『雨の魔女トネリコ』FGOネタバレ性能解説

基本情報

聖剣遙か夢の名残メモリー・オブ・ロンディニウム(第1・2再臨時)/ 希望孵す夏の水鏡サマープール・ドズマリー(第3再臨時)
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身に無敵状態を付与(1回・1ターン)

&自身のスキル3のスキルチャージを進める<オーバーチャージで進める数アップ>

+敵全体に強力な『悪』特攻攻撃<宝具レベルで特攻威力アップ>

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

スキル1効果
雨の国の妖精(A)

CT9-7

味方全体に毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&NP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

スキル2効果
逆境のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&HPが99%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが75%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが50%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが25%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

+自身に「ターン終了時に味方全体のHPが100%の時、スターを獲得する状態」を付与(3ターン)

スキル3効果
ラスト・リゾート(A)

CT12-10

【バトル開始時にすぐに使用できず5ターンのチャージが必要】

味方全体のNP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

&ガッツ状態を付与(1回・3ターン)

強い点

キャスタートップクラスのATKに、乗算される3種の火力バフ『攻撃力アップ、バスターカード性能アップ、宝具威力アップ』に加えて、『悪』特効攻撃の宝具を持っています。宝具ダメージは非特攻対象が相手でもキャスター内トップクラス、特攻対象に対しては頭一つ抜けた宝具ダメージが出ます

味方全体に『攻撃力アップ(対象のHPが低いほど倍率アップ)、スター供給支援(最大20個)、毎ターンNP獲得状態(最大10%)、NP最大50%配布&宝具威力アップ&ガッツ付与(発動には条件付き)』といった豊富なサポートが可能です。敵全体に宝具で防御力ダウンも付与できます。

クラススキル『妖精眼被クリティカル発生耐性』、宝具発動時に無敵(1回・1ターン)、ガッツでそこそこしぶといです

光のコヤンスカヤ+オベロン×2で、礼装フリーの状態でも宝具3連射ができます

弱い点

スキル3のデメリット『バトル開始時にすぐに使用できず5ターンのチャージが必要』がとても不便。味方全体にNP50%配布は強力ですが、3ターン周回で使う場合は『オーバーチャージ段階強化、チャージタイム短縮』の支援が必要です。

スキル1・3(NPチャージ系のスキル)のチャージタイムが長く、通常攻撃性能が標準なので、スキルの切れ間は宝具回転率が落ちます

通常攻撃を強化するスキルがスキル2『攻撃力アップ』のみで、クリティカル関連スキルも『スター獲得系』しかないため、通常攻撃でダメージを稼ぐのが苦手です。宝具ダメージ前のバスターカード性能アップも持続1ターンと短く、宝具を撃たないターンはダメージが伸びません。

引くべきか

キャラクターが好きな人は、引いて損がない性能です。

キャスターとは思えないほど火力が高く、相手が『悪』属性なら、攻撃等倍相手でも攻撃有利1.5倍のバーサーカー並のダメージが出ます(スキル3使用、HP100%時、宝具ダメージ後の防御力ダウンを付与していない状態、宝具レベル1同士で比べた場合)。

光のコヤンスカヤ+オベロン×2と組めば、初期NP0%付与礼装でも宝具3連射が可能です。

宝具3連射が狙えるキャスタークラスのアタッカーとしてはトップクラスの性能ですが、攻撃有利を取れる『アサシン、バーサーカー』以外が相手(攻撃等倍)だと他のサーヴァントでも代用はできます

そのため汎用性が高いシステムアタッカーを『宝具レベル5・レベル120』まで育成しているマスターだと、今から育成するのはハードルが高いです。『悪』属性特攻攻撃が宝具レベルに依存しているのも難点で、宝具レベル上げによるダメージ差が大きく、攻撃等倍の『悪』属性やイベントの最後に解放される最難関フリークエスト90++で使っていきたいなら宝具レベル上げは必要です¹。

