『ネロ・ブライト 』FGOネタバレ性能解説

基本情報

星馳せる終幕の薔薇ファクス・カエレスティス『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体にやけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体の防御力をダウン(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1『強化後』効果
天に星を(EX)

CT9-7

味方単体のNP獲得量アップ(3ターン)

&NPを増やす

スキル2効果
地に花を(A)

CT8-6

味方単体の攻撃力アップ(3ターン)

&スター発生率アップ(3ターン)

スキル3『強化後』効果
人に愛を(EX)

CT7-5

味方単体のHP回復

&防御力アップ(3ターン)

&『天の力を持つ敵』特攻状態付与(3ターン)

強い点

強化済み宝具で高倍率の火力アップスキル『最大40%の攻撃力アップ』を持ち、セイバーの非特攻宝具の中では上位のダメージです。さらに『天』属性特攻が入れば、セイバーの特攻宝具の中でもトップクラスのダメージが出ます

宝具ダメージ後に付与する防御力ダウン&クリティカル発生率ダウン(5ターン)で、味方全体を支援します

アーツ2枚構成+アーツ属性宝具でアーツチェインが組みやすく、スキル『NP最大30%チャージ&NP獲得量アップ』があるので、宝具回転率は悪くない部類です。

スキル『HP最大3000回復&防御力アップ』で、そこそこ生き延びます

各スキルは味方単体に付与できるので、火力・NP・耐久支援が可能です

『天』属性が登場するクエストなら、『キャストリア』と変わらない火力支援ができます

NP支援も、宝具のNPリチャージ性能が高いサーヴァントに限られますが、『キャストリア×2の宝具連射システム』の片方と入れ替われる支援内容です。

弱い点

各スキルの対象が味方単体で、アタッカーとして動くと支援できず、サポーターとして動くとダメージが出ません。とくにサポーターとして動く場合は、スキルを味方に渡すと『何も付与されていない状態』になるため、フィールドに残ると邪魔です。

回避・無敵といった敵からのダメージを0にするスキルがないです

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道があります。

アタッカーとして動く場合は、セイバーでトップクラスのダメージを叩き出します。サポーターとして動く場合は、『キャストリア×2』の宝具3連射システムにサポーター枠で参加できます

しかし、2017年実装サーヴァントのため、宝具・スキルの性能がシンプルです

アーツ属性の宝具ですが、NPリチャージ性能が低く、宝具連射にはカード運が絡みます。クリティカル関連スキルもないので、アーツクリティカルでダメージ・NP回収といった芸当もできません。

また必中・無敵貫通などのギミック突破スキル、回避・無敵といった耐久スキルもないので、扱いづらい部分が多いです

サポーター枠で宝具3連射させる場合も、アタッカーの宝具性能(NPリチャージ性能)に大きく依存します。最新サポーター『キャストリア、光のコヤンスカヤ、スカディ(水着)、オベロン』のように、豊富なNPチャージスキルで強引に宝具3連射はできません。

総じて、アタッカーとしてダメージが高いものの『宝具連射できない鈍重さ』、サポーターとして支援できますが『宝具3連射システムの要にはなれない』型落ち感が付き纏います。

ただ、味方単体にNP30%チャージ&NP獲得量アップは便利で、キャストリア×2でも宝具3連射できない場合の+α要員(オーダーチェンジ先)として動けます。

火力支援スキルが対象のカード属性を選ばない『攻撃力アップ』なのも利点で、さらに『天』属性が相手なら、上述の最新サポーターに負けず劣らずの火力支援ができます。

サポーターが揃っているマスターは、スルーして構いません。

サポーターの絆レベルをなるべく上げたくないマスターは、引く価値があります。

Fate/Grand Order -First Order-をAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

