『ナイチンゲール』FGOおすすめ性能解説

基本情報

我はすべて毒あるもの、害あるものを絶つナイチンゲール・プレッジ『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
敵全体の宝具威力をダウン(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃力を大ダウン(1ターン)

+味方全体の弱体状態を解除

&味方全体のHPを回復

スキル1『強化後』効果
鋼の看護(A+)

CT7-5

味方単体のHP回復

&味方単体に弱体無効状態付与(3回・3ターン)

&即死無効状態付与(1回・3ターン)

スキル2効果
人体理解(A)

CT8-6

自身に人型特攻を付与(3ターン)

&特防状態を付与(3ターン)

スキル3『強化後』効果
天使の叫び(EX)

CT7-5

味方単体のバスターカード性能アップ(3ターン)

&バスターカードのクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

強い点

バスターカード性能アップ&バスター限定のクリティカル威力アップで火力支援しながら、即時スター獲得で獲得したスターを、バーサーカーのクラス補正スター集中度が低いで味方に供給します。

宝具『味方全体弱体解除』とスキル『弱体無効(3回・3ターン)&即死無効(1回・3ターン)』で、味方を弱体状態から守ります

宝具効果の『敵全体宝具威力ダウン&攻撃力ダウン(1ターン)』で被ダメージを抑えながら、宝具とスキルのHP回復で立て直します

狂化EXバスターカード性能アップ』とほぼすべてのサーヴァントが特効対象のスキル『人型特効&特防状態(3ターン)』で、バーサーカーらしくダメージが稼げます。

弱い点

NPチャージスキルがない+バーサーカークラスゆえにクリティカルを狙えないこともあって、サポート宝具の回転率が悪いです。そのためサポーターとしてフィールドに残っても、できることが限られます。

『HP回復、被ダメージ低下、弱体無効』に長けていますが、ほぼ防御不利のバーサーカーで、それらが役立つ長期戦で退場しやすいです

即時スター獲得以外のスター供給手段が乏しく、バスター限定のクリティカル威力アップを複数ターン活かしづらいです。

引くべきか

引かなくていいです。

周回では、配られたカードを見てから付与できる『バスターカード性能アップ、バスター限定のクリティカル威力アップ、即時スター獲得』で高威力のバスタークリティカルが狙えます

ただし、サポート宝具なのでダメージが稼げず、NP支援スキルもないので味方に宝具を撃たせることができません。そのため周回で使う場合は、変則周回時のクリティカル殴り編成など、クエストを選びます。

高難易度では、スキル1『弱体無効&即死無効』の対象が単体で味方全体を即死から守れません。被ダメージ低下の宝具も、『NPチャージスキルがない、クリティカルを狙いづらい』ので敵の宝具・チャージ攻撃に間に合わないことが多いです。

サポーターとして『HP回復、弱体無効』に長けているのも難点で、FGOはどれだけHP回復しても、敵の宝具やチャージ攻撃が直撃すると基本一発で退場します。とくに高難易度ではその傾向が強く、焼け石に水の状態です。

そのうえでHP回復が役立つのは、防御力アップやダメージカットで被ダメージを抑えながら戦う長期戦のクエストです。ナイチンゲールの場合は、宝具の『宝具威力ダウン&攻撃力ダウン』で被ダメージを抑えますが、持続1ターンと短いうえに高頻度で使用できません。さらに、被ダメージが増えるバーサーカーで、長期戦が苦手です

弱体解除・無効もコマンドコードの実装で希少性が薄れたうえに、宝具の味方全体弱体解除は回転率が悪く、スキル『弱体無効』も対象が単体なので役立つかは運です(付与した味方以外にデバフが飛べば意味がない)。

競合となるサポーターも多く、宝具回転率の悪さとNP支援できない点が編成頻度を下げています。

バスターサポーターをさらに増やしたいマスターは、引く価値があります。

サポーターを所持しているマスターは、スルーして構いません。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはバーサーカー

カード構成は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、アーツのNP回収力が並(バーサーカーの中ではマシな部類)で、クイックはスター生産に期待できます。5hitするEXアタックは優秀な部類です。

ステータスはレベル90時に、HP15221、ATK10184

HP偏重型で、星5バーサーカーの中ではHPがトップクラスに高く、ATKは最底辺

クラススキル効果
狂化(EX)自身のバスターカードの性能をアップ(約12%)

高ランクの狂化により、バスターカードのダメージが強化されています。

固有の第3アペンドスキルは、対アヴェンジャークリティカル発生耐性。NPチャージスキルがないので、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、人属性、秩序属性、善属性、人型、女性、ヒト科のサーヴァント。

