『ベディヴィエール』FGOネタバレ性能解説

基本情報

強い点

NP30%チャージを持ち、火力支援スキルと宝具ダメージ前の火力バフで周回適正が高いセイバーです。

バスター属性の単体宝具は強化済みで、ダメージ前に入るバスターカード性能アップ、火力支援も兼ねた宝具威力アップで星3サーヴァントの枠に収まらない宝具ダメージが出ます

スキルレベルに依存しないNP30%チャージを持ち、第2アペンドスキルレベルマックスは必要ですが初期NP50%付与礼装で宝具が撃ちやすいです

持続1ターンですが貴重な味方全体防御力アップ(30%固定)を持ち、味方全体弱体耐性アップと合わせて、瞬間的な耐久支援ができます

弱い点

『NP30%チャージ、NP獲得量アップ』を持っていますが、1枚しかないアーツ以外のカード性能が低く、宝具回転率は低いです。また火力バフが宝具威力アップと宝具ダメージ前のバスターカード性能アップだけなので、通常攻撃でダメージを稼げません

耐久スキルも単独で敵の危険な攻撃を防ぎ切る倍率ではないので、宝具による一撃以外の特徴は薄いです

引くべきか、そして育てるべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。そして召喚できたマスターは育てましょう。

3ターン周回に置いて、『NP30%チャージ+初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てる』『味方全体に宝具威力アップの火力支援ができる』『宝具レベル5なら、(聖杯を入れていないレベル70時に)一般的な星5セイバーの宝具レベル1を上回る火力が出る』『要求火力に届くなら、星3サーヴァント(COST7)のためコストカットができる』この4点がバッチリ噛み合っています。

周回での起用なら、NPチャージが30%固定のため、スキルレベルの育成がスキル1(宝具威力アップ)だけで済むのが大きいです。また10~20%のNP支援を受けられるなら、第2アペンドスキルの育成も不要です。

しかし、宝具を一発撃った後は攻撃の手が止まり、ストーリー限定サーヴァントのため宝具レベルが上げづらいです

宝具火力が高いとはいえ、星3セイバーのステータスなので、宝具レベル上げは重要です

キャラクターが好きで引いたマスターor何かのPUで獲得できたマスターは、『最終再臨、スキル1の育成(上昇値は1%刻みなので低レベルでも可)』を目指しましょう。それから起用時の編成に合わせて、第2アペンドスキルの育成や聖杯の投入を考えたいです。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、バスター2枚、クイック2枚、アーツ1枚

カード性能は、バスター1hit、クイック2hitとイマイチです。アーツとEXアタックは優秀なため、『初手アーツ補正の3手目アーツ、アーツクリティカル、マイティチェイン』を狙いたいです。

ステータスはレベル70時に、HP9595、ATK7627。

ATK偏重型で、星3セイバーの中ではATKがトップクラスに高く、HPは低めです

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17.5%)
騎乗(A)自身のクイックカードの性能をアップ(約10%)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗もランクが高いですが、クイックカードの性能が低く、切る機会は少ないです

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利なので解放する価値はあります。ただ周回で起用する場合は、第2アペンドスキルの優先度が圧倒的に高いです

特性はサーヴァント、星属性、秩序属性、善属性、人型、男性、騎乗、愛する者、セイバークラスのサーヴァント、霊衣を持つ者、円卓の騎士、ヒト科のサーヴァント。

『星』属性のため『天地人』によるプラス・マイナス補正を受けず(獣属性を除く)、周回時の宝具ダメージが安定します。

宝具

剣を摂れ、銀色の腕(スイッチオン・アガートラム)『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ

&敵単体に超強力な攻撃

バスターカード性能アップはオーバーチャージ依存で、30~90%。1ターン持続するため、理想は宝具BBEXを決める形です。オーバーチャージ段階上昇による伸び幅が15%刻みと高く、余裕があるなら宝具チェインの後方に配置したいです。

強化済み宝具で『宝具威力アップ、バスターカード性能アップ』と乗算される火力バフがあるため、攻撃有利(2倍)の相手に10万以上の宝具ダメージ¹が出ます

¹……レベル70、宝具レベル3~5、星3フォウくん(ATK+1000)、スキル1レベルマックス、オーバーチャージ1時。

スキル

スキル1『強化後』効果
騎士の軍略(B)

CT7-5

味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

&味方全体のNP獲得量アップ(3ターン)

宝具威力アップは最大20%。3ターン持続するため、味方の宝具にも合わせやすいです

NP獲得量アップは最大30%。味方全体のNP効率を引き上げますが、アーツ1枚でクイックの性能が低いため、自分に対する恩恵は薄いです

宝具威力アップの倍率はスキルレベル1の時点で10%、そこからレベル9~10の+2%を除くと、+1%刻みで上昇していきます。そのためQP・素材を節約したい場合は、低レベルで止めておくのもありです