¹……宝具レベル1と宝具レベル3で、特攻対象相手に2倍近いダメージ差。宝具レベル3は、攻撃等倍が相手でも特攻宝具を持つバーサーカー並のダメージ(スキル3使用、HP100%時、宝具ダメージ後の防御力ダウンを付与していない状態、宝具レベル3同士で比べた場合)。

他のサーヴァントで代用できない特徴としては、スキル3『味方全体NP最大50%配布』が強力です。敵の編成が不規則な変則周回(宝具を一騎ずつ撃つ編成)では、他の火力支援スキルと合わせて、強力なアタッカー兼サポーターとして動けます

しかし、とても使いにくいスキルです。3ターン周回でスキル3のデメリット解消には、『チャージタイム短縮、オーバーチャージ段階強化』が必須になり、『サポートスキル使用のためにサポートが必要』という問題を抱えています。

そのため特定のサーヴァント『光のコヤンスカヤ、闇のコヤンスカヤなど』、概念礼装『オーバーチャージ段階強化』、マスター礼装『新春の装い(オーバーチャージ段階強化)、アトラス院(チャージタイム短縮)』が必要で、編成の幅が狭まります

総じて、システムアタッカーとして優秀ですが、他のサーヴァントで代用しようと思えば代用できる性能です。他のサーヴァントにはない特徴『味方全体NP最大50%チャージ』を持っていますが、編成がカツカツになる。といった具合に、宝具レベルや手持ちのサーヴァント次第で評価が大きく別れるサーヴァントです。

汎用性が高いシステムアタッカーをガッツリ育成しておらず、宝具レベル上げも狙えるマスターは、引く価値があります。

汎用性が高いサーヴァントを育成しており、90++に行かないマスターは、スルーして構いません。

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-をAmazon Prime Videoでレンタルして見よう! 月額500円 今なら30日間無料

ステータス

クラスはキャスター

カード構成は、バスター2枚、アーツ2枚、クイック1枚

カード性能は、標準よりやや上程度。

ステータスはレベル90時に、HP13097、ATK11828。

星5キャスターの中では、ATKがトップクラスに高く、HPは最底辺。

クラススキル効果
陣地作成(EX)自身のアーツカードの性能をアップ(約12%)
道具作成(C)自身の弱体付与成功率をアップ(約6%)
対魔力(B)自身の弱体耐性をアップ(約17%)
妖精眼(C)自身の被クリティカル発生耐性をアップ(約12%)

陣地作成は最高ランクで、アーツカードのダメージとNP回収力に大きなプラス補正が入ります。ただアーツカードの性能が低いためか、NP回収力はほどほど

道具作成を持ち、対魔力持ちにもデバフ(宝具ダメージ後の防御力ダウン)が入りやすいです。

対魔力はランクが高く、そこそこデバフを弾きます。

妖精眼により、確定ではないですが、クリティカルダメージを受けにくいです

固有の第3アペンドスキルは、対バーサーカー攻撃適正。攻撃有利のため、解放する価値はあります。ただ初期NP0%付与礼装の6積み編成を狙うなら、第2アペンドスキルの優先度が高いです。

属性は、サーヴァント、地属性、秩序属性、善属性(第1再臨時)、中庸属性(第2再臨時)、夏属性(第3再臨時)、人型、女性、アルトリア顔、妖精、夏モードのサーヴァント(第3再臨時)。

再臨段階で属性が変わるため、編成やクエストの内容によっては切り替えていきましょう。

宝具

聖剣遙か夢の名残メモリー・オブ・ロンディニウム(第1・2再臨時)/ 希望孵す夏の水鏡サマープール・ドズマリー(第3再臨時)
バスター属性 全体攻撃宝具
自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

&自身に無敵状態を付与(1回・1ターン)

&自身のスキル3のスキルチャージを進める<オーバーチャージで進める数アップ>

+敵全体に強力な『悪』特攻攻撃<宝具レベルで特攻威力アップ>

&敵全体の防御力をダウン(3ターン)

