『テスカポリトカ』FGOネタバレ性能解説

基本情報

第一の太陽ファーストサン・シバルバー
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)

&自身の宝具威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な攻撃

+味方全体のNPを少し増やす

スキル1効果
闘争のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&『ガッツ状態』の味方の攻撃力アップ(3ターン)

スキル2効果
黒い太陽(EX)

CT9-7

自身のNP増加

+自身を除く味方全体のNP増加

+味方全体に無敵付与(2回・3ターン)

&無敵無効状態付与(1回・3ターン)【デメリット】

スキル3効果
山の心臓テペヨロトル(A)

CT8-6

自身にガッツ状態付与(1回・3ターン)

&アーツカード性能アップ(3ターン)

&『神性』特攻状態付与(3ターン)

&『超巨大』特攻状態付与(3ターン)

&フィールドの『陽射し』特性を打ち消す状態を付与(3ターン)

強い点

星5アサシン最底辺のATKだが、豊富な火力バフでアサシン内だとトップクラスの宝具ダメージです。宝具はダメージ前に無敵貫通(1ターン)と3ターン持続する宝具威力アップが付与されるので、ダメージを通しやすく、連射するほど威力が上がります

スキルの火力バフは『味方全体攻撃力アップ&ガッツ状態の味方全体攻撃力アップ、アーツカード性能アップ』と揃っており、『神性』『超巨大』特効もあるため、非特攻対象にもダメージが出る特攻アタッカーで火力支援も可能です。

宝具後に味方全体のNP10%チャージ、スキルで自分以外の味方全体NP最大30%チャージを持ち、合計40%以上のNP支援ができます。自分はNP50%チャージもあるので、宝具を撃ちやすく、撃たせやすいです。キャストリア×2の宝具3連射システムにも対応しています。

上述の無敵貫通に加えて、耐久スキル『ガッツ(1回・3ターン)、味方全体に無敵付与(2回・3ターン)』など、高難易度で役立つスキルが多いです

弱い点

素の低いATKを豊富な火力バフで強引に誤魔化しているタイプなので、スキルの効果が切れるとダメージが出ません。またアーツ主軸でスター生産力が低く、クリティカル関連スキルも一切所持していないので、通常攻撃でダメージを稼ぐのは苦手です。

宝具のNP回収力が凡庸で、通常攻撃のNP回収力は低めという問題を抱えています。アーツクリティカルを狙えないので、火力・NP支援が途切れて宝具連射が止まると、一気に苦しくなるのが弱点です。

いくつかのデメリットスキルを抱えており、自身にフィールドの『陽射し』特性を打ち消す状態は編成やスキルの使用順番で対処できますが、無敵無効状態付与(1回・3ターン)は無敵付与する場合に注意しましょう。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

キャストリア×2のシステムアタッカーとしては、初期NP0%付与礼装で、NP回収量の低いバーサーカー相手に宝具3連射システムが狙えます

変則周回で宝具を1騎ずつ撃つ編成では、火力支援+NP30%配布(宝具を撃つ度に+10%)が強力です。テスカポリトカ(第2アペンドレベルマックス)×2なら、残り1騎はNP20%で宝具が撃てます。

高難易度で編成する場合も『無敵貫通宝具の連射』『アーツチェインが組みやすいアーツ主軸のカード構成+NP配布でサポーターの宝具回転率アップ』『味方全体無敵付与、ガッツで耐久』と優秀な要素が多いです。

難点は、長期戦でスキルの効果が切れると何もできないところ。

スキルがなにも付与されていない状態だと、低ATKやNP回収力の低さが露呈します。スキルのチャージタイムが長いため、この何もできない状態が長いです。

総じて、アサシンクラスのアタッカーとしては、周回・高難易度の両方に対応できるトップクラスの性能です。

アサシンはクラス補正でATKにマイナス補正が入りますが、『神性』『超巨大』特効のどちらかが入れば、宝具連射していない状態でも攻撃等倍相手に『水着伊吹童子(同じ宝具レベル、攻撃有利1.5倍で非特攻対象に攻撃)』とほぼ同じダメージが出ます。非特攻対象が相手なら、テスカポリトカ宝具レベル2<水着伊吹童子宝具レベル1<テスカポリトカ宝具レベル3です。

