『カルナ(サンタ)』FGOおすすめ性能解説

基本情報

聖人連続拳ウィニング・アルカプトラ
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体のガッツ状態を解除

&敵単体に超強力な攻撃

スキル1 効果
フットサンタ(A)

CT7-5

自身のクイックカード性能アップ(3回・3ターン)

&バスターカード性能アップ(3回・3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

スキル2 効果
閃光の拳(A)

CT8-6

自身に回避状態付与(2回・3ターン)

&スター集中度アップ(1ターン)

&クイックカードのクリティカル威力アップ(1ターン)

スキル3 効果
施しの英雄「聖夜」(EX)

CT7-5

味方単体のNP増加

&弱体無効状態付与(3回・3ターン)

強い点

クイック主軸のカード構成でスター生産力が高く、生産したスターはスター集中度アップ(1ターン)で回収し、最大100%のクイック限定クリティカル威力アップ(1ターン)+最大50%のクリティカル威力アップ(3ターン)で活かします。

宝具はダメージ前に敵単体のガッツ状態を解除するので、打ち漏らしが少ないです

耐久スキル『回避(2回・3ターン)』を所持しており、味方単体に『NP配布&弱体無効(3回・3ターン)』の支援ができます。

弱い点

宝具は『未強化+非特攻』で、低ATKが足を引っ張っており、ダメージが伸びません(極端にダメージが低いわけではなく、クリティカルダメージで巻き返せる)。

NPチャージが最大20%のため、宝具を撃ちづらいです。味方に付与できますが、付与すると宝具発動のハードルが上がります。

クリティカルアタッカーといったスキル構成ですが、スター獲得系の効果がないので、スター生産はカード運が絡みます。またスター集中度アップが持続1ターンと短いため、少ないスターでクリティカルを狙えません。

主要の火力バフ『クイック&バスターカード性能アップ』が3回・3ターンと回数制で、若干使いづらい。

育てるべきか

育てなくていいです。

クリティカル主軸のスキル構成で、カード性能が悪くなく、『回数回避・弱体無効』など殴り合いに強いスキルも所持しています

またセイバークラスは低レアサーヴァントが少ないため、恒常的に入手できる機会が少ないです。

ただ優秀な競合が多いです。

星3セイバーには、強化済み宝具でNP30%チャージを持つ『ベディヴィエール』。火力支援しながら自分も殴れる『カエサル』など、優秀なサーヴァントがいます。しかも、この2騎の宝具ダメージは(聖杯未投入の状態で)『カルナ(サンタ)』とほぼ変わりません。

配布の星4セイバーにも、宝具連射システムに対応した『水着葛飾北斎』、下手な星5セイバーより使いやすい『宮本伊織』がいます。

それらと比べて瞬間的なクリティカルダメージは高いものの、『NPチャージが最大20%』『クリティカルアタッカーながらスター獲得系スキルがない、スター集中度アップも持続1ターンと短い』『主要の火力バフが回数制で若干使いづらい』という理由で、編成候補から外れやすいです。

総じて、ストーリー攻略で殴り合う分には悪くはないが、さらに上を行く競合が多いです。

『巡霊の祝祭』の交換優先度としては、他に優秀な配布セイバーがいるため、かなり低め。交換する場合は、『最終再臨+宝具レベル上げ』を無理のない範囲で目指しましょう。

Fate/Grand Carnival 1st SeasonをAmazon Prime Videoで見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはセイバー

カード構成は、クイック2枚、バスター2枚、アーツ1枚

カード性能は、アーツ・クイックともに良好で、NPもスターも稼ぎやすいです。

ステータスはレベル80時に、HP12877、ATK9180。

星セイバーの中では、HPがかなり高く、ATKはかなり低め。

クラススキル 効果
対魔力(A) 自身の弱体耐性をアップ(約20%)
神性(A) 自身に与ダメージプラス状態を付与(+200)
ハードパンチャー(EX) 自身のバスターカードのクリティカル威力をアップ(約12%)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

神性は、敵の特効効果に引っかかりやすいので注意しましょう。

ハードパンチャーにより、バスタークリティカルのダメージに大きなプラス補正が入ります(単独行動『EX』相当とかなりの高倍率)。

固有の第3アペンドスキルは、対セイバー攻撃適正。攻防等倍でNPチャージが最大20%のため、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、天属性、秩序属性、善属性、人型、男性、神性、セイバークラスのサーヴァント、ヒト科のサーヴァント。

宝具

聖人連続拳ウィニング・アルカプトラ
クイック属性 単体攻撃宝具
自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

+敵単体のガッツ状態を解除

&敵単体に超強力な攻撃

クイックカード性能アップはオーバーチャージ依存で、20~40%。オーバーチャージ1から倍率は高いが、オーバーチャージ段階強化の上がり幅は5%刻みと低く、強化する恩恵が薄いです。

ガッツ状態を解除は、『重複可能なガッツ、全回復ガッツ、複数回発動ガッツ』なども含めて、強化解除できない枠に囲まれているガッツ以外はすべて解除します。

宝具ダメージは『火力バフがクイックカード性能アップのみ』『低ATK』と足を引っ張る要素が多く、同じ宝具レベルで比べると、劣っている場合が多いです

スキル

スキル1 効果
フットサンタ(A)

CT7-5

自身のクイックカード性能アップ(3回・3ターン)