バスターカード性能アップはオーバーチャージ依存で、30~50%。オーバーチャージ1の段階から倍率が高く、1ターン持続するので追撃にも影響します。オーバーチャージ段階強化による上がり幅は5%刻みと低いです。付与なので、強化無効を受けていると失敗します。

無敵(1回・1ターン)は、『ブレイクゲージ破壊→ギミックでチャージゲージMAX→即宝具』から身を守れます。持続1ターンという短さは、『次ターンまで残らない=別の無敵を付与できる』という長所であり短所です。こちらも強化無効を受けていると失敗します。

『自身のスキル3のスキルチャージを進める』はオーバーチャージ依存で、1~5。スキル3の回転率を引き上げます。オーバーチャージ1の状態で2回撃っても、3ターン目にスキル3は使えません。オーバーチャージ4の状態で撃てば、2ターン目にスキル3が使えます。

『悪』特攻攻撃は宝具レベル依存で、1.5~2倍。攻撃有利を取れる『アサシン、バーサーカー』には『悪』属性持ちが多く、『カリ、殺戮猟兵、新宿系』といった一般エネミーも対象に入ります。

敵全体防御力ダウンは20%固定。味方全体の火力を引き上げます。3ターン持続と長く、宝具連射できれば、重ねがけを狙えます。

~宝具ダメージの目安~

条件は『スキル3使用、HP100%時、宝具ダメージ後の防御力ダウンを付与していない状態、宝具レベル1同士で比較』。

攻撃有利2倍・非特攻対象に対してはキャスターの強化済み宝具並

攻撃有利2倍・『悪』属性に対してはキャスター内で頭一つ抜けたダメージ

攻撃等倍・非特攻対象に対しては攻撃有利1.5倍の低レアバーサーカー並

攻撃等倍・『悪』属性に対しては、非特攻対象に攻撃した『モルガン水着伊吹童子アルジュナ・オルタ(各宝具レベル1・攻撃有利1.5倍)』より上です。

この宝具は宝具レベルでダメージが大きく変わるため、宝具レベル3・攻撃等倍・『悪』属性だった場合は、特攻対象に攻撃した『モルガン、水着伊吹童子、アルジュナオルタ(各宝具レベル3・攻撃有利1.5倍)』よりやや下。ただし、お互いに宝具レベル5だった場合は、僅差まで縮みます

スキル

スキル1効果
雨の国の妖精(A)

CT9-7

味方全体に毎ターンNP獲得状態付与(3ターン)

+自身に毎ターンスター獲得状態付与(3ターン)

&NP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

味方全体に毎ターンNP獲得状態付与は最大10%。2ターン目に10%、3ターン目に20%付与するので、初期NP50%付与礼装+NP20チャージ+第2アペンドスキル解放(10%)でも3ターン目には宝具が撃てます。

毎ターンスター獲得は最大10個。キャスターはクラス補正でスター集中度が低いため、味方次第ではスターが散ります

NP増加は最大50%。初期NP50%付与礼装を装備していれば、1ポチで宝具が撃てます。

宝具威力アップは最大20%。3ターン持続としては標準的な倍率です。

チャージタイム最短7ターンと長いのが難点です。

スキル2効果
逆境のカリスマ(A)

CT7-5

味方全体の攻撃力アップ(3ターン)

&HPが99%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが75%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが50%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

&HPが25%以下の間、攻撃力を少しアップ(3ターン)

+自身に「ターン終了時に味方全体のHPが100%の時、スターを獲得する状態」を付与(3ターン)

味方全体攻撃力アップは最大20%。高ランクのカリスマ系スキルと同じ倍率です。

HPの割合によって発動する攻撃力アップは10%固定。付与した後にHPが増減すると、それに応じて効果量が変わります。割合なので、最大HP増加or減少では変化しません。

最大限に効果を発揮すれば、攻撃力アップ最大60%と破格ですが、発揮するためには『ガッツ+陳宮orアーラシュの宝具』『生贄効果でガッツが発動できるクーフーリン(術)』のような工程が必要です。