攻撃有利2倍を取れるなら、宝具レベル1でも星4アサシン・宝具レベル5以上の活躍が望めます。それ以外の様々なクエスト『クラス相性は攻撃等倍だが、変則周回で第1WAVE要因として使いたい、テスカポリトカ×2+アタッカーの編成で第1~2WAVEを担当させたい』場合は聖杯投入や宝具レベル上げが必要です。

アサシンクラスのアタッカーが欲しいマスターは、引いて損がない性能です。

対ライダー相手にシステム周回が組めているマスターは、スルーして構いません。

衛宮さんちの今日のごはんをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアサシン

カード構成は、アーツ2枚、バスター2枚、クイック1枚

カード性能は、全体的にNP回収力は低いが、クイックのスター生産力は高めです。

ステータスはレベル90時に、HP14535、ATK10982。

星5アサシンでは、HPがトップクラスに高く、ATKは最底辺。

クラススキル効果
対魔力(A)自身の弱体耐性をアップ(約20%)
陣地作成(A)自身のアーツカード性能をアップ(約10%)
神性(C)自身に与ダメージプラス状態を付与(+150)
全能の智慧(A)自身のバスターカードの性能をアップ(約10%)
戦士の司ティトラカワン(A)自身がフィールドにいる間、マスタースキルの一部の効果を少しアップ(+10%)

対魔力はランクが高く、それなりにデバフを弾きます。

陣地作成もランクが高く、アーツカードのダメージとNP回収力にプラス補正が入りますが、それ込みでもNP回収力は低いです。

神性は特効に引っかかりやすいので注意しましょう。

全能の智慧により、バスターカードのダメージにプラス補正が入ります。

戦士の司は、マスター礼装の効果を常時強化します。攻撃力アップ50%なら55%、スター獲得20個なら22個。攻撃力アップ、○○カード性能アップ、HP回復、スター獲得などが対象です。コマンドシャッフル、弱解解除、無敵・回避付与、チャージタイム短縮、敵のチャージ減少などは対象外です。この効果は重複可能で、テスカトリポカ×2の場合は20%増加します。

固有の第3アペンドスキルは、対アサシン攻撃適性。攻撃等倍のため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、疑似サーヴァント、天属性、混沌属性、善属性、人型、男性、神性、今を生きる人類、霊衣を持つ者。

宝具

第一の太陽ファーストサン・シバルバー
アーツ属性 全体攻撃宝具
自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)

&自身の宝具威力をアップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵全体に強力な攻撃

+味方全体のNPを少し増やす

無敵貫通(1ターン)は、回避・無敵を無視します。1ターン持続するので、追撃にも影響します。

宝具威力アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1でも倍率は高いが、オーバーチャージ段階強化による上がり幅は5%刻みと低いです。3ターン持続するので、宝具連射するほど重ねがけされます

上記2つは付与のため、強化無効を受けていると失敗します。

味方全体NP増加は10%固定。自分も対象です。味方全体の宝具回転率を引き上げます。

NPリチャージ性能は、キャストリア×2の支援を受けたなら、NP回収量が低いバーサーカー×3相手にオーバーキル次第でNP70%リチャージ可能です。アーツ属性のシステムアタッカーとしては、余裕がないレベル(敵のHP次第では、マスター礼装や概念礼装の補助が必要)。

~宝具ダメージの目安~

攻撃有利2倍……水着ワルキューレ(宝具レベル5・非特攻対象に攻撃)<テスカポリトカ(宝具レベル1・非特攻対象に攻撃)<水着ワルキューレ(宝具レベル5・特攻対象に攻撃)<テスカポリトカ(宝具レベル3or宝具レベル1・特効のどちらか)

攻撃等倍……非特攻対象に攻撃した場合は、同じ宝具レベルの『闇のコヤンスカヤ(攻撃等倍の非特攻対象に攻撃)』より僅かに上。宝具3連射目(宝具威力アップ60%)・特効のどちらかが入れば、同じ宝具レベルの『ギルガメッシュ(攻撃等倍の特効対象に攻撃)』に並びます。

