『ブリュンヒルデ』FGOネタバレ性能解説

基本情報

強い点

対象範囲は広いですがわかりづらい特効宝具で、安定した宝具ダメージを出しながらクリティカルサポートもできるランサーです。

バスター属性の単体攻撃宝具は、素のATKが高く、持続は1ターンと短いですが『宝具威力アップ&バスターカード性能アップ』で非特攻対象に対しても高い瞬間火力を出せます。特効対象に対してはさらにダメージが伸び、どのタイミングで宝具を撃ってもダメージが高いです

またNP30%チャージ持ちで、カード性能も良好なため、それなりに特攻宝具を撃てます

チャージタイム最短5ターンで持続3ターンのスター集中度アップ&クリティカル威力アップを味方単体に付与できます。スター集中度アップはバーサーカーがライダーからスターを奪えるほど倍率が高く、どんな味方でもクリティカルアタッカーに変化させます

弱い点

特効対象がわかりにくいです。基本的に『男性』特効ですが、一部男性が対象外、一部女性が対象内と混乱します。

クリティカル威力アップ&スター集中度アップの付与はできますが、スター生産率は平均よりやや上程度のため、クリティカルの安定には味方か概念礼装によるスター供給が必要です。宝具ダメージ後に味方全体のスター発生率アップ(3ターン)を持っていますが、元々のカード性能が高くないと恩恵は少ないです。

クリティカルをほぼ封じる敵単体のクリティカル発生率ダウン(3ターン)&宝具威力ダウン(1ターン)、回転率が高い任意の味方にHP回復はありますが、敵の攻撃そのものを無効化する回避・無敵といったスキルがありません。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損はない性能です。

そこそこ撃ちやすく対象範囲が広い特効宝具、スターさせ用意できれば誰でもクリティカルアタッカーにできるサポートスキルと、耐久面が不安定なことを除けば高いレベルでまとまっています

強化済みの特効宝具で火力バフも揃っており、NP30%チャージもあるため、高難易度だけでなく変則周回も対応可能です

ただ特効対象がわかづらく、クエスト前に確認する必要があります。またスター供給が安定しないため、編成(味方・概念礼装)を選びます。

また競合となる星5ランサーが多く、特効の対象範囲がかぶり、通常攻撃性能が頭1つ抜けている『水着玉藻の前』。優れた高難易度適正を持つ『エルキドゥ、妖精騎士ランスロット』がいます。

それらと比べて、味方に対するサポート能力は高いですが、耐久支援が必要です。ただ勝るとも劣らない範疇なので、選択肢の1つとして十分に活躍できます

上記競合ランサーを既に育成しているマスターは、スルーして構いません。

総じて高水準にまとまり、扱いやすい特効ランサーが欲しいマスターは、引く価値があります。

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはランサー

カード構成は、バスター2枚、クイック2枚、アーツ1枚

カード性能は、1枚しかアーツの性能が良く、クイックとEXアタックでもそれなりにNPを回収できます。

ステータスはレベル90時に、HP14825、ATK11432。

ATK寄りのステータスで、星5ランサーの中では、HP・ATKともに平均より高いです

クラススキル効果
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17.5%)
騎乗(A)自身のクイックカードの性能をアップ(約10%)
神性(E)自身に与ダメージプラス状態を付与(+100)

対魔力はランクが高く、それなりの頻度でデバフを弾きます。

騎乗もランクが高く、クイックカードのダメージとスター生産率にプラス補正が入ります。

固有の第3アペンドスキルは、対ランサー攻撃適正。

属性はサーヴァント、天属性、中立属性、善属性、人型、女性、騎乗、神性、ワルキューレ。

宝具

死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)『強化後』
バスター属性 単体攻撃宝具
敵単体に超強力な『愛する者』特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

+味方全体のスター発生率をアップ(3ターン)

『愛する者』特攻はオーバーチャージ依存で、150~200%。特効対象がわかりにくい特効宝具の筆頭で、事前に調べる必要があります。ほぼ『男性』特効宝具として扱えますが、全員ではないので注意が必要です。

スター発生率アップは50%固定。全体に付与できるモノとしては倍率が高く、hit数が多いサーヴァントに効果があります。ただ劇的に数が増えるわけではないので、過信はできません。

強化済み宝具でATKの高さから、素の宝具火力が高く、『愛する者』属性以外にも非特攻宝具の中では『エルキドゥ、スカサハ』に次ぐ瞬間火力です。特効宝具としても、ランサーの中ではトップクラスのダメージが安定して出ます

スキル

スキル1効果
魔力放出『炎』(B)

CT7-5

自身のバスターカード性能アップ(1ターン)

&宝具威力アップ(1ターン)

バスターカード性能アップは最大25%、宝具威力アップは最大15%。

通常の魔力放出系スキルと比べて、宝具ダメージに重きを置いています。2つのバフは乗算関係なので、宝具ダメージは数値以上に伸びます。

持続1ターンのため、基本的な使用タイミングは宝具発動時です。ただバスタークリティカルを狙える状況なら使うのもアリです。

スキル2『強化後』効果
原初のルーン

CT8-6

敵単体のクリティカル発生率ダウン(3ターン)

&宝具威力ダウン(1ターン)

&NP増加

クリティカル発生率ダウンは最大50%。スキルレベル1の段階で30%と倍率が高く、スキルレベルマックス時は『クリティカル発生率アップ』を積まれない限り、確実にクリティカルが発生しません