味方全体がHP100%時にスター獲得は10個固定。敵の反撃がない前提の3ターン周回では条件を満たしやすく、スキル1と合わせれば最大20個のスター供給支援が可能です。ただし『トネリコ』はクリティカル威力アップやスター集中度アップを持っておらず、アーツクリティカルによる大幅なNP回収以外は活かせません。

スキル3効果
ラスト・リゾート(A)

CT12-10

【バトル開始時にすぐに使用できず5ターンのチャージが必要】

味方全体のNP増加

&宝具威力アップ(3ターン)

&ガッツ状態を付与(1回・3ターン)

【バトル開始時にすぐに使用できず5ターンのチャージが必要】は、自身の宝具やチャージタイム短縮の支援で打ち消せます。それらがない場合は、6ターン目に使用可能です

味方全体NP増加は最大50%。付与先が初期NP50%付与礼装を装備していれば、即宝具が撃てます。NP30%チャージ持ちのサーヴァントなら、スキル1『毎ターンNP獲得状態』があるので、初期NP0%付与礼装でも3ターン目にはNP100%です。

宝具威力アップは最大30%。3ターン持続で倍率が高く、火力支援スキルとして優秀です

ガッツの回復量は最大3000。味方全体の耐久支援に繋がり、スキル2の最大効果を狙いやすくします。

宝具のチャージタイム短縮はありますが、チャージタイム最短10ターンと長いです。

運用方法

周回

NP50%チャージ+毎ターンNP獲得状態で、宝具が撃ちやすいです。

味方全体『攻撃力アップ、宝具威力アップ&NPチャージ』で支援ができるため、敵の編成が不規則な変則周回でアタッカー兼サポーターとして動けます。

光のコヤンスカヤ+オベロン×2+マスター礼装『オーダーチェンジ』+第2アペンドスキル解放なら、初期NP0%付与礼装でも宝具3連射ができます

味方全体にNP30%付与+味方単体のオーバーチャージ段階強化を持つ闇のコヤンスカヤ+マスター礼装『新春の装い(オーバーチャージ段階強化)、アトラス院(チャージタイム短縮)』なら、3騎目がNPチャージスキルなしでも、全員が宝具を撃てます(宝具を撃つ順番や第2アペンドスキルでの調整は必要)。

難点は、スキル3を最終WAVEで発動する手順だと、道中火力がやや下がること。一般エネミーに『悪』属性持ちが少ないのも影響します。

クリティカル殴り編成では、毎ターン最大20個のスター供給支援が可能ですが、自分のクリティカルダメージが伸びません

~番外編~

『トネリコ+タイプ:アース+闇のコヤンスカヤ』『トネリコ×2+光と闇のコヤンスカヤ』という編成なら、3ターンの間に3回以上宝具が撃てます。宝具演出で周回時間がかかるという問題点に目をつむれば、最終WAVEで火力が足りない時に、火力バフ山盛りの宝具で宝具チェインが組めます。

高難易度

強力な宝具でダメージを稼ぎながら、味方に火力・NP支援する宝具アタッカー。

攻撃有利を取れるか、『悪』属性が登場するクエストに適正があります。

宝具はダメージ前に高倍率のバスターカード性能アップが付与されて、『悪』属性特効攻撃のため、どのタイミングで撃ってもダメージが安定します。NP最大50%チャージ×2や毎ターンNP獲得状態があるので、単独でも宝具が撃ちやすいです。

ただし、NPチャージ系スキルのチャージタイムが長く、スキルの切れ間は宝具回転率が落ちます。通常攻撃のNP回収力が標準で、バスター属性宝具はNP回収できない仕様上、NP支援がないと『宝具が撃てない=攻撃性能が落ちます』。またスキル2が最大効果を発揮していない場合は、宝具なしだとダメージが稼げないため、何もできないターンが続きます。

『宝具発動時の無敵(1回・1ターン)、クラススキル「妖精目被クリティカル発生耐性」、スキルのガッツ』でそこそこしぶといですが、そこそこレベルで集中砲火を受けた時に立て直すスキルもないため、長期戦ではHP管理に気を付けましょう。スキル2『HP割合で攻撃力アップの倍率強化』もあるので、HP回復よりは『回避・無敵・対粛正防御状態など』で耐久支援したいです。