スキル

スキル1効果
闘争のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&『ガッツ状態』の味方の攻撃力アップ(3ターン)

味方全体攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

『ガッツ状態』の味方の攻撃力アップも最大20%。自分はスキル3で条件を満たせます。マスター礼装や概念礼装のガッツ付与も対象です。スキル3とはチャージタイムがズレているので、2回目以降は待つ必要があります。このスキル使用後にガッツを付与しても発動しないので注意しましょう。

スキル2効果
黒い太陽(EX)

CT9-7

自身のNP増加

+自身を除く味方全体のNP増加

+味方全体に無敵付与(2回・3ターン)

&無敵無効状態付与(1回・3ターン)【デメリット】

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備していれば、1ポチで宝具が撃てます。

自身を除く味方全体のNP増加は最大30%。味方が初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスなら、即宝具が撃てます。

味方全体に無敵付与(2回・3ターン)は、3ターン持続するので、NPチャージ目的の使用でも無駄になりません。他の無敵とは重複しないので注意しましょう。

無敵無効状態付与(1回・3ターン)は、無敵限定の強化無効です。弱体解除・弱体無効で対処できます。回避・対粛正防御状態・防御力アップ・ダメージカットは対象外です。

強力な複合スキルのため、チャージタイムは長めです

スキル3効果
山の心臓テペヨロトル(A)

CT8-6

自身にガッツ状態付与(1回・3ターン)

&アーツカード性能アップ(3ターン)

&『神性』特攻状態付与(3ターン)

&『超巨大』特攻状態付与(3ターン)

&フィールドの『陽射し』特性を打ち消す状態を付与(3ターン)

ガッツの回復量は最大3000。回復量は多めですが、スキル1のために早く使いたいのが悩みです。

アーツカード性能アップは最大30%。3ターン持続としては、優秀な倍率です。

『神性』『超巨大』特攻はともに最大50%。『神性』属性はサーヴァントに多く、一般エネミーも『スフィンクス、黎明の炎腕、ガルダ、ワルキューレ、マハーハーガなど』それなりに出会う機会は多いです。『超巨大』属性も対象はそれなりにいますが、単独で出てくるのがほとんとです

フィールドの『陽射し』特性を打ち消す状態を付与(3ターン)は、自分に影響がないものの、『陽射し』フィールド限定の効果を持つ宝具・スキル持ちのサーヴァントと編成する場合は注意しましょう¹。

¹……『陽射し』が消えても効果が残るなら、『該当スキル→スキル3』の順番で対象はできます。

運用方法

周回

NP50%チャージと味方全体NP30%配布(宝具発動で+10%)を持ち、宝具が撃ちやすく、撃たせやすいです

キャストリア×2の宝具3連射システムに対応しており、オーバーキル次第で初期NP0%付与礼装の6積み周回が狙えます。NPリチャージ性能的にはあまり余裕がないため、オーバーキルを多く取れないor変則周回で使う場合は、マスター礼装『オーダーチェンジ』や概念礼装でサポートしましょう。

変則周回で宝具を1騎ずつ撃つ編成では、第1WAVE担当なら第2~3WAVE担当に火力支援とNP40%配布ができます。第2~3WAVE担当は、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキル解放で即宝具発動です。

テスカポリトカ×2+アタッカーの場合は、全員が第2アペンドスキルレベルマックスなら、初期NP0%付与礼装で全員が宝具を撃てます(第1~2WAVEはテスカポリトカが担当)。

クリティカル殴り編成では、クリティカル関連スキルを持たないため、適正は低いです。

高難易度

豊富な火力バフで強化した宝具を、無敵貫通で押し通す宝具アタッカー。

ライダーなど攻撃有利を取れるか、特攻対象が出てくるクエストに適正があります。

連射するほどダメージが上がる宝具を、無敵貫通で押し付けるのが強力です。そのためアーツサポーターによる宝具連射システムが一番実力を発揮します。

アーツサポーターとは、アーツ主軸でアーツチェインが組みやすい、宝具発動時のNP配布で宝具回転率強化など親和性が高いです

ガッツや味方全体無敵付与(2回)で耐久力もあります

難点は、スキルが切れると一気に弱体化すること。

スキルがなにも付与されていないと、『低ATK、スター生産力が皆無、NP回収力が低い』という欠点が表面化します。スキルのチャージタイムも長いので、宝具連射できている間に仕留めきれないと『宝具が撃てない、クリティカルが出せない』と厳しいです。

