『テセウス』FGOネタバレ性能解説

基本情報

かくして紡糸は極点へ誘うアリアドネ・アポリト・アディス
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身のクリティカル威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&『魔獣型のサーヴァント』特攻状態を付与(1ターン)

+敵単体に超強力な『巨人』特攻攻撃

+スターを獲得

スキル1効果
アリアドネの祈り(C)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&NP増加

&毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

スキル2効果
直感『迷宮』(B++)

CT8-6

自身のアーツカードのスター集中度アップ(3ターン)

&アーツカードのクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

スキル3効果
武芸応報(B)

CT8-6

自身の攻撃力アップ(3ターン)

+敵単体の攻撃力ダウン(3ターン)

+スター獲得

強い点

宝具は『魔獣型のサーヴァント』特効(1ターン)に加えて、『巨人』特効攻撃と、対象範囲が狭い代わりにセイバートップクラスの宝具ダメージを叩き出します。

スター生産力が低くなりがちなアーツサーヴァントながら、宝具とスキル3つの全てにスター獲得効果があり、スター生産力が高いです。

生産したスターはアーツ限定のスター集中度アップで集めて、アーツ限定のクリティカル威力アップ、宝具発動時に付与するクリティカル威力アップで殴ります。

アーツ主軸でアーツクリティカルを狙いやすく、NP20%チャージもあるので、宝具回転率はそこそこ優秀です

敵単体の攻撃力ダウンで間接的な耐久支援も可能。

弱い点

宝具・通常攻撃のNP回収力が平凡で、宝具連射するにはアーツクリティカル連打やNP支援が必要です。

特効対象の範囲が狭く、星3セイバーの中でも低いATK(論外な『剣ジル』を除くと最底辺)が足を引っ張るため、非特攻対象にはダメージが伸びません

これを解消するクリティカル威力アップ(3ターン)が宝具発動時に付与されますが、宝具回転率がそこそこです。

耐久関係のスキルが『攻撃力ダウン』とダメージを0にできず、宝具・チャージ攻撃は耐久支援がないと受けられません

育てるべきか

育てなくても役割を果たせます。

特効アタッカーとしては、宝具に必要なモノ『各種特効、クリティカル威力アップ、即時スター獲得』が揃っており、『恒常かつフレンドガチャでも入手できる星3サーヴァント=宝具レベルを上げやすい』点とも噛み合っているのは利点です。

そのため『宝具レベル上げ+最終再臨』だけでも、特定の敵に対する一発屋として動けます。

それ以上の働き、『クリティカルアタッカー』や『スター供給要員』として動かす場合は、スキルレベル上げが必要です。

ただし、クリティカルアタッカーとしては、星3サーヴァントの低ATKが足を引っ張ります(宝具発動時に付与するクリティカル威力アップの重ねがけが必須)。

総じて、特攻アタッカーとしては十分なダメージを出し、『宝具・スキルでスター生産→クリティカルでダメージ・NP回収→宝具でスター生産……』とループができます。

ただ特効対象以外には、なかなかダメージが出ず、宝具連射力も平均よりは上といった程度です(その辺りは、やはり星3サーヴァントといったところ)。

育成優先度としては、対巨人・魔獣型サーヴァントに対する一発屋として、『宝具レベル上げ+最終再臨』を目指したいです。アーツパーティのスター供給役やサブアタッカーとして動かしたい場合は、スキルレベルを上げましょう(ただし、スキル育成素材は、多くのサーヴァントが使う『英雄の証(30×3)』)。

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flowerをAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

カード性能は、アーツが標準で、クイックはそこそこ優秀。

ステータスはレベル70時に、HP10302、ATK7105。

星3セイバーの中では、HPが高く、ATKが低い¹。

¹……ATKが断トツで低い剣ジル(ATK6615)を除くと、星3セイバーの平均が約7500。

クラススキル効果
対魔力(A)自身の弱体耐性をアップ(約20%)
騎乗(B)自身のクイックカード性能をアップ(約8%)

