『水着バーヴァンシー(ケット・クー・ミコケル)』FGOネタバレ性能解説

基本情報

祝いの躍祭イースター・フェイルノート
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&毎ターンHP回復状態を付与(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態を付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

+敵全体に強力な『人の力を持つ敵』特攻攻撃

&呪い状態を付与(3ターン)

&毒状態を付与(3ターン)

&攻撃力を大ダウン(1ターン)

スキル1効果
ミコノス☆ミコケル(EX)

9-7

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&防御力アップ(3ターン)

&解除可能な『毎ターンHP回復・毎ターンNP獲得・毎ターンスター獲得』状態の残りターン数を3ターン延長する

+敵全体の解除可能な『毒・呪い・やけど』状態の残りターン数を3ターン延長する

スキル2効果
雨の国の後継(EX)

8-6

敵単体の強化状態解除

&弱体耐性ダウン(3ターン)

&クリティカル発生率ダウン(3ターン)

&ターン毎のチャージ量が1減る状態を付与(2ターン)<重複不可>

+自身のNP増加

スキル3効果
ミコノス・ハンマー(B)

8-6

味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

+スター獲得

+『祭神の怒り』状態の味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

&NP増加

強い点

バスター属性の全体攻撃宝具は、対象範囲が広い『人』属性特攻攻撃で、宝具ダメージ前にバスターカード性能アップが付与されます。スキルに味方全体『攻撃力アップ、宝具威力アップ』があるため、3騎士に攻撃有利1.5倍のプリテンダーながら、宝具ダメージは3騎士に攻撃有利2倍の星4サーヴァント並です。

宝具ダメージ後の敵全体攻撃力ダウン(50%固定)、スキル『味方全体防御力アップ』で耐久支援が可能です。スキル『強化解除、敵単体にチャージ1減少(2ターン)』もあるので、複数ターン被ダメージを抑えます。自分は毎ターンHP回復もあるため、基本防御等倍でダメージを受けますが、そこそこしぶといです。

宝具発動時の『毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)』、スキル『即時スター獲得』で、長期的なスター供給支援ができます

NP増加最大30%、宝具発動時に毎ターンNP獲得状態で、バスター主軸ながら宝具回転率は悪くないです。宝具の毎ターンNP獲得状態は重ねがけできるため、『初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックス+光のコヤンスカヤ×2+オベロン』で宝具3連射システムが組めます。

解除可能な味方全体の『毎ターンHP回復・毎ターンNP獲得・毎ターンスター獲得』、敵全体の『毒・呪い・やけど』状態の残りターンを3ターン延長することが可能です。チャージタイムは長いが効果量の多い味方スキルを延長したり、『毒・呪い・やけど』に関係する宝具・スキルの支援ができます。

弱い点

常時発動するクラススキル『味方がダメージを受けた時に「祭神の怒り(クリティカル威力アップ・1ターン)」付与』を持ち、スキルで『「祭神の怒り」状態の味方全体に宝具威力アップ&NP増加』の支援ができますが、敵から攻撃されないと発動しません。そのため敵にターンを渡さない周回では使えず、高難易度も安定しないのが難点です。

『スキル1→宝具』の順番だと、宝具の毎ターン『HP・NP』獲得状態が延長されず、『宝具→スキル1』だと『宝具ダメージに攻撃力アップが乗らない』という問題を抱えています。

通常攻撃を強化するスキルが、『宝具発動時のバスターカード性能アップ、スキル「味方全体攻撃力アップ」』と乏しく、通常攻撃でダメージを稼ぐのが苦手です。各スキルのチャージタイムがやや長く、毎ターン『HP・NP・スター獲得』状態は延長できますが、火力バフは延長できないのも厳しい。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道があります。

