『ガウェイン』FGOネタバレ性能解説

基本情報

転輪する勝利の剣(エクスカリバー・ガラティーン)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体にスキル封印状態を付与(1ターン)

&敵全体にやけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+『陽射し』のあるフィールドにおいてのみ、自身のバスターカードのクリティカル威力をアップ(3ターン)

&バスターカードのスター集中度をアップ(3ターン)

スキル1効果
聖者の数字(EX)

CT7-5

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&『陽射し』のあるフィールドでのみバスターカード性能アップ(3ターン)

スキル2『強化後』効果
不夜のカリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

+自身にフィールドを『陽射し』特性にする状態を付与(1ターン)

スキル3効果
べルシラックの帯(EX)

CT8-6

自身のNPを増加

+スターを獲得

+自身にガッツ状態付与(1ターン)

強い点

持続が長い火力バフとバスター3枚でゴリゴリ殴るセイバーです。

火力バフ『攻撃力アップ×2、「陽射し」限定のバスターカード性能アップ』は全てチャージタイム最短5ターンの持続3ターンでスキルの切れ間が短く、バスター宝具・バスター3枚構成と合わせて、継続火力に優れています。

『陽射し』フィールドはスキルで展開できるため、単独で条件が満たせます

『陽射し』状態で宝具を撃った場合は、バスター限定のクリティカル威力アップ&スター集中度ダウンが付与されるので、強力なバスタークリティカルが狙えます。

宝具の付属デバフにスキル封印状態があり、敵全体の行動妨害が可能です

弱い点

スター生産系スキルがスター獲得(最大10個)のみと少なく、クリティカルによるダメージ強化が狙いづらいです。

NP20%チャージを持ち、アーツも1枚しかない関係でNP回収力は高いですが、バスター3枚構成のためNP支援なしでの宝具連射はできません

耐久スキルもガッツ(1回)のみで、さらに持続1ターンと短く、宝具のスキル封印で通常攻撃を受けやすいため思ったより脆いです

引くべきか

引かなくていいです。

3ターン持続する豊富な火力バフとバスター3枚で、バーサーカーのように殴り続けます

『攻撃力アップ(20%×3ターン)、NPチャージ(20%固定)』『宝具ダメージ後のバスター限定のクリティカル威力アップ&スター集中度アップ』がスキルレベルによらないため、育成が不十分でもとりあえずバスタークリティカルで殴れるのが利点です。

単騎運用時もバスター3枚によるブレイブチェインでHPを削れるため、聖杯戦線のような場ではアタッカーとして活躍します。

しかし、火力バフが豊富で継続火力が高い以外の『耐久力、宝具連射力』が乏しいです。

そのためストーリー序盤のバスターで殴って倒せる敵には強いですが、敵のHPが増え始めるとジリ貧になります

また競合の星4セイバーが強力です。同じストーリー限定サーヴァントで固定のNP20%チャージを持ち、星5セイバー並の瞬間火力が出る『セイバーオルタ』。対『竜』属性に特化していますが、周回で扱いやすいNP30%チャージを持ち、度重なる強化で非特攻対象以外にも宝具ダメージが出る『ジークフリート』。単騎性能では他の追随を許さない『妖精騎士ガウェイン』がいます。

バフを集めてバスターで殴るセイバーが欲しいマスターは、引く価値があります。

全体攻撃宝具のセイバーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、バスター3枚、アーツ1枚、クイック1枚

カード性能は、バスター1hit、クイック2hitとイマイチです。アーツは優秀のため、初手アーツ補正の3手目アーツやアーツクリティカルを狙いたいです。

ステータスはレベル80時に、HP11419、ATK10173。

ATK偏重型で、星4セイバーの中ではATKがトップクラスに高く、HPは最底辺

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(17.5%)
騎乗(B)自身のクイックカードの性能をアップ(約8%)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗もランクは高いですが、クイックカードの性能が低く、切る機会は少ないです

固有の第3アペンドスキルは、対ライダー攻撃適正。

属性は、サーヴァント、地属性、秩序属性、善属性、人型、男性、騎乗、愛する者、セイバークラスのサーヴァント、円卓の騎士、霊衣を持つ者、ヒト科のサーヴァント。

宝具

転輪する勝利の剣(エクスカリバー・ガラティーン)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な攻撃

&敵全体にスキル封印状態を付与(1ターン)

&敵全体にやけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+『陽射し』のあるフィールドにおいてのみ、自身のバスターカードのクリティカル威力をアップ(3ターン)

&バスターカードのスター集中度をアップ(3ターン)

スキル封印は基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響を受けます。ランサーは耐久スキル持ちが多いため、役立つ場面は多いです。その反面、通常攻撃の頻度が増します。

やけどはオーバーチャージ依存で、1000~5000。持続が長く、ガッツ潰しとしても機能しますが、基本的にオマケダメージと考えましょう。

バスター限定のクリティカル威力アップは最大50%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

『陽射し』フィールド時に発動するバスター限定のスター集中度アップは、同クラスならスターを奪える倍率です。

スキル

スキル1効果
聖者の数字(EX)

CT7-5

自身の攻撃力アップ(3ターン)

&『陽射し』のあるフィールドでのみバスターカード性能アップ(3ターン)

攻撃力アップは20%固定。

『陽射し』限定のバスターカードアップは最大30%。攻撃力アップとは乗算関係なので、数値以上にダメージは伸びます。

注意点として、このスキルを使った後にフィールドが『陽射し』に変化しても、バスターカード性能アップは付与されません

2種類の火力バフスキルとしては、チャージタイム・持続ターン・倍率どれも優秀です。その代わりフィールドが限定されますが、スキル2で解消できます。

スキル2『強化後』効果
不夜のカリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

+自身にフィールドを『陽射し』特性にする状態を付与(1ターン)

攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

『陽射し』フィールド特性にする状態を付与は持続1ターンと短く、『スキル2→スキル1』の順番で使う必要があります。スキルレベルを上げる時に、2つのチャージタイムを揃えておくと使いやすいです。

スキル3効果
べルシラックの帯(EX)

CT8-6

自身のNPを増加

+スターを獲得

+自身にガッツ状態付与(1ターン)

NP増加は20%固定。味方にNP30%配布持ちが居た場合、初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。

スター獲得は最大10個。数が少なく、セイバーのスター集中度は標準のため、クリティカルを狙うなら味方・概念礼装によるスター供給が必要です。

ガッツの回復量は最大2000。唯一の耐久スキルですが持続1ターンと短く、保険としてあらかじめ付与できず、扱いが難しいです。

NP効率が良くはないため、基本的には回していきたいスキルです。味方の編成によって、NP支援を受けられるならガッツ重視、耐久支援が受けられるならNP重視と状況に合わせて使い分けましょう。

運用方法

周回

NPチャージが20%と少なく、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスでも、残り10%のNP支援が必要です。ただNP10~20%配布できるサーヴァントは増えているため、編成はそれなりに組めます。

周回向けのバスター属性宝具持ちでNP30%配布できるサーヴァント『闇のコヤンスカヤ、タイプ:アース』と組めば、相互に火力バフを付与できるので相性が良いです。

強化済み宝具で火力バフも豊富にあり、スターさえあれば強力なバスタークリティカルが狙えるため、打ち漏らしを減らせます。

変則周回のクリティカル殴り編成では、バスタークリティカルで殴りつつ、火力支援とスター供給支援ができます。ただスター獲得数が少なく、バスタークリティカルで殴る場合は、宝具発動が前提です。

高難易度

豊富な火力バフで強化したバスター3枚でぶん殴るアタッカーです。

ランサーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

性能としては『セイバーの皮をかぶったバーサーカー』で、持続が長くチャージタイムの短い火力バフを維持しながら、バスター宝具・カードで殴っていきます。

ただ耐久力もバーサーカー並ではないですが脆く、宝具によるスキル封印で殴り合いを強制するため、被ダメージが増えやすいです

またNP効率はバスター3枚構成とアーツクリティカルを狙いづらいため、宝具回転率は良くないです。宝具のバスター限定スター集中度アップが発動すると、アーツ・クイッククリティカルが狙いづらくなるため、さらに回転率が落ちます。

ギミックを突破するスキルもないため、バスター殴りでどうにもならないクエストは対処できません。

そのため編成は、火力・NP支援ができるバスターサポーターで、短期決戦なら『光のコヤンスカヤ、オベロン』、長期戦なら耐久支援もできる『マーリン』と組みたいです。

とくに『光のコヤンスカヤ』は、『バスターカード限定のスター集中度アップ&スター供給』『チャージタイム短縮による火力バフの重ねがけ』など、欲しいモノをすべて持っています。チャージタイム短縮でスキル2を再使用+NP支援から宝具発動で、宝具のクリティカル威力アップが重ねがけされるため、バスタークリティカルのダメージがさらに伸びます(フィールドが最初から『陽射し』属性なら、宝具連射する度にバスタークリティカルのダメージUP)。

3ターン持続の火力バフ+バスター3枚構成のため、スター供給とクリティカル威力アップの支援ができる『卑弥呼』+カード固定ができる『水着BB』と組めば、強力なバスタークリティカルを連射できます。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ』、クリティカル関連からNP支援までこなる『アンデルセン』、バスターバフを付与できる『シェイクスピア』が候補に入ります。

概念礼装は、手早く宝具を撃ちたいなら『初期NP付与礼装(+α)』。バスター3枚構成を活かす『バスターカード性能アップ』。スター供給を受けられるなら『スター集中度アップ、クリティカル威力アップ』などがおすすめです。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルを持ち、持続が長い火力バフを連発された時の事故が怖いです。

耐久スキルが1ターン持続のガッツのみなので、やられる前にやりましょう

まとめ

『火力バフを盛ったバスターで殴る』ある意味わかりやすく、扱いやすいパワーアタッカーです。

・スターさえあれば、『攻撃力アップ最大40%+バスターカード性能アップ最大30%+クリティカル威力アップ50%』が付与されたバスタークリティカルで敵をマッシュマッシュします。

FGOにおけるガウェイン

アーサー王伝説にある円卓の騎士のひとり。

最古参の騎士のひとりにして、王の戦い、その終局まで仕えた忠義の騎士。

エクスカリバーの姉妹剣と呼ばれる太陽の聖剣を持ち、聖者の祝福により、日中においては並ぶ者なき無双の騎士。

穏やかな笑顔の似合う白馬の王子。生真面目な性格だが重苦しく構えたところがなく、
誰であれ真摯かつ丁寧に対応します。激高する事はあっても妬みや恨みといった負の感情を抱かないため、どのような戦場にあっても清々しいです。仮に仕事の内容が集金であっても。

恵まれた才能や家柄であっても妬まれなかったのはガウェイン自身の性格の良さと、それを当然と思いながら鼻にかけない天然さ故です。

他の円卓の騎士曰く、「あの嫌味のなさはもう才能」。

円卓に多くの兄弟を持ちますが、妹のガレスとは特に仲が良かったです。それゆえガレスを無慈悲に斬り殺したランスロットに激怒し、その怒りがアーサー王の窮地を招いた事が、彼にとって最大の後悔です。

関連リンク