『アタランテ(オルタ)』FGOネタバレ性能解説

基本情報

闇天蝕射タウロポロス・スキア・セルモクラスィア
クイック属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵単体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1『強化後』効果
魔性馴化(EX)

CT7-5

自身のスター集中度アップ(1ターン)

+スター獲得

+自身のバスターカードのクリティカル威力をアップ(1ターン)

スキル2効果
アルカディア越え(A)

CT7-5

味方全体のクイックカード性能アップ(1ターン)
スキル3効果
野獣の論理(B)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

強い点

『宝具QQEXでスター生産→クリティカルで攻撃』に特化したスキル構成で、1~2ターンの瞬間火力に重きを置いています。

『クリティカル威力アップ、スター獲得、スター集中度アップ』で、クリティカルを狙いやすいです

回避・宝具封印で、反撃を防ぎます

クイックチェインで生産したスターを、バーサーカークラスの低いスター集中度で味方に流し、味方全体クイックカード性能アップで火力支援します

弱い点

NPチャージスキルがないので、周回・高難易度で宝具を撃つにはNP支援が必要です。

火力バフの持続が短く、すぐ息切れします。スキルの切れ間はスター生産以外にできることがありません。

未強化宝具で、宝具ダメージを強化する火力バフが『クイックカード性能アップのみ』と乏しく、クリティカルでしっかり攻撃しないとジリ貧になります。そのため『宝具を絡めた攻撃でスター生産→次ターンに自分のカードがない』とダメージが出ず、カード運の影響が大きいです。

引くべきか

引かなくていいです。

スキル構成が非常にシンプルで、初期NP付与礼装やNP支援があれば、スキルを全部押すだけで『宝具からクリティカル攻撃』と繋がります。宝具封印や回避(1ターン)で反撃を封じ、次ターンに自分のカードがあれば、さらにクリティカルで攻撃と『1~2ターンの間に全力を出し切る』運用に特化したサーヴァントです。

1ターンで勝負を決めたいレイド戦と相性が良い反面、戦闘時間が強制的に伸びるブレイクゲージとの相性は悪いです。NPチャージスキルがないため、周回に起用しづらいなど、普段使いができません

また『宝具が主軸で、クリティカルがオマケ』というタイプではなく、クリティカルでもしっかりダメージを稼がないと、他の星4バーサーカーより総ダメージ量が落ちます。そのためカード運に影響されやすく、配られたカードから残りのカードを推察するといった、ゲームシステムへの理解も必要です。

上記以外の運用方法としては、生産したスターを味方に供給するサポーター運用です。高倍率のクイックカード性能アップや宝具封印で支援しながら、『バーサーカーの低耐久を活かして、控えと交代する』といった動きができます。

瞬間火力に特化したバーサーカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

バーサーカー、もしくは代用できるクラスのアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

衛宮さんちの今日のごはんをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはバーサーカー

カード構成は、クイック2枚、バスタ―2枚、アーツ1枚

カード性能は、全バーサーカーから見ても高い部類で、非常に良好です。

ステータスはレベル80時に、HP10634、ATK9806。

星4バーサーカーの中では、HP・ATKともに平均的

クラススキル効果
獣化(B)自身のバスターカードの性能をアップ(約8%)

自身のスター発生率をアップ(約8%)

単独行動(A)自身のクリティカル威力をアップ(約10%)

獣化のクラススキルで、バスターカードのダメージにプラス補正が入り、スター生産力が強化されます。

単独行動はランクが高く、常時低くはないクリティカルバフが付与されます。

固有の第3アペンドスキルは、対アーチャークリティカル発生耐性。効果が確実ではなく、第2アペンドスキルの優先度が高いです

属性は、サーヴァント、地属性、混沌属性、悪属性、人型、女性、猛獣、アルゴー号ゆかりの者、ヒト科のサーヴァント、ケモノ科のサーヴァント。

宝具

闇天蝕射タウロポロス・スキア・セルモクラスィア
クイック属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵単体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

宝具封印(1ターン)は、チャージゲージの進行自体を止めます。基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。

呪いダメージはオーバーチャージ依存で、500~2500。ダメージ量は500刻みで増えますが、ダメージ倍増の『呪厄』もないので、オマケ程度と考えましょう

未強化宝具で火力バフが乏しく、特攻宝具を持たない星4バーサーカーとしては最底辺の宝具ダメージです

5hit宝具のため、NPリチャージ・スター生産はイマイチです(クイックチェインで稼ぐタイプ)。

スキル

スキル1『強化後』効果
魔性馴化(EX)

CT7-5

自身のスター集中度アップ(1ターン)

+スター獲得

+自身のバスターカードのクリティカル威力をアップ(1ターン)