嫌がらせと思うレベルで各項目(宝具・スキル・クラススキル)の文章量が多く、再臨段階でクラススキルの効果が変わるなど、非常にややこしいサーヴァントです。

しかし、その文章量に見合った多種多様な動きができます。

周回では、宝具3連射システムの構築が可能です。変則周回で宝具を一騎ずつ撃つ編成でも、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで特効宝具を撃ちながら、攻撃力アップ&宝具威力アップの火力支援ができます

高難易度では、火力・スター供給支援に始まり、『敵全体の攻撃力ダウン&味方全体防御力アップ』『敵単体にチャージ1減少(2ターン)』で合計3ターン被ダメージを抑えます。味方全体の毎ターン『○○』状態を3ターン延長は、戦闘が長引いた場合に有効です。

しかし、攻撃有利2倍を取れる『バーサーカー、アルターエゴ、ビースト』のうち、バーサーカー以外は周回時にほぼ遭遇しません。『セイバー、アーチャー、ランサー』に攻撃有利を取れますが、攻撃有利1.5倍のため、特攻対象が相手でも宝具ダメージは星4サーヴァント相応です

高難易度の場合も、『スキルの効果を延長する=活かせるサーヴァントが限られる』『被ダメージを抑える=長期的な嫌がらせができる』サーヴァントのため、編成やクエストを選びます。

総じて、『低火力を火力支援で補う』『味方全体に作用する毎ターンNP・HP・スター獲得状態を延長して、パーティ全体で延々とHP回復し続けながら宝具連射する』など、編成次第では悪さができるタイプです。

色々な運用が想定できるサーヴァントで遊びたいマスターは、引く価値があります。

汎用性が高いアタッカーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはプリテンダー

カード構成は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、アーツが標準で、クイックは高性能です。

ステータスはレベル80時に、HP11506、ATK9831。

ATK寄りのステータスです。

クラススキル効果
対魔力(EX)自身の弱体耐性をアップ(約25%)
騎乗(EX)自身のクイックカードの性能をアップ(約12%)
陣地作成(D)自身のアーツカードの性能を少しアップ(約4%)
妖精騎士(E/A)自身の『人の力を持つ敵』に対するクリティカル威力をアップ(第1・2再臨時は4%。第3再臨時は20%)
祭神の巫女(A/B)自身がフィールドにいる間、『混沌』特性の味方全体のNP獲得量を少しアップ(第1・2再臨時は5%。第3再臨時は4%)

+『善』特性の味方全体のNP獲得量を少しアップ(第1・2再臨時は5%。第3再臨時は4%)

+ 味方全体に「被ダメージ時に『祭神の怒り』状態<特殊なクリティカル威力アップ状態>(1ターン)を付与する状態」を付与

対魔力はランクが高く、それなりにデバフを弾きます。

騎乗もランクが高く、クイックカードのダメージとスター生産力にプラス補正が入ります。クイックカードが1枚しかないのが惜しいです。

陣地作成を所持しており、アーツカードのダメージとNP回収力に若干プラス補正が入ります。

妖精騎士により、『人』属性に対するクリティカルダメージが上昇します。第1・2再臨時の倍率は低いですが、第3再臨時は確実に効果を発揮する倍率です

祭神の巫女により、『混沌・善』属性のNP獲得量にプラス補正が入ります。それぞれ別扱いのため、『混沌・善』属性の場合は、両方が適用されます。自身は『混沌』のみ。第1・2再臨と第3再臨で倍率は変わりますが、ほとんど誤差のため、何かしらの理由がない限りは第3再臨で運用しましょう

味方全体に「被ダメージ時に『祭神の怒り』状態(クリティカル威力アップ)を付与する」は、第1~3再臨どの状態でも機能します。倍率は10%固定で、重ねがけ可能です。

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利のため解放する価値はありますが、初期NP50%付与礼装で宝具を撃つなら、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、地属性、混沌属性、悪属性、人型、女性、騎乗、魔性、妖精、夏モードのサーヴァント、浮遊(第3再臨限定)。