カード性能は、1hitのバスターを除くと、全体的にNP回収力が高めです

ステータスはレベル90時に、HP14248、ATK11607。

星5セイバーの中では、HPが平均的で、ATKが低めと恵まれていません。

クラススキル効果
対魔力(C)自身の弱体耐性を少しアップ(約15%)
騎乗(B)自身のクイックカードの性能をアップ(約8%)

対魔力で、そこそこデバフを弾きます。

騎乗はランクが高く、クイックカードのダメージとスター生産率にプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは対アサシン攻撃適正。攻防等倍なので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、人属性、混沌属性、花嫁属性、人型、女性、騎乗、ローマ、アルトリア顔、セイバークラスのサーヴァント、王、ヒト科のサーヴァント。

『善・悪・中庸』属性ではなく『花嫁』属性なので、それらが対象の効果を受けません。

星馳せる終幕の薔薇ファクス・カエレスティス『強化後』
アーツ属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体にやけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体の防御力をダウン(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

やけどのダメージはオーバーチャージ依存で、1000~2000。ダメージ倍増の『延焼』もないので、オマケ程度と考えましょう。

防御力ダウンはオーバーチャージ依存で、20~40%。倍率は平凡ですが、持続5ターンと長く、味方全体の火力を引き上げます。

クリティカル発生率ダウンはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1でも、クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、クリティカルがほとんど発生しません。こちらも持続5ターンと長く、確定ではないですが、被ダメージを抑えます。

上記3つは基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。

宝具ダメージは、『持続1ターンの高倍率バフで瞬間火力が高い』『特効範囲が狭い代わりに倍率が高い』セイバーを除くと、対象が『天』属性以外でも安定してダメージが高いです

2hit宝具のため、NPリチャージは期待できません

スキル

スキル1『強化後』効果
天に星を(EX)

CT9-7

味方単体のNP獲得量アップ(3ターン)

&NPを増やす

NP獲得量アップは最大45%。味方単体に付与するものとしては、トップクラスの倍率です(3ターン持続でこれを上回るのは、パラケルススのみ)。付与先のNP回収力を底上げするので、宝具のNPリチャージ性能が高いサーヴァントは、恩恵が大きいです。

NP付与は最大30%。付与した味方の第2アペンドスキルがレベルマックスで、初期NP50%付与礼装を装備していれば、宝具が撃てます。

チャージタイムが長く、再使用は厳しいです。

スキル2効果
地に花を(A)

CT8-6

味方単体の攻撃力アップ(3ターン)

&スター発生率アップ(3ターン)

攻撃力アップは最大40%。味方単体に付与するものとしては、『司馬懿』と同じトップクラスの倍率です(3ターン持続でこれを上回るのは、水着ネロのみ)。

スター発生率アップは最大50%。倍率が低く、攻撃のhit数が多いサーヴァントでも恩恵を感じづらいです。

スキル3『強化後』効果
人に愛を(EX)

CT7-5

味方単体のHP回復

&防御力アップ(3ターン)

&『天の力を持つ敵』特攻状態付与(3ターン)

HP回復は最大3000。チャージタイム最短5ターンの複合回復スキルとしては、高めの回復量です。

防御力アップは最大20%。3ターン持続としては並の倍率ですが、HP回復と合わせることで打たれ強くなります

『天』属性特攻は最大30%。味方に付与できる特効としては、標準的な倍率です。対象は全サーヴァントの3分の1に及び、一般エネミー『扉、手、ホムンクルス、デーモンなど』にも機能します。

