『アルトリア・ペンドラゴン(槍)』FGOおすすめ性能解説

基本情報

最果てにて輝ける槍ロンゴミニアド
バスター属性 全体攻撃宝具
自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)

+敵全体に強力な攻撃

+自身のNPをリチャージする<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1 効果
光の奔流(A+)

CT7-5

自身のバスターカード性能アップ(1ターン)

&『混沌』特攻状態付与(1ターン)

&『悪』特攻状態付与(1ターン)

スキル2 効果
カリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)
スキル3 効果
最果ての加護(EX)

CT8-6

自身のNPを増やす

&弱体状態を解除

強い点

宝具はダメージ前に無敵貫通(1ターン)が付与されるので、ダメージを通しやすいです。

スキルに『混沌、悪』属性特攻付与を持ち、特攻対象に対してはランサー内でトップクラスのダメージが出ます。

アーツ・クイック・EXアタックの性能が良く、スキル『NP最大50%チャージ』、宝具ダメージ後にNPリチャージ効果(オーバーチャージ依存:20~60%)とバスター主軸ながら宝具回転率が良いです。『光のコヤンスカヤ×2+オベロン』の宝具3連射システムにも対応しています。

クラススキル『対魔力弱体耐性アップ』とスキル『弱体解除』でデバフに強いです。

弱い点

主要の火力バフが持続1ターンと短く、宝具・通常攻撃でダメージを稼ぎ続ける動きができません。

クリティカル関連スキルもないため、スキルの切れ間はアタッカーとして弱体化します

『混沌』『悪』属性持ちはサーヴァントがほとんどで、宝具を撃つ時に敵全体が特効対象なのは稀です

回避・無敵といった耐久スキルがないので、宝具・チャージ攻撃を受けられません。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いたら使い道があります。

NP50%チャージで宝具が撃ちやすく、火力支援スキルもあるため、宝具3連射システムや変則周回で宝具を1騎ずつ撃つ編成に対応可能です。

高難易度では、宝具ダメージ前の無敵貫通、弱体解除など腐らない効果を持っています。

『宝具の撃ちやすさ』『ダメージの通しやすさ』からアタッカーとしてはクセがなく運用しやすい反面、火力バフの持続が短いため、『ダメージの上下が激しい』です。

宝具連射システムでは道中火力が低く、宝具を1騎ずつ撃つ編成では、一般エネミーに特効がほとんど通りません(未強化宝具で、素の宝具ダメージが低めなのもかなり響いている)。

高難易度も、第1部のような高火力宝具を一発でも撃てればクリアできるクエストはともかく、第1.5部から実装されるブレイクゲージ(『長期戦に耐えうる耐久力』『ゲージを複数回破壊する継続火力』が求められるタイプ)に弱いです。

総じて、どんな編成でも動かしやすい『運用しやすさ』が長所で、『継続的にダメージを取れない』のが短所です。また2016年実装でスキル強化が1回のため、全体的に型落ちしているのも厳しい。

競合となるランサーも多く、周回・高難易度で猛威を振るう『妖精騎士ランスロット』。度重なる強化で特攻アタッカーとしての完成度が高い『カルナエレシュキガル』がいます。しかも非特攻対象に対する宝具ダメージが、星4版の自分『アルトリア・オルタ(槍)』に負けているのも悲しい。

ランサー、もしくは代用できるクラスのアタッカーが育っているマスターは、スルーして構いません。

ランサークラスのアタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはランサー

カード構成は、バスター2枚、クイック2枚、アーツ1枚

カード性能は、バスター以外の性能が良く、初手アーツ補正のクイックでそこそこNPを稼げます。

ステータスはレベル90時に、HP15606、ATK10995。

星5ランサーの中では、HPが高く、ATKは低め。

クラススキル 効果
対魔力(B) 自身の弱体耐性をアップ(約17%)
騎乗(A) 自身のクイックカードの性能をアップ(約10%)

対魔力があるので、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗はランクが高く、クイックのダメージとスター生産力にプラス補正が入ります。NP回収のために切る機会が多いので、恩恵は大きいです。

固有の第3アペンドスキルは、対ライダー攻撃適正。攻防等倍のため、解放する価値は薄いです。NP50%チャージ持ちで第2アペンドスキルの優先度が低く、他2つも用途が限られるため、聖杯投入に使うのも選択肢の1つです。

属性は、サーヴァント、天属性、秩序属性、善属性、人型、女性、騎乗、竜、アーサー、アルトリア顔、王、円卓の騎士、ヒト科のサーヴァント。

アルトリアシリーズの例に漏れず属性過多で、特攻攻撃やスキルに引っかかりやすいです。

宝具

最果てにて輝ける槍ロンゴミニアド
バスター属性 全体攻撃宝具
自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)

+敵全体に強力な攻撃

+自身のNPをリチャージする<オーバーチャージで効果アップ>

無敵貫通は回避・無敵を無視できます。持続1ターンのため、追撃にも影響します。付与のため、強化無効を受けていると付与されません。

NPリチャージはオーバーチャージ依存で、20~60%。オーバーチャージ1から獲得量が多く、オーバーチャージ段階強化の上がり幅も10%刻みと優秀なため、余裕があるなら強化したいです。

特攻対象に対する瞬間火力が高い反面、『未強化』『低めの低ATK』と足を引っ張る要素が多く、非特攻対象やスキルの切れ間はダメージが大きく落ちます。

~宝具ダメージの目安~

『悪』『混沌』属性に対しては、星5ランサーでトップクラスのダメージが出ます。

『悪』or『混沌』属性の場合は、星5ランサー『強化済み特効宝具』と『未強化特効宝具』の中間ぐらい。

非特攻対象の場合は、星5ランサーの中だとかなり低め。

スキル

スキル1 効果
光の奔流(A+)