スキル2効果
沈着冷静(B)自身のNPを増やす

&精神異常弱体耐性アップ(3ターン)

NP増加は30%固定。第2アペンドスキルをレベルマックスにして、初期NP50%付与礼装を装備すれば1ポチで宝具が撃てます。

精神異常耐性アップは最大50%。精神異常状態は『魅了・恐怖・混乱・幻惑・睡眠』が対象です。

NPチャージが固定で、精神異常耐性も確定ではないため、スキルレベル上げはチャージタイム短縮が主目的です

スキル3効果
守護の誓約(B)

CT7-5

味方全体の防御力アップ(1ターン)

&弱体耐性アップ(1ターン)

防御力アップは30%固定。倍率は高いですが持続1ターンと短く、タイミングを合わせないと無駄撃ちになります。敵のチャージ攻撃を受ける場合は、味方の防御バフが必要です

弱体耐性アップは30~50%。スキルレベル1で高ランクの対魔力より高く、スキルレベル10で『対魔力+女神の神核』レベルです。

防御力アップが固定で、弱体耐性も確定ではないため、スキルレベル上げはチャージタイム短縮が主目的です

運用方法

周回

NP30チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

宝具火力が高めで要求火力に届きやすく、要求火力に届くながら火力支援ができるため、星3サーヴァントながら周回要因としては理想的な動きが可能です

またセイバーの『NPチャージ30%以上+単体攻撃宝具』持ちは、星5が期間限定サーヴァントがほとんどで、星4はベディヴィエールとさほど宝具ダメージが変わりません。

そういう点でも、貴重でお財布に優しいサーヴァントです

クリティカル殴り編成においては、クリティカル関連スキルを持たないため、適正はありません。クイックが2枚あるのも厳しいです

高難易度

宝具による一撃と、瞬間的な耐久支援ができる宝具アタッカーです。

ランサーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

宝具ダメージが高く、ボスアタッカーとして起用できます

ただ宝具回転率の低さからブレイクゲージと相性が悪く、スキル構成も通常攻撃性能に関与しないため『NP回収・スター生産・ダメージ稼ぎ』は厳しいです。

ただ味方全体のNP獲得量アップと持続1ターンの防御力アップがあるため、アーツ1枚でアーツチェインは組みづらいですが、アーツ主軸の耐久サポーターとの相性は悪くないです

そのため編成は、宝具ダメージを伸ばすバスターポーターで短期決戦なら『光のコヤンスカヤ、オベロン』、長期戦なら『マーリン』と組みたいです。

耐久支援能力を活かすなら、NP支援と耐久支援ができる『諸葛孔明エジソン』が候補に入ります。

クリティカル関連の支援とオーバーチャージ段階の引き上げを持つ『卑弥呼』も、宝具威力アップは腐りますが相性は悪くないです。

低レアサーヴァントなら、バスターバフを付与できる『シェイクスピア』、防御バフを相互に付与して耐久パーティが組める『マシュ・アンデルセン』が候補に入ります。

概念礼装は、速攻で宝具を撃ちたいなら『初期NP50%付与+α』。NP支援が受けられるなら『宝具威力アップ、バスターカード性能アップ』がおすすめです。『魔性菩薩』のような初期NP付与+オーバーチャージ段階引き上げも、一発屋として動くなら相性が良いです。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルと防御バフを持っているのが厄介です。

ダメージを軽減されて倒しきれない場合があるので、強化解除や防御力無視攻撃があると楽に戦えます。

まとめ

・変則周回における単体WAVE担当として優秀なのはもちろん、ほとんど育成せずともクエストに投入できるのが利点です。

・しかし、ストーリー限定サーヴァントのため、狙って引かないと手に入らないのが厳しいです。星3サーヴァントとはいえ、出ない時は出ないので、狙う時は覚悟しましょう。

FGOにおけるベディヴィエール

アーサー王に仕えた円卓の騎士のひとり。

最初期の円卓の騎士であり、宮廷の執事役、王の世話役を務めました。そして、王の最期にも立ち会います。

人を超えた英雄たちの集う円卓の中にあって「ただひとりの人間」としてアーサー王に仕えます。

1部6章における功績が認められたのか、ベディヴィエールは「今回限り」の特例として座に英霊登録されました。

己が願いに力を貸してくれたマスターに、かつての王へのそれにも似た忠誠を彼は捧げるでしょう。

中性的な容姿に反して、身長187cm、体重88kg(内10kgは義手)と体格は恵まれています。