スキル2『攻撃力アップ』とは乗算関係で、数値以上にダメージは伸びます

運用方法

周回

NP30%チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

『攻撃力アップ、「天」属性特攻』が別スキルなので、片方で要求火力に届くなら、味方に渡せます

クリティカル関連スキルがないので、クリティカル殴り編成は適正がありません

サポーターとして宝具連射させる場合は、『アタッカーのNPリチャージ性能に大きく依存する』点に注意しましょう。

敵が『天』属性なら、『倍率が70%以上の火力支援¹とNP30%チャージ』の支援ができます。

¹……『キャストリア(宝具抜き)、レディ・アヴァロン』と同じ倍率。

高難易度

『高火力宝具のアタッカー』『宝具回転率強化のサポーター』と2つの顔を持つアタッカー兼サポーター。

アタッカーとして編成するなら、ランサーなど、攻撃有利を取れるクエスト。サポーターとして編成するなら、どんなクエストにも適正があります。

~アタッカーとして編成する場合~

理想は、『サポーターからNP支援を受けて、宝具連射する』形です。

強化済み宝具で高倍率の火力バフを持っているため、宝具連射で短期決戦を挑みたいです。宝具ダメージ後には、持続5ターンと長い防御力ダウンを付与するので、宝具連射するほどダメージが増えます。

戦闘が長引くと、『宝具でNPリチャージできず、スター獲得系のスキルがない+スター集中度が標準=アーツクリティカルを狙えないので宝具回転率が安定しない』『スキルのチャージタイムが長めで、何も付与されていない状況が続く』『宝具やチャージ攻撃を安全に受ける手段がない』など、ボロが出始めます。

宝具ダメージが高く、アーツカードの性能も良いですが、各スキルが付与されていない素の性能は『凡庸なクラススキルの2017年実装サーヴァント』なので注意しましょう。アーツカード1枚で大幅にNP回収したり、1枚しかないクイックで大量のスター生産といった芸当はできず、2枚ある1hitバスターが足を引っ張っります。

またギミックに対応するスキルが一切ないので、火力でゴリ押しできないクエストは対処できません。

編成は、宝具連射を狙いやすくするアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』がおすすめです。『レディ・アヴァロン』はスター集中度が標準のため、スターの数が少ないと散ります。

攻撃力アップ、クリティカル威力アップに加えて、耐久スキルと妨害能力を持つ『諸葛孔明』も悪くないです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。アーツサポーターとして動ける『アマデウス、パラケルスス、徐福』が候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ、アーツカード性能アップ』。味方には『毎ターンスター獲得系』を持たせたいです。

~サポーターとして編成する場合~

各スキルをメインアタッカーに付与することで、火力・NP・耐久支援ができます。

相手が『天』属性なら、火力支援だけでも十分なサポートができます。支援内容が『特効付与、攻撃力アップ』なので、『アーツ・バスター・クイック』と支援相手を選びません

NP支援を十二分に活かすなら、宝具や通常攻撃のNP回収力が高いアタッカーがおすすめです。

耐久支援は、被ダメージを抑える程度なので、過信はできません。

問題は、各スキルを使った後です。何も付与されていない状況になるので、アーツチェイン要因以上の役割を持てません。宝具のサポート『持続5ターンのやけど、防御力ダウン、クリティカル発生率ダウン』も特筆すべき点がないので、『支援だけしてオーダーチェンジで控えと交代』『ターゲット集中の概念礼装で壁役にする』など戦法を考えましょう。

敵として出てきた場合

必中・無敵貫通といったスキルがなく、回避・無敵もないので、ガンガン攻撃しましょう

まとめ

・システム周回要員としては、最新のサポーターに席を譲りましたが、『サポーターの絆レベルを上げたくない』『キャストリア×2だけではNPリチャージしきれない』『宝具を撃つNPは足りてるけど、火力バフが足りない』といった場面で編成できます。

・幕間の物語の報酬が『虚影の塵・21個』と美味しい。

FGOにおけるネロ・ブライト

装いも新たに、純白の衣装に身を包んだ薔薇の皇帝。

衣装が替わった事でテンションも変動し、素の状態より戦闘スタイルが変化しています。

愛用の剣・原初の火も空気を読んで、その刀身を赤から白銀に変えました。

生前は運命の伴侶に出会う事なく没し、サーヴァントとなってからも運命に出会う事なく戦ってきた純白のサーヴァント。

即ち、ある電脳世界での聖杯戦争についぞ参じる事なく夢に没した姿。