CT7-5

自身のバスターカード性能アップ(1ターン)

&『混沌』特攻状態付与(1ターン)

&『悪』特攻状態付与(1ターン)

バスターカード性能アップは最大50%。同系統の中ではトップクラスの倍率です。

『混沌』『悪』属性特攻は最大50%。『混沌・悪』属性に対しては、約2倍のダメージが出ます。サーヴァントに対象が多く、どちらかが対象となるサーヴァントは全体の半数近く、一般エネミーは『悪』属性を持つ『新宿系、カリ、殺戮猟兵』など少数です。

『混沌・悪』属性で攻撃有利を取れるサーヴァントは、2024年2月現在、アーチャーが3騎『新宿のアーチャー、エミヤ・オルタ、妖精騎士トリスタン』。バーサーカーが10騎。

スキル2 効果
カリスマ(B)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

味方全体の攻撃力アップは最大18%。同系統と比べて若干倍率は低いが、ほとんど誤差です

強化するならこれ

スキル3 効果
最果ての加護(EX)

CT8-6

自身のNPを増やす

&弱体状態を解除

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備していれば、1ポチで宝具が撃てます。

弱体解除はデバフ対策に有効です。

難点は、初期NP50%付与礼装で1ターン目から宝具を撃つ場合、弱体解除が不発で終わること。

運用方法

周回

NP50%チャージを持ち、イベント時によく配られる初期NP50%付与礼装で宝具が撃てます。

宝具後にNPリチャージ効果があるので、『初期NP50%付与礼装+光のコヤンスカヤ×2+NP30%付与できるサポーター』で宝具3連射が可能です。

変則周回で宝具を1騎ずつ撃つ編成では、宝具が撃ちやすく、火力支援も可能と理想的な動きができます。

難点は、一般エネミーに特効対象が少ないこと。

サーヴァントが3騎並ぶクエストも増えましたが、同系統がよく並ぶ一般エネミーと比べて、サーヴァントは属性が散りやすいです。そのため3騎全員に特効が入らないパターンも多く、非特攻対象に対する宝具ダメージの低さが悪い意味で目立ちます。

クリティカル殴り周回では、クリティカル関連スキルを持たないため、適正が低いです。

~小ネタ~

オーバーチャージ段階強化系の概念礼装を使う場合、例えば『魔性菩薩(オーバーチャージ2段階強化)』ならNP40%獲得できます。

これを利用することで、『初期NP50%スタート、光のコヤンスカヤ×2、概念礼装「オーバーチャージ2段階強化」、マスター礼装「NP10%獲得」』なら前衛のみで宝具3連射が可能です。

高難易度

連射しやすい宝具を無敵貫通で押し付ける宝具アタッカー。

ランサーなど、攻撃有利+『混沌』『悪』属性が登場するクエストに適正があります。

NP獲得手段が豊富で、バスター主軸ながら宝具再発動のハードルが低いです。

宝具はダメージ前に無敵貫通が付与されるので、回避・無敵持ちにもダメージを通せます。

難点は、火力バフの持続が短いこと。

高倍率のバスターカード性能アップに二重特攻付与と、瞬間火力は高いが、その状態は1ターンで終わりです

2ターン目には、『攻撃力アップ(最大18%)』しか残らないため、スキル1のチャージタイム中はダメージが大きく落ちます。クリティカル関連スキルもないため、この状態をどうにかする手段がないです。

また耐久関係のスキルがないため、長期戦になる場合は耐久支援しましょう。

編成は、宝具回転率が良い部類で無敵貫通持ちのため、足りていない火力バフ・NP周りをカバーしたいです。

短期決戦なら火力・NP・スター供給支援ができる『光のコヤンスカヤオベロン』。長期戦なら継続的なHP回復・耐久・NP・スター供給支援ができる『マーリン』が候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、耐久支援ができる『マシュ、レオニダス』。クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。火力・NP支援ができる『シェイクスピア』がおすすめです。

概念礼装は、即宝具を撃つための『初期NP付与礼装(+α)』。自分が所持していない『宝具威力アップ』が候補に入ります。

敵として出てきた場合

チャージゲージ増加スキルと、宝具ダメージ前の無敵貫通が厄介です。

対魔力や弱体解除でデバフが入りづらいため、確実に効果を発揮するチャージ減少やマスター礼装で足止めしましょう。

まとめ

『宝具ダメージ前の無敵貫通』『NP50%チャージ』と良いモノを持っているが、『特効対象と全体攻撃宝具がイマイチ噛み合わない』『主要の火力バフが持続1ターン』とマイナス要素も大きいです。

・とくに周回アタッカーとしては、非特攻対象に対するダメージの低さが扱いづらさを増しており、『宝具強化で基本ダメージが伸びる』『スキル強化で火力バフが増える』が欲しいところ。

FGOにおけるアルトリア・ランサー

王として台頭した後、聖剣ではなく聖槍を主武装としたアーサー王のイフ。

通常のアルトリアとは「別の可能性カムランの丘にて自ら聖槍を返還し、大地に還った天の英霊)」。人のカタチをしてはいるが、もはや人の英霊とは言えない。聖槍に秘められた性質によって、神霊、強いて言えば女神に近しい存在へと変化・変質しています

聖剣のアルトリアより合理的、かつ冷静になってはいるが、人間性は失われていません。

むしろ大人になった分その選択には余裕があり、王としては理想的

ランサー時には、必ず馬に騎乗する。今回の乗騎は「ドゥン・スタリオン」。

関連リンク