『アルトリア・オルタ(槍)』FGOネタバレ性能解説

基本情報

最果てにて輝ける槍(ロンゴミニアド)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な防御力無視攻撃

&敵全体に中確率で宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵全体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

スキル1『強化後』 効果
赤竜の息吹(EX)

CT7-5

自身のバスターカード性能アップ(3回・3ターン)

&NP増加

スキル2効果
最果ての加護(A)

CT7-5

自身のスター集中度アップ(1ターン)

&クリティカル威力アップ(1ターン)

+スターを獲得

スキル3『強化後』効果
ワイルドハント(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

+自身に『秩序』特効状態を付与(3ターン)

&『善』特効状態を付与(3ターン)

 

強い点

星5サーヴァントレベルの宝具ダメージとバスタークリティカルで攻めるランサー。

バスター属性の全体攻撃宝具は、防御力無視攻撃でダメージを軽減されづらく、スキルのバスターカード性能アップと攻撃力アップでランサー全体の中でもトップクラスのダメージです

スキルにスター集中度アップ&クリティカル威力アップ&スター獲得を持ち、好きなタイミングでクリティカルを狙えます。上記火力バフもあるため、バスタークリティカルは第2の宝具と言える火力です

『秩序』&『善』属性に対しては、さらにダメージが伸びます。

弱い点

NPチャージが20%固定と少なく、周回ではやや宝具が撃ちづらいです。カード性能も良くない部類なので、NP・スターが稼げません

宝具回転率が低いことに加えて、特攻以外の火力バフが低倍率の攻撃力アップ、回数制のバスターカード性能アップ(3回・3ターン)、1ターン持続のクリティカル威力アップと継戦能力が低いです

耐久スキルを持たず、生存能力が低いです

引くべきか

引かなくていいです。

宝具とクリティカルによる瞬間火力は高いですが、『NP効率が悪くて宝具連射できない』『クリティカルバフが持続1ターンと短い』という問題を抱えています。

宝具を撃ち終わり、クリティカルバフが切れると、『NP・スター』と稼げないので編成・運用難易度ともに高いです。特効対象以外には、ダメージも大きく下がります。

またスキルレベルが火力に直結するので、中途半端な育成だと火力の高さを実感できません

ストーリー限定サーヴァントで、宝具レベルを上げづらいのも厳しい点です。

一発屋なランサーが欲しいマスターは、引く価値があります。

全体攻撃を持つランサー、もしくは代用できるクラスのサーヴァントを育成しているマスターは、スルーして構いません。

Fate/Zero 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはランサー

カード構成は、バスター2枚、クイック2枚、アーツ1枚

カード性能は、1枚しかないアーツが平均よりやや上のNP回収力で、2枚あるクイックはNP回収・スター生産ともに期待できないです。バスターも1hitと少なく、EXアタックも良好とは言えません。

ステータスはレベル80時に、HP11761、ATK9968。

ATK偏重型で、星4ランサーの中ではATKがトップクラスに高く、HPは最底辺です

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17.5%)
騎乗(A)自身のクイックカードの性能をアップ(約10%)

対魔力により、そこそこの頻度でデバフを弾きます。

騎乗はランクが高いですが、クイックカードの性能が良くないため、切る機会は少ないです

固有の第3アペンドスキルは、対ライダー攻撃適性。

属性は、サーヴァント、天属性、秩序属性、善属性、人型、女性、騎乗、竜、アーサー、アルトリア顔、王、円卓の騎士、ヒト科のサーヴァント。

宝具

最果てにて輝ける槍(ロンゴミニアド)『強化後』
バスター属性 全体攻撃宝具
敵全体に強力な防御力無視攻撃

&敵全体に中確率で宝具封印状態を付与(1ターン)

&敵全体に呪い状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

防御力無視攻撃のため、防御力アップを無視できますが、バスターカード耐性アップ・ダメージカットは無視できません。

宝具封印は60%固定。付与率が高いとは言えないので、成功したらラッキー程度と考えましょう。上手く行けば敵全体のチャージゲージを止めますが、一部の敵にしか成功しなかった場合、チャージゲージがバラつきます

『呪い』ダメージはオーバーチャージ依存で、1000~3000。オマケ程度のダメージですが、回復量が低いガッツは潰せます

強化済み宝具で、スキルにバスターカード性能アップ、攻撃力アップと乗算される火力バフがあるため、星5ランサーを含めた非特攻・全体攻撃宝具の中ではトップクラスのダメージです。

スキル

スキル1『強化後』 効果
赤竜の息吹(EX)

CT7-5

自身のバスターカード性能アップ(3回・3ターン)

&NP増加

バスターカード性能アップは最大55%。魔力放出系スキルを上回る倍率です。3ターン持続するため、宝具発動の次のターンにバスタークリティカルなど、ターンを跨いだ運用ができます。NP付与ができるサポーターで宝具連射を狙う場合は、追撃で消費しないように気を付けてください

NP増加は20%固定。第2アペンドスキル+初期NP50%付与礼装でも、10~20%のNP支援が必要です。

スキル2効果
最果ての加護(A)

CT7-5

自身のスター集中度アップ(1ターン)

&クリティカル威力アップ(1ターン)