『円卓の騎士』属性は所持していません。

宝具

祝いの躍祭イースター・フェイルノート
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&毎ターンHP回復状態を付与(3ターン)

&毎ターンNP獲得状態を付与(3ターン)

&毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

+敵全体に強力な『人の力を持つ敵』特攻攻撃

&呪い状態を付与(3ターン)

&毒状態を付与(3ターン)

&攻撃力を大ダウン(1ターン)

バスターカード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1の段階から倍率は高めですが、オーバーチャージ段階強化による上がり幅は5%刻みと低いです。1ターン持続するので、追撃にも影響します。

毎ターンHP回復は1000固定。毎ターンNP獲得状態は10固定。毎ターンスター獲得は10個固定。自己強化スキルとしては強力で、重ねがけやスキルで延長できるのも利点です。

『人』属性特攻攻撃は1.5倍固定。『地』属性の水着バーヴァンシーは『人』属性に対して、1.1倍の与ダメージ補正が入るため、相性が良い宝具です。サーヴァントだけでなく、兵士系の一般エネミーも対象に入ります。

呪い・毒状態は2000×3ターン固定。重ねがけやスキルで延長できるため、総ダメージ量はかなり高いです

攻撃力ダウンは50%固定。1ターン限定ですが、敵からのダメージを半分にします

上記2つは弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。

全体6hitのため、敵3体に対して10個前後のスター生産が可能です。

スキル

スキル1効果
ミコノス☆ミコケル(EX)

9-7

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&防御力アップ(3ターン)

&解除可能な『毎ターンHP回復・毎ターンNP獲得・毎ターンスター獲得』状態の残りターン数を3ターン延長する

+敵全体の解除可能な『毒・呪い・やけど』状態の残りターン数を3ターン延長する

味方全体攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

防御力アップも最大20%。これ単体では頼りにならないが、宝具と合わせれば、ダメージを7割カットします

解除可能な『毎ターンHP回復・毎ターンNP獲得・毎ターンスター獲得』状態の残りターン数を3ターン延長するは、自分も対象です。対象に入らないのは、固有効果と化している美遊の『朔月の加護』。自分に毎ターン味方全体のNP配布・HP回復状態を付与する妖精騎士ガウェインガラテア

敵全体の解除可能な『毒・呪い・やけど』状態の残りターン数を3ターン延長するは、スリップダメージの強化だけではなく、これらをトリガーとした宝具・スキルの支援に繋がります

チャージタイム最短7ターンと長く、各効果を延長して永続化させたい場合は、『元から持続が長い効果に使う¹』or『チャージタイム短縮の支援』が必要です。

¹……例として、マーリンの宝具『毎ターンHP回復、NP獲得、スター獲得』は5ターン持続。ドラコーのスキル『毎ターンNP獲得状態』は6ターン持続。

スキル2効果
雨の国の後継(EX)

8-6

敵単体の強化状態解除

&弱体耐性ダウン(3ターン)

&クリティカル発生率ダウン(3ターン)

&ターン毎のチャージ量が1減る状態を付与(2ターン)<重複不可>

+自身のNP増加

強化解除は高難易度で有効です。白枠で囲まれている効果は解除できません

弱体耐性ダウンは最大30%。『対魔力EX』ぐらいなら貫通できる倍率です。3ターン持続するので、味方のデバフ付与も支援できます。強化解除が先に入るので、弱体耐性アップや弱体無効が付与されている敵にも入りやすいです(クラススキルに弱体耐性アップがある場合は別)。

クリティカル発生率ダウンは最大30%。クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、クリティカルがほとんど発生しません

ターン毎のチャージ量が1減る状態を付与は、敵のチャージゲージ増加をストップします。次のターンにチャージゲージが増えない効果なので、チャージゲージが0の相手にも有効です。チャージマックスの相手に使った場合は、宝具を撃たれるので注意。

NP増加は最大30%。NP増加は最大30%。第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装で、1ポチで宝具が撃てます。

スキル3効果
ミコノス・ハンマー(B)

8-6

味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

+スター獲得

+『祭神の怒り』状態の味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

&NP増加

味方全体宝具威力アップは最大20%。3ターン持続としては、標準的な倍率です。

スター獲得は最大15個。プリテンダークラスのスター集中度は標準(セイバークラスと同じ)なので、編成次第ではスターが散ります

『祭神の怒り』状態の味方全体の宝具威力アップ(3ターン)は最大20%。上記と合わせれば、最大40%×3ターンと破格です。

『祭神の怒り』状態のNP増加は20%固定。味方全体の宝具回転率を引き上げます。

『祭神の怒り』状態が1個以上でも、複数付与されません。被ダメージで付与されるため、意図的に付与できないのが難点です。

運用方法

周回

NP30%チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

宝具の毎ターンNP獲得状態は重ねがけできるため、宝具3連射する場合は、『2ターン目にNP10%増加、3ターン目にNP20%増加』です。

『初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックス+光のコヤンスカヤ×2+オベロン』で宝具3連射システムを構築できます。

難点は、特攻宝具を持つが、3騎士に対しては攻撃有利1.5倍であること。特効対象に対して飛び抜けたダメージが出るのではなく、特攻が入って攻撃有利2倍の星4サーヴァント相応です

宝具3連射システムの場合は、サポーターの火力支援で誤魔化せますが、変則周回で宝具を一騎ずつ撃つ場合は担当させるWAVEに注意しましょう。理想は敵のHPが低いWAVEを担当しながら、火力支援する形です。

クリティカル殴り編成では、毎ターンスター獲得や即時スター獲得を持ちますが、クリティカル威力アップがクラススキルにしかないので扱いづらいです。

高難易度

味方に支援、敵にはデバフをばら撒く、アタッカー兼サポーター。

アルターエゴなど攻撃有利を取れるか、3騎士混成のクエストに適正があります。

宝具・スキルに多種多様な効果を持ち、編成次第では色々できますが、良くも悪くも味方次第です

ダメージが出る特効宝具を連射すればするほど、宝具回転率が上がり、高倍率の攻撃力ダウンで生存力も上がります。ただし、宝具連射が途切れた場合は、真逆の状態になるので注意が必要です。

宝具連射時はスター生産量が増えるので、アーツ・クイッククリティカルでNP回収できます。また宝具を発動したターンはバスターカード性能アップが残るので、高威力のバスタークリティカルが狙えます

反対に宝具連射できない場合は、通常攻撃を強化するスキルが少ない²ので、ダメージが稼げません。スター生産能力も落ちるため、アーツ・クイッククリティカルでNP回収も難しいです。これは宝具連射でNP・スター獲得状態が重ねがけされる間も同じで、宝具が周り始めるまでは、NP支援で宝具回転率を上げましょう。

²……クラススキルに『人』属性限定のクリティカル威力アップはあるが対象を選び、『祭神の怒り』状態(クリティカル威力アップ)は敵の行動に左右されるので安定しない

耐久関係も同様で、宝具連射できれば敵から受けるダメージを半減し続けますが、途切れると基本防御等倍なのでHPの減りが早いです。また宝具連射している状態でも、全体攻撃宝具はともかく、単体攻撃宝具は基本的に受けきれません。味方から回避・無敵などの耐久支援を受けるか、防御力アップの重ねがけが必要です。

2ターン持続するチャージ減少を持っていますが、対象が敵単体のため、敵全体の足止めはできません

天敵は宝具回転率を止める宝具封印やNP減少系のギミックです。弱体耐性や弱体無効も生存能力が落ちます。また必中・無敵貫通といったスキルがないので、宝具連射でどうにもできないクエストは苦手です。

編成は、水着バーヴァンシーをメインアタッカーに据えるなら、短期決戦なら『光のコヤンスカヤオベロン』が候補に入ります。光のコヤンスカヤは『人』属性特攻付与を持つので、『人』属性が相手なら相性が良いです。

長期戦なら『マーリン』と組みたいです。宝具の継続的なHP・NP・スター供給支援を延長できるので、宝具回転率が上がります。味方全体に無敵付与できるのも相性が良いです。

チャージ減少やチャージタイム短縮を持つ『玉藻の前』も相性が良く、『マーリン』と一緒に組めば、『延々とHP回復&NPチャージしながら全員で宝具を撃ち続けるが、相手には何もさせない』耐久パーティが完成します。

強力なスター獲得スキルを持つ『卑弥呼』。チャージタイム短縮、毎ターンスター獲得や敵からの被ダメージを抑えるスキルが豊富な『エジソン』も相性が良いです。

スリップダメージが強力なサーヴァントの支援を支援する場合は、チャージ減少+宝具封印を持つ『妖精騎士トリスタン』などが候補に入ります。

スキル1の延長が目的なら、強力な毎ターンNP・スター獲得状態を持つ『ドラコーなど』がおすすめです。サポーター兼サブアタッカー扱いは、アーツ2枚でアーツチェインがやや組みやすく、NPチャージスキル&毎ターンNP獲得状態があるので意外と動けます。

極端な運用方法ですが、スキル1はレベル1でも使えるため、低レベル運用も可能です(ただし、星4サーヴァントのためコストは高い)。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ、レオニダス』。スター供給ができる『アンデルセン、アマデウス、徐福』。

概念礼装は、宝具ダメージを強化する『宝具威力アップ』。スター供給量を増やす『毎ターンスター獲得』。宝具回転率を上げる『毎ターンNP獲得』が候補に入ります。

敵として出てきた場合

上げればキリがないほど厄介な効果が多く、敵に回したくないサーヴァントです。

数値が高いスリップダメージ、高倍率の耐久効果、強化解除&チャージゲージ増加などなど。

高ランクの対魔力で足止めも難しく、確実に効果を発揮するチャージ減少やマスター礼装『スタン』で対処したいです。

回避・無敵はないので、強化解除や防御力無視攻撃を用意すると、楽に戦えます。

まとめ

・山ほど色々と書いてあるのでわかりづらいが、書いてある分の能力は秘めているサーヴァントです。生かすも殺すもマスター次第な部分があり、適当な編成でも仕事ができますが、専用の編成を組んだ場合にこそ真価を発揮します。

・ただし、短期決戦よりは長期戦向けのサーヴァントで、サポート能力も汎用性が高いわけではなく『いたら色々できて遊べるが、いなくても困らない』万人向けではないタイプ

FGOにおける水着バーヴァンシー

サバフェスを妨害する謎の魔法少女『ケット・クー・ミコケル』。

その正体は、「南国ぅ? 他のサーヴァントどもにまじって観光とかありえなくない?」と悪態をつくものの、「ま、お母様と一緒に行けるならいっか!』と内心は期待爆アゲで南国に向かったバーヴァン・シー。

南国リゾートで心身共に解放された彼女は、もともとの『利発ではあるが、基本的にはあまり自分を出さない』『正義にも悪にも意見はないが、自分の好きなものを攻撃されると行動的になる』という性質を表に出すが、『自分より弱いものに対してマウントをとりたがる』困った性癖は残っています。

第1・2再臨時は『妖精騎士』のランクが大幅に下がっており、とても気にしています(モルガンへの申し訳なさから)。これについて指摘するとマジギレする。さらに茶化すと本人もどうすればいいのか分からないんだよ、とマジ泣きする。やめようミコケルいじめ。

第3再臨時にランクが上昇しているのは、かつては『そうなるしかなかった』が、自らの意志で妖精騎士として戦う道を選んだため。純白の包帯にはもう以前のような出血の跡はなく、『呪いの災厄』を打ち払うアンチカースの妖精。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク