『ゴルゴーン』FGOネタバレ性能解説

基本情報

強制封印・万魔神殿パンデモニウム・ケトゥス『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+味方全体のNPを増やす

スキル1『強化後』効果
巨怪蹂躙(EX)

CT7-5

自身の攻撃力を大アップ(4回・2ターン)

&バスターカードのスター集中度アップ(1ターン)

スキル2効果
変転の魔(B)

CT9-7

自身にガッツ状態を付与(1回・5ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)

スキル3効果
魔眼(A++)

CT8-6

敵単体に確率で行動不能状態を付与(1ターン)

強い点

宝具発動時に味方全体のNPを15%増加します

高倍率の攻撃力アップに加えて、『クリティカル威力アップ、バスター限定のスター集中度アップ』を持ち、高威力のバスタークリティカルが狙えます

弱い点

スター獲得系のスキルを持たず、スター集中度アップが持続1ターンと短いので、クリティカルアタッカーとして動けるタイミングが限られます

NPチャージスキルがないため、周回・高難易度で宝具を撃ちづらいです。

耐久スキルが弱体耐性の影響を受ける『石化』のみで、安定しません。長期戦になる場合は、耐久支援が必要です。

引くべきか

引かなくていいです。

長所としては『味方全体の宝具回転率を引き上げる宝具』『スターがあれば出せる強力なバスタークリティカル』『対象を選ばない石化(行動不能状態)』を持っています。これらの長所を伸ばすために、『火力・NP・スター供給支援ができる味方』と組みながら、『宝具でNP支援』『石化で耐久支援』『2枚あるアーツカードでアーツチェインを組む』など支え合いができます

難点は、周回・高難易度の両方で役割を持てないこと

『火力支援スキル、NPチャージスキル』などを持たず、周回時に編成する理由が乏しいです

高難易度では、『宝具を撃つにはNP支援』『クリティカルを出すにはスター供給支援』が必要です。それを補ったとしても、他のサーヴァントより『ここが強い』という部分がないため、編成したいと思えません。

総じて、当たり障りのない宝具・スキルが多く、個性がないです

ストーリー限定サーヴァントで、宝具レベルを上げづらいのも厳しいです。

キャラクターが好きなマスターは、引く価値があります。

アヴェンジャーのアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアヴェンジャー

カード構成は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、全体的にhit数が多く、スター生産能力はそれなり。NP回収力は極端で、アーツの性能が高く、クイック・EXアタックは非常に悪いレベル。そのためブレイブチェインを組む理由が乏しいです。

ステータスはレベル80時に、HP10197、ATK10706。

星4アヴェンジャーの中では、HP・ATKともに高く、恵まれています。

クラススキル効果
復讐者(B)自身の被ダメージ時のNP獲得量をアップ(約18%)

自身を除く味方全体『控え含む』の弱体耐性をダウン【デメリット】(約8%)

忘却補正(C)自身のクリティカル威力をアップ(約6%)
自己回復「魔力」(A)自身に毎ターンNP獲得状態を付与(約3.5%)

忘却補正を所持しており、クリティカルダメージにプラス補正が入ります。しかし、アヴェンジャーはクラス補正でスター集中度が低く、スターの飽和かスター集中度アップの支援が必要です。

復讐者の『被ダメージのNP獲得量アップ』、自己回復の『毎ターンNP獲得状態』で、NP効率が底上げされています。ただし、味方全体の弱体耐性が下がります。

固有の第3アペンドスキルは、対ライダー攻撃適正。攻撃等倍なので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、地属性、混沌属性、悪属性、人型、女性、ケモノ科のサーヴァント。

宝具

強制封印・万魔神殿パンデモニウム・ケトゥス『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+味方全体のNPを増やす

『呪い』ダメージはオーバーチャージ依存で、1000~3000。ダメージはそこそこ高いが、『呪い特攻』やダメージ倍化の『呪厄』はないため、活かすことができずオマケ程度

味方全体のNP増加は15%固定。15%とキリが悪く、周回時によくみる『初期NP75~80%付与礼装』『初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキル』と合わせづらいです。

強化済み宝具で高倍率の攻撃力アップを持つため、星5アヴェンジャー・非特攻宝具並のダメージは出ます

スキル

スキル1『強化後』効果
巨怪蹂躙(EX)

CT7-5

自身の攻撃力を大アップ(4回・2ターン)

&バスターカードのスター集中度アップ(1ターン)

攻撃力アップは最大50%。同系統の中ではトップクラスの倍率です。ブレイブチェインを組むと1ターンで消費します

バスター限定のスター集中度アップは、スキルレベルマックスでスター集中度が高いライダー並です。

それぞれ持続が短く、バスタークリティカルと宝具を続けて狙えるタイミングで使いたいです。

スキル2効果
変転の魔(B)

CT9-7

自身にガッツ状態を付与(1回・5ターン)