宝具威力ダウンは最大30%。防御有利で受ける全体攻撃宝具なら耐えられる可能性はありますが、可能なら味方の防御バフと合わせたいです。

NP増加は最大30%。第2アペンドスキルをレベルマックスにして、初期NP50%付与礼装を装備すれば1ポチで宝具が撃てます。

スキル3『強化後』効果
英雄の介添(C++)

CT7-5

味方単体のスター集中度アップ(3ターン)

&クリティカル威力アップ(3ターン)

&HP回復

スター集中度アップは倍率が高く、クラス補正でスター集中度が低いバーサーカーをクリティカルアタッカーにできます

クリティカル威力アップは最大40%。3ターン持続としては、それなりに高い倍率です。

HP回復は最大3000。チャージタイム最短5ターンで使える回復スキルとしては、回復量が多いです。

味方に付与できますが、カード性能の高さから自分に付与しても問題はありません

運用方法

周回

NP30チャージを持ち、イベントでよく配布される初期NP50%付与礼装+第2アペンドスキルレベルマックスで宝具が撃てます。

宝具火力が高めで要求火力に届きやすく、特攻対象が相手なら変則周回の最終WAVE担当も狙えます。

ただ火力支援スキルはクリティカル関連のため、宝具を1騎ずつ撃っていく編成だと、他のWAVEは味方に丸投げです

クリティカル殴り編成においては、引いたカードに合わせて任意の味方に『クリティカル威力アップ&スター集中度アップ』を付与できます。ただ即時スター獲得スキルはないため、スター供給手段が別に必要です。またバスターカード性能アップ&宝具威力アップが持続1ターンのため、『クリティカル、宝具』の合計2WAVEを担当する場合は、どちらかの火力が落ちます

高難易度

優れた宝具ダメージとカード性能で、特攻対象にはダメージが安定して高いアタッカーです。

アーチャーなど、攻撃有利を取れるクエストに適正があります。またクリティカルサポーターとして編成する場合は、特攻対象が相手なら攻撃等倍でも役割を果たせます

宝具は特効攻撃で、特攻対象にはどのタイミングで撃っても高いダメージが出るため、継戦能力が高いです

またクリティカルサポートスキルを自分に使えば、スター供給は必要ですが、クリティカルアタッカーとして殴りながら『NP回収→宝具再発動』を狙えます

ただ耐久スキルがクリティカル発生率ダウン&宝具威力ダウンと、敵の攻撃そのものを止めたり無効化ができず、HP回復だけでは長期戦が難しいです。

また必中・無敵貫通、弱体解除・強化解除といったスキルがないため、複雑なクエストは対処できません

そのため編成は、宝具ダメージを伸ばすバスターポーターで短期決戦なら『光のコヤンスカヤ、オベロン』、長期戦なら『マーリン』と組みたいです。とくに『マーリン』は耐久スキルを持ち、継続的なスター供給と欲しいモノが揃っています。

デバフスキルと合わせやすい防御力バフを付与できる『諸葛孔明』も候補です。

スター供給とクリティカル威力アップの支援ができる『卑弥呼』も候補に入ります。

足りていないギミック突破スキルをまとめて付与できる『ホームズ』も、お互いにクリティカルアタッカーとして動けるため相性は悪くないです。

ランサークラスで統一するなら、カード構成が同じで合わせやすく、二重の火力バフを持つ『エリザベート・バートリー』。星出し性能が高い『パールヴァティー、ワルキューレ』が候補に入ります。

クリティカルサポーターとして編成する場合は、基本的に誰でもクリティカルアタッカーにできますが『スター集中度アップを持っていない星4~5のクリティカルアタッカー』が候補です。それ以外だと、ブリュンヒルデ本人の攻撃性能が高いため、自分に付与した方が効果を活かせます。

低レアサーヴァントなら、火力バフとターゲット集中を持つ『レオニダス』、防御バフを付与できる『マシュ』、スター供給ができる『アンデルセン』がおすすめです。

概念礼装は自由度が高く、宝具で攻めるなら『初期NP付与礼装+α』『宝具威力アップ、バスターカード性能アップ、クリティカル威力アップ』といった攻撃性能の強化。『NP獲得量アップ、毎ターンスター獲得』でクリティカルを狙いつつ宝具回転率上昇が候補に入ります。

敵として出てきた場合

連れて行ったメンバーが特効対象かどうかわかりにくいため厄介です。

回避・無敵でしっかり宝具を受けつつ、やられる前にやりましょう。

まとめ

・特効対象がわかりづらく、耐久面が不安定なことを除けば、高いレベルでまとまっているサーヴァントです。味方か概念礼装でしっかりスター供給すれば、宝具とクリティカルの両面でダメージを稼げます

・育成素材は、アペンドスキルを除けば銅素材100個以上など要求されることがなく、まだ優しい部類です

FGOにおけるブリュンヒルデ

北欧の大神オーディンの娘、戦乙女ワルキューレのひとり。北欧神話に於ける悲劇の女。

数多くの物語で、シグルトの運命の相手として描かれています。またッティラ王(アトリ王)の妹とされることも。

物静かで献身的。穏やかな微笑みに寂しさが混ざる、薄幸の戦乙女。

慈悲深く、愛情豊かで、好きになった相手にはとことん尽くす。悲劇さえなければ良妻として一生を終えたはずの女性。

英雄シグルドのことを誰よりも愛して止まなかったものの、呪われた悲劇の運命の果てに殺意の炎を抱き、やがて彼を殺し、我が身をも灼き尽くしました。

英霊となった現在でも、シグルドのことを深く愛しています。それでも、万が一にも目の前に彼が召喚されたならば自動的に槍を向けるでしょう。

英霊として形作られた彼女自身が「シグルドを殺すモノ」として宝具と共に定義されているためです。

関連リンク