スター集中度アップは倍率が高く、スキルレベル1でライダークラスの約1.5倍、スキルレベル10で約3倍に達します。

スター獲得は最大10個。スター集中度アップでスターを独占できますが、心もとない数です。

バスター限定のクリティカル威力アップは最大50%。持続1ターンとしては、標準的な倍率です。

スター獲得数は低いですが、このスキルだけで強力なバスタークリティカルが狙えます

スキル2効果
アルカディア越え(A)

CT7-5

味方全体のクイックカード性能アップ(1ターン)

味方全体クイックカード性能アップは最大50%。魔力放出系スキルと同じトップクラスの倍率です。

持続1ターンと短いので、宝具発動時に使いたいです

自分のカードが揃っているなら、スキル1と併用してブレイブチェインを狙う。自分のカードが揃っていないなら、味方とクイックチェインを組むなど、柔軟な運用ができます。

スキル3効果
野獣の論理(B)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

回避(1ターン)は宝具対策に有効です。

クリティカル威力アップは最大50%。3ターン持続としては優秀な倍率です。回避目的で使っても、効果が腐りにくいです。しかし、スキル1発動中以外はクリティカルを狙えないため、3ターン活かすには味方・概念礼装からのスター供給支援が必要です。

運用方法

周回

NPチャージスキルがないため、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装に、第2アペンドスキルを加えても30~40%のNP支援が必要です。

未強化宝具でダメージが伸びないため、要求火力に届かないならクリティカル追撃しましょう。

クリティカル殴り編成では、持続1ターンのスター集中度アップでスター運用能力が高く、1ポチで高威力のバスタークリティカルが狙えます。欠点は、クイックチェイン以外で大きくスター生産できないこと。

高難易度

短いターンで全力を出し切るスキル構成のアタッカーです。

フォーリナーなど、攻撃不利が登場しないクエストに適正があります。

理想は、『宝具QQEXでスター生産→次ターンにバスタークリティカル』の形です。

火力バフ『クイックカード性能アップ、バスター限定のクリティカル』だけでなく、クリティカルを狙うための『スター集中度アップ』も持続1ターンと短いです。それらのスキルが切れると、クリティカル威力アップ(3ターン)しか残らないので、『クイックチェインによるスター生産』しかできません。

素のカード性能が良いので、アーツ・クイッククリティカルで宝具再使用は狙えますが、2ターン目以降は火力バフがないのでダメージに期待できません。

そのためメインアタッカーとして運用する場合は、持続の長い火力支援やスター供給支援が必須です。回避(1ターン)や宝具封印があるので、バーサーカーの中では生き延びるほうですが、『ただ生き残っているだけ』にならないように注意しましょう。

スター運用能力と火力支援スキルでサポーター/サブアタッカー運用する場合は、『クイックパーティで自他問わずクリティカルを誘発しながら攻撃→バーサーカーの脆さを活かして控えと交代』といった動きができます。

編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ、水着スカディ』と組みたいです。とくに水着スカディはスター供給支援もできるので、高相性です。

NP支援なしでの宝具連射が難しいため、NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン』も候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。スター供給・NP獲得量アップの支援ができる『徐福』。『アルゴー号ゆかりの者』に攻撃関連バフとNP支援ができる『イアソン』が候補に入ります。

概念礼装は、宝具を撃つための『初期NP付与礼装』。自分が所持していない『宝具威力アップ』がおすすめです。味方には『毎ターンスター獲得系』を持たせると、クリティカルが安定します。

敵として出てきた場合

宝具封印・回避が厄介です。

基本攻撃有利のバーサーカーなので、こちらの攻撃の手が止まっている間にクリティカル事故でやられる危険性が付き纏います。

回避・無敵でしっかり攻撃を受けながら、必中・無敵貫通で早めに仕留めましょう。

まとめ

・『NPチャージスキルがない』『ブレイクゲージと相性が悪い』『必中・無敵貫通といったギミック対応スキルがない』など、普段使いが難しいサーヴァントです。

・清々しいほど瞬間火力に特化したシンプルなスキル構成なので、運用難易度は低いです(初期NP付与礼装装備でスキルを全部使えば、とりあえずダメージが稼げる)

FGOにおけるアタランテ(オルタ)

アタランテが自身の宝具であるカリュドーンの毛皮で変身した姿。

別名はアタランテ・メタモローゼ。

カリュドーンの毛皮を剥がすと、たちまちアーチャーに戻る。

狂化ではなく魔獣化のため、バーサーカーながら冷静な思考を持つ稀有な存在。ただし、一度敵と見なした者に説得されることは基本的にない。

狂化と同様のスキルを有しながら会話は通じるが、基本的に論理面での説得はほぼ不可能。

マスターが人理の味方であるかどうかに興味はなく、心に刻んでいるルールに抵触すれば、マスターとサーヴァントの関係を捨てます。その状態になると、マスターの識別すら不可能になる模様。

関連リンク