対魔力はランクが高く、それなりにデバフを弾きます。

騎乗もランクが高めで、クイックカードのダメージとスター生産力にプラス補正が入ります。ただクイック1枚構成のため、恩恵は薄いです。

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利を取れるので、解放したいです。星3サーヴァントはサーヴァントコインを集めやすいので、集まったら解放しましょう。

属性は、サーヴァント、地属性、秩序属性、善属性、男性、人型、騎乗、ギリシャ神話系男性、アルゴー号ゆかりの者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

かくして紡糸は極点へ誘うアリアドネ・アポリト・アディス
アーツ属性 単体攻撃宝具
自身のクリティカル威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&『魔獣型のサーヴァント』特攻状態を付与(1ターン)

+敵単体に超強力な『巨人』特攻攻撃

+スターを獲得

クリティカル威力アップはオーバーチャージ依存で、50~100%。オーバーチャージ1でも3ターン持続としては倍率が高く、運用次第では重ねがけも狙えます。

『魔獣型のサーヴァント』特効は50%。1ターン持続するので、追撃にも影響しますが、強化無効を受けていると付与できません。対象サーヴァントは約20騎とそれなりだが、攻撃有利を取れるのは7騎と限定的です。

『巨人』特効攻撃は1.5倍固定。こちらは一般エネミー『霜の巨人、スプリガン、大鬼』も対象に含みます。サーヴァントで攻撃有利を取れるのは4騎

スター獲得は20個固定。味方全体のクリティカルを誘発します。

~宝具ダメージの目安(宝具レベル5時)~

非特攻対象……未強化の星5セイバー・宝具レベル1前後。

『魔獣型のサーヴァント』or『巨人』特効……セイバーでトップクラスの瞬間火力が出る『宮本武蔵・宝具レベル1』、二重特攻宝具を持つ『紅閻魔・宝具レベル1』と同等。

『魔獣型のサーヴァント』&『巨人』特効……同じ宝具レベルの星5セイバーと競えるレベル(ただし特効対象は、2023年10月現在『伊吹童子(水着含む)、アステリオス』のみ)。

バーサーカーに対しては、第3アペンドスキル『対バーサーカー攻撃適正(自身のバーサーカークラスに対する攻撃力をアップ)』があるので、さらにダメージが伸びます。

スキル

スキル1効果
アリアドネの祈り(C)

CT8-6

自身のアーツカード性能アップ(3ターン)

&NP増加

&毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

アーツカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては優秀な倍率で、メインカードを強化します。

NP増加は最大20%。イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスでも、10%のNP支援が必要です。

毎ターンスター獲得状態は最大10個。クラス補正のスター集中度は標準のため、スキル2『アーツ限定のスター集中度アップ』発動中以外は、散りやすいです。

スキル2効果
直感『迷宮』(B++)

CT8-6

自身のアーツカードのスター集中度アップ(3ターン)

&アーツカードのクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

アーツ限定のスター集中度アップは、同クラスからスターを奪える倍率です。

アーツ限定のクリティカル威力アップは最大50%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

スター獲得は最大10個。スター集中度アップと同時に発動するので、クリティカルを狙えます。

スキル3効果
武芸応報(B)

CT8-6

自身の攻撃力アップ(3ターン)

+敵単体の攻撃力ダウン(3ターン)

+スター獲得

攻撃力アップは最大30%。3ターン持続としては倍率が高く、低ATKをカバーします。

敵単体の攻撃力ダウンは最大20%。基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。倍率はそこまで高くないので、このスキルだけで攻撃を軽減するのは厳しいです。

スター獲得は最大15個。スキル1と同様に、スキル2発動中以外は散りやすいです。

運用方法

周回

単独で出現しやすい『巨人』、変則周回で単独の登場もありえる『魔獣型のサーヴァント』に特効を持ち、要求火力に届きやすいです。

しかし、難点がいくつかあります。

まずNPチャージが最大20%のため、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスでも、10%のNP支援が必要です

