『山の翁』FGOネタバレ性能解説

基本情報

死告天使アズライール
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に高確率で即死効果<オーバーチャージで確率アップ>

スキル1『強化後』効果
死の淵(EX)

CT9-7

自身にガッツ状態を付与(1回・5ターン)

&『死の淵』状態<ガッツ状態の間、自身のバスターカード性能アップ>を付与(5ターン)

【ガッツ発動時に効果を発動する状態(1回・5ターン)】

自身の『死の淵』状態解除

&NP増加

&バスターカード性能アップ(1ターン)

スキル2効果
信仰の加護(A+++)

CT7-5

自身の弱体耐性アップ(3ターン)

&HP回復

&防御力アップ(1ターン)

&攻撃力アップ(3ターン)

スキル3『強化後』効果
晩鐘、帰路(EX)

CT8-6

敵全体の即死耐性ダウン(3ターン)

+自身のバスターカード性能アップ(3ターン)

&NPを増加

強い点

高倍率のバスターカード性能アップ+バスター3枚構成で殴り、回復量が多いガッツ+HP回復+防御力アップで全サーヴァント中屈指の場持ち&単騎性能を誇るアサシン

バスター3枚構成を活かす『ガッツ状態の間、バスターカード性能アップ(5ターン)』『ガッツ発動時にバスターカード性能アップ』『バスターカード性能アップ(3ターン)』とバスターカード性能アップが豊富にあり、攻撃力アップ(3ターン)もあるので素殴り性能が高いです

その火力バフ込みの宝具ダメージは、未強化宝具ながらアサシン非特攻宝具の中だとトップクラスのダメージです。通常のNP増加スキルに加えて、ガッツ発動時にNP増加、1枚しかない代わりに性能が高いアーツ・クイック・EXアタックでのNP回収力も高く、宝具回転率はバスター3枚構成にしては悪くないです。

最大100%の弱体耐性(3ターン)に加えて、高ランクの『対魔力弱体耐性アップ』、クラススキル『境界にて』で即死無効&魅了耐性(100%)を持ち、デバフに強いです。特に即死無効&魅了耐性は、一部の高難易度で役立ちます。

『5ターン持続して最大5000回復するガッツとHP回復最大2500、ほぼダメージを半減する最大40%の防御力アップ(1ターン)』で、回避・無敵スキルがないにも関わらず、それらを所持するサーヴァント以上に生存能力が高いです

即死アタッカーとしても優秀で、スキルレベル上げやオーバーチャージ段階強化orマスター礼装による補助は必要ですが、一部の金枠エネミー普通は即死が通らないに確定即死を付与します

弱い点

即時スター獲得など、クリティカル関連スキルを持たず、クリティカルアタッカーとしての適正は低いです。また火力バフがバスターカード性能アップに寄っているので、アーツ・クイックはダメージが落ちます(アサシンはクラス補正でATKにマイナス補正が入っているのもよろしくない)。

NP獲得手段がNPチャージスキルと1枚しかないアーツ・クイックに頼っているので、カード運が絡み、安定しません

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

高倍率の火力バフでアサシンクラス屈指の宝具ダメージを叩き出し、NP最大30%チャージ+初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。クエストは選びますが、変則周回の単体WAVEを確定即死で強引に突破できる可能性があるので、別クラスにも出張できます

高難易度では、『最大100%の弱体耐性+対魔力』、常時『即死無効&魅了耐性』が一部のクエストに対して、最適解になります。高火力ながら『高性能なガッツ&HP回復、防御力アップ』で生存能力が高く、耐久系サーヴァントに引けを取りません。

『瞬間火力が必要になるレイド戦』や『単騎性能が光る聖杯戦線』での活躍も見込めます。

しかし、ATKにマイナス補正が入るアサシンクラスなので、純粋なアタッカーとして他クラスに出張できる汎用性はありません(即死要因としては可能)。

また味方を支援するスキルが『敵全体即死耐性ダウン』と限定的で、火力・NP・耐久・スター供給支援はできません

アサシンのアタッカーが欲しいマスターは、引く価値があります。

ライダークラスが登場する周回・高難易度に苦労していないマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはアサシン

カード構成は、バスター3枚、アーツ1枚、クイック1枚

カード性能は、3枚あるバスターが1hitと悪い代わりに、アーツ・クイックの性能が全サーヴァントを含めても上位です。アーツは『初手アーツ補正の3手目アーツクリティカル』なら60%前後のNP回収が可能です。クイックもアーツ補正が入れば、並のアーツ以上にNPを回収します。EXアタックも性能が良く、マイティブレイブチェイン時に合計で15個前後のスターを回収できます。

ステータスはレベル90時に、HP13338、ATK11848

ATK寄りのステータスで、星5アサシンの中では『トップクラスのATKを持ち、HPも低すぎない』と恵まれています。

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17%)
気配遮断(A)自身のスター発生率をアップ(約10%)
単独行動(B)自身のクリティカル威力をアップ(約8%)
境界にて(A)自身に即死無効状態を付与

自身に強力な魅了耐性を付与(約100%)

自身の通常攻撃時に極低確率で即死効果が発生する状態を付与(約5%)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

気配遮断はランクが高いですが、1枚しかないクイックとEXアタック時にしか恩恵がありません。

単独行動もランクは高いですが、クリティカル誘発スキルがないので、うまく活かせません。

『境界にて』により、即死を無効化します。魅了耐性も対魔力と合算になるので、弱体付与成功率アップ持ちでも防ぎます(確定ギミックは貫通するので注意)。

通常攻撃時に即死効果発生は、5%の確率で即死付与が発動します。即死効果の倍率はオーバーチャージ1の宝具と同じですが、『5%で発動→敵の即死耐性を貫通できるか判定』と安定性が皆無で、発動すればラッキー程度と考えましょう¹。

¹……だいたいの目安としては、銅エネミーに対して5%、金エネミーに対して0.1%。

固有の第3アペンドスキルは、対セイバー攻撃適性。攻撃等倍なので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、人属性、秩序属性、悪属性、人型、男性、愛する者、ヒト科のサーヴァント。

マテリアルでは性別不明扱いですが、男性扱いなので注意。

宝具

死告天使アズライール
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な攻撃

&敵単体に高確率で即死効果<オーバーチャージで確率アップ>

即死効果はオーバーチャージ依存で、100~200%。スキル3の即死耐性ダウン+概念礼装やマスター礼装の補助があれば、一部金エネミーにも確定です。

未強化宝具ながら、火力バフは豊富にあるので宝具ダメージが高いです¹。

¹……周回時の宝具ダメージ(ガッツ発動時のバスターカード性能アップを除く)としては、配布サーヴァントで宝具レベルを上げられる『両儀式(殺)宝具レベル5』、星5アサシンの非特攻宝具としてはトップクラスのダメージが出る『李書文(殺)』『ヒロインX(非特攻対象時)』より僅かに低いです。しかし、上記3騎は宝具強化済みで、『火力バフが持続1ターン』『相手によっては不確定な防御力ダウン込み』と安定性・継続火力に欠けています。特効宝具と比べても見劣りせず、大きく上回るのは火力バフが持続1ターンと短い『ジャック・ザ・リッパー』と特攻対象が限定的な『ヒロインX(アルトリア顔特効発動時)』。

スキル

スキル1『強化後』効果
死の淵(EX)

CT9-7

自身にガッツ状態を付与(1回・5ターン)

&『死の淵』状態<ガッツ状態の間、自身のバスターカード性能アップ>を付与(5ターン)

【ガッツ発動時に効果を発動する状態(1回・5ターン)】

自身の『死の淵』状態解除

&NP増加

&バスターカード性能アップ(1ターン)

ガッツの回復量は最大5000。持続5ターンで回復量も高く、スキル2HP回復と合わせることで立て直しを図れます。重複不可なので、他のガッツが付与されていると失敗します

『死の淵』状態(ガッツ状態限定のバスターカード性能)は最大30%。ガッツが付与された状態と限定的ですが、チャージタイム最短7ターン・持続5ターンと効果が長く続きます。チャージタイム短縮スキルによる重ねがけは可能です(やる意味は薄い)。遭遇頻度は低いですが、先にガッツの持続が切れて消失すると、アイコンは暗転しますが消えません。そこからまたガッツを付与すると、再び機能します。

ガッツが発動すると、『死の淵』状態が消えて、NP増加(20%固定)&バスターカード性能アップ(50%固定)が発動します。持続1ターンと短い代わりに、倍率はトップクラスです。注意点として、『陳宮の宝具(生贄効果)』などで自分のターン中にバスターカード性能アップが発動すると、処理順の関係で次ターンに持ち越せません

スキル2効果
信仰の加護(A+++)

CT7-5

自身の弱体耐性アップ(3ターン)

&HP回復

&防御力アップ(1ターン)

&攻撃力アップ(3ターン)

弱体耐性は最大100%。対魔力もあるので、確定ギミック以外のデバフをほぼすべて無効化します

HP回復は最大2500。防御力アップは最大40%。ガッツ発動後に間に合えば、被ダメージを抑えつつHP回復とバッチリ噛み合います。

攻撃力アップは最大20%。3ターン持続としては、高ランクのカリスマ系スキルと同じ標準的な倍率です。

スキル3『強化後』効果
晩鐘、帰路(EX)

CT8-6

敵全体の即死耐性ダウン(3ターン)

+自身のバスターカード性能アップ(3ターン)

&NPを増加

即死耐性ダウンは最大200%。味方の即死宝具を支援できます

バスターカード性能アップは最大50%。3ターン持続としては、『マーリンの英雄作成』と同じ、トップクラスの倍率です。

NP増加は最大30%。第2アペンドスキルレベルマックス+初期NP50%付与礼装で、1ポチで宝具が撃てます。

運用方法

周回

NP30チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

ライダー(攻撃有利2倍)クラスに対するアタッカーとしては、火力バフが豊富で要求火力に届きやすいです。高倍率のバスターカード性能アップ+バスター3枚で追撃も安定します。

しかし、支援スキルを持たないので他WAVEは味方に丸投げです。即時スター獲得やクリティカル威力アップがないので、高威力のバスタークリティカルを出す下地はありますが、支援が必要です。

即死アタッカーとしては、下記表を参照。

条件(スキル3・レベル10想定)確定即死が通るエネミー
宝具(オーバーチャージ1)のみ。兵士・スケルトン・ゾンビなど、即死しやすい銅エネミー
宝具(オーバーチャージ1)+スキル3or宝具(オーバーチャージ2)ほとんどの銅エネミー
宝具(オーバーチャージ1)+スキル3or宝具(オーバーチャージ5)ほとんどの銀エネミー。一部の金エネミー(アトランティス防衛兵、金扉)
宝具(オーバーチャージ3)+スキル3+即死付与率or即死耐性ダウン(マスター礼装『総耶高校学生服』)エルダーグール、黒武者、粛正騎士、大土蜘蛛、ワイバーンエビル、キメラ(ノーマル)、モース、黎明の炎腕、 ありがたい黄金像、多多益善号といった一部の金エネミー
宝具(オーバーチャージ5)+スキル3×2(山の翁をフレンドから借りる)ホワイトキメラ、オリュンポス兵、火の巨人、大型モース、ヒュージゴースト、シャンタク、マンティコア、ワイバーンテンペスト、女王兵、広域殲滅兵器といった一部の金エネミー

