『トーマス・エジソン』FGOネタバレ性能解説

基本情報

W・F・D(ワールド・フェイス・ドミネーション)『強化後』
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体に宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵全体にスキル封印状態を付与(1ターン)

&敵全体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1『強化後』効果
メンロパークの魔術師(A)

CT7-5

味方単体の防御力アップ(3ターン)

&味方単体のスキルチャージを1進める

スキル2『強化後』効果
大量生産(A+)

CT10-8

自身に毎ターンスター獲得状態付与(5ターン)

+味方全体に毎ターンNP獲得状態付与(5ターン)

&宝具威力アップ(5ターン)

スキル3効果
概念改良(A)

CT8-6

味方単体の宝具使用時のOC効果を2段階引き上げる(1ターン)

&スター発生率をアップ(1ターン)

強い点

オーバーチャージ段階の引き上げ・チャージタイム短縮の支援、攻撃デバフに優れたキャスターです。

一部のサーヴァントに有効なオーバーチャージ2段階引き上げと、チャージタイム最短5ターンで使えるチャージタイム短縮で、他のサポーターとは一味違う支援ができます

アーツチェインを組みやすいアーツ3枚構成に加えて、5ターン持続する『毎ターンスター獲得状態(最大10個)、味方全体NP獲得量アップ(最大10%)、宝具威力アップ(最大20%)』で継続的なNP・スター供給・火力支援が可能です

アーツ属性の全体攻撃宝具は、ダメージは低いものの『敵全体の宝具・スキル封印』で通常攻撃しか行えなくしたうえで、オーバーチャージ依存の攻撃力ダウン&クリティカル発生率ダウンで被ダメージを落とします。

弱い点

星4キャスター最底辺のATKで、宝具ダメージは一部星3キャスターより下です。そのため周回では、『敵のHPが低い第1WAVE担当+火力支援』を行う動きが取りにくいです。

火力支援も汎用性が低く、宝具威力アップはわかりやすいですが、オーバーチャージ段階の引き上げは対象を選びます。『アーラシュ、陳宮』のような火力の伸び幅が大きいサーヴァントを除くと、ほとんどは『攻撃力アップ、○○カード性能アップ』の方が宝具ダメージは伸びます

宝具はデバフがメインのため、弱体耐性・弱体無効が天敵です。またサポーター全般の弱点ですが、強化解除に弱いです。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引けば遊べるサーヴァントです。

宝具でデバフをばらまき、味方にはNP・スター供給支援、特徴的なオーバーチャージ段階引き上げ・チャージタイム短縮で一部のサーヴァントに唯一無二の支援が行えます

オーバーチャージ段階引き上げによる恩恵が大きい『キャストリア(対粛正防御状態の回数アップ)、玉藻の前(NP付与率アップ)』などと組めば、パーティ全体で宝具を回しながら、デバフ宝具で『敵にチャージ攻撃させない&通常攻撃も弱体化させる』耐久パーティが完成します

しかし、サポーターとしては特殊で『デバフによる行動妨害と味方の宝具性能を引き出す』ことに特化しているため、一般的なサポーターのような『火力・NP支援で宝具連射、無敵・回避で味方を守る、HP回復で耐久支援』といった動きはできません。

また支援を受け取れる味方が限定的で、さらに自分の宝具回転率がそこまで高くないため、理想は『オーバーチャージ段階引き上げによる宝具性能の伸びしろが大きく、味方全体にNP支援ができるサーヴァント』と味方を選びます。

オーバーチャージ段階引き上げを自分に使い、『NP・スター供給、宝具によるデバフ』に専念する運用もできますが、『アタッカーに対する火力支援が宝具威力アップのみ』『敵の攻撃そのものを止める術がなく、HP回復による立て直しもできない』ので、思ったほどダメージが伸びず、耐久もできません

結果的に『アタッカー+サポーター+エジソン』より『アタッカー+サポーター×2』の方が、火力・耐久の両面で安定しやすく、編成するなら『エジソン(メインアタッカー扱い)+サポーター×2』でデバフ宝具と耐久支援を組み合わせてジワジワ削っていく形です。

一応、3ターン周回では『宝具威力アップ・オーバーチャージ段階引き上げ・チャージタイム短縮』による火力支援、『2WAVEに10%、3WAVEに20%』のNP支援はできます。ただ自分の宝具ダメージが低く、火力強化のために宝具レベルを上げたいですが、ストーリー限定サーヴァントのため上げづらいのが難点です。

