『アストルフォ/セイバー』FGOおすすめ性能解説

基本情報

僥倖の拘引網ヴルカーノ・カリゴランテ
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に宝具封印状態を付与(1ターン)

スキル1『強化後』 効果
破却宣言「強」(B+)

CT7ー5

自身のNPを増やす

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

&弱体解除

+スターを獲得

スキル2 効果
恐慌呼び起こせし魔笛ラ・ブラック・ルナ(C)

CT8ー6

敵全体に恐怖状態付与(3ターン)

+自身に回避付与(3回・3ターン)

スキル3 効果
威風堂々たる凱旋 (EX)

CT7-5

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&バスターカードのスター集中度アップ(3ターン)

強い点

最大20%の『即時NPチャージ、毎ターンNP獲得状態』を持ち、そこそこ宝具が撃ちやすいです。宝具はダメージ前に持続3ターンのクイックカード性能アップが付与されるので、宝具連射するほどダメージが上がります

宝具発動時に宝具封印、スキル『敵全体に恐怖付与』と妨害能力が高く、回避(3回・3ターン)や弱体解除で生存能力も高いです

クイック主軸のカード構成でクイックチェインが組みやすく、即時スター獲得やバスター限定のスター集中度アップがあるので、そこそこクリティカルを狙えます

弱い点

通常攻撃の性能が低く、宝具やアーツ・クイックチェイン以外でNP・スターを稼げません。その辺りをスキルでカバーするため、スキルの切れ間はできることが限られます。

NPチャージが即時20%、毎ターン20%のため、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルで即宝具が撃てません。さらに通常攻撃のNP回収力が低く、『スター集中度アップがバスター限定で持続3ターンと無駄に長い』『スター獲得系スキルが即時スター獲得だけ』と、アーツ・クイッククリティカルで大幅なNP回収を狙いづらいです

特定対象にダメージが伸びる特効がないので、宝具発動時のクイックカード性能アップを重ねがけしないとダメージが伸びません。

引くべきか

引かなくていいです。

全体的に器用貧乏で、悪く言うと『そこそこ宝具回転率が良く、そこそこダメージが出て、そこそこ生き延びるサーヴァント』です。

クイック主軸ながら、『通常攻撃の性能が低い=クリティカルでスター生産・NP回収しづらい』『クリティカルダメージが高いわけではない』など、クリティカル連発でNP回収・スター生産・ダメージ回収するクイックアタッカーの長所が潰れています。長所が潰れているだけなら良いですが、クイック属性の難点『NPリチャージ性能が良くない』はバッチリ残っています。

周回・高難易度クエストとも噛み合っておらず、周回時は『NPチャージが即時20%、毎ターン20%と編成に組み込みづらい』『火力支援スキルがない』、高難易度時は『クイックカード性能アップの重ねがけでダメージを伸ばすので、初速が出ない』『しかも宝具連射しづらいので、重ねがけしづらい』『行動妨害がデバフメインで安定性に欠ける』など使いづらい部分が多いです。

特定の敵に強い特効など、ユニークスキルもないため、セイバークラスの中では存在感が薄くなっています

総じて、全体的にバランスは良いが器用貧乏で、『アストルフォはここが強い!』という特徴がないです。

キャラクターが好きなマスターは、引く価値があります。

セイバークラスのアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、クイック2枚、アーツ2枚、バスター1枚

カード性能は、クイック・アーツの性能が悪く、バスター・EXアタックが高性能といびつです。アーツ・クイックチェインでNP・スターを稼ぎましょう。

ステータスはレベル90時に、HP14248、ATK11694。

星5セイバーの中では、HPが高く、ATKが低め。

クラススキル 効果
対魔力(A) 自身の弱体耐性をアップ(約20%)
騎乗(A) 自身のクイックカードの性能をアップ(約10%)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗もランクが高く、クイックカードのダメージとスター生産力に大きなプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは対ライダー攻撃適正。攻防等倍のため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、地属性、混沌属性、善属性、人型、性別不明、騎乗、セイバークラスのサーヴァント、ヒト科のサーヴァント、ケモノ科のサーヴァント。

宝具

僥倖の拘引網ヴルカーノ・カリゴランテ
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に宝具封印状態を付与(1ターン)

クイックカード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1から倍率は高いが、オーバーチャージ段階強化の上がり幅は5%刻みで、強化する恩恵は薄いです。持続3ターンと長いので、宝具連射できればダメージが伸びます。

宝具封印は基本確定。弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。チャージゲージの増加も止まります

単体9hitするので、NPリチャージ・スター生産に期待できます。

ダメージが高く設定されるクイック属性宝具で高ランクの『騎乗』持ちだが、『未強化・非特攻』『低めのATK』『スキルの火力バフは倍率が平凡』と足を引っ張る要素が多く、星5セイバー相応の宝具ダメージに落ち着いています(クイックカード性能アップを重ねがけした場合は別)。

スキル

スキル1『強化後』 効果
破却宣言「強」(B+)

CT7ー5

自身のNPを増やす

&毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

&弱体解除

+スターを獲得

NP増加は最大20%。毎ターンNP獲得状態も最大20%。第2アペンドスキル解放+初期NP50%付与礼装なら、2ターン目に宝具が撃てます。

弱体解除はデバフ対策に有効ですが、1ターン目から使いたいNPチャージスキルとの複合で、効果が腐りやすいです(タイミングが合えばラッキー程度)。

スター獲得は最大20個。クラス補正のスター集中度が標準で、スター集中度アップがバスター限定のため、アーツ・クイッククリティカルが狙いづらいです。スター集中度が低い味方と組んだり、スター供給支援で水増しするなど、サポートしましょう。

スキル2 効果
恐慌呼び起こせし魔笛ラ・ブラック・ルナ(C)