&バスターカード性能アップ(3回・3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

クイック&バスターカード性能アップは最大30%。倍率は優秀だが、3回と回数制ですバスターカード性能アップは『カードの再配布タイミング、カード固定、カードシャッフル』などを除けば、1回余ります。クイックカード性能アップは宝具が絡むため、NP支援で宝具連射させる時に、『宝具ダメージを伸ばしたかったが、残っていなかった』とならないように注意しましょう。

クリティカル威力アップは最大50%。こちらは回数制限がなく、倍率も優秀です。

スキル2 効果
閃光の拳(A)

CT8-6

自身に回避状態付与(2回・3ターン)

&スター集中度アップ(1ターン)

&クイックカードのクリティカル威力アップ(1ターン)

回避(2回・3ターン)は、3ターン持続するので、下記のクリティカル目的で使用しても無駄になりません。

スター集中度アップは、同クラスならスターを奪える倍率です。

クイック限定のクリティカル威力アップは最大100%。同系統の中ではトップクラスの倍率です

スキル3 効果
施しの英雄「聖夜」(EX)

CT7-5

味方単体のNP増加

&弱体無効状態付与(3回・3ターン)

味方単体のNP増加は最大20%。数値は低いですが、チャージタイム最短5ターンと回転率は良いです。

弱体無効(3回・3ターン)は、デバフ対策スキルとして優秀です(同じ効果を持っているのは、2024年2月現在『ナイチンゲール』のみと希少)。

運用方法

周回

NPチャージが味方単体に20%配布のため、初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスでも、宝具を撃つには10%のNP支援が必要です。

NP支援できるが、支援すると『宝具を撃てない』のが難点。

宝具ダメージは星4セイバーの中だと低めで、要求火力に届かない場合は、高倍率のクリティカル威力アップで追撃しましょう。ただスター獲得系スキルがないため、スター供給支援かスター生産するターンが必要です(クリティカル殴り編成でも同じ)。

高難易度

宝具・クリティカルでダメージを稼ぐクリティカルアタッカー。

ランサーなど、攻撃有利を取れるクエストが適正です。

宝具ダメージの伸びは悪いが、『配布サーヴァントで宝具レベル5にしやすい』『クリティカルでもダメージを稼げる』ため、総合的なダメージは他の星4セイバーに劣りません

ただクリティカルアタッカーとしては、宝具・通常攻撃でスターを稼ぐため、カード運が絡むます。スター集中度アップが持続1ターンと短いのも悩みで、スター供給支援やスター集中度が低い味方と組むなど、ケアが必要です。

宝具回転率は悪くはないが、アーツ1枚構成でNPチャージが最大20%と低く、宝具のNPリチャージも期待できません。カード構成上、アーツチェインも狙いづらいので、アーツクリティカルをしっかり決めましょう

ギミック対応力については、回数回避や弱体無効(3回・3ターン)で耐久性能は優秀だが、攻めは『ガッツ状態を解除』とイマイチ(高難易度ギミックのガッツは解除不可能な場合が多い)。

そのため編成は、火力・NP・クリティカル支援ができる『スカディ水着スカディ』と組みたいです。とくに『水着スカディ』は、バスター2枚構成のクリティカルアタッカーと噛み合います。

火力・耐久・NP支援しながら、アーツ宝具・アーツ3枚構成で初手アーツ補正のクイックが出しやすい『諸葛孔明』も候補に入ります。

火力・NP支援ができるサポーターを随時投入できる『ミス・クレーン水着クロヱ』もおすすめです。

同じセイバーなら通常攻撃のスター生産力が高い『沖田総司』。クイックサポーターとして動ける『ラクシュミー・バーイー』が候補に入ります。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連の支援ができる『アンデルセン』。耐久支援ができる『マシュ』。スター生産能力が高めの『カエサル』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』が候補に入ります。

概念礼装は、自分が所持していない『宝具威力アップ』。宝具回転率強化の『NP獲得量アップ』。クリティカルを安定させる『スター獲得系』など、編成やクエストに応じて選びましょう。

敵として出てきた場合

クリティカルバフの重ねがけで起こるクリティカル事故が怖いです。

弱体無効や高ランクの対魔力でデバフに強く、足止めするなら確実に効果を発揮するチャージ減少を用意したいです。

回数回避も厄介なので、必中や強化解除が欲しいです。

まとめ

・全体的に悪くはないが、競合に便利なサーヴァントが多いです。

・総合火力が高く、生存能力もあるため、デバフが厄介なメインクエストやクリティカル周回などで活躍する時は活躍します。

FGOにおけるカルナ(サンタ)

カルナが様々な事情によってサンタ化した存在。

「サンタさん、プレゼントをください」という子供たちの願いに対し、ごくごく自然に「そうか。ならば与えよう」と返し、過不足なくその願いを叶えてくれるタイプのサンタクロース。

クールで愛想はないが、けっして冷たいわけではない。優しさが伝わりにくいだけである。

なぜか戦闘法は硬派なボクシングスタイル。素手で同胞らと切磋琢磨していた修行時代のことを思い出しており、普段と変わらないように見えるが、ある意味では「若い」精神性と言える。

いつものクールさは維持しながらも、そのまま少年マンガの主人公じみた熱を感じるような言動をすることも。

関連リンク