+スターを獲得

スター集中度アップは、スターを独占できる倍率です。

クリティカル威力アップは最大50%。1ターン持続としては、標準的な倍率です

スター獲得は最大10個。数が少なく、クリティカルを狙うには不安が残るため、味方か概念礼装によるスター供給支援が欲しいです。

クリティカル関連スキルが1つのスキルに集約されているのが長所で、配られたカードやスターの数に応じて、スキル使用の有無を選択できます。

基本はバスタークリティカルを狙う形ですが、『初手アーツ補正orマイティチェイン時』の3手目アーツクリティカルで30%前後のNP回収が可能です

スキル3『強化後』効果
ワイルドハント(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

+自身に『秩序』特効状態を付与(3ターン)

&『善』特効状態を付与(3ターン)

 

攻撃力アップは最大12%。倍率は低いですが、無条件で味方全体の攻撃力を上げ、『バスターカード性能アップ、クリティカル威力アップ』とは乗算関係なので数値以上にダメージは伸びます

『秩序』『善』特効ともに最大30%。サーヴァントもしくは一部エネミーに限られますが、対象範囲は広いです。

運用方法

周回

NPチャージが20%と少なく、第2アペンドスキル+イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装を装備しても、宝具発動には10~20%のNP支援が必要です。

ただ味方全体にNP20%配布できるサーヴァントは増えており、バスター属性の宝具で味方全体にNP30%付与できる『闇のコヤンスカヤ、アーキタイプ:アース』もいるため、編成は制限されますが宝具は撃てます(オーダーチェンジありなら、編成の幅は広がる)。

星4サーヴァントながら、星5サーヴァント並の火力を持ち、火力支援スキルやクリティカルによる追撃火力が高いです。『秩序』『善』属性に対する特攻も所持しており、特攻対象に対する宝具・クリティカルダメージはランサーの中でトップクラスです。

変則周回のクリティカル殴り編成では、クリティカル関連スキル一式を持っていますが、クリティカル威力アップの倍率やスター獲得数は飛び抜けて高くないです。またクイック2枚構成のため、カード運によっては要求火力に届きません。

高難易度

高火力の宝具とクリティカルで高い瞬間火力を発揮するアタッカーです。

アーチャーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。

スキルの全てが『宝具とクリティカルのダメージを伸ばす』ことに特化しています。そのため宝具ダメージは星5サーヴァントレベルで、クリティカルも第2の宝具と言える火力です。

しかし、カード性能が低く、NP回収・スター生産ができません。そのため倒しきれなかった場合は、攻撃の手が止まります。

宝具は再発動のハードルが高く、耐久関係のスキルもないので、NP支援なしでは2射目を撃つまでに倒されることがほとんどです。

クリティカル関連スキルは全て持続1ターンで、効果が切れると、スター生産力の低さも相まってクリティカルが狙えません

総じて、宝具とバスタークリティカルによる瞬間火力は高いですが、それらを使い切ると『攻撃力アップ、「秩序」「善」特効』しか残らないので、非特攻対象に対しては息切れしやすいです。

編成は、NP・火力・耐久支援と必要なモノが多く、これらを補えるサポーターと組みたいです。火力・NP支援ができる『光のコヤンスカヤ、オベロン』の短期決戦編成ならば、不確実ですが宝具の敵全体宝具封印による足止めで、時間を稼げます。長期戦なら火力・NP・耐久支援ができる『マーリン』がおすすめです。

同じクラス・カード構成の『パールヴァティー水着源頼光水着茨木童子』は、宝具でスター供給支援ができます。

低レアサーヴァントなら、ターゲット集中持ちで火力支援ができる『レオニダス一世』など、耐久支援ができるサーヴァントと組みたいです。

概念礼装は、やられる前にやりたいので、初期NP付与礼装がおすすめです。NP支援を受けるなら、『宝具威力アップ、バスターカード性能アップ、クリティカル威力アップ』など、不安定な火力面を強化できる礼装が候補に入ります。

敵として出てきた場合

クリティカル事故や防御力無視宝具、宝具封印状態付与が厄介です。

回避・無敵でしっかり攻撃を受けるか、『モードレッドジークフリート』の特攻宝具で攻めたいです。

まとめ

・宝具とクリティカルによるダメージは高いですが、ブレイクゲージの登場で一気に苦しくなりました

・瞬間火力の高さが長所ですが、現状の『持続が長い火力バフで安定したダメージを出し続けたい』環境と合っていないのが辛いです。

FGOにおけるアルトリア・オルタ(槍)

伝説に語られる円卓の騎士王アーサーそのひとです。

聖剣使いとして知られますが、所有する聖槍も実に強力で、ランサークラス適正もあります。

そんな複数ある可能性の中で、非情さに徹しきった騎士王の槍持つ側面が強調された姿です。

ランサー時には、必ず馬に騎乗します。オルタナティブ時の乗騎は「ラムレイ」。

異説によれば、ランサーとして現界した際、騎士王は生前と「一部」異なる姿になるという。聖剣と鞘ならず聖槍を所有しているが故に不老の肉体の「一部」が成長しているとも、槍の魔力が肉体の「一部」を成長させているとも。

聖剣を聖なる槍へと持ち替えようとも、騎士王の精神性は変わりません。選定の剣を得て王となり、襲い来る外敵や魔物、時には竜にさえに抗って故国のために戦い続けた騎士王そのひとです。

オルタとしての現界であろうとも、人類史修正にあたっては、大いにマスターの力となるであろう事は間違いないでしょう。属性:秩序・善。

関連リンク