『雑賀孫一』FGOおすすめ性能解説

基本情報

銃神・八咫烏じゅうしん・やたがらす
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)

スキル1 効果
八咫烏の目(B)

CT8-6

自身に必中状態付与(3ターン)

+味方全体のクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター大量獲得

スキル2 効果
雑賀流居合銃術(A)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

スキル3 効果
蛍火(B)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&ターゲット集中状態付与(1ターン)

&被ダメージ時のNP獲得量アップ(1ターン)

&NP増加

強い点

即時スター獲得最大30個+味方全体クリティカル威力アップで、クリティカルを誘発しながらダメージも強化します

3ターン持続する必中で、ダメージを通しやすいです

回避&ターゲット集中で味方を護りながら、被ダメージ時限定のNP獲得量アップでNP回収します。

宝具ダメージ前の『クイック&バスターカード性能アップ』、スキル『クイック&バスターカード性能アップ&クリティカル威力アップ』、クラススキル『クリティカル威力アップ、アーツ限定のクリティカル、アーツカード性能アップ』で、星4アーチャー相応の宝具ダメージを出しながら、クリティカルでもダメージが稼げます。

弱い点

NPチャージが20%固定と若干低く、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てません。

育てるべきか

アーチャークラスのアタッカーがいないなら、育てましょう。

攻防ともにバランスが良く、『クラス補正でスター集中度が高いアーチャー+スターが稼げるクイック主軸のカード構成』とクリティカルが狙いやすいので、運用難易度が低いです

これといって欠点らしい欠点がない反面、アタッカーとしては目立った長所を持っていません。

宝具ダメージは星4アーチャー相応(配布サーヴァントで宝具レベルを上げやすいのは利点)で、クリティカルも突出して高くないです。

また宝具のNPリチャージ性能がそこそこで、『スカディ(水着)×2』の宝具連射システムに対応していません。またNPチャージスキルが20%固定のため、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルで宝具が撃ちづらいです。

競合に同じ配布サーヴァントで周回・高難易度適正が高い『クロヱ』。高難易度サポーターとして動ける『ナイチンゲール・サンタ』といった優秀なアーチャーが多いのも厳しいです。星3アーチャーも一芸に秀でた特効宝具持ちがひしめいており、『このクエストには雑賀孫一を連れて行きたい』とならないです。

総じて、『途切れにくい火力バフアタッカー』『火力&スター供給支援でサポートサポーター』『回避&ターゲット集中で壁役タンク』とバランスが良く、どんな編成でも求められた仕事をこなします

サーヴァントが揃っておらず、1騎で複数の役割を担えるアーチャーが欲しいマスターは、育成する価値があります。

アーチャークラスのアタッカーやサポーターのサーヴァントを既に育成しているマスターは、育成優先度が下がります。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアーチャー

カード構成は、クイック2枚、バスター2枚、アーツ1枚

カード性能は、5hitするクイックがNP回収・スター生産に期待でき、アーツは1枚構成らしくNP回収力が高めです。

ステータスはレベル80時に、HP12005、ATK8996。

星4アーチャーの中では、HPがかなり高く、ATKがかなり低い。

クラススキル 効果
対魔力(D) 自身の弱体耐性を少しアップ(約12%)
単独行動(A) 自身のクリティカル威力をアップ(約10%)
道具作成「銃」(D) 自身のアーツカードの性能を少しアップ(約5%)

+自身のアーツカードのクリティカル威力を少しアップ(約10%)

対魔力はランクが低く、デバフを弾ければラッキー程度。

単独行動はランクが高く、クリティカルダメージに大きなプラス補正が入ります。

道具作成「銃」により、アーツカードのダメージとNP回収力にプラス補正が入り、クリティカルダメージにも大きなプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利のため、解放する価値は高いです(配布サーヴァントのため、とりあえずで開けれて、恩恵もデカい)。

属性は、サーヴァント、人属性、秩序属性、善属性、人型、女性、ヒト科のサーヴァント。

宝具

銃神・八咫烏じゅうしん・やたがらす
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体に超強力な攻撃

&敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)

クイック&バスターカード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ段階強化による上がり幅は5%刻みと低く、強化する恩恵は少ないです。

クリティカル発生率ダウンは20%固定。クリティカル発生率アップのバフやクリティカル発生率を高く設定されていない限りは、クリティカルがほとんど発生しません

単体10hitするので、そこそこスター生産・NPリチャージします。支援なしでも宝具QQEXなら50個近いスター生産が狙えて、『スカディ(水着)×2』の支援があれば、宝具BAEX(クリティカル)で100%近いNP回収が狙えます。

宝具ダメージは星4アーチャー相応で、宝具レベル5なら星5アーチャー宝具レベル1~2(非特攻宝具)。

スキル

スキル1 効果
八咫烏の目(B)

CT8-6

自身に必中状態付与(3ターン)

