『レオナルド・ダ・ヴィンチ(騎)』FGOネタバレ解説

基本情報

境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身のアーツカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な攻撃

+味方全体のNPを増やす(20%固定)

スキル1効果
黄金律『体』(EX)

CT8-6

自身に弱体無効状態(3ターン)

&毎ターンHP回復付与(3ターン)

&NPを毎ターン増加付与(3ターン)

スキル2効果
アクセルターン(B)

CT6-4

自身に回避付与(1回)

&クリティカル威力アップ(1ターン)

スキル3効果
星に夢を(D)

CT7-5

味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

&NP増加(10%固定)

&宝具のチャージ段階を1増加(1ターン)

強い点

Wキャストリアシステムに対応している全体アーツ宝具のライダーで、高い宝具回転率に加えて、高頻度で味方にNP配布できるアーツパーティ最適解と言えるサーヴァントの1体です。

自身に弱体無効状態(3ターン)に加えて、クラススキルで弱体耐性(20%)を持ち、デバフに強いです。

スキルと宝具で味方全体にNPを配布しつつ、アーツ主軸のカード構成でアーツチェインが組みやすいため、味方全体の宝具回転率が上がります。

味方全体に『宝具使用時のチャージ段階を1段階引き上げる状態(1ターン)』を付与できるので、オーバーチャージで対粛正防御状態の回数を増やせる『キャストリア』などと相性が良いです。

弱い点

自前の火力バフが、宝具前のアーツカード性能アップ(1ターン 20%~40%)とスキルによる宝具威力アップ(3ターン 30%)のみです。

そのため1回ではなく複数回宝具を叩き込んでダメージを出すサーヴァントです。

引くべきか

キャラクターが好きな人は引いて損がない性能です

ライバルが増えて使用頻度は下がっていますが、周回、複数の敵が出てくる高難易度、どこでも連れて行けます。

アーツサポーターとの親和性が高く、アーツパーティでは『アーツサポーターから支援を受けて宝具連射→味方全体NP配布でサポーターの宝具発動』の動きが強力です。

ただ宝具ダメージは低めで、短期決戦は望めません。変則周回でも、火力面で伸び悩みます。

ステータス

クラス・ライダー

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚。

カード性能は、アーツのNP回収率が高く、クイックは並です。

クラススキルで『陣地作成(アーツカード性能アップ)』と『騎乗(クイックカード性能アップ)』を持っているので、カード性能は良好と言えます。

ステータスはレベル90時にATK10883 HP14112。

クラススキル効果
騎乗(B)自身のクイックカードの性能をアップ(約8%)
陣地作成(C)自身のアーツカードの性能を少しアップ(約6%)
オーバーホール(E)自身の弱体耐性をアップ(約20%)

&自身のスター発生率をアップ(約20%)

弱体耐性(20%)は対魔力(A)相当で、スキル1の弱体無効状態(3ターン)と合わせて、高頻度でデバフを弾きます

固有の第3アペンドスキルはアルターエゴ攻撃適性。

特性はサーヴァント、人属性、秩序属性、善属性、人型、女性、騎乗、特別な星の力、秩序かつ善、子供のサーヴァント、霊衣を持つ者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身のアーツカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な攻撃

+味方全体のNPを増やす(20%固定)

宝具を発動するだけで味方全体にNP20%配布します

これに加えて、スキル1で毎ターンNP獲得状態(3ターン 最大20%)が付与されている間は、ダ・ヴィンチのみ合計でNP40%増加します

注意点として、多段ヒットはしますがNPリチャージ性能自体は控え目で、スキル1が途切れると相手クラス(NP回収量が低いバーサーカーなど)によっては宝具連射が途切れます。

自前の火力バフのみではダメージが思ったより伸びないので、周回時に最終WAVEを担当する場合は火力補強が必須です¹。

¹……特効・非特攻宝具問わず、星5ライダーでは最底辺のダメージ。

スキル

スキル1効果
黄金律『体』(EX)

CT8-6

自身に弱体無効状態(3ターン)

&毎ターンHP回復付与(3ターン)

&NPを毎ターン増加付与(3ターン)