戦術の幅を広げたい、特殊な編成で遊びたいマスターは引く価値があります。

サポーターが揃っているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、アーツ3枚、バスター1枚、クイック1枚

カード性能は標準です。

ステータスはレベル80時に、HP11882、ATK7952。

ステータスはバランス型ですが、星4キャスターの中ではHPがやや高く、ATKは最底辺と恵まれていません。

クラススキル効果
陣地作成(EX表記ですが、D相当)自身のアーツカードの性能を少しアップ(約4%)
道具作成(EX表記ですが、D相当)自身の弱体成功率を少しアップ(約4%)

陣地作成はランクが低いですが、カード構成とは噛み合っており、アーツカードのダメージとNP回収力にプラス補正が入ります。

道具作成もランクが低く、対魔力持ちでも若干デバフが入りやすい程度です。

固有の第3アペンドスキルは、対アーチャー攻撃適性。

属性はサーヴァント、人属性、秩序属性、人型、男性、ヒト科のサーヴァント。

見た目に反して『ケモノ科のサーヴァント』属性は所持していません。

宝具

W・F・D(ワールド・フェイス・ドミネーション)『強化後』
アーツ属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体に宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵全体にスキル封印状態を付与(1ターン)

&敵全体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

全体1hitのため、NPリチャージ性能は低いです

星4キャスター最底辺のATKが足を引っ張り、宝具強化済みですが、宝具ダメージは期待できません

各デバフは基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます

宝具封印はチャージゲージの進行自体を止めます

スキル封印は敵の厄介なスキルを封印しますが、通常攻撃の頻度が増します

クリティカル発生率ダウン、攻撃力ダウンともにオーバーチャージ依存で、10~50%。オーバーチャージ1では倍率が低いですが、スキルのオーバーチャージ段階引き上げで強化すれば、被ダメージを大きく下げます。

デバフ効果がメインで、『敵の行動を通常攻撃のみにして、さらにダメージも減らす』宝具です。

スキル

スキル1『強化後』効果
メンロパークの魔術師(A)

CT7-5

味方単体の防御力アップ(3ターン)

&味方単体のスキルチャージを1進める

防御力アップは最大30%。宝具の攻撃デバフと合わせて、付与した味方の耐久性能を大きく引き上げます

チャージタイム1短縮は、所有者がほとんどいない希少なスキルです。自分に使った場合は、使用直後の『メンロパークの魔術師』もチャージタイムが1減少します。

スキル2『強化後』効果
大量生産(A+)

CT10-8

自身に毎ターンスター獲得状態付与(5ターン)

+味方全体に毎ターンNP獲得状態付与(5ターン)

&宝具威力アップ(5ターン)

チャージタイムが長い代わりに、持続が長いスキルです。そのため強化解除を受けた時の被害が大きいです。

毎ターンスター獲得は最大10個。スキルを使用した次のターンから獲得します。獲得数が少ないため、クリティカルを狙うなら、味方や概念礼装によるスター供給が必要です。

毎ターンNP獲得状態は最大10%。即効性はないですが、5ターンで味方全体にNP50%配布するため、長期戦におけるNP供給量はトップクラスです。

宝具威力アップは最大20%。持続5ターンと長いため、アーツパーティで宝具連射する場合は恩恵が大きいです。

スキル3効果
概念改良(A)

CT8-6

味方単体の宝具使用時のOC効果を2段階引き上げる(1ターン)

&スター発生率をアップ(1ターン)

オーバーチャージ段階を2段階引き上げは、概念礼装による『オーバーチャージ段階引き上げ』と共存します。そのため『魔性菩薩(オーバーチャージ段階2段階引き上げ)』+本スキルで、宝具レベル1でもオーバーチャージ5にできます

スター発生率アップは最大30%。倍率が低く、hit数が多いサーヴァントでなければ、恩恵を感じにくいです。

運用方法

周回

NPチャージが毎ターンNP獲得状態のため、周回では宝具が撃ちづらいです

またATKが低い+ATKにマイナス補正が入るキャスタークラスのため、敵のHPが低い第1WAVE担当でも要求火力に届かない可能性があります

ただし、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックス+NP30%支援を受けれる編成で、担当WAVEの要求火力に届くなら、味方全体に10~20%のNP支援+火力支援ができます

周回でよく顔を見る『アーラシュ、陳宮』に対して、宝具威力アップ&オーバーチャージ段階引き上げによる火力強化や、オーバーチャージ段階で即死付与率が上がるサーヴァントにも効果的な支援が可能です。

また『タイプ:アース+光のコヤンスカヤ×2+エジソン+オーダーチェンジのマスター礼装』で、礼装フリーの宝具3連射が可能です。

1WAVE目……タイプ:アースのスキル3(NP100%増加)

2WAVE目……光のコヤンスカヤのスキル1(NP50%付与)×2→タイプ:アース。

3WAVE目……エジソン&光のコヤンスカヤ×2によるチャージタイム短縮で、タイプ:アースのスキル3(NP100%増加)を再発動。

高難易度

味方の宝具性能を引き上げ、デバフ宝具で行動妨害するアタッカーです。

アサシンなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

耐久寄りのサポーターと見せかけて、単独ではそれほど火力支援ができず、長期戦でパーティを生存させることもできません

パーティ全体に対しては、長い目で見れば供給量が多いですが、『やや物足りないNP・スター供給支援、代用ができる宝具威力アップ、敵の攻撃そのものは止められないデバフ宝具』とイマイチ貢献できないです。

ただ味方1騎に対しては、『オーバーチャージ段階引き上げ+チャージタイム短縮』による宝具強化とスキル回転率アップで、大幅に強化できます。

そのため組む味方によって、火力支援or耐久支援ができるサポーターに変化します

『陳宮』など、オーバーチャージ段階引き上げで宝具ダメージが伸びるサーヴァントと組めば、短期決戦で火力支援ができます

『玉藻の前』など、オーバーチャージ段階引き上げで味方全体の宝具回転率と耐久性能を強化できるサーヴァントと組めば、長期戦でNP・耐久支援ができます

しかし、火力支援要因として編成する場合は、上述の『陳宮、アーラシュ』など一部例外を除けば、通常のサポーターで強化する方がダメージは伸びます。またNP支援も即効性がないため、システム構築には貢献できません。

そのため編成は、エジソンのチャージタイム短縮の恩恵が大きく、宝具封印と合わせてチャージ減少やスタンで行動妨害できる『玉藻の前、諸葛孔明』。アーツチェインが組みやすく、デバフの穴を埋める耐久支援ができる『キャストリアジャンヌ・ダルクレディ・アヴァロン、マシュ』。デバフ宝具で軽減したダメージを、継続的なHP回復で帳消しにする『美遊・エーデルフェルト、アスクレピオス』などと組んだ耐久パーティが基本形です

敵の動きを封殺しながらジワジワ削っていくため、弱体耐性・弱体無効のギミック、ブレイクゲージ破壊からのカウンターギミックで即宝具発動などは苦手です。

概念礼装は、宝具回転率を促進する『毎ターンNP獲得、毎ターンスター獲得』が候補に入ります。

敵として出てきた場合

宝具によるダメージを防いでも宝具・スキル封印のデバフが厄介です。

宝具・スキル封印を受けると、事前の弱体無効・マスター礼装以外では弱体解除できないので、そのタイミングで違う敵からチャージ攻撃されないように注意しましょう。

まとめ

・敵は選びませんが、味方を選ぶ『サポーターと似て非なるナニか』です。サポーターの代用として適当に編成することはできず、運用時には専用の編成が必要なため、編成難易度は高いです。

・『一発の火力はそれほど高くないですが、敵の攻撃が継続的に痛い』『厄介な宝具・スキルを持っている敵が登場する』クエストで、耐久支援ができるサポーター×2と組んだ時の耐久力は折り紙付きですが、普段使いは難しいサーヴァントです

FGOにおけるトーマス・エジソン

アメリカ出身の発明家。19世紀に生まれた人間としては世界有数の知名度を誇るが、その新しさ故に、サーヴァントとしての力量はやや劣ります。

今回の召喚ではそれを補強するために、アメリカを支えた歴代大統領が「エジソン」という概念を補強する一種の礼装として扱われています。

生前とは肉体の組成から異なっているため、身長体重も史実とは記録が違う。

最新の英霊である上に、それが補強されているため、ステータス表示に若干の混乱が見られます。幸運を除けばEランクかEXしかない極端なステータスですが、実質的な能力はD~Eランクです。

獅子の頭になっても知性は全く変わらず、生前の彼を知る者が見てもちょっと語り合っただけで「あ、これエジソンだ」と看破できます。

サーヴァントとして扱う場合の注意点は、『一日の睡眠は三~四時間程度、それ以外の時間全てを労働に捧げる』という生前の基準を無意識に押しつけてくるので、寝不足と過労には要注意。

関連リンク