スキルのチャージタイムが長い関係上、強化解除は苦手です。ただ宝具発動時に色々と付与されるため、被害は少なく済みます。

天敵となるギミックは、宝具耐性や宝具封印、NP減少など。また必中・無敵貫通といったスキルがないので、宝具でゴリ押しできないクエストは対処できません。

編成は、短期決戦なら『光のコヤンスカヤオベロン』が候補に入ります。ただクラス相性が悪く(攻防有利もそうだが、スター集中度がトネリコより高い)、宝具連射で仕留めきれないとジリ貧になりやすいです。光のコヤンスカヤはHP減少、オベロンは宝具威力アップ2倍を持つので、致命的に相性が悪いわけではない。

長期戦なら『マーリン』と組みたいです。アーツチェインが組みやすく、継続的なNP・スター供給支援でスキルの切れ間を埋めながら、トネリコが所持していないクリティカル威力アップも付与できます。ただ毎ターンHP回復があるため、スキル2の効果を活かしづらいです。

またアーツチェインが組みやすく、対粛正防御状態や無敵で耐久支援ができる『キャストリア』も相性が良いです。アーツサポーターのため宝具は強化できませんが、アーツカード性能アップで通常攻撃のNP回収力を強化します。

クリティカル関連やオーバーチャージ段階を強化できる『卑弥呼』もおすすめです。

同じキャスタークラスなら、アーツチェインが組みやすく、スター発生率アップの支援もできる『ギルガメッシュ(術)』。オーバーチャージ段階強化とチャージタイム短縮、毎ターンスター獲得や敵からの被ダメージを抑えるスキルが豊富な『エジソン』。

低レアサーヴァントなら、クリティカル関連を支援できる『アンデルセン』。強力なスター供給宝具を持つ『徐福』。 耐久支援と火力支援を両立する『マシュ』が候補に入ります。

地味に単騎性能が高く、『スキルで獲得したスターが味方に流れないので、アーツクリティカルを狙いやすくなり、宝具連射が視野に入る=無敵で被ダメージ減少(一番最初に飛んでくる宝具・チャージ攻撃をかわしやすい)』『単体なので攻撃を食らいやすく、スキル2の倍率がどんどん上がっていく』という『被ダメージを最小限に留めて、最大火力で攻撃』的な動きができます。

概念礼装は、宝具ダメージを強化する『宝具威力アップ』。スキル3を早期に使用するなら『オーバーチャージ段階強化』がおすすめです。

敵として出てきた場合

敵全体チャージゲージ増加を持っているのが厄介です。

必中・無敵貫通はないので、回避・無敵でしっかり攻撃を受けましょう。

まとめ

・システムアタッカーとしては優秀だが、代用はいるレベル。変則周回のサポーターとして優秀ですが、編成難易度が高い。と評価がきっぱり別れるサーヴァント

・運営の匙加減でピッタリハマるクエストが出てくるタイプなので、引いて損はないですが、先行き不透明な先行投資です。今後登場する『HP減少、チャージタイム短縮、オーバーチャージ段階強化』持ちによっては、また評価が変わります。

FGOにおけるトネリコ

雨の魔女であり救世主であり水妃。

第1~2再臨時は、妖精でありながら独学で数多の魔術を編み出し、王女でありながら野原を駆ける冒険を愛した少女の最初の姿。

第3再臨時は、カルデアに召喚された後の女王モルガンがとある事件で『水妃』として装いを変えたもの。

本人は『今までとなにひとつ変わらない冬の女王』として振る舞い、そうなっていると確信しているが、どう見ても普段より気が緩み、ハイテンション(内心あげあげ)です。

クールな振る舞いはしていても、女王より少女の面が強く出ています。普段より規律やマナーに厳しくなく、マスターやバーヴァン・シーが粗相をしても優しく微笑むため、バーゲスト曰く「逆に怖い」。