CT8ー6

敵全体に恐怖状態付与(3ターン)

+自身に回避付与(3回・3ターン)

恐怖について(詳細はクリック)

付与率は100%ですが、弱体耐性、弱体無効の影響を受けます。

スタン状態に置き換わる確率はスキルレベル依存で、最大40%。置き換わる時に弱体耐性は無視しますが、弱体耐性ダウンのサポートも受け付けません。

恐怖の残りターンに関係なく、スタンの置き換えが1度でも発生すると、成否を問わず恐怖状態は終了します。

タイミングは完全にランダムなので、狙ったタイミングでスタンを発動させるのは不可能です。

・スタンが失敗する原因

①敵が弱体無効を持っている

②すでにスタン状態(スタンは重複しない)

③スタンの置き換えが発生せず、そのまま恐怖が終了

④恐怖を重複させた時に、同時にスタンの置き換えが発動して、②と同じ理由で片方が不発

回避(3回)は、運が良ければ複数ターン機能しますが、持続3ターンと制限付きなので注意しましょう。

スキル3 効果
威風堂々たる凱旋 (EX)

CT7-5

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&バスターカードのスター集中度アップ(3ターン)

攻撃力アップは最大20%。自分のみ強化としては、低めの倍率です。

クリティカル威力アップは最大30%。こちらも持続3ターンとしては、低めの倍率です。

バスター限定のスター集中度アップは、少ないスターでバスタークリティカルを狙えます。持続3ターンと長いが、『バスターカード1枚構成』『バスタークリティカルを強化するスキルが乏しい』と噛み合っていないどころか、『アーツ・クイッククリティカルを阻害する』などマイナス面が目立ちます。

※アストルフォのバスターカードがない状態でも、このスキルを使うとスター再分配が起こるので注意。

運用方法

周回

NPチャージが即時20%、毎ターン20%獲得のため、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルでも即宝具が撃てません。

ただ『1ターン目に20%、2ターン目に40%、3ターン目に60%』とNPが増えるので、初期NP30%付与礼装+第2アペンドスキル解放でも、3ターン目に宝具が撃てます

難点は、宝具連射でダメージを伸ばすタイプながら、宝具連射システムに対応していないこと(対応したとしても、敵の配置が1-1-1のクエストはそんなにない)。

そのため変則周回で宝具を一騎ずつ撃つ編成では、瞬間火力が伸びず、火力支援スキルもないため編成する理由が乏しいです。

クリティカル殴り編成では、クリティカルダメージを伸ばすスキルが乏しく、適正はありません。

高難易度

そこそこなんでもできる宝具アタッカー。

ランサーなど、攻撃有利を取れるクエストが適正です。

宝具回転率がそこそこ良く、火力バフを維持しながら、宝具封印で妨害できます

全体的にスキルのチャージタイムが短く、効果も持続3ターンと長いため、火力バフが途切れにくいのが利点です。

回避(3回・3ターン)で場持ちが良く、恐怖状態で間接的な耐久支援もできます。

難点は、宝具を回さないとダメージが伸びないのに、宝具回転率がそこそこなこと。

スキルで付与する火力バフは倍率が低く、宝具連射でクイックカード性能アップを重ねがけしないとダメージが伸びません。しかし、通常攻撃の性能が低く、NP回収・スター生産はスキル頼りです

NPチャージ系スキルが機能している間は、宝具回転率が多少改善されます。ただスキルの切れ間は『ダメージが出ない、NP回収・スター生産できない』とないない尽くしです。

『クリティカルアタッカー適正が低い』こともあり、アーツ・クイックチェインで、いかに宝具を回すかが重要なサーヴァントです。

妨害行動は多いが、必中・無敵貫通といった攻めのスキルがない点にも注意しましょう。

編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ水着スカディ』と組みたいです。2騎が苦手な耐久支援を単独でカバーできるため、戦闘が長引いても耐えられます。

火力・NP支援できるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

火力・耐久・NP支援しながら、アーツ宝具・アーツ3枚構成でアーツチェインが組みやすい『諸葛孔明』も候補に入ります。

サポーターとして動ける『不夜城のアサシン、由井正雪』。被ダメージを大幅に抑える『ライネス/司馬懿』も相性が良いです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連を強化できる『アンデルセン』が候補に入ります。

概念礼装は、ダメージを伸ばす『クイックカード性能アップ、宝具威力アップ』。クリティカルダメージを伸ばす『クリティカル威力アップ』。宝具回転率強化の『初期NP付与礼装、NP獲得量アップ』がおすすめです。

敵として出てきた場合

デバフ耐性が高く、チャージゲージ増加スキルを持っているのが厄介です。

『宝具封印、回数制の回避、恐怖状態』など足止めされる要素が多く、待っている間に火力バフが切れます。

弱体解除や強化解除、必中・無敵貫通で強引に攻撃を通しましょう。

まとめ

これといった長所を持たないのが辛い。

・周回や高難易度でマスターが望んでいる要素もないため、とにかく存在感が薄い

FGOにおけるアストルフォ/セイバー

一応、シャルルマーニュ十二勇士であるため、セイバークラスの資格はあるにはあった。しかし十二勇士の中でも弱いと噂されるアストルフォを最優のセイバーとして召喚する物好きはあまり居なかった模様。

性別は本人の要望により秘密。

属性は変わらず混沌・善であり、つまりはいつものアストルフォが剣を持っただけ、とも言える。

元々ライダークラスとはいえ、剣を帯びているため、技量としては並より少し上。

セイバーになったことで若干騎士度がパワーアップしているのか、普段より5%くらい礼儀正しく、5秒くらい長く理性を保つことができる。お辞儀をする角度も5度くらい深いし、5倍の力で手を握り締めてくれる。