップ目的に使い、受けられないなら温存しましょう。

スキル2 効果
投影魔術(B)

CT7-5

自身のアーツ・クイック・バスターカード性能をアップ(1ターン)

各種カード性能アップは最大35%。全てのカードを強化するため、持続1ターンとしては倍率が低いです。

持続が短いため、宝具発動時に使いましょう。理想は宝具込みのブレイブチェイン時です。

宝具回転率が良いため、温存して腐らせることはありません。

スキル3『強化後』 効果
キス魔(B++)

CT8-6

自身のNP増加

&スター発生率アップ(3ターン)

&味方全体『イリヤ』の強化成功率アップ(3ターン)

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備していれば、1ポチで宝具が撃てます。

スター発生率アップは最大100%。3ターン持続としてはトップクラスの倍率で、効果中は大量のスター生産が見込めます。

味方全体『イリヤ』の強化成功率アップは30%。対象は2023年9月現在『イリヤ、水着イリヤ、シトナイ』。各イリヤが持つ確率発動系スキルを確定発動させますが、同時に編成する価値は低いです

イリヤバスター水着イリヤクイックはカード構成が合わず、シトナイはクラス相性が悪いです(アーチャーに攻撃不利)。

運用方法

周回

NP50%チャージを持ち、初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。

宝具は撃ちやすいが、星4アーチャー・非特攻宝具のため、要求火力に届きづらいタイプです。火力バフ『各種カード性能アップ』が持続1ターンと短く、宝具とクリティカルで1WAVEずつ担当という芸当はできません。

また火力支援スキルを持たないため、他のWAVEは味方に丸投げです

クリティカル殴り編成では、スター獲得系スキルがないので、適正は低いです。

高難易度

宝具連射のハードルが低いアタッカー。

セイバーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

最大50%のNPチャージスキル、アーツクリティカルが狙いやすいスキル構成で、宝具連射しやすいです。宝具には必中(1ターン)があるので、どのタイミングでもダメージを通せます。

スター発生率アップの効果中はスター生産もできるため、スター生産力が低くなりがちなアーツサーヴァントながら、クリティカルを狙いやすいです

回避(1ターン)で敵の宝具・チャージ攻撃をかわしながら、クリティカル発生率ダウンで被ダメージ減少と、最低限の耐久スキルも所持しています。

欠点らしい欠点はないが、細かな部分に粗はあるので、その辺りを編成でカバーしていきたいです。

火力バフの種類が少ないため、宝具・通常攻撃の瞬間火力が伸びません。短期決戦で決着をつけたい場合は、火力支援しましょう。

クリティカルは狙いやすいが、スター獲得系スキルがないため安定しません。スター生産力がカード運に左右されるので、安定してクリティカルを出したい場合は、スター供給支援しましょう。

またアーチャーはクラス補正でスター集中度が高めだが、ライダークラスほどではないので、スター集中度が標準のクラスと組んだ場合は散りやすいです。

耐久関係のスキルはあるが、低HPでもあるため、通常攻撃が痛いとアッサリ対象します。幸いアーツサポーターは耐久支援能力に優れているサーヴァントが多いため、それらから耐久支援を受けましょう。

総じて、単独で完結しているが、火力・耐久面は星4サーヴァント相応です。

編成は、火力・NP・耐久支援で宝具連射を途切れないようにするアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と組みたいです。

火力・耐久・NP支援ができる『諸葛孔明』も候補に入ります。アーツ主軸でスター発生率アップの支援ができる『ギルガメッシュ(術)』も相性が良いです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。アーツサポーターとして動ける『アマデウス、パラケルスス、徐福』が候補に入ります。『徐福』はクラス相性が悪いが、スター供給能力が魅力的です。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。宝具回転率を強化する『アーツカード性能アップ、NP獲得量アップ』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得』がおすすめです。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアーチャークラスでチャージゲージ増加スキルを持ち、さらに回避で時間稼ぎするのが厄介です。

必中宝具なので、攻撃の受け方に注意しましょう。対魔力でデバフを弾かれる可能性があるため、行動阻害デバフは過信できません。

まとめ

・配布サーヴァントとは思えない配布サーヴァントの1体。いまだに強力なアタッカーですが、瞬間火力の観点から、サーヴァントが揃っているマスターだと編成から抜けやすいです。

FGOにおけるクロエ

イリヤから分かたれた半身が、とある英霊の型を得て現界した姿。

幼い容姿に似合わぬ蠱惑的な言動は、常に周囲を振り回します。

自称「イリヤの姉」だが、イリヤも姉を自称するため、鏡合わせのような姉妹喧嘩がいつも絶えない。

型を借りた英霊が何者なのかは自覚していません。ただその英霊が培った戦闘技術のみを継承しています。

図らずもマスター不在で現界してしまったサーヴァントのような存在であるクロは、常に魔力を欲しています。そこで契約を伴わない手っ取り早い手段として、粘膜接触による魔力供給を愛用。隙あらばキスシーンをねじ込み、お茶の間を凍り付かせる褐色の小悪魔。

関連リンク