毎ターンHP回復は最大1000。スキル2の回避(1回)と合わせて、意外と粘り強いです。

毎ターン獲得するNPは最大20%と高く、ダ・ヴィンチの高い宝具回転率には欠かせないスキルです

このスキルが切れると宝具回転率が落ちるので、スキルの切れ間はカード選択やNP支援でフォローしましょう。

スキル2効果
アクセルターン(B)

CT6-4

自身に回避付与(1回)

&クリティカル威力アップ(1ターン)

回避(1回)はターン制限がなく、どのタイミングで使っても無駄になりません。

クリティカル威力アップは最大50%。ライダークラスはスター集中度にプラス補正が入っていますが、スター生産力が低い+スター獲得系スキルがないので、噛み合いが悪いスキルです。

そのためスキル育成の優先度は低めです。

スキル3効果
星に夢を(D)

CT7-5

味方全体の宝具威力アップ(3ターン)

&NP増加(10%固定)

&宝具のチャージ段階を1増加(1ターン)

宝具威力アップは最大30%。持続3ターンと長く、周回・変則周回時に味方全体の火力を引き上げます。

チャージ段階の増加は、1ターンと短いので気を付けてください。

運用方法

高い宝具回転率を生かした周回、変則周回。

Wキャストリアシステムに対応しています。サポーターの火力支援で低火力を補えるのため、相性は良いです。

スキル1を使用している間は、宝具後に自前でNP最大40%増加+リチャージできるので、サポーターのNP支援にそこまで依存しないのが特徴です。

そのため敵のクラスや数に左右されずNP回収できます

 

ダ・ヴィンチ(騎)に凸カレ(マスター礼装を魔術協会制服にするか、アペンドスキル2をレベルマックスにすれば未凸でも可)を持たせて、NP30%チャージを持つサーヴァント+孔明やオベロンを使えば、

1ターン目 ダ・ヴィンチ(騎)宝具使用 ターン終了時にNP40%以上回収する。

2ターン目 孔明やオベロンを使ってダ・ヴィンチ(騎)のNPを50%増やす(内20%は味方全体にNPを付与してください)+スキル3の使用でNPを100%にして宝具使用。

※この段階で、NP30%チャージを持つサーヴァントはNP70%まで溜まっています。

3ターン目 NP30%チャージを持つサーヴァントが自スキルで宝具発動。

といったダ・ヴィンチ(騎)を起点にしたシステムも可能です。

このシステムの長所は、最終WAVEを味方に任せることで、ダ・ヴィンチの低火力をカバーできることです。

今はアペンドスキルがあるので、最終WAVE担当のサーヴァントは自由に選びやすいです。

 

総じて、固定でNPを獲得できるので、変則クエストにも対応できます

欠点は、火力の低さとポチ数が増えることです。

高難易度運用

自分が宝具連射しながら、味方にも宝具を使わせる宝具アタッカー。

クラススキルによる弱体耐性(約20%)、スキル『弱体無効状態(3ターン)』があるので、デバフに強いです。

最大の長所は、宝具・スキル・アーツチェインで味方にNPを配れる点です。味方のカードを切らずとも宝具が撃てるため、サポーターと組んだ時に、ダメージの出ないサポーターで攻撃する頻度が減ります。

耐久関係はターン制限のない回避(1回)とスキル1のHP回復最大1000のみなので、他のサーヴァントで補助してください。

難点は、通常攻撃を強化するスキルが乏しく、ほぼNP回収用(そのため2枚あるバスターカードが邪魔)。また宝具連射は得意ですが、宝具ダメージが伸びないこと。

これらの欠点は、味方の火力支援で補いましょう。『味方に宝具を撃たせる』ことが得意なので、火力支援ができる宝具を持つサポーターと組めば、火力の低さが補えます。

誰と組ませても自分の仕事『宝具連射と味方全体NP配布による宝具発動』ができるので、編成の自由度は高いです。

まとめ

Wキャストリアシステムに対応しています。

自分がシステムの要になるダ・ヴィンチ(騎)システムも可能です。

固定で確保できるNPが多いので、どのクエストでも編成の自由度が高いです。

火力は低めなので、サポーターで補うか、宝具レベルを重ねる必要があります。

スキル育成に暁光炉心を合計で45個、真理の卵を合計で30個使います。