宝具

我はすべて毒あるもの、害あるものを絶つナイチンゲール・プレッジ『強化後』
アーツ属性 サポート宝具
敵全体の宝具威力をダウン(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&敵全体の攻撃力を大ダウン(1ターン)

+味方全体の弱体状態を解除

&味方全体のHPを回復

宝具威力ダウンはオーバーチャージ依存で、50~100%。オーバーチャージ1でも、後述する攻撃力ダウンと合わせれば、宝具ダメージを75%カットします¹。サーヴァント以外のチャージ攻撃も対象に入ります。

攻撃力ダウンは50%固定。宝具ダメージ以外も半減します『必中・無敵貫通、宝具ダメージ前の強化解除、防御無視攻撃』対策に有効です。基本確定ですが、弱体耐性・弱体無効の影響受けます。

¹……敵から受けるダメージが1万の場合、『1万×宝具威力ダウン(50%)=5000』→『5000×攻撃力ダウン(50%)=2500』となるので0にはならない。

味方全体弱体解除は高難易度で役立ちます。

味方全体HP回復は宝具レベル依存で、3000~5000。宝具レベル1の場合、やや物足りない回復量です。

スキル

スキル1効果
鋼の看護(A+)

CT7-5

味方単体のHP回復

&味方単体に弱体無効状態付与(3回・3ターン)

&即死無効状態付与(1回・3ターン)

HP回復は最大4000。チャージタイム最短5ターンで使える回復スキルとしては、トップクラスの性能です。バーサーカーの脆さをカバーできますが、基本防御不利2倍のナイチンゲールと、防御有利半減であろう味方では効率が異なります¹。

²……回復量は同じでも、被ダメージ2倍なら2000で帳消しになり、被ダメージ半減なら8000回復と同義。

弱体無効(3回・3ターン)は、スキルレベルに依存せず、3ターン持続するので無駄にならないです。

即死無効(1回・3ターン)は、一部の高難易度で有効です。対象が単体のため、どうしても即死させたくない味方に付与したり、ターゲット集中礼装と合わせて使いましょう。

スキル2効果
人体理解(A)

CT8-6

自身に人型特攻を付与(3ターン)

&特防状態を付与(3ターン)

人型特効状態は最大50%。3ターン持続する特攻スキルとしては、トップクラスの倍率です。対象範囲が広く、対象外は全7騎(2024年2月現在)とほぼ全てのサーヴァントが対象で、人っぽい一般エネミーも対象です(ケンタウロス・ラミアは対象で、スケルトン・ゴーストは対象外)。

人型特防状態は最大25%。脆さが目立つバーサーカーの耐久面をカバーしますが、攻撃不利は相殺できないので、過信できません。

スキル3効果
天使の叫び(EX)

CT7-5

味方単体のバスターカード性能アップ(3ターン)

&バスターカードのクリティカル威力アップ(3ターン)

+スター獲得

バスターカード性能アップは最大50%。3ターン持続としては、『マーリンの英雄作成』と同じ、トップクラスの倍率です。

バスター限定のクリティカル威力アップは最大30%。3ターン持続としては並の倍率ですが、バスターカード性能アップとは乗算関係で、数値以上にクリティカルダメージは伸びます

スター獲得は最大20個。バーサーカーはクラス補正でスター集中度が低く、味方に渡しやすいです

チャージタイム最短5ターンのスキルとしては、かなり優秀です。ただスター生産能力が低いので、クリティカル威力アップを3ターン活かすなら、スター供給支援が必要です

運用方法

周回

宝具にダメージがないので、スキル3『バスタークリティカル誘発』が役立つクリティカル殴り編成に適正があります。

基本攻撃有利の『バーサーカー』で、自分のカードが揃ってもスキル2『人型特効』とスキル3『バスターカード性能アップ&バスター限定のクリティカル威力アップ』で高威力のバスタークリティカルが狙えます。ただスキル3を自分に使うと、他のWAVEは味方に丸投げです。

難点は、『バスター2枚構成=バスターカードがそこそこ手札に来ない』『スター集中度アップがない=クリティカルを狙いづらい』。またクリティカル威力アップがバスター限定で、アーツ・クイックは最大50%の人型特効のみと火力バフが少なく、火力面に不安が残ります。