高難易度

火力と耐久力を両立しているバーサーカーみたいな使用感のアサシンです。

ライダークラスなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

火力バフの持続が長く、『途切れにくい=ダメージが落ちにくい』

ガッツ&HP回復で粘り強く、防御量アップで被ダメージを抑えられるので、耐久力は思った以上に高いです。運が良ければ、敵の宝具やチャージ攻撃を受けてガッツが発動しても、自力で立て直します

最大100%×3ターンの弱体耐性+対魔力でデバフに強く、クラススキル『高魅了耐性&即死無効が』あるので、一部ギミックを何もせずに破壊できます

欠点は、バスター3枚構成であること。

1枚しかないので、アーツ・クイックのNP回収にカード運が絡みます。また味方とアーツ・クイックチェインを組むのが苦手なので、アーツ・クイックチェインを組む前提のサーヴァントとは相性が悪いです。自前でNP増加を持つか、味方全体NP増加スキルを持つ味方と組みたいです。

編成は、短期決戦なら火力・NP・スター供給ができる『光のコヤンスカヤオベロン』。長期戦なら耐久支援ができる『マーリン』と組みたいです。

NP支援なしでの宝具連射が難しいため、NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン』も候補に入ります。

※マーリンとミス・クレーンはクラス相性が悪いライダー不利ので注意。

スター供給とクリティカル威力アップの支援ができる『卑弥呼』も悪くないです。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』、火力バフとターゲット集中を持つ『レオニダス』、バスターカード性能アップを付与できる『シェイクスピア』、長期的なスター供給支援が可能な『徐福』が候補に入ります。

概念礼装は、メインカードを強化する『バスターカード性能アップ』、自分が所持していない『宝具威力アップ』がおすすめです。豊富な火力バフで高威力のバスタークリティカル狙いなら、『スター集中度アップ、クリティカル威力アップ』を装備して、味方には『毎ターンスター獲得系』がおすすめです。

敵として出てきた場合

敵として戦いたくないサーヴァントです。

チャージゲージが短いアサシンクラスなので、回避・無敵・対粛正防御が意味をなさない即死宝具が高頻度で飛んできます。運が悪かれば通常攻撃で一発退場なので、行動する度に祈りましょう

それがなくとも、持続が長い火力バフ、防御力アップ&ガッツでしぶといです。

対策方法は限られており、希少な即死無効・耐性のスキル・宝具を用意する。即死耐性がクラス補正で高いムーンキャンサークラスを起用するなど。

まとめ

・強くて硬いアサシンで、『ATKにマイナス補正が入るアサシンクラス』なのが唯一の欠点と言えるほど完成度が高いサーヴァントです。

・バスター3枚構成なので、扱いづらい部分はあります。また即死付与率の上昇やスキルのチャージタイム短縮が継続火力や耐久力に直結するので、スキルレベル上げが重要です。

FGOにおける山の翁

髑髏の仮面を被った暗殺者。

暗殺教団がアサシンとして成立した後、『山の翁』という名前が称号に成り代わってから誕生した、
最初のハサン・サッバーハ。

しかし他の18人のハサンたちも、教団の信徒たちも正体を知らず、実在したという証拠は何処にもなかったという。

その代のハサン・サッバーハが道を違えた時に現れ、その首を断つという伝説の暗殺者。

神の教えのもと正しい教団ではあるが、その行いは人としての悪である事は免れない。だからこそ、この人物は教団が腐敗する事を許さない。神の教えを守るものたちが人の欲に溺れる。それこそが、神への最大の冒涜となるからです。

凶悪な外見、苛烈な戦いぶりから残忍な人間性を想像させるが、本人は寡黙なだけであって、主の教えを厳守する高潔な性格。他の英霊たちと関わりは持たず、自己主張もしないが、ハサンたちにはたいへん厳しい先輩。

怒ると(髑髏の)目が光る。悲しいと目が光る。嬉しくても目が光る。なにをしても目が光る。

キングハサンと呼んでもよい……。