+味方全体のクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター大量獲得

必中は3ターンは回避対策に有効です。

味方全体のクリティカル威力アップは最大30%。3ターン持続としては標準的な倍率です。

スター獲得は最大30個。編成にもよりますが、味方全体のクリティカルを誘発します。

ダメージ強化だけでなく、アーツ・クイッククリティカルでNP回収・スター生産が狙えるのも利点です。

スキル2 効果
雑賀流居合銃術(A)

CT8-6

自身のクイックカード性能アップ(3ターン)

&バスターカード性能アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

クイック&バスターカード性能アップは最大30%。メインカードを強化します。

クリティカル威力アップも最大30%。スキル1やクラススキルと合わせれば、悪くない倍率です。各種カード性能アップとは乗算関係で、ダメージは数値以上に伸びます。

スキル3 効果
蛍火(B)

CT8-6

自身に回避付与(1ターン)

&ターゲット集中状態付与(1ターン)

&被ダメージ時のNP獲得量アップ(1ターン)

&NP増加

回避&ターゲット集中で、避けながら味方を護れます

被ダメージ時限定のNP獲得量アップは最大50%。同系統の中ではトップクラスの倍率です。

NP増加は20%固定。

全ての効果を活かすのは難しいので、『耐久支援が受けられるなら回す』『NP支援が受けられるなら敵の宝具・チャージ攻撃まで温存する』といった具合に、味方と相談しましょう。

スキルレベルが影響するのは、被ダメージ時のNP獲得量アップだけなので、スキルレベル上げの優先度は低いです

運用方法

周回

NPチャージが20%固定と、イベントでよく配られる初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルでも、10~20%のNP支援が必要です。宝具を撃たせるなら、NP10~20%配布できるサーヴァントと組むか、マスター礼装で補いましょう。

宝具ダメージは、非特攻宝具の星4アーチャー相応ですが、『クリティカル威力アップ&即時スター獲得』でクリティカル追撃しやすいです

宝具のNPリチャージ性能は控え目で、宝具連射する場合はクリティカル追撃が必要です。

クリティカル殴り編成では、強力なクリティカル誘発スキルを所持しており、クリティカル威力アップもあるので適正は高いです。

高難易度

宝具・クリティカルでダメージを稼ぎやすいアタッカー。

セイバーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

スキルの3ターン持続する火力バフに加えて、宝具ダメージ前にも『クイック&バスターカード性能アップ』が付与されるので、火力バフが途切れにくいです

スター生産しやすいクイック主軸のカード構成に、スキル・クラススキルにクリティカル威力アップがあるので、クリティカルでもダメージを稼げます。

さらに必中(3ターン)があるので、宝具・クリティカルダメージを通しやすいです。

耐久面も『回避&ターゲット集中』で、必中・無敵貫通が付与されていない単体攻撃に限定されますが、味方全体を守れます

難点は、それぞれの性能が際立って高くないこと。

宝具ダメージは『非特攻宝具』『低めのATK』『火力バフがクイックカード性能アップのみ』と伸びない要素が多く、しっかり火力支援したいです。

宝具のNPリチャージ性能がそこそこで、NPチャージスキルも20%固定と低く、宝具回転率は悪くないレベル止まり。スター生産力はあるので、しっかりアーツクリティカルを狙いたいです

編成は、メインアタッカー運用なら、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ水着スカディ』と組みたいです。2人が苦手な耐久関係を自前である程度は解消します。

長期戦で火力・耐久・NP支援ができる『諸葛孔明』。即時スター獲得(最大20個)『オベロン』もおすすめです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』が候補に入ります。ターゲット集中&無敵持ちの『マシュ』とで交互に攻撃を受けるのも強力です。

スター供給要員や壁役として編成する場合は、アーチャーのクラス補正でスターを吸ってしまうので、メインアタッカーは『スター集中度アップ持ち』『スター生産力が高め』が望ましいです。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』『初期NP付与+攻撃力アップのゴールデン相撲~岩場所~」』。宝具を撃つための『初期NP付与礼装+α』が候補に入ります。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルや3ターン続く必中が厄介です。

ターゲット集中&回避もあるので、敵に回すととんでもなく面倒です。

無敵で確実に攻撃を受けるか、必中・無敵貫通で早期に倒しましょう。

まとめ

短所はないが、長所もないサーヴァント。どんな編成でも仕事はできるが、いないと困るレベルにはなれません。

・全体的に悪くないどころか優秀な部類だが、それだけじゃ生き残れないほどアーチャークラスは人外魔境と化しています(具体的には、初期実装ながら頭おかしい性能をしている英雄王が基準になっているのが悪い)

FGOにおける雑賀孫一

日本の戦国時代に存在した鉄砲傭兵集団『雑賀衆』の三代目頭領。

本能寺の変後の羽柴秀吉につき、彼の天下統一に少なからず貢献しました。

その過去は、幼少時に異国で攫われ、日本へ来たというもの。名前もなく売られる所を先代の雑賀孫一に救われて、雑賀衆に加わりました。

よく騙される人生だったらしく、人を騙す人が嫌いです。それでも、人を騙すよりは、騙される方がいい。という性格。

他の追随を許さない鉄砲技術が特徴の『雑賀の頭領』でありながら、狙撃が苦手なのは内緒。

関連リンク