高難易度

火力支援、HP回復、デバフ対策を行いながら、そこそこダメージを稼ぐサポーターです。

サポーターとして編成するなら、どんなクエストでも適正があります。

スキル3『バスターカード性能アップ』を自分に付与してアタッカーの真似事はできますが、バスター2枚構成+アーツ宝具で恩恵が薄く、バスター限定のクリティカル威力アップ&即時スター獲得がクラス補正で無駄になりやすいです

そのためサポーターとして味方にバスタークリティカルを撃たせながら、HP回復&デバフ対策が主な立ち回りです。

宝具レベル1でもスキル1『HP回復』と合わせれば、味方単体のHPを最大7000回復します。弱体無効(3回・3ターン)も、1ターン中に何度もデバフを受けなければ、3ターン持続の弱体無効として機能します。即死無効(1回・3ターン)も高難易度ギミック次第では有効です。

サポーターとして編成する際に注意したいのが、サポーターナイチンゲールをサポートしないこと。『HP回復を自分に使って、メインアタッカーが先に退場』『サポート宝具のためにNP支援した結果、メインアタッカーが宝具を撃てない』なんてことが起きては、サポーターとして本末転倒です。

ナイチンゲールが倒れるまで火力支援・HP回復・デバフ対策しながら、控えメンバーといつでも交代できるように準備しましょう。サポート宝具を撃ちたい場合は、『アーツチェイン、初期NP付与礼装、味方全体NP増加』など、メインアタッカーに負担がかからない形でNPチャージしたいです。

バーサーカーの低耐久を利用して、『支援→即退場』といった戦法も有効ですが、ナイチンゲールは『素のHPが高い+人型特防状態』があるので結構しぶといです。ターゲット集中礼装やオーダーチェンジなどで、故意に退場させるか引っ込めましょう

編成は、『メインアタッカー・サポーター・ナイチンゲール』が理想です。メインアタッカーはバスター重視で、クリティカル運用(クリティカル威力アップや毎ターンスター獲得持ち)ができれば組みやすいです。サポーターは味方全体防御力アップなど、HP回復が活きる支援スキル持ちがおすすめです。

ナイチンゲールはサポーターとして、『クラス補正でスター集中度が低い=味方にスターを渡しやすい』『アーツ2枚+アーツ宝具=あまりアーツチェインの邪魔にならない』のが利点で、そこを上手く活かしましょう。

難点は、NP支援ができないので、アタッカーの宝具連射で強引に突破する短期決戦には向かないこと

編成の具体例としては、毎ターンスター獲得状態+高倍率の防御量アップを持つ『オジマンディアス』。回復量が高いガッツ+高倍率の防御力アップを持つ『山の翁』など。

サポーターは味方全体NP増加、防御力アップの耐久支援ができる『諸葛孔明』。宝具で防御不利を打ち消せる『司馬懿』。継続的なHP回復・NP支援ができる『マーリン』などが候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。耐久支援ができる『マシュ、アスクレピオス』。宝具で退場を促せる『陳宮』がおすすめです。

概念礼装は、宝具を撃たせたいなら『初期NP付与礼装』。回復量を増やしたいなら『HP回復量アップ』。スター供給目的の『毎ターンスター獲得系』などが候補に入ります。

敵として出てきた場合

攻撃有利を取られやすいバーサーカーで、通常攻撃が痛いです。

欠点の低耐久も運営の匙加減(高HP設定)でなくなります。

サポート宝具で無害と思いきや、クリティカル事故でやられないように、耐久手段『防御力アップ、回避、無敵など』を用意しましょう。

まとめ

・『攻撃有利を取りやすいバーサーカー』と『HP回復ができるサポーター』のおいしいとこ取りではなく、『長期戦向けの支援スキルを持つが、低耐久で長期戦が苦手』というコンセプト崩壊が起きています。

・耐久支援要因としては、サポート宝具『被ダメージ減少』の回転率が悪く、スキル『HP回復』だけになりやすいです。火力支援要員としては、NP支援できないのが厳しいです。

FGOにおけるナイチンゲール

信念の女。奉仕と献身を信条とするクリミアの天使。

異名は「小陸軍省」。たったひとりの軍隊とでも言うべき不屈性の持ち主。

絶対に挫けることなく、誰であろうと──たとえ大英帝国の君主であろうとも、告げるべき言葉を告げる強靱な精神を有しています。

今回の現界にあたっては、その精神と狂化スキルEXが合わさった状態となっているため、(恐らくは)生前と違い「人の話を全然聞かない」。

落ち着いた表情で言葉を話すが、すべて“自分に向けて”言っているため意思疎通は困難。人を救えるのであれば、彼女は一向に構わない。

関連リンク