&クリティカル威力をアップ(3ターン)

ガッツの回復量は最大3000。持続5ターンと長く、事故に備えることができます。

クリティカル威力アップは最大50%。3ターン持続としては優秀な倍率です。アヴェンジャーはクラス補正でスター集中度が低く、スキル1『バスタ―限定のスター集中度アップ』も持続1ターンと短いため、3ターン活かすには味方・概念礼装のスター供給支援が必須です

3ターン持続する唯一の火力バフだが、チャージタイム最短7ターンと長いです。

スキル3効果
魔眼(A++)

CT8-6

敵単体に確率で行動不能状態を付与(1ターン)

行動不能状態の付与率はスキルレベル依存で、最大105%。スキルレベル9は95%。

弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。スタンとは違う『石化』扱いで、『スタン無効』を貫通します。

行動不能系スキルとしては、チャージタイム最短6ターンと短い部類です。

運用方法

周回

NPチャージスキルがないため、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装に、第2アペンドスキルを加えても30~40%のNP支援が必要です。

周回向けのバスター属性宝具持ちでNPを配布できるサーヴァント『闇のコヤンスカヤ、タイプ:アース』はいるため、これらを所持しているなら編成が組めます。

基本攻撃等倍アタッカーとしては、星5サーヴァント並の宝具ダメージが出て、宝具を撃てば第2アペンドスキル解放以上のNP支援ができます。ただ火力支援はできないため、他のWAVEは味方に丸投げです。

強力なバスタークリティカルを狙えますが、スター獲得スキルはないため、クリティカル殴り編成では扱いづらいです。

高難易度

味方と足並みを揃えながら、宝具とクリティカルで殴るアタッカー。

攻撃不利でないなら、どんなクエストでも連れていけます

理想は『NP支援やスター供給支援で、宝具・クリティカルを回す』形です。

アタッカーとしては自己完結しておらず、宝具発動にはNP支援かスター供給支援を受けてのアーツクリティカルが必要です。クリティカルで攻撃する場合も同様。

素のATKが高いとはいえ、攻撃力アップが持続2ターンと短く、3ターン持続するクリティカル威力アップもチャージタイム最短7ターンと長いです。そのため火力支援を受けるか、クリティカルで底上げしないとジリ貧になります。

アタッカーとして必要なモノが多い反面、『宝具でNP支援』『2枚あるアーツでアーツチェイン』『石化で耐久支援』ができるため、『味方を守ったり』『味方の宝具を撃たせる』動きができます

攻撃力アップの温存やEXアタックの性能が低いため、ブレイブチェインの必要性も薄く、味方との○○チェインを意識しながら運用しましょう。

必中・無敵貫通といったスキルはないため、複雑なクエストは対処できません

行動不能状態付与も相手によっては安定しないため、長期戦になる場合は耐久支援が必要です

編成は、短期決戦なら火力・NP・スター供給ができる『光のコヤンスカヤオベロン』。長期戦なら耐久・スター供給支援もできる『マーリン』と組みたいです。

とくにマーリンとは『アーツチェインが組みやすい、耐久支援スキル持ち、持続が長いスター供給・NP支援が可能』と全体的に相性が良く、足並みを揃えた運用がしやすいです。同様の理由で、妨害宝具を持つ『諸葛孔明』も悪くないです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』。火力支援とターゲット集中を持つ『レオニダス、マシュ』などが候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『バスターカード性能アップ、宝具威力アップ』。クリティカルダメージを伸ばす『クリティカル威力アップ』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得、即時スター獲得』がおすすめです。

敵として出てきた場合

行動不能状態付与による足止めが厄介です。

必中・無敵で耐久スキルを貫通せず、回避・無敵といった耐久スキルもないため、どんどん攻撃して倒しましょう。

攻撃のhit数が多いため、被ダメージでNP回収しやすいです

まとめ

・意外と単独ではなにもできず、味方と支え合うことで真価を発揮するサーヴァント

・最低限欲しい『NPチャージスキル、3ターン持続する火力バフ』がないため、使いどころが迷子。

FGOにおけるゴルゴーン

ギリシャ神話におけるゴルゴン三姉妹の三女。

呪わしき成長のなれの果て。怪物の性質が著しく強調された状態。

女神から完全な魔物・怪物「ゴルゴーン」へと完全に変成する寸前で、本来はサーヴァントとして召喚されません。

「ゴルゴンの怪物/ゴルゴーン」に限りなく近い存在として顕れてしまった彼女は、本来的には人類への脅威です。扱いには細心の注意が必要で、気を抜けば、マスターとはいえ命はない。

万が一の可能性として、互いの絆を深める事に成功すれば大いなる力を得る事になる。ただし、人間とは立場の違う、異質な存在であるとは認識すべき。

慈しみも、愛も、人と相容れるようには出来ていない。

関連リンク