対処法としては、『アーツチェインでなんとかNP回収する』『NP支援を受ける』『チャージタイム短縮の支援を受ける』など。

編成は、火力・耐久支援と宝具連射を途切れないようにするアーツサポーター『キャストリア、玉藻の前、レディ・アヴァロン』と組みたいです。キャストリアは無敵付与無効に弱体解除や対粛正防御状態で対処できます。玉藻の前はチャージタイム短縮でスキル回転率を上げられるのが利点です。ただし、2騎ともライダーに防御不利なのが難点。

NP支援なしでの宝具連射に難があるため、NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

宝具を発動するだけで『今を生きる人類』属性にNP配布できる『ボイジャー』『タイプ:アース』と組めば、相互にNP配布し続けるため、長期ターン宝具連射が望めます。

スター供給ができる『アンデルセン、アマデウス、徐福』。アーツサポーターとして動ける『パラケルスス』が候補に入ります。

概念礼装は、宝具ダメージを伸ばす『宝具威力アップ』。宝具回転率上昇の『アーツカード性能アップ、NP獲得量アップ』。低いATKを補う『初期NP付与+攻撃力アップの「ゴールデン相撲~岩場所~」』などがおすすめです。

敵として出てきた場合

チャージゲージが短いアサシンでチャージゲージ増加スキル持ち、さらに受ける手段が限られる無敵貫通宝具と厄介極まりないです。

高ランクの対魔力を所持しており、確実に効果を発揮するチャージ減少や付与率が高いマスター礼装『ガンド』で足止めしましょう。

無敵やガッツもあるため、強化解除や無敵貫通宝具があると戦いやすいです。

宝具は対粛正防御状態か防御力アップ・ダメージカットの重ねがけで防ぎましょう。

まとめ

・アサシンクラスのアタッカーとしては、周回・高難易度の両方に対応できるトップクラスの性能ですが、攻撃有利を取れる数が少ないです(バーサーカー以外の全員に言えること)。

・宝具レベルを上げるほど、連れていけるクエストの幅が広がります。

FGOにおけるテスカポリトカ

アステカ世界の地上において最も有力な神。万象を映す、黒き太陽の化身。

完璧主義で、やや皮肉屋。もちろん好戦的。お喋り(語り)癖があり、相手にとって必要なこと(欠けていること)を雑談として忠告する癖があります。

他人に厳しく、自分には寛容。根が悲観主義なのでまわりの空気を重くし、また、持ち前の運の無さから死神扱いされる。冷淡、冷酷な性格だが、お喋り好きな面から、人を好きやすい(好かれやすい)。

生存競争があるところに、喜んで参戦します。たえず「戦いの種」を探しては、これが育ち、芽吹く事を楽しみにしている酷い人格。そこに悪心はなく、テスカトリポカにとっては生存競争こそ秩序、世界を安定させて回す善だと捉えているため。

マスターには敬意を評さず、特別視もしません。自らが力を認めた者であればどれだけでも援助するが、力の程度を試すべく只人であれば死に至ることすら幸運と思えるような苛烈な試練を課すこともあります。

アステカ世界の地上において全能神として定義されているが、どちらかというとシステム的な存在であり、『この世のいずれの場所にも存在して争いを引き起こし、その争いの結果を定めることができる』という神のようだ。

ただしその結果を定める基準は明確ではなく、テスカトリポカ自身もその決定には関与しない。あくまでもダイスをふるだけ。多くの神話に登場する運命神が、運命そのものを自らの意志でコントロールできないことに似ています。

銃器を愛でているが、使うのはド下手。結局のところは野蛮な手斧、ジャガー化した爪、超自然現象を武器にして戦う事に。本人、そこを指摘されるととても傷つく。

アニメ観るなら<U-NEXT>

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

関連リンク