スター供給以外の支援スキルを持たないので、他WAVEは味方に丸投げです

クリティカル殴り編成でも、スター供給は可能ですが、クイック・バスタークリティカルは宝具を撃たないとダメージが出ません。

高難易度

特定の対象に対しては、星5サーヴァントに劣らないダメージを叩き出す特効アタッカー。

攻撃有利+『魔獣型のサーヴァント』or『巨人』、もしくは『魔獣型のサーヴァント』&『巨人』が登場するクエストに適正があります。

宝具は特効付与&特効攻撃で、特攻対象に対してはいつでもダメージが高いです。『魔獣型のサーヴァント』に対しては、追撃にも特効が乗ります。

『宝具・スキルでスター生産』→『アーツ限定のスター集中度アップで回収し、アーツクリティカルでダメージ&NP回収』→『宝具でスター生産』→……とループが狙えます。

難点は、宝具以外のダメージが伸びないこと。

クリティカルでもダメージが出るサーヴァントではなく、『クリティカルを出さないとダメージが出ないサーヴァント』のため、特攻対象に対する宝具以外でダメージを出すには、宝具発動時に付与される『クリティカル威力アップ』の重ねがけが必要です(とくにクイック・バスターは、スキル『攻撃力アップ』でしか強化されないため、捨て札になりかねない)。

そのため敵の属性に関係なく、宝具をできるだけ連射する必要性があります。アーツ主軸でアーツクリティカルやアーツチェインは狙いやすいが、宝具のNPリチャージ性能は控え目で、通常攻撃のNP回収力も標準と過信はできません。

また低ATKを豊富な火力バフで誤魔化しているため、『スキルの切れ間や宝具バフが維持できない』状態になると、攻撃性能が悲惨なことになるので注意しましょう。

必中・無敵貫通、回避・無敵といったスキルがないので、複雑なギミックや長期戦は苦手です。

編成は、耐久支援と宝具連射が途切れないようにするアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と組みたいです。

火力・耐久・NP支援ができる『諸葛孔明』。アーツクリティカルを強化できる『女教皇ヨハンナ』。耐久関係の効果が豊富な『ジャンヌダルク』も候補に入ります。

NP支援なしでの宝具連射に難があるため、NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』。クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。同じセイバー+カード構成で、『アルゴー号ゆかりの者』属性にサポートができる『イアソン』など。

スター供給要員兼サブアタッカーとして編成する場合は、『クリティカル威力アップやスター集中度アップを持つが、スター生産はできない』アタッカーと組みたいです。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。クリティカルを安定させる『毎ターンスター獲得』。クリティカルダメージを伸ばす『クリティカル威力アップ』など。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルを持ち、豊富なクリティカル発生率アップが厄介です。

宝具は回避・無敵で防ぎながら、クリティカルは強化解除などで軽減しましょう。

まとめ

『特効宝具で攻撃』『自分でスター生産→回収→クリティカル』ができるサーヴァント。

・ただし、ステータスやカード性能は星3サーヴァント相応のため、『特攻対象に対する一発屋運用』以外は難しいです。

FGOにおけるテセウス

古代ギリシャの英雄で、ヘラクレスの親戚。

アルゴー号の乗船経験もある歴戦の冒険者。

中でも有名なのは、クレタ島の大迷宮に挑んで、ミノタウロスを討ち果たしたエピソード。

彼の旅は因果応報の旅。棍棒で相手を打ち据えていた者には棍棒で。大海亀の怪物に人間を食わせていた相手には自身を餌にさせました。

楽観的に悪党や怪物を退治して英雄と定められてきたテセウスも、迷宮に挑んで致命的な心の傷を負います。

華やかな栄光と挫折、そして心を痛め続ける日々の末に、彼は王の座を追われ、逃げ延びた先でも